三井住友カードは最短5分で即時発行が可能!カード到着を待たずに決済できる!

 

2020年3月2日から、三井住友カードが最短5分でカード番号を発行できる「即時発行」サービスを開始しました。

 

三井住友カードの即時発行では、ネットで申し込み後5〜10分でカード番号が発行されるので、他社の即時発行のようにサービスカウンターまでカードを受け取りに行く必要がありません。

 

ネットショッピングやスマホ決済、iD加盟店など、カード番号さえあればこと足りる支払い先であれば、カード到着前に即時利用が可能な画期的サービスなのです!

 

急を要する買い物のほか、紛失・盗難時など、「すぐにクレジットカードを使いたい!」というときにぴったりでしょう。

 

この記事では、三井住友カードの即時発行について、メリットから注意点まで解説します。三井住友カードの即時発行を試してみようか悩んでいる方は、ぜひご参考ください。

 

三井住友カードは最短5分の即時発行ができる

 

三井住友カードは、通常の申し込みのほか「即時発行」申し込みが可能なクレジットカードです。

 

即時発行申し込みを選ぶと、なんと5分〜10分の審査後すぐにカード番号が発行されるので、ネットショッピングや一部店舗であればカードの到着を待たずにお買いものが可能です!

 

プラスチックカード自体は翌営業日に発行・郵送されますので、カードが届けばVISAまたはMastercardの国際ブランド加盟店での利用ももちろんできます。

 

スピーディーにクレジットカード利用したいのなら、三井住友カードを断然おすすめします。

三井住友カードの即時発行のメリット

三井住友カードの即時発行申し込みならではのメリットは以下のとおりです。

 

  • 最短5分でカード決済が可能
  • プラスチックカードも最短翌営業日に発行され、早ければ2日後には利用可能
  • ネット決済はもちろん、iD加盟店舗での決済も可能
  • 発行受付時間が19:30までと遅い時間まで対応
  • 入会キャンペーンが適用される

 

三井住友カードの即時発行申し込みでは、通常の申し込みと同様に以下のキャンペーンが適用されます。

 

  • 利用金額の20%(最大8,000円分)キャッシュバック還元

 

即時発行で利用できる支払い先

 

三井住友カードのカード到着を待たずに、カード番号だけで利用できる支払い先は「ネットショッピング」、もしくは「iD加盟店での店舗決済」です。

 

残念ながら、選択した国際ブランド(VISA、もしくはMastercard)での店舗決済はできません。カード到着後に利用可能になります。

ネットショッピング(スマホアプリの課金含む)

ネットショッピングに関してはそもそもカード本体を利用せず、カード番号さえあれば利用できるため、三井住友カードの即時発行ですぐに決済が可能です。

 

もちろん通販サイトだけでなく、スマホアプリやネットゲームなどの課金にも利用できます。

iD加盟店(Apple Pay/Google Pay)での店舗決済

Apple PayやGoogle PayへのiD登録は、カード番号があれば可能です。

 

そのため、iD登録さえ済ませてしまえば「iD加盟店」での利用も、即時発行後すぐに開始できます。

即時発行対象カード

三井住友カードの即時発行対象カードは、以下の3券種です。三井住友カード(学生)は、在学中年会費無料の学生限定の三井住友カードなので、機能的には実質2券種です。

 

 

三井住友カード デビュープラスは満26歳になると自動的に「三井住友カード プライムゴールド(年会費5,000円+税)」に切り替わりますのでご注意ください。

 

三井住友カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税
家族カード
(税抜)
初年度1人目無料 2人目以降400円+税
2年目〜400円+税
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 500円+税(年1回以上ETC利用で翌年無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

三井住友カード デビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費500円+税(年1回以上の利用で翌年度無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内

即時発行の申し込み方法

三井住友カードの即時発行申し込み方法は、以下の手順をご確認ください。

 

  • カードを申し込む(受付時間9:00〜19:30)
  • 審査(5〜10分)
  • 電話認証(連絡可能な電話番号が必要。スマホ可)
  • 会員サイト「Vpass」に登録後、カード番号を表示
  • カード番号での決済が可能
  • 翌営業日カード発行
  • カード到着後、プラスチックカードでの決済も可能に

 

即時発行といっても、これといって特別な手順はなく、簡単におこなえます。

 

カード番号は会員サイト「Vpass」にて確認できますが、Vpassにカード番号が表示されるのは発行から一ヵ月間です。

 

三井住友カードはVISA本社から表彰を受けるほど、セキュリティ面において定評があります。カード番号の漏えいなどを気にされる方もご安心ください。

即時発行に必要な物

即時発行に必要な物は、以下3点です。

 

  • 金融機関の通帳やキャッシュカード
  • 運転免許証、または運転経歴証明書(お持ちの方のみ)
  • 通話可能な携帯電話・固定電話

 

金融機関の口座番号が必要となるため、通帳やキャッシュカードを手元にインターネットから申し込みをおこなってください。

 

なお、大手銀行から地方銀行まで多くの金融機関が即時発行の対象ですが、一部対象とならない金融機関もあります。あらかじめ、即時発行の対象となる金融機関一覧を下記のページよりご確認ください。

 

三井住友カード即時発行対象の金融機関一覧

即時発行の注意点

三井住友カードの即時発行を受ける前に、以下の注意点もご確認ください。

未成年は即時発行を利用できない

即時発行が可能な「三井住友カード」「三井住友カード(学生)」「三井住友カード デビュープラス」は、どれも「高校生を除く18歳以上」が対象のクレジットカードです。

 

ただし、18歳から発行可能なのは、通常申し込みの場合のみ。即時発行に関しては、20歳以上しか利用できませんので、ご注意ください。

個人事業主は利用できない

三井住友カードの即時発行は、個人事業主の方も利用不可です。

 

また、事業決済用に三井住友カードを作ろうという方や、職業が複数ある方、外国の政府等において重要な地位を占める方(外交の大統領、首相、最高裁判所の裁判官、国会議長、駐日大使など)も利用できませんので、ご注意ください。

初期限度額が10万円になる

三井住友カードの即時発行を選ぶと、初期限度額は必ず10万円です。もちろんその後の利用状況に応じて、利用限度額は上がりますので、あくまで初期限度額がという話ではあります。

 

しかし、通常の申し込みであれば、審査によって10〜80万円の範囲で限度額が設定されるもの。

 

初期限度額が10万円でも問題ない場合には即時発行申し込みを。そうでない場合には、通常申し込みを選びましょう。

5分で審査が完了しない場合がある

最短5分発行が可能な三井住友カードですが、申し込みが立て込んでいる場合には、もう少し時間のかかる恐れがあります。

 

とくに最短5分発行の受付時間が終了する19:30間際に関しては、即時発行対象外となるかもしれません。時間には余裕をもって申し込みましょう。

 

また、支払い先として指定する金融機関のウェブサイトがメンテナンス中であった場合も、審査が完了できませんので、要ご確認ください。

 

そのほか審査において問題が発見された場合にも、より詳しい審査がおこなわれるため、5分で発行できないケースがあります。

 

なににせよ、早め早めの申し込みがおすすめです。

三井住友カードなら、カード到着を待たずに最短5分でカード番号利用が可能!

  • 三井住友カードは最短5分でカード番号を発行可能!
  • 申し込み手続きは通常とほぼ変わらないため楽々!
  • お得な入会キャンペーン開催中!

 

三井住友カードは、カード番号の即時発行が可能な珍しいクレジットカードです。

 

そのため、「はじめてクレジットカードを作るので早く使いたい!」という方にもおすすめですし、たとえば「ネットで買いたいものがあるけど使えるカードがない」「クレジットカードの盗難にあって、再発行まで使えるカードが手元にない」といった緊急時にもおすすめします。

 

ぜひ、即時発行で三井住友カードを手に入れましょう!

 

三井住友カード【即時発行】の申込みはこちら

三井住友カード デビュープラス【即時発行】の申込みはこちら