クレジットカードの国際ブランドはどこを選ぶ?失敗しない国際ブランド選びのコツ

 

「クレジットカードの国際ブランドってどこを選べばいいの?」

「国際ブランドによってサービスに違いがあるの?」

「そもそも国際ブランドってなに?」

 

これからクレジットカードを作ろうと思っている方の中には、どの国際ブランドでつくればいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

クレジットカードには、JCBやVISA・Mastercardといった国際ブランドが付帯しており、それぞれの加盟店で利用することが可能です。

 

国際ブランド選びはクレジットカードの選択には重要な基準のひとつとなっており、国際ブランドによって国内外での使い勝手が大きく変わってきます。

 

今回は、国際ブランド選びで悩んでいる方のために、失敗しない国際ブランド選びのコツを解説します!

 

クレジットカード診断テスト

国際ブランドってなに??

 

国際ブランドとは、その名のとおり「国際的に共通なクレジットカードのブランド」のことを指します。

 

代表的な国際ブランドの種類には、5つのブランドがあります。

 

  • JCB
  • VISA
  • Mastercard
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナースクラブ

 

原則としては、国際ブランドがJCBのクレジットカードはJCBの加盟店でしか利用することができず、VISAやMastercardの加盟店などでは利用することができません。

 

また、国際ブランドと呼ぶように、加盟店であれば世界中どこの国の加盟店でも決済をすることができます。

 

ですので、国際ブランドをどのブランドで作るかで、クレジットカードを利用することができる幅が変わってくると言っても過言ではありません。

 

国内ではJCBとVISA、Mastercardといった3ブランドが使える加盟店が多く、意識したことがないかも知れませんが、海外では国際ブランドの違いで使い勝手がずいぶん違います。

 

このページを最後まで読んで頂き、失敗のない国際ブランド選びの知識を蓄えましょう!

 

アメックス/ダイナースはJCBと提携している

国際ブランドがそれぞれの加盟店でしか利用できないとすると、アメックス/ダイナースクラブは使える加盟店が少ないのでは?と心配になってしまうかも知れません。

 

しかし、アメックス/ダイナースは国内ではJCBと提携しており、JCBの加盟店でも決済をすることが可能です。

 

国内の加盟店シェアNo.1のJCBで利用できることで、アメックス/ダイナースも非常に使い勝手のいい国際ブランドとなっています!

提携カードとプロパーカードの違い

クレジットカードには、

 

  • 国際ブランドが発行するプロパーカード
  • 他社と提携して発行する提携カード

 

と、大きく分けて2種類のカードがあります。

 

アメックスは特典が超充実してるクレジットカード!プロパーと提携の差を比較」でも、アメックスを例にとって比べていますが、一般的にはプロパーカードの方がステータスは高く・提携カードの方がコストは安くなっています。

 

クレジットカード会社によってプロパーカード・提携カードの発行状況は違います。

 

  自社発行 委託発行
JCB
VISA
Mastercard
アメリカン・エキスプレス
ダイナースクラブ

 

ここでいう委託発行とは、審査・発行までの業務を提携先に委託しているカードのことを指します。

 

たとえば、楽天カードの発行する「楽天カード(JCB)」「楽天カード(VISA)」などは、JCB・VISAの委託発行のカードです。

 

対して、ANAダイナースは提携カードであるものの審査・発行はダイナースクラブが行っており、自社発行のカードとなっています。

 

プロパーカードと提携カードのメリットをまとめます。

 

  メリット デメリット
プロパーカード 特典やステータス性が
充実している
審査が厳しい・年会費が高額
提携カード 提携先の特典が
付加される・年会費が安い
ステータス・特典は
プロパーカードに劣る

 

クレジットカードを作る際の自分の状況や求めるスペックによって、プロパーカードと提携カードのどちらにするか決めてもいいでしょう。

 

VISA/Mastercardでは自社発行のプロパーカードは無い

VISA/Mastercardでは、自社発行のプロパーカードは無く、すべてのカードが委託発行の提携カードとなっています。

 

ただし、三井住友カードの発行するクレジットカードは実質的なVISA/Mastercardのプロパーカードとなっており、プラチナカードなどのハイクラスのカードも発行されています。

 

VISA/Mastercardをどこの会社で作るべきか悩んだら、三井住友カードを選べば間違いないでしょう!

代表的な5大国際ブランドの特徴

ここでは、5大国際ブランドの特徴を詳しく解説します。

国内唯一の国際ブランド・JCB

 

国内のクレジットカード会社で、唯一国際ブランドとなっているのが「JCB」です。

 

国産のブランドということもあり、国内での加盟店のシェアはNO.1と使い勝手がよく、国内でJCBが使えずに困ってしまうケースは少ないでしょう。

 

海外特典にも優れており、JCBプラザ/プラザラウンジなどの海外デスクに加え、ハワイではワイキキトロリー無料の優待も利用することができます。

 

「JCBは海外に弱い」というイメージもありますが、近年では南米でもJCBカードが発行されるなど、ますますインターナショナルに使いやすい国際ブランドに成長しています。

 

また、国内ではディズニーのオフィシャルカードとなっており、ディズニーデザインのカードの発行や、ディズニー関連の特典も充実の内容です!

 

加盟店のシェアNO.1!1枚目にも最適のVISA

 

カードを利用できる加盟店の数で選ぶなら、一択で「VISA」を選択しておけば間違いありません。

 

VISAブランドは加盟店のシェア世界1位の国際ブランドとなっており、世界中のどこでも活躍する圧巻の使い勝手の良さを誇っています。

 

海外で利用する方はもちろんのこと、はじめてのクレジットカードを選ぶ方、または1枚だけクレジットカードを利用したいという方にも最適な国際ブランドです。

 

VISAブランドでは、各社と提携して発行する豊富な提携カードも充実しており、年会費無料のカードからハイクラスなカードまで幅広いカードの選択肢があります。

 

また、広大な国際ブランドのネットワークを活かした海外キャッシングサービスも使い勝手がよく、海外旅行の際に活躍してくれるサービスです。

 

コストコでのクレジット決済も可能!Mastercard

 

VISAと並んで加盟店のシェアNO.2となっている国際ブランドが「Mastercard」です。

 

MastercardはVISAブランドと加盟店の数ではほとんど変わらず、世界中のどこで利用しても加盟店が見つからなくて困ってしまうというケースは少ないでしょう。

 

非接触決済サービスのMastercardコンタクトレスは海外では非常に広く普及しており、海外でApple Payを利用する予定がある方にはMastercardブランドがおすすめです。

 

また、Mastercardは、人気の大型スーパー「コストコ」で唯一利用することが可能な国際ブランドでもあります。

 

コストコでの利用でお得にポイントを貯めたいという方の場合も、Mastercardを選択してみてはいかがでしょうか!

 

プロパー・提携カードと豊富なアメリカン・エキスプレス

 

ハイステータスのクレジットカードを作りたいなら「アメリカン・エキスプレス」がおすすめです。

 

アメリカン・エキスプレスは「元祖・お金持ちが持つカード」というイメージが強く、周りからの印象も変わってくる国際ブランドです。

 

アメックスのプロパーカードは外資系独自の審査基準で審査が行われるため、カードのイメージとは違い、審査通過の可能性は高くなっています。

 

また、セゾンカードなどの各社と提携した提携カードも充実しており、年会費無料で利用できるアメックスブランドのクレジットカードも発行されています。

 

プロパーカード・提携カードと幅広い選択肢からカードを選べるのも、アメックスのメリットのひとつと言えるでしょう。

 

最強ステータスの国際ブランド・ダイナースクラブ

 

もっともステータスの高い国際ブランドをひとつ選択するとすれば「ダイナースクラブ」が挙げられるでしょう。

 

ダイナースクラブでは、完全自社発行でカードを発行しており、提携先もBMWやジャガーなどのハイブランドが選択されていますので、高いブランドイメージが守られています。

 

国際ブランドの基本の特典として、世界750か所以上のラウンジを利用できるダイナースクラブラウンジや、1名分コース料理が無料になるエグゼクティブダイニングなどを利用できます。

 

「食事をする人のクラブ」という名称のとおりダイニング特典に優れており、ごひいき予約の特典では通常は予約不可の名店での食事を予約することも可能です。

 

大人の持つクレジットカードとして、非常に高いステータスを誇っている国際ブランドがダイナースクラブです!

 

銀聯カードを含めて6大ブランドということも

 

クレジットカードの国際ブランドは、中国で圧倒的なシェアを誇る「銀聯(ぎんれん)カード」を含めて6大ブランドと数えることもあります。

 

中国は独立したクレジットカードの進化をしており、国民のほとんどが銀聯カードの国際ブランドが付いたデビットカードを保有しています。

 

駄菓子屋さんのようなお店でもクレジットカード決済が可能となっており、日本よりもキャッシュレス化が進んでいると言っていいでしょう。

 

ただし、世界的なシェア上位のVISA/Mastercardの加盟店は少なく、中国旅行や出張の際には銀聯カードが必須の国際ブランドです。

 

銀聯カードは日本国内でも発行することが可能となっています。

 

  • 三井住友銀聯カード
  • MUFG銀聯カード
  • ANA銀聯カード

 

MUFG銀聯カードとANA銀聯カードは単独での発行は不可となっており、MUFGカード・ANAカードの追加カードとして発行することができます。

 

三井住友銀聯カードのみ単独で発行することができますので、銀聯カードだけが必要な方は三井住友銀聯カードを選択するようにしましょう!

 

7大ブランドのディスカバーとは?

国際ブランドでは「ディスカバー」も含めて7大ブランドと呼ぶこともあります。

 

 

ところが、ディスカバーは日本国内では発行されておらず、日本人にとっては関わりの薄い国際ブランドであるといっていいでしょう。

 

国内では5大ブランド、もしくは銀聯カードを含めた6大ブランドを覚えておけばOKです!

国際ブランド選びで失敗しない選び方

国際ブランド選びで失敗しないようにするには、3つのポイントで比較するのがコツです。

 

  • 加盟店数の違い
  • 付帯サービスの違い
  • 為替レートの違い

 

ここでは、それぞれのポイントでの比べ方を解説します!

加盟店数の違いがもっとも重要な判断基準

国際ブランドを選択する際には、決済に利用できる加盟店数の違いで選択するのが重要です。

 

  加盟店数 会員数
VISA 3,850万店舗 20億人
Mastercard 3,850万店舗 10億人
JCB 2,500万店舗 7,000万人
アメリカン・エキスプレス 2,400万店舗 1億人
ダイナースクラブ 2,400万店舗 1億人

 

加盟店数で比較すると、VISAとMastercardがほぼ同規模となっており、使い勝手の面では最強と言えるでしょう。

 

日本の国産のブランドであるJCBは日本国内でのシェアはNO.1となっており、国内の利用がメインとなる方はJCBもおすすめです。

 

アメックス/ダイナースはJCBと提携していますので、国内での使い勝手はJCBと同様に高くなっています。

 

日本国内での利用がメインとなるか、海外での利用がメインとなるか、というライフスタイルの違いで国際ブランドを選べば失敗がありませんね!

国際ブランドの付帯サービスにも注目

国際ブランドを選ぶ際には、独自の付帯サービスにも注目が必要です。

 

国際ブランドには大きく分けて、

 

  • 決済カードブランド
  • T&E(トラベル&エンターテイメント)カードブランド

 

の2つに分けることができます。

 

VISAとMastercardのように、国際的な決済能力に特化したカードを決済カードブランドと呼びます。

 

対して、旅行保険や海外特典・エンターテイメントの特典に特化したカードをT&Eカードブランドと呼び、独自の特典が用意されています。

 

例を挙げると、

 

 

などが国際ブランド独自の特典です。

 

自分のライフスタイルに合わせて、必要な特典で国際ブランドを選択するのも重要です!

為替レートの違いも海外利用では重要

海外では、クレジットカードを利用する際に国際ブランドごとの外貨取扱手数料が必要です。

 

JCB 1.6%
VISA 2.16%
Mastercard 2.16%
アメリカン・エキスプレス 2.0%
ダイナースクラブ 1.3%

 

海外でクレジット払いをする際には、上記の外貨取扱手数料に国際ブランドごとの基準レートが掛け合わされます。

 

外貨取扱手数料はダイナースクラブが安くなっていますが、アメックス・ダイナースでは基準レートが公表されていませんので、VISA/Mastercardの方がお得になるケースもあります。

 

空港や銀行での両替よりも、クレジットカード払いの外貨取扱手数料の方がお得な手数料で利用できますので、海外でのお買い物の際にはクレジット払いを活用しましょう。

 

 

アメックスは現地通貨建てのみで安心

海外でのクレジット決済では、

 

  • 日本円建て
  • 現地通貨建て

 

を選択できるケースがありますが、日本円建ての場合は高額な手数料が必要になりますので注意が必要です。

 

店舗によっては、確認無しで手数料の高い日本円建てで決済されてしまうことがありますので、確実にレシートを確認しましょう。

 

心配な方は、アメックスのクレジットカードを利用すれば、現地通貨建てでの支払いのみとなりますので安心して利用することができます。

はじめてのクレジットカードには問答無用でVISAブランドがおすすめ

はじめてのクレジットカードを選択する場合には、深く考えずにVISAブランドを選択するようにしましょう。

 

加盟店数・会員数で世界1位のVISAブランドは、国内外での圧倒的な決済能力を持っています。

 

1枚目はVISAで作り、その後必要に応じてJCBやMastercardなどを追加していく、というのが賢いクレジットカードの作り方です。

 

VISAブランドでは学生・若者向けのカードも充実していますので、ファーストカードとしてもおすすめできる国際ブランドです!

各国際ブランドの代表的なプロパーカード

ここでは、各国際ブランドのベーシックなプロパーカードをご紹介します。

 

国際ブランドは決まったけど、どのカードを作るか悩んでいる、という方はここで紹介したカードを選択しておけば間違いありません。

JCB一般カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税
家族カード(税抜)400円+税 ※本会員が無料の場合は無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高3,000万円(利用付帯)
国内最高3,000万円(利用付帯)
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでお得にポイントも貯まる
  • 手厚い旅行保険と海外サービスが充実
  • 年間50万円以上の利用で次年度年会費無料

 

国産で唯一の国際ブランド・JCBのベーシックなプロパーカードとなるのが「JCB一般カード」です。

 

JCB一般カードの基本の還元率は0.5%となっていますが、セブン-イレブンをはじめとしたJCBオリジナルシリーズパートナーで、お得なポイントアップ特典もあります。

 

貯まったポイントの使い勝手もよく、商品券や共通ポイントへの交換だけではなく、ディズニーのパークチケットへの交換にもポイントを利用することができます。

 

最高3,000万円の旅行保険に加えてJCBプラザ/プラザラウンジなどの海外特典も充実しており、格安年会費で海外用のカードを探している方にも最適です。

 

年間50万円以上の利用で次年度の年会費が無料になる特典もあり、メインカードとして利用すれば実質無料でカードを維持することも可能です。

 

三井住友VISA(Mastercard)カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税
家族カード
(税抜)
初年度1人目無料 2人目以降400円+税
2年目〜400円+税
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 500円+税(年1回以上ETC利用で翌年無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • マイ・ペイすリボの利用でポイント還元率2倍
  • マイ・ペイすリボの登録・1回以上のカード利用で年会費無料
  • VISA/Mastercard両ブランドでの発行も可能

 

VISA/Mastercardには自社発行のプロパーカードは無いものの、日本におけるVISA/Mastercardのプロパーカードともいえるのが「三井住友カード」です。

 

三井住友カードの通常還元率は0.5%となっていますが、マイ・ペイすリボの手数料が1円でも発生した月にはボーナスポイントで、還元率が2倍になる特典があります。

 

マイ・ペイすリボは、毎月の支払い金額を自分で設定できるリボ払いサービスとなっており、最小のリボ手数料でポイントをお得に貯めることができます。

 

また、マイ・ペイすリボを登録のうえ、年間1回でもカードの利用があれば次年度の年会費が無料になる特典があり、コスト0円でカードを利用することが可能です。

 

VISA/Mastercardの両ブランドを発行するデュアル発行にも対応しており、国際ブランドを使い分けたい方にも最適です!

 

アメリカン・エキスプレス・カード

4.2

年会費(税抜)12000円+税
家族カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • 知名度・ステータス性が高く印象の良いカード
  • プライオリティパスを無料で取得可能
  • メンバーシップリワードプラスでマイル還元率最大1.0%

 

ハイステータスのクレジットカードの代名詞ともいえるクレジットカードが「アメリカン・エキスプレス・カード」です。

 

アメックスブランドは知名度・ステータス性が高く、アメックスのプロパーカードを持っていることで周りからの信頼も得ることができます。

 

空港特典にも優れており、世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパス・メンバーシップ会員を無料で取得することが可能です。

 

メンバーシップリワードプラスに入会することで、マイル還元率最大1.0%でポイントをマイルに移行することが可能となっており、陸マイラーにもおすすめのカードです。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、ホテルやダイニングなどの優待をうけることが可能となっており、ワンランク上のライフスタイルを送ることができます。

 

 

ダイナースクラブカード

4.5

年会費(税抜)22,000円+税
家族カード(税抜)5,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドダイナースクラブ
還元率0.4〜1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • 大人が持つカードとして文句無しのステータス性
  • 卓越したダイニング特典が付帯
  • 世界750か所のラウンジを利用できる空港ラウンジサービスが付帯

 

上質な大人が持つカードとして、文句無しのステータス性を誇るクレジットカードが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードでは、カード名称の通り卓越したダイニング特典が付帯しており、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になるエグゼクティブダイニングなどを利用できます。

 

ごひいき予約の特典では、通常では予約不可の名店のキャンセルで出た空席を予約することができますので、食にこだわりのある方には最強のカードとなっています。

 

また、世界750か所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジサービス・空港手荷物無料宅配サービスも充実しており、海外旅行用のカードとしても最適です。

 

カードの利用で貯めたポイントは、還元率1%で各種航空マイルに交換することができますので、マイラーの方にもおすすめです。

 

国際ブランド選びは加盟店の数はもちろん、付帯サービスにも注目しよう!

国際ブランド選びの際に、カードを利用できる加盟店の数で選択するのはもちろんですが、国際ブランドごとの付帯サービスにも注目が必要です!

 

  • 1枚目のクレジットカードにはシェアNO1のVISAブランドを
  • 国内利用の多い方にはJCBブランドがおすすめ
  • コストコでお買い物をされる方にはMastercard
  • ハイクラスな特典はアメックス/ダイナースで

 

カードを利用できる加盟店で比較すると、1枚目のカードにはシェアNO.1のVISAブランドのカードを選択しておけば間違いありません。

 

また、他の国際ブランドにも、加盟店の数だけではない特徴が豊富に用意されていますので、自分のライフスタイルに合った国際ブランドを選択するようにしましょう!

 

複数枚のカードを利用する際には、別の国際ブランドを選択して、使い分けて利用するのが基本です!