年会費無料のおすすめ法人カード!初年度・次年度無料の法人カードも注目!

 

「年会費無料の法人カードが欲しい」

「できるだけコストを抑えて法人カードを作りたい」

「年会費無料と有料の法人カードでサービスに差はあるの?」

 

経営者の方だけではなく、個人事業主の方にも必須のアイテムのひとつとなっているのが法人クレジットカードです。

 

法人クレジットカードの年会費はそのまま経費に直結してしまいますので、年会費無料の法人カードで損をしないように利用したいという方も多いでしょう。

 

年会費無料で法人カードを利用するためには、本カードの年会費はもちろん、ETCカードや追加カードの年会費・発行枚数にも注目が必要です。

 

今回は、本当に損をしない法人カード選びのために、年会費無料の法人カードを特集します。

 

年会費無料の法人カードを選ぶ時のポイント

 

完全に年会費無料で法人カードを利用するためには、本カードの年会費が無料のカードを選んだだけでは不完全です。

 

法人カードの発行では、社用車を利用している法人の場合、ETCカードが必要になるケースも多いでしょう。

 

ETCカードを利用する場合、本カードの年会費は無料でも、ETCカードの年会費が必要というカードもありますので注意が必要です。

 

ETCカードの発行枚数も、損をしない法人カードの利用のためには重要な判断項目となります。

 

  • 本カードにのみETCを追加可能
  • 社員カード1枚につき1枚のETCカードを追加可能
  • 1枚の本カードに対して必要枚数のETCカードを追加可能

 

このように、法人カードによってETCカードの追加可能な枚数は異なります。

 

社用車を多く抱え、ETCカードを台数分用意したいという方には、1枚の本カードに対して必要枚数のETCを発行できる法人カードの方が有利ですよね。

 

複数の社用車を利用している場合には、ETC料金を社員に立て替えさせて現金精算という昔ながらの方法では、経理担当者に大きな負担になってしまいます。

 

ETCを必要枚数用意することで、経理担当者のストレスを軽減する効果もあるのですね。

追加カード/社員カードを活用するのが法人カード活用の極意

法人カードを損なく最大限活用するためには、社員・従業員にも追加カードを利用させることが必要です。

 

社員にも追加カードとして法人カードを利用させることで、

 

  • 経費管理の一元化
  • 社員の経費支払い分も取りこぼしなくポイント還元

 

といったメリットをうけることができます。

 

最大限、経費の支払いを法人カードに集約させるためには、必要枚数の追加カードが発行できる法人カードを選択する必要があります。

 

追加カードの発行可能枚数はカードによって異なりますので、発行可能枚数や追加カードの年会費にも着目しておく必要があるのですね。

法人カードを年会費無料で利用するメリット

 

これから法人カードを作ろうと思っている方の中には、年会費無料でコストをかけずに法人カードを利用したいという方も多いでしょう。

 

法人カードを年会費無料で利用することで、次のようなメリットがあります。

 

  • 年会費=経費なので経費削減
  • スタートアップ・個人事業主でも気軽に利用しやすい
  • 経費管理を一元化 

 

年会費無料のカードを利用することでの、もっとも直接的なメリットとなるのが経費0円で法人カードを利用することができる点です。

 

スタートアップ企業や独立したての個人事業主にも、コストをかけずに利用できる年会費無料の法人カードなら気軽に導入しやすいですよね。

 

本カードだけでなく、追加カードやETCカードも含めて年会費無料のカードを利用することで、経費管理を一元化することができるのも大きなメリットとなります。

 

個人事業主も年会費無料なら法人カードを持ちやすくなっていますので、経費支払いを法人カードにわけて確定申告もラクしちゃいましょう。

 

実質年会費無料!年1回以上の利用で次年度無料の法人カードもおすすめ

法人カードの中には、通常は年会費が必要なものの、年1回以上の利用で翌年の年会費を無料で利用できるカードもあります。

 

1枚目の法人カードを検討している方は、年に1回以上の利用で実質無料になるので、こちらも検討対象です。

 

法人カードでは、完全に年会費無料のカードは希少となっており、年会費無料のカードのみを対象とすると選択肢の幅が狭くなってしまいます。

 

実質無料で利用できる法人カードも選択肢に入れることで、より幅広いカードの中からカードを選択することができるのですね!

年会費無料・実質無料で利用できる希少な法人カード

法人カードの年会費は会社の経費に直結しますので、年会費無料でコストをかけずに利用できる法人カードは貴重です。

 

法人カードは単なる決済方法としてではなく、ビジネスのサポートや経費支払いでの還元率に注目することも必要です。

 

ここでは、年会費無料・実質無料で、機能も充実したおすすめの法人カードをご紹介します。

ライフカードビジネスライト

4.0

年会費(税抜)無料
追加カード(税抜)3枚まで無料
ETCカード年会費1枚無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
申込資格18歳以上の法人代表者・または個人事業主の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 本人確認書類のみで申込可能
  • クラウド会計サービス「freee」の優待
  • 追加カードも3枚まで年会費無料

 

とにかくコストをかけずに法人カードを利用したい、というかたには「ライフカードビジネスライト」がおすすめです。

 

ライフカードビジネスライトは、本カードだけではなくETCカードも含めて年会費無料で利用できますので、完全に無料で法人カードを利用することができます。

 

追加カードも3枚まで無料で追加することができますので、少人数のスタートアップのカードにもおすすめです。

 

ライフカードビジネスライトは、決算書・登記簿謄本不要で、本人確認書類のみで申込みすることができますので、スタートアップや個人事業主の1枚目のカードに活用しましょう。

 

ポイントプログラムは用意されていないものの、クラウド会計ソフト「freee」の優待など、はじめての法人カードには嬉しいメリットが充実しています。

 

P-one Business MasterCard

4.1

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,000円+税 ※年1回以上の利用で翌年度無料
追加カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1,000円+税
国際ブランドMastercard
還元率1.0%
申込資格20歳以上の個人事業主・または法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 実質年会費無料で利用可能
  • 追加カードも5枚まで年会費無料
  • P-oneモール経由でネット通販もお得

 

年会費のコストをかけずに、ポイントもお得に貯めたいという方にはP-one Business MasterCardがおすすめです。

 

P-one Business MasterCardでは、2年目移行税別2,000円の年会費が必要ですが、年間1回以上のカード利用で翌年の年会費が無料になる特典があり、実質年会費無料のカードとして利用できます。

 

追加カードも5枚まで無料で追加発行することができますので、社員カードも合わせて利用したいという方も、コストをかけずにカードを利用することができます。

 

P-one Business MasterCardの利用では、通常のポケットカードの2倍の還元率でポイントが貯まりますので、経費の支払いで効率的に還元をうけることができるのですね。

 

会員専用のインターネットモール・P-oneモール経由で、Yahoo!ショッピングなどの人気のネット通販をお得に利用することができますので、ネット通販でもお得に活用できるカードとなっているのですね。

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

4.2

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,000円+税 ※年間1回以上のカード利用で翌年度年会費無料
追加カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 年会費実質無料でハイクラスなアメックスブランドを使える
  • 法人カードで唯一即日発行が可能
  • ポイントは有効期限無期限の永久不滅ポイント

 

即日発行で法人カードを作りたい方には「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」がおすすめです。

 

通常、法人カードでは発行期間が個人用カードよりも長くなっているケースが多くなっていますが、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードでは、最短即日発行が可能です。

 

オンラインの申込後にセゾンカードカウンターでの受け取りで、その日のうちにカードを作ることができますので、すぐに法人カードを作りたい方にも最適のカードとなっています。

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、年間1回以上の利用で年会費が無料になる実質無料のカードでありながら、上質なアメックスの付帯サービスを利用できるのも大きなメリットとなります。

 

カードの利用で貯められるポイントはセゾンの永久不滅ポイントとなっていますので、経費支払いで貯められるポイントの有効を気にしなくてもいいのは嬉しいですよね。

 

 

年会費無料のカードにはデメリットもある?

年会費無料・実質無料の法人カードでは、コストをかけずに気軽に法人カードを利用することができるのが大きなメリットです。

 

しかし、年会費無料の法人カードには、メリットだけではなくデメリットもあることを知っておく必要があります。

 

  • 還元率が低い
  • 付帯サービスが充実していない
  • ステータス性が物足りない

 

年会費無料の法人カードでは、カード利用での還元率が低い、またはポイントサービスそのものが用意されていないカードもあります。

 

経費支払いでのポイント還元は、会社の経費削減にも一役買ってくれますので、ポイント還元率の低さは手痛いデメリットです。 

 

ビジネスサポートで選べ!付帯サービス万全の法人クレジットカード」で解説しているように、法人カードでは充実した付帯サービスも選択の基準となります。

 

年会費無料の法人カードでは、付帯サービスも最低限度のサービスとなっていることが多く、充分なビジネスサポートをうけることができないのですね。

 

また、「ステータスが高い法人カードはどれ?ランクも特典も高いビジネスカード比較」で解説しているように、法人カードには取引先から信頼される、ある程度のステータス性が必要です。

 

年会費無料の法人カードを使っていることで、取引先から足元を見られてしまうのも面白くないですよね。

ビジネス用のカードには有料の法人カードを選ぶ方も多い

年会費無料の法人カードでは、上記にあげたようなデメリットもあることから、ビジネス用のカードには有料の法人カードを選択する方も多くなっています。

 

有料の法人カードではカード保有のコストが必要となってしまうものの、充実した付帯特典で年会費以上のサービスをうけることも可能です。

 

また、ワンランク上の法人カードでは、ポイント還元率やマイル還元率に優れたカードも多く、ポイント還元率だけで年会費の差を埋められるケースもあります。

 

ビジネスに利用するカードを選択する際には、年会費無料にこだわるのではなく、コストと機能・特典のバランスで選ぶのもいいでしょう。

サービス&コストのバランスが絶妙!格安年会費の法人カード

ビジネス用のカードには、機能や特典が充実した有料のカードを選択する方も多くなっています。

 

有料のカードといっても、決して高額な年会費のカードだけではなく、格安年会費の法人カードでもバランスの取れたサービスを利用可能です。

 

ここでは、サービスとコストのバランスが抜群の、格安年会費の法人カードをご紹介します。

EX Gold for Biz

4.8

年会費
(税抜)
初年度年会費無料
2年目〜2000円+税
追加カード(税抜)無料(最大3枚まで発行可能)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.6〜1.1%
申込資格18歳以上の個人事業主、または法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内最高1000万円
  • 最大1.1%還元でポイントが貯まる
  • iD/QUICPay搭載でApple Payも利用可能
  • Mastercard選択時にはコース料理無料などの最強特典

 

コストを抑えて、法人ゴールドカードの上質なサービスをうけたい方には「EX Gold for Biz」がおすすめです。

 

EX Gold for Bizでは、年間の利用金額に応じて翌年の還元率がアップする、ポイントアップステージが用意されており最大1.1%還元の高還元率でポイントを貯められます。

 

また、iD/QUICPayが搭載され、Apple Payにも登録可能となっていますので、クレジット払いが不可な少額の利用でもポイントの取りこぼしがありません。

 

EX Gold for Bizでは、国際ブランドをMastercardに選択することで、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる、招待日和のサービスを利用できます。

 

年会費税別2,000円の格安ゴールドカードでありながら、プラチナカード相当のサービスを受けられるのは大きなメリットになりますよね。

 

JCB法人カード

4.3

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜1250円+税
追加カード
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜1250円+税(1枚につき)
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜3.0%
申込資格法人または個人事業主
旅行
傷害保険
海外最高3,000万円
国内最高3,000万円
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでポイントがガンガン貯まる
  • 充実したビジネスサポートを利用可能
  • 1枚の本カードに対して必要枚数のETCを無料発行

 

国産の国際ブランドプロパー法人カードとして、バランスの取れたサービスを利用することができるのが「JCB法人カード」です。

 

JCB法人カードでは、ポイントアップ加盟店として「JCBオリジナルシリーズパートナー」が用意されており、セブン-イレブンやスターバックスなどでお得にポイントを貯められます。

 

年間の利用金額に応じて翌年のポイント還元率がアップするポイントアップステージで、最大0.75%還元でポイントを貯めることも可能です。

 

JCBプラザ/プラザラウンジといったJCBの付帯サービスはもちろん、「ビジネス用じゃらん.net」などのビジネスサポートも充実しています。

 

JCB法人カードでは、本カードに対して必要枚数のETCを無料で発行することができますので、社用車を多く抱える法人でもコストを抑えて利用することができるのですね。

 

三井住友ビジネスカード for Owners

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税
追加カード(税抜)400円
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5%
申込資格満20歳以上の個人事業主または法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内
  • 申込窓口が広く取得しやすい法人カード
  • 分割・リボ払いも利用可能で個人用カード同様の使い勝手
  • Apple Pay登録も可能で電子マネー併用もバッチリ

 

三井住友カードの申込窓口を広く設定された法人カードが「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersは、決算書・登記簿謄本不要で申込みすることができますので、はじめて法人カードを作る方でも気軽に申込みすることができます。

 

分割・リボ払いのほか、キャッシングリボも利用可能となっていますので、ビジネス立ち上げ時のキャッシュフローにも最適なカードです。

 

Apple Pay登録も可能となっており、個人向けクレジットカード同様の使い勝手の良さで利用できるのも嬉しいですよね。

 

カードの利用で貯まるポイントは、マイルにも交換可能な使い勝手抜群のポイントとなっており、経費支払いで貯めたポイントを有効活用することができます。

 

年会費無料・有料の法人カード、結局どっちがお得?

年会費無料の法人カードには、コストをかけずにカードを利用できる最大のメリットがあるものの、付帯サービスなどの面ではデメリットとあります。

 

結局、これから法人カードを作ろうと思っている方には、年会費無料と有料の法人カードのどちらがお得になるのでしょうか?

 

ここでは、タイプ別に年会費無料がおすすめの方、有料のカードの方が得できる方の傾向を解説します。

ビジネスサポートなどが不要な人は年会費無料の法人カード

法人カードにはビジネスサポートまでは求めていない、という方には年会費無料の法人カードでも充分です。

 

年会費無料の法人カードでは、付帯サービス・ビジネスサポートが物足りないという点も、有料のカードと比べてのデメリットとなります。

 

ただし、個人事業主の方など、業態によってビジネスサポートは必要ない、というケースもあるでしょう。

 

法人カードの用途が、個人用と経費の決済を分け・経費管理の一元化という目的であれば、過剰なビジネスサポートは必要ないのですね。

 

年会費無料の法人カードであれば、独立したてのフリーランスなど、まだ収支が安定していない方にも気軽に作れるのもメリットとなります。

ビジネスのパートナーとしてカードを利用したい方は有料の法人カードを

単なる決済方法としてだけではなく、ビジネスのパートナーとしてカードを利用したい方には、有料の法人カードがおすすめです。

 

有料の法人カードでは、カード保有の維持コストは必要となるものの、特典を活用することで年会費以上のメリットをうけることも可能です。

 

また、有料の法人カードでは、年会費無料の法人カードよりもポイント還元率が優遇されていることも多く、ポイント還元のみで年会費の差を埋めることもできます。

 

基本的には、法人カードには年会費有料のカードの方が多く、カードの選択の幅が広くなるのも嬉しいメリットです。

 

自分の会社にあった特典やサービスをうけられる法人カードが欲しいという方は、年会費有料の法人カードも視野に入れて、カードを選択してみてはいかがでしょう。

年会費無料・有料の法人カードは本当に損の無いカード選びを!

損をしない法人カードを選ぼうと思うと、年会費無料のカードにこだわってしまう方も多いかもしれません。

 

ただし、法人カード選びでは、ケースによって有料のカードを選択した方が有利になることも多くなってきます。

 

  • 還元率・ビジネスサポートで比較する
  • サービスとコストのバランスを考える
  • サポートがそれほど必要ない場合には年会費無料でも充分

 

年会費無料と有料のカードの、どちらがお得になるかは、求める還元率とビジネスサポートで変わります。

 

経費決済でマイルを大量に貯めたい、という方の場合、年会費が発生しても高還元の法人カードを利用した方が有利です。

 

逆に、ビジネスサポートがそれほど必要ない方の場合は、年会費無料のカードでも充分ですので、自社に合わせたカード選びが重要なのですね!