オートチャージ機能付きクレジットカード特集!オートチャージはメリットだらけ

 

通勤や通学の足として電車を利用されている方は、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーを利用されている方も多いのではないでしょうか。

 

 

駅の改札で込み合う切符売り場に並んで小銭で切符を買う必要もなく、ワンタッチで改札を通過することが出来るSuicaやPASMOは非常に便利です。

 

 

いつも行く駅ではないところに電車で行く際にも、わかりにくい路線図とにらめっこをする必要が無く、自動的に残高を計算してくれるのも嬉しい点です。

 

 

そんな、便利なSuica・PASMOをもっと使いこなす為に有効なのが「オートチャージ」なのです。

 

 

クレジットカード診断テスト

駅の自動改札で残高不足、こんな経験ありませんか?

maxresdefault

 

 

朝の混雑時にワンタッチで改札を通ることが可能な、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネー。

 

 

しかし、カードを普段は財布やパスケースに入れたままと言う方も多いでしょうし、カードを見ただけでは残高がいくらあるかは分かりません。

 

 

そもそも、毎朝通勤・通学に利用する中でSuicaやPASMOの残高を気にしていない、と言う方も少なくないかも知れませんね。

 

 

誰もが一度は経験があるのが、改札を通過しようとして残高不足で止められてしまうと言う経験。

 

 

混雑時に残高不足で止められてしまうと、後ろに並んでいる列の方に頭を下げながらSuicaやPASMOをチャージしに戻る、と言う恥ずかしい思いをされた方も少なくないでしょう。

 

 

そんな、改札での気まずい思いを防ぐことが出来る機能が「オートチャージ」なのです。

便利なオートチャージ機能を利用して改札もスイスイ

function-autocharge01-img

 

 

スムーズに改札を通過することができ、便利に利用することが出来る交通系電子マネー。

 

 

ますます便利に交通系電子マネーを利用する為に有効な機能が「オートチャージ」です。

オートチャージとは

オートチャージとは、その名の通りSuicaやPASMOなどに「自動的にチャージをしてくれる」機能のことです。

 

 

Suicaにオートチャージを利用するには「ビューカード」が発行するクレジットカードが必要になります。

 

オートチャージをするためには、

 

  • Suica機能の付いたビューカードを利用する
  • 記名式Suicaにビューカードをリンクする
  • モバイルSuicaにビューカードをリンクする

 

と言った3通りの方法でオートチャージ機能を利用することが出来ます。

オートチャージのメリット

オートチャージを設定すると、改札を通った時にSuicaやPASMOに残高が不足していた場合に、自動的にビューカードからチャージをしてくれます。

 

 

自動的にSuica・PASMOにチャージされることで、改札で残高不足のために止められてしまうことも無く、いつでもスムーズにSuicaやPASMOを利用することが出来ます。

 

 

また、手動でのチャージ不要で便利に利用できるだけでは無く、ビューカードでのオートチャージの際にクレジットカードのポイントをゲットできるのもひとつのメリットです。

 

 

普段通り、SuicaやPASMOを利用して電車を利用しているだけで、クレジットカードのポイント還元を受けることが出来るのは嬉しいところですね。

定期券機能付きおすすめクレジットカード

SuicaやPASMOのオートチャージに利用できるビューカードには、通勤や通学に便利な定期券機能付きの「Suica定期券機能付きビューカード」もあります。

 

 

通常の改札利用でのオートチャージに加え、定期券機能付きのカードであれば、よりお得にSuica・PASMOを利用することが出来るのですね。

ビュー・スイカカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別477円(家族)税別477円
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
還元率 1000円=2ポイント(月額累計)・0.5%
主な付帯サービス 最高1000万円の旅行保険・年間50万円のショッピング保険
キャンペーン 入会・利用で最大6000円分のポイントプレゼント

 

ビュー・スイカカードのメリット

JR東日本が発行するビュー・スイカカードはSuicaとビューカードが一体になった、スタンダードなクレジットカードです。

 

 

Suicaを発行するJR東日本のプロパーカードであることで、当然ながらSuicaとの相性も良く、メリットの多いカード構成になっています。

 

 

ビュー・スイカカードにはSuica定期券を一体にすることができますが、Suica定期券の購入では大きなメリットを受けることが出来ます。

 

 

通常還元率0.5%のビュー・スイカカードですが、きっぷやSuica定期券での購入では3倍のポイント還元を受けることが可能です。つまり、通勤・通学に利用する定期券を1.5%の還元率で購入することが可能なのです。

 

 

カードの利用で貯めたポイントは、400ポイントを1000円分のSuicaチャージに利用することが出来ます。Suicaの利用で貯めたポイントを、そのままSuicaに還元することが出来ますので、お得のサイクルが続くのです!

 

ルミネカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 (本会員)初年度年会費無料、2年目以降税別953円(家族)設定無し
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
還元率 1000円=2ポイント(月額累計)・0.5%
主な付帯サービス 最高1000万円の旅行保険・年間50万円のショッピング保険・定期券残高補償
キャンペーン 入会・利用で最大6000円分のポイントプレゼント

 

ルミネカードのメリット

JR東日本グループの「ルミネ」が発行するルミネカードは、ビューカード機能が付帯したクレジットカードです。

 

 

ルミネのお買い物では、通年で5%引きの割引優待を受けることが出来るほか、クレジットカードのポイント付与も受けることが可能です。

 

 

また、ルミネでは年に数回ルミネカードでの割引が10%にアップするキャンペーンを行っており、ルミネでの商品を1割引で購入することが可能なのです。

 

 

また、ルミネカードのもう一つのメリットが、ルミネ店頭での即日発効が可能なカードである点です。今日はルミネでお買い物をしよう、と思ったらすぐにカードを作って利用することが出来るのは嬉しいですよね。

 

 

初年度年会費無料ですので、1年間はコストをかけずに利用することが出来る点も嬉しいポイントです。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMO

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 (本会員)初年度年会費無料、2年目以降税別2000円(家族)初年度年会費無料、2年目以降税別400円
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
還元率 1000円=2ポイント(月額累計)・0.5%
主な付帯サービス 年間100万円のショッピング保険・プラスEXサービス
キャンペーン 入会で800円相当のポイントプレゼント

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOのメリット

東京地下鉄株式会社が発行する「Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMO」はPASMOと紐づけをして利用することが出来るクレジットカードです。

 

 

PASMOの利用でポイントを非常に貯めやすいのがTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの大きなメリットとなっています。

 

 

東京メトロの利用でTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOと紐づけたPASMOを利用すると、1乗車ごとに平日10ポイント・土日、祝日では20ポイントの「メトロポイント」が付与されます。

 

 

メトロポイントは1ポイント=1円としてPASMOにチャージすることが出来ますので、ただ地下鉄に乗るだけで10円~20円もらえることになるのですね。

 

 

当然、PASMOへのオートチャージの際にもクレジットカードのポイントが付与されますので、毎日の通勤・通学でお得にポイントを貯めることが出来るのです。

 

オートチャージ対応(定期券機能なし)おすすめクレジットカード

Suica・PASMOの定期券機能には対応していないものの、オートチャージにのみ対応しているクレジットカードもあります。

 

 

特にビックカメラSuicaカードは、Suica・PASMOの利用はもちろん、ビックカメラでも非常にお得に利用することが出来るカードなのです。

ビックカメラSuicaカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度年会費無料、2年目以降税別477円(家族)設定無し
申し込み資格 高校生を除く18歳以上
還元率 1000円=2ポイント(月額累計)・0.5%
主な付帯サービス 最高1000万円の旅行保険・年間50万円のショッピング保険・定期券残高補償
キャンペーン 入会・利用で最大6000円分のポイントプレゼント

 

ビックカメラSuicaカードのメリット

家電量販店大手のビックカメラとビューカードが提携して発行するクレジットカードが「ビックカメラSuicaカード」です。

 

 

ビックカメラSuicaカードは、Suicaのオートチャージにも対応しており、Suicaチャージでは1.5%のポイント還元を受けることが出来ます。

 

 

また、初年度年会費無料・2年目以降は税別477円と年会費が設定されているものの、年間1回でもカードの利用があれば翌年度の年会費が無料になります。

 

 

ビックカメラSuicaカードには、ビューカードの機能の他にビックポイント機能も付帯しています。カードの利用では0.5%のJREポイントと、0.5%のビックポイントで合計1%のポイントをダブルで獲得することが出来るお得なポイントなのです。

 

まとめ

普段便利に利用している、SuicaやPASMOと言った交通系の電子マネー。

 

 

改札で残高不足で止められてしまう気まずさを防ぐためにも、クレジットカードを利用したオートチャージは有効です。

 

 

オートチャージ機能付きのビューカードは、便利に電車を利用することが出来るだけではなく、ポイントもお得に貯めることが出来ます。

 

 

貯まったポイントは、Suica・PASMOのチャージにも利用できますので、ずっと良いサイクルでポイントを貯めることが出来るのですね。