【改悪】アメックスのANAマイル移行上限が40,000マイルに半減!

 

アメックスのクレジットカードでANAマイルを貯めていた陸マイラーには、衝撃となる改悪情報が発表されました…。

 

アメックスはメンバーシップリワード・プラスに入会することで、ANAマイルを還元率1.0%で貯めることができるANA陸マイラー必携のカードです。

 

ANAマイルへの年間の移行上限はこれまで80,000マイルでしたが、2019年1月1日からは移行上限が40,000マイルに半減してしまいます。

 

ANA陸マイラーの方には、アメックスの改悪情報を聞いて大慌てになってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、アメックスの改悪情報の詳細と、すぐに取るべき対策を解説します。

 

クレジットカード診断テスト

アメックスのANAマイル移行上限が半減!ヘビーユーザーは対策を急げ

2019年1月1日から、アメックスのメンバーシップリワードからのANAマイル移行上限が半減し、年間40,000マイル相当までが上限となります。

 

ポイントの移行上限はメンバーシップリワード・プラスの加入・未加入で異なります。

 

  メンバーシップ
リワード・プラス登録済
メンバーシップ
リワード・プラス未登録
2018年12月31日まで 80,000ポイント
(80,000マイルまで)
160,000ポイント
(80,000マイルまで)
2019年1月1日から 40,000ポイント
(40,000マイルまで)
80,000ポイント
(40,000マイルまで)

 

このように、メンバーシップリワード・プラスの加入・未加入に関わらず、2019年1月1日からは年間40,000マイルまでしかANAマイルに移行することができません。

 

ANAマイラーの方は、ANAマイルへの移行レートがアップするメンバーシップリワード・プラスに登録している方がほとんどでしょう。

 

年間400万円以上カードを利用する、ヘビーなANAマイラーには茫然自失のニュースです。

 

改悪の対象となるカードは、

 

アメリカン・エキスプレス・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

 

と、アメックスのプロパーカードのすべてが対象となります。

 

不幸中の幸いが、ANAアメックスやSPGアメックスといった、提携アメックスはANAマイル移行上限の改悪の対象とならない点です。

 

ANAマイラーの方は、そうしたカードへの切り替えも検討が必要となってきます。

 

改悪は2019年1月1日からとなっていますので、すでに貯めているポイントは年内にANAマイルにきっちり交換しておくようにしましょう!

 

マイル特化型カード、スカイトラベラーも改悪の対象に

2019年1月1日からの改悪では、マイル特化型のスカイ・トラベラー・カードも改悪の対象となっています。

 

2018年12月31日まで 80,000ポイント(80,000マイル相当)
2019年1月1日から 40,000ポイント(40,000マイル相当)

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

 

の2枚のカードでは、1,000ポイント=1,000マイルでANAマイルに交換できますが、ほかのアメックス同様、2019年1月1日からは年間40,000マイルが移行の上限となります。

 

スカイ・トラベラー・カードでは、スカイトラベラーボーナスでANA航空券の購入で、最大5倍(還元率5.0%)のポイントを貯めることが可能です。

 

ANAマイラーにも利用者の多いカードとなっていただけに、今回の改悪でのダメージは大きいですね。

ANAマイル以外のマイルは移行上限に変更なし

改悪情報の不幸中の幸いが、ANAマイル以外のマイルへの移行上限には変更がない点です。

 

すでにアメックスでマイルを貯めている方はご存知のことと思いますが、アメックスのポイントはANAをはじめとした15社のマイルに移行することができます。

 

ANA以外の14社のマイルには、これまでどおり移行上限無しでポイントをマイルに移行することができますので、ANA以外のマイルを貯めている方には改悪の影響はありません!

 

メンバーシップリワード・プラス登録時も1,250ポイント=1,000マイル(マイル還元率0.8%相当)と、ANA以外へのマイル移行レートは下がってしまいますが、切り替えもアリでしょう。

 

ブリティッシュ・エアウェイズ経由でJAL特典航空券を狙う?

アメックスのポイントはブリティッシュ・エアウェイズのマイルにも交換できますので、同じ「ワンワールド」所属のJAL特典航空券を交換することができます。

 

ブリティッシュ・エアウェイズのマイルでのJAL特典航空券の交換は、

 

  • 区間マイル数が650マイル以内は往復9,000マイルとJALマイルよりも安い
  • 当日まで申込可能、発券から24時間以内はキャンセル料無料
  • 36か月以内にマイルの付与・利用があれば実質無期限

 

と、JALマイルでの特典航空券の交換よりも有利な点が多くなっています。

 

移行レートは1対0.8と、ANAマイルへの移行よりもレートは下がってしまいますが、使い勝手のいいJAL特典航空券を交換できるのは得難いメリットです!

年末年始の移行受付期間にも注意が必要

ANAマイルの移行上限の変更に伴い、年内に駆け込みでポイントをマイルに交換しようと思っている方は、年末年始の移行受付期間にも注意が必要です。

 

年末年始の移行受付期間は、ANAへのポイント移行の履歴によって変わります。

 

ANAへのポイント移行が
はじめての方
2018年12月17日〜2019年1月4日は
ポイント移行が休止
ANAへのポイント移行が
2回目以降の方
2018年12月25日〜2019年1月4日は
ポイント移行が休止

 

ポイント移行上限の改正は2019年1月1日からですが、ANAへのポイント移行がはじめての方については、2018年12月16日までが改悪前のラストチャンスとなります。

 

すでにアメックスのポイントを貯めている方は、ANAマイルへの移行のタイミングを逃さないようにしましょう!

改悪だけではなく改善点も!アメックスプラチナではANAマイル移行手数料が無料に

改悪だけではなく改善情報もあり、2019年1月1日からアメックスプラチナではANAマイル移行手数料が無料になります。

 

アメックスのポイントをANAマイルに交換する際には、これまで税別5,000円の移行手数料が必要でした。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

 

の、2枚のプラチナカードでは、2019年1月1日からはANAマイル移行手数料が無料となり、移行手数料無料・実質無期限でANAマイルを貯めることが可能となります。

 

年間の上限は通常カードと同様に40,000マイルまでとなりますが、すべての方が年間40,000マイルのANAマイル移行を利用しているわけではないでしょう。

 

年間40,000マイル未満のANAマイルへの移行を考えているプラチナカードユーザーにとっては、今回のサービス改正は改善の意味合いが強いですね!

ポイントでANAマイル移行手数料の支払いが可能に

アメックスプラチナ以外のアメックスでは、2019年1月1日からANAマイルの移行手数料をポイントで支払うことが可能となります。

 

1ポイントあたりの価値はメンバーシップリワード・プラスの加入・未加入で変わります。

 

メンバーシップリワード・プラス登録済 1ポイント=1円で充当
メンバーシップリワード・プラス未登録 1ポイント=0.3円で充当

 

ポイントでの移行手数料の充当は、最小3,000ポイントから1ポイント単位で利用することができます。

 

これまで、ポイントでのマイル移行手数料の支払いは対象外でしたので、ポイントが利用可能になった点は改善点と言っていいでしょう!

 

ただし、対象となるのはプロパーのアメックスのみとなっており、ANAアメックスの移行手数料は対象外ですので注意が必要です。

ANAマイル以外のポイントの使い道も視野に入れよう!

ANAマイルへの移行上限の改悪に伴い、ANAマイル以外へのポイントの使い道も視野に入れておく必要があります。

 

  • カード利用代金
  • 旅行代金の支払い
  • 店頭での支払い

 

ここでは、アメックスのポイントをどのように活用できるのかを解説します。

もっともお得なのはカード利用代金への充当

もっとも使い勝手のいいポイントの使い道はポイントでのカード利用代金の充当です。

 

  • メンバーシップリワード・プラス登録済:1ポイント=0.5円〜1円
  • メンバーシップリワード・プラス未登録:1ポイント=0.3円

 

ポイントの交換レートはカードの利用内容によって異なり、最小3,000ポイントから1ポイント単位で交換することが可能です。

 

メンバーシップリワード・プラス登録済の方は、1ポイント=最大1円としてポイントを利用することができます。

 

航空会社での利用 1ポイント=1円
ホテル・旅行代理店での利用 1ポイント=0.8円
旅行関連以外での利用 1ポイント=0.5円

 

このように、航空会社での利用代金への充当がもっともレートが高くなっています。

 

ANAをはじめとした航空会社の航空券を購入する機会の多い方にとっては、非常に使い勝手のいい交換先となりますね!

 

また、ポイントでの支払い可能額はカード利用金額の合計までとなっていますので、利用残高が無い場合の現金還元などは用意されていません。

旅行代金の支払いでお得にタダ旅行

アメックスのポイントは、対象となる旅行代理店の旅行代金の支払いに利用することができます。

 

  • メンバーシップリワード・プラス登録済:1ポイント=0.8円〜1円
  • メンバーシップリワード・プラス未登録:1ポイント=0.4円

 

ポイントの交換レートは旅行代理店によって異なります。

 

メンバーシップリワード・プラスに登録済の場合、

 

アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン 1ポイント=1円
H.I.Sアメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク 1ポイント=0.8円
日本旅行 1ポイント=0.8円

 

ポイント交換の最小単位は1,000ポイントからとなっており、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインは5ポイント単位、それ以外は1ポイント単位でポイントを交換できます。

 

ANAマイルの上限を超えてしまったポイントでツアー商品を購入して、タダ旅行に出かけるというのも壮大なポイントの使い方です!

店舗で使えるお得な商品券に交換

ポイントをヨドバシカメラ・高島屋の店頭で使える商品券に交換することも可能です。

 

  • メンバーシップリワード・プラス登録済:2,000ポイント=1,000円分
  • メンバーシップリワード・プラス未登録:3,000ポイント=1,000円分

 

ヨドバシカメラ・高島屋の商品券に交換することで、お買い物の際にお得にアメックスのポイントを利用することができます。

 

ポイントの交換レートは1ポイント=0.5円と決して高くはありませんが、ヨドバシカメラや高島屋でよくお買い物をする方には嬉しい使い道ですね!

ユナイテッド航空のマイルへ乗り換えも

2019年1月1日からのANAマイル上限の改悪をうけて、貯めるマイルをユナイテッド航空のマイレージプラスに切り替えるのもひとつの選択肢です。

 

ANA特典航空券を狙っている場合でも、マイレージプラス経由で交換した方が、ANAマイルからの交換よりもお得になるケースも多くなっています。

 

  マイレージプラス ANAマイル
東京-大阪 10,000マイル 10,000マイル〜15,000マイル
東京-札幌 12,000マイル〜18,000マイル
東京-福岡 12,000マイル〜18,000マイル
東京-沖縄 14,000マイル〜21,000マイル

 

ANAマイルでの特典航空券の交換ではシーズンによるマイル数の変動がありますが、マイレージプラスでは年間を通してお得なマイル数で交換することができます。

 

また、マイレージプラスでは「燃油サーチャージ」がかかりませんので、国際線でもANAマイルでの交換よりお得にANA特典航空券を交換できるケースがあります。

 

燃油サーチャージは原油の価格によって変動しますが、現時点(2018年9月現在)で、ANAではハワイ路線で8,500円の燃油サーチャージが必要です。

 

さらに、

 

  • 18か月に1回のマイル加算で実質無期限
  • 友人・恋人の特典航空券も交換可能

 

と、マイレージプラスはANAマイルよりも優れた点の多いマイレージプログラムとなっています。

 

アメックスのポイントでは、残念ながらユナイテッド航空のマイレージプラスは貯めることができませんが、この機会にマイレージプラスを貯められるカードに乗り換えるのもいいでしょう。

 

ANAマイルを貯めるならカードの切り替えも!移行上限に変更なしのアメックス

2019年1月1日からのANAマイル移行上限の改悪をうけて、すでにアメックスでマイルをためているANAマイラーはカードの切り替えが必要です。

 

ここでは、ANAマイルの移行上限に変更の無い、アメックスブランドのクレジットカードをご紹介します。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

4.7

年会費(税抜)7000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜2500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.5%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高3000万円
国内最高2000万円

ANAマイラーにおすすめの理由!

  • 無期限・上限無しでポイントをANAマイルに交換可能
  • ANAグループの利用でマイル還元率2.5%
  • マイル移行手数料と合わせても13,000円と低コスト

 

ANAマイルへの移行上限無しのカードへの切り替えを検討している方は「ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下ANAアメックス)」がおすすめです。

 

ANAアメックスでは、税別6,000円のマイル移行コースに登録することで、ポイントを年間の移行上限無しでANAマイルに交換することができます。

 

マイル移行コースに登録するとポイントの有効期限が無期限となりますので、マイルを実質無期限で貯めることができる点も嬉しい点ですね。

 

ANA航空券などのANAグループの利用では還元率が2.5%にアップする特典もあり、ANA一般カードでは唯一、ANAグループで2.5%のマイルを貯められるカードとなっています。

 

  • セブン-イレブン・イトーヨーカドーなどでは還元率2.0%
  • フライトボーナスマイルは区間基本マイルの10%

 

など、ANAカードの通常の特典も利用することができますので、お買い物・フライトで効率的にマイルを貯めることが可能です。

 

マイル移行手数料と合わせても13,000円と低コストですので、ANAマイルを貯めることを目的とするとアメックスのプロパーカードからの乗り換えもアリではないでしょうか?

 

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

4.3

年会費(税抜)31000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜2.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

ANAマイラーにおすすめの理由!

  • 無期限・上限無しでポイントをANAマイルに交換可能
  • ANAグループの利用でマイル還元率3.0%
  • 最大60,000マイル相当を獲得可能な入会キャンペーン

 

ANAグループでのフライトをよく利用する方には「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード(以下ANAアメックスゴールド)」がおすすめです。

 

ANAアメックスゴールドでは、無期限のポイントを年間の上限無しでANAマイルに移行することが可能となっており、移行手数料も無料です。

 

ANAグループでの利用の際には還元率が3.0%にアップする特典があり、マイル獲得に特化した「スカイ・トラベラー・カード」同様の還元率で航空券を購入できます。

 

ANAアメックスゴールドはANAワイドゴールド相当のカードとなっていますので、フライトボーナスマイルも25%と、航空券の購入・フライトでお得にマイルを貯められます。

 

最大60,000マイル相当を獲得できる驚異のキャンペーンも開催されており、

 

  • 入会・3か月以内90万円以上の利用で最大51,000マイル相当
  • 90万円利用の通常ポイントとして9,000マイル相当

 

と、入会キャンペーンで60,000マイル相当の大量マイルを獲得可能です。

 

移行上限無しのアメックスに乗り換えを検討している方は、60,000マイルをもらってお得にANAアメックスゴールドに乗り換えるのもいいのではないでしょうか!

 

SPGアメリカン・エキスプレス・カード

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

ANAマイラーにおすすめの理由!

  • 実質無期限・上限無しでポイントをANAマイルに交換可能
  • ボーナスポイント込みで最大マイル還元率1.25%
  • SPG・マリオットの「ゴールドエリート」を取得可能

 

ショッピングマイルに特化して、お得にANAマイルを貯めたい方には「SPGアメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)」がおすすめです。

 

SPGアメックスのポイントは、年間の移行上限無しでANAマイルに還元率1.0%相当で交換することができます。

 

ポイントの有効期限は1年間となっていますが、年間1回でもカードの利用があれば無期限になりますので、実質無期限・上限無しでANAマイルにポイント移行が可能です。

 

ポイントは100円に3ポイント(1マイル相当)の付与となっていますが、

 

  • 1回の交換で60,000ポイントのマイル移行で15,000ポイントのボーナスポイントが付与
  • 合計75,000ポイント=25,000マイルに交換可能

 

となっており、最大でANAマイルを1.25%還元で貯めることができます。

 

いつでもANAマイルを還元率1.25%で貯められるカードは希少となっていますので、ショッピングマイルでお得にマイルを貯めたい方にはおすすめです。

 

また、SPGアメックスでは、SPG・マリオットの上級会員資格「ゴールドエリート」を無条件で取得することができます。

 

カードの更新時にはSPG参加ホテルで利用できる無料宿泊券もプレゼントされますので、ホテル特典にもこだわりたい!という方にも最適です!

 

ユナイテッド航空のマイレージプラスをよりお得に貯めるなら

アメックスでのANAマイルの移行上限の改悪を受けて、貯めるマイルをユナイテッド航空のマイレージプラスに切り替えるのもひとつの選択肢です。

 

マイレージプラスは、MileagePlusセゾンゴールドカードで効率的に貯めることが可能です。

MileagePlusセゾンゴールドカード

4.5

年会費(税抜)15000円+税
家族カード(税抜)5000円+税
ETCカード年会費
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard
還元率1.5〜2.0%
申込資格18歳以上(高校生は除く)で、提携する金融機関に決済口座をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • マイレージプラスをいつでも1.5%還元で貯めることができる
  • コスモ石油利用時には2.0%の高還元率
  • マイレージプラスはANA特典航空券の交換にも利用可能

 

ANAマイルからマイレージプラスに乗り換える方には「MileagePlusセゾンゴールドカード」がおすすめです。

 

MileagePlusセゾンゴールドカードでは、いつでも還元率1.5%でマイレージプラスを貯めることが可能となっており、ショッピングマイルでガンガンマイルが貯まります。

 

さらに、コスモ石油利用時には還元率が2.0%にアップする特典もありますので、給油するスタンドをコスモ石油に変更するだけで劇的にマイルを貯めることが可能です!

 

マイレージプラスは、ANA特典航空券の交換にも利用可能となっており、国内線は往復10,000マイル〜とANAマイルでの特典航空券の交換よりもお得になるケースがあります。

 

家族特約も付帯した手厚い海外旅行保険も魅力となっており、補償の面ではアメックスよりも勝る優秀なカードです。

 

アメックスの衝撃の改悪のニュース!陸マイラーは対策を急げ

アメックスのANAマイル移行上限の半減は、ANAマイラーにとっては直視したくない現実です…!

 

  • 2019年1月1日からANAマイルの交換上限が年間40,000マイルに
  • ANAマイルの移行上限の無いクレジットカードに切り替えよう
  • 貯めるマイルをANAマイル以外に乗り換えるのもひとつの選択

 

2019年1月1日から、アメックスのポイントでのANAマイルへの交換が年間40,000マイルまでと半減してしまいます。

 

ANAマイルへの移行上限の改悪はアメックスだけではなく、ライバルカードともいえるダイナースクラブカードでも同様の改悪が予定されています。

 

ANAマイルへの移行上限の無いカードへの切り替えはもちろん、ANA以外のマイルへの乗り換えも要検討ですね!