PayPay×ヤフーカードの還元率が2.5%→0.5%に改悪!代わりになるカードはコレ!

 

かつては「総額100億円の20%還元」をはじめ、衝撃のキャンペーンをおこない、利用者を順調に増やしているPayPay。

 

しかし、バラマキ期間は終わったのか、かつての大判振る舞いなポイント還元も現在ではなりを潜めつつあります……。

 

そんななかでもヤフーカードだけは、PayPayとひもづけるクレジットカードのなかで唯一優遇され、ポイント還元率2.5%を誇っていました。

 

ところが2020年4月以降は、PayPay×ヤフーカードでもポイント還元率が0.5%に変更!PayPayにヤフーカードをひもづける価値は完全になくなってしまいました。

 

そこで今回の記事では、かつて最強のコンビと思われたPayPay×ヤフーカードを利用していた方に向けて、代わりになるカードを紹介します。それは「Kyash Card」です。

 

詳細を確認していきましょう。

PayPay×ヤフーカードの還元率が0.5%に!!?

 

PayPay×ヤフーカードの利用において、2020年1月までは、以下のようにポイントの2重取りが可能でした。

 

  • ヤフーカードでPayPay残高チャージまたはPayPay決済:1.0%還元(Tポイント)
  • PayPay決済の利用特典:1.5%還元(PayPayボーナス)

 

そのため、PayPayでヤフーカードを利用するだけでポイント還元率は2.5%ととても高かったのです。

 

しかし、PayPay残高チャージ、またはPayPay決済をおこなった際にもらえていたTポイントの1.0%還元が2020年1月末に終了。ポイントの2重取りができなくなりました。

 

このとき、PayPay×クレジットカードの利用で、クレジットカード側のポイント付与がなくなったのはヤフーカードのみ。そのため、なおのことPayPay×ヤフーカードユーザーからは反感を買ったものです。

 

そのうえ、いつでも1.5%還元だったPayPay決済の利用特典のルールが2020年4月からは以下のように変更となりました。

 

利用条件 PayPayボーナス付与率
通常 0.5%
前月の決済回数(100円以上)が50回以上 +0.5%
前月の決済金額が10万円以上 +0.5%

 

ルール変更後も「PayPayを月間50回以上かつ10万円以上利用」すれば、これまでどおり最大1.5%の還元を受けられます。

 

しかし、50回以上の利用となると日に何度も使うことを前提としていますし、PayPayを少額な買い物限定で利用している人も多いでしょうから、10万円以上の決済も難しいはず……。

 

つまるところ、多くの人にとっては、「PayPayはヤフーカードと組み合わせても通常還元率が0.5%にしかならない、改悪された」という印象になるでしょう。

 

PayPayの支払い方法(PayPay決済)は2種類

PayPayの支払い方法(PayPay決済)は、以下2種類の方法から選べます。

 

  • 「PayPay残高(電子マネー)」に銀行口座またはヤフーカードからチャージして支払う
  • クレジットカード(VISA、Mastercard)を登録して支払う

 

ただし、ここまで解説してきたPayPay決済の利用特典が適用されるのは、「PayPay残高を利用」か「ヤフーカードでの決済」のみです。

 

PayPay決済の利用特典を受けるためには、改悪されたPayPay×ヤフーカードを使い続けるしか方法がありません。

 

しかし、PayPay×ヤフーカードを使い続けても、多くの人にとってはポイント還元率0.5%が関の山。

 

だからこそ、2020年4月以降はヤフーカードの代わりとして、別のカードへの切り替えをおすすめします。

2020年4月以降のPayPayでのポイント還元

 

2020年4月以降、PayPay利用で得られるポイントは以下の2パターンです。

 

ヤフーカードでPayPay残高にチャージ、
またはヤフーカードでのPayPay決済
0.5%還元
(月間50回以上かつ
10万円以上利用で1.5%)
ヤフーカード以外の
クレジットカードでPayPay決済
クレジットカードの
還元率でのポイント還元

 

どう考えてもPayPay×ヤフーカードで1.5%還元を達成することは非現実的です。

 

そのため、2020年4月以降はヤフーカードの代わりに、通常還元率が1.0%以上の高還元カードをPayPayとひもづけたほうが還元率は高くなるでしょう。

 

それに、これから紹介する「PayPay×Kyash Card×高還元カード」という、2枚のカードを使った方法であれば、最大還元率2.0%超えも可能です!

PayPay決済におすすめのカード

 

ヤフーカードを利用しない場合、PayPay自体の利用還元は一切適用されません。

 

しかし、それでも「PayPay×Kyash Card×高還元カード」を利用したほうが、ポイント還元率は高くなります。

 

なお、こちらの方法では2枚のカードが必要となります。

 

少しややこしいのですが、分かりやすく解説していきますので、しっかりとポイントを貯めたい方は以下をよく確認してください。

Kyash Card×高還元カードがおすすめ

「Kyash Card」とは、VISAブランドのプリペイドカードですが、PayPay決済にも利用できます。

 

そして、Kyash CardでPayPay決済を利用すると、以下のとおりポイントの2重取りが可能です。

 

  • クレジットカードでKyash Cardにチャージ:クレジットカードのポイント還元
  • Kyash CardとひもづけたPayPayを利用:1.0%還元

 

このようにKyash Cardは決済のときだけでなく、チャージ時にもポイントをもらえます。

 

たとえば、1.0%以上の高還元カードでKyash Cardのチャージをおこない、PayPay決済すればそれだけで2.0%の高還元となるのです!

 

PayPay×Kyash Cardの月間利用上限は5,000円まで

Kyash Cardに限らず、PayPay決済にカード支払いを利用する場合、カードの3Dセキュア(本人認証サービス)対応状況によって、利用できる上限金額に違いがあります。

 

クレジットカードでのPayPay決済の決済上限金額
  本人認証未設定 本人認証設定済み
24時間 5,000円 20,000円
30日間 5,000円 50,000円

 

残念ながら、Kyash Cardは3Dセキュアに非対応。そのため、1日に利用できる金額も、月に利用できる金額も最大5,000円です。

 

この点はやや難点ですが、5,000円分だけでも月に最大100ポイントが貯まるのは大きな魅力でしょう。

 

なお、5,000円を超える分はKyash Cardをとおさず、PayPay×高還元カードで利用しましょう。

 

クレジットカードの還元率が1.0%以上であれば、Kyash Card をとおさずとも高還元カードを使ったほうが、還元率は高くなります。

Kyash Card×高還元カードの例

以上の情報をまとめまして、たとえばポイント還元率1.2%のリクルートカードでKyash Cardにチャージ。

 

そのうえでPayPay×Kyash Cardによる決済を月間30,000円利用したとすると、もらえるポイントは以下のとおりです。

 

  • リクルートカード(1.2%)でチャージしたKyash(1.0%)でPayPay決済(合計2.2%):5,000円利用で110円分還元
  • リクルートカード(1.2%)でPayPay決済(合計1.2%):25,000円利用で300円分還元

 

このように「PayPay×Kyash Card×リクルートカード」であれば、月間30,000円の利用で410円分のポイント還元を受けられ、約1.36%の還元率になります。

 

PayPay×Kyash Cardでは月間5,000円までの利用制限がネックとなりますが、それでも4月以降はPayPay×ヤフーカードより多くのポイントがもらえるという訳です。

 

Kyash Cardは発行手数料900円が必要

今後はPayPay×ヤフーカードの代わりに主流となるであろう「PayPay×Kyash Card」ですが、Kyash Cardは発行手数料として900円がかかります。

 

毎月5,000円利用した場合、Kyash Card自体の還元率は1.0%なので還元は50円/月となるため、発行手数料の元を取るためには18ヵ月かかる計算になります。ただし、Kyash Cardに年会費はかからないため、その後はプラスのみです。

 

なお、Kyash Cardを含め、Kyashのカードはすべてで3種類あります。

 

  • Kyash Card Lite(年会費無料、発行手数料300円)
  • Kyash Card Virtual(バーチャルカード、年会費・発行手数料無料)
  • Kyash Card(年会費無料、発行手数料900円)

 

単純に発行手数料だけを考えると、Kyash Card以外の2枚がお得ですが、LiteもVirtualもポイント還元率が0.5%。(※Kyash Card Liteは2020年4月まで1.0%還元、5月以降0.5%に変更)

 

ポイント還元率1.0%となるのは、Kyash Cardのみですので、より高還元を求めるのであれば、Kyash Cardをおすすめします。

Kyash Card詳細情報

 

年会費 無料
発行手数料 900円
1回あたりの決済上限 30万円
月間決済上限 100万円
ポイント還元率 1.0%

 

Kyash Cardは登録したクレジットカードやデビットカードからの自動チャージが可能です。

 

つまり、自動チャージ設定にしておけばチャージの手間をかけず、一般的なクレジットカードと同様に利用できます。

 

Visaタッチ決済にも対応しているため、対応店舗であればカードをかざすだけでのスマートな決済も可能です。(※Google Payにも対応予定)

 

それでいて一般的なクレジットカードよりも優れているのが、安全性。Kyash Cardにはカード番号が記載されていませんし、専用アプリを利用することで個人でも簡単に1回ごとや月ごとの利用上限額を設定できます。

 

また券面デザインもシンプルかつスタイリッシュなため、「現在使っているカードのデザインが気に入らない」なんてときにもおすすめです。

 

なお、Kyash Cardの利用で貯まったKyashポイントは、1ポイント1円分のKyash残高としてお買い物に利用可能。

 

ポイントの有効期限もKyash Cardでの最終購入日から180日間のため、ポイントを失効しづらい点でも有効活用しやすいでしょう。

 

Kyash Cardはアプリから申し込む形になりますので、まずはスマホにアプリをダウンロードしましょう。

 

Kyashアプリのインストールはこちらから

 

Kyash Cardチャージ用の高還元カード

Kyash Cardチャージ用におすすめの高還元カード4枚をご紹介します。

 

なお、Kyash Cardチャージに利用できるのは、VISAかMastercardの国際ブランドのみです。

 

高還元カードでもJCBブランドでは利用できないため、いくつかの国際ブランドから選択可能なカードについては発行時に間違えないよう気をつけてください。

リクルートカード

4.6

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • いつでも1.2%の高還元率
  • チャージでも還元率1.2%でポイントが貯まる
  • ポイントはPontaポイントに等価で交換可能

 

「リクルートカード」は、通常ポイント還元率が1.2%の高還元カードです。

 

「PayPay×Kyash Card×リクルートカード」なら、ポイント還元率は最大2.2%!

 

なお、貯めたポイントはリクルートグループのサービス(じゃらんやポンパレモール、ホットペッパーなど)にて活用できるほか、Pontaポイントにも1:1で交換できます。

 

Pontaポイントは利用できる加盟店も多く、使い道にも困らないためおすすめです。

 

REXカード

4.2

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.25〜1.75%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万
国内最高1000万
  • 年会費無料カード最高水準の1.25%還元
  • ポイントはお得な実質キャッシュバック
  • ネット通販の利用ではさらに0.5%上乗せ

 

「REXカード」は、通常ポイント還元率が1.25%!さらにはJACCSモール経由でネット通販を利用すると、プラス0.5%〜12.0%もポイント還元率がアップします。

 

「PayPay×Kyash Card×REXカード」なら、ポイント還元率は最低でも2.25%。PayPayが利用できるショップのネット通販を利用すれば、最大14.25%と驚きの高還元が実現します!

 

貯めたポイントは、「Jデポ」「ANAマイル」「マネーハッチ(投資)」に利用できますが、おすすめはJデポです。

 

Jデポとは値引きシステムであり、ポイントをJデポに交換することで翌月以降の請求予定金額からJデポ金額分が値引きされるため、実質キャッシュバックとなります。

 

三井住友カード デビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費540円(年間で1回でも利用があれば無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • 25歳まで限定のカード
  • 入会後3か月間はポイント還元率2.5%
  • 年間1回以上の利用で年会費無料

 

「三井住友カード デビュープラス」は、通常ポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

 

しかも、入会後3か月間はポイント還元率が2.5%にアップ。

 

「PayPay×Kyash Card×三井住友カード デビュープラス」なら、入会後3か月間はポイント還元率が最大3.5%になります!

 

年会費は通常1,375円(税別)かかりますが、年間1回以上の利用で翌年は無料。さらに2020年4月30日までの入会であれば、年会費が永年無料となるキャンペーンもおこなっています。

 

楽天カード

4.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • 使い勝手のいい楽天ポイントが貯まる
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • 大量ポイントプレゼントの入会キャンペーンを常時開催

 

「楽天カード」は、通常ポイント還元率1.0%のクレジットカードです。

 

「PayPay×Kyash Card×楽天カード」では最大2.0%の還元率となり、ここまで紹介してきたカードに比べるとやや低め。

 

しかし、楽天カードの利用で貯められる楽天ポイントは加盟店も多く、楽天市場のみならずさまざまなお店で利用できます。

 

そのうえ、楽天市場で楽天カードを利用すると、いつでもポイント還元率が3.0%!さらには常に5,000円分以上の楽天ポイントが貯まる入会キャンペーンもおこなっております。

 

楽天市場を利用するのであれば、驚くほどザクザクとポイントが貯まるため、PayPay×Kyash Card×楽天カードの使い道に限らず、おすすめです。

 

PayPay×ヤフーカード改悪に備え、代わりとなるKyash Cardや高還元カードの準備を!

  • 2020年4月以降はPayPay×ヤフーカードの通常還元率が0.5%に改悪
  • 改悪後は「PayPay×Kyash Card×高還元カード」が主流に
  • PayPay×ヤフーカードの改悪にはなるべく早く備えよう

 

これまでPayPayといえばヤフーカードとひもづけるのが当たり前でしたが、2020年4月以降はヤフーカードの代わりにKyash Cardと高還元カードが主流となっていくでしょう。

 

PayPay×Kyash Card×高還元カードなら、今後も最大還元率2.0%超えが現実的です。

 

ただ、Kyash Cardの申し込みは、現在、立て込んでいます。

 

PayPay×ヤフーカードの改悪に備え、代わりとなるKyash Card、そして組み合わせる高還元カードの申込みは早めにおこないましょう。

 

Kyashアプリのインストールはこちらから