センチュリオンカードのインビテーションの条件は?アメックス保有歴1年9ヵ月で取得した体験談

 

アメックスの最高峰のブラックカードのセンチュリオンカード、現在目指してる方や、これから目指す方はインビテーションの条件が気になる方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、センチュリオンカードのインビテーションを取得するために最も必要な条件は利用額で、ボーダーラインはアメックスを取得してから総額2億円です。

 

2億円なら個人のアメックスプラチナを保有しながらアメックスビジネスカードで利用額の実績を積んでいけば可能な方も多いはず。

 

この記事では、アメックス保有歴1年9ヵ月(プラチナは1年3ヵ月)でセンチュリオンカードのインビテーションを取得した私のプロフィールを紹介しながら利用額やインビテーションが届くまでの体験談を紹介します。

 

2019年10月の情報です。経営者の方で、毎月の経費をクレジットカード払いしている方はかなり具体的にイメージできるので是非参考にしてください。

 

↓センチュリオン取得には必須なカード

プロフィール

年齢 30代後半(男)
職業 広告代理業 9期目
年収 1,000~2,000万
住居 持家
保有カード(アメックス) アメックスプラチナ アメックスビジネスグリーン
その他保有カード ダイナースプレミアムJCBザ・クラスANA VISAプラチナ プレミアムカードラグジュアリーカード 法人ゴールド
保有ポイント 376,962(プラチナ) 1,550,454(ビジネスグリーン)
限度額 1,300万前後利用すると「事前入金をしていただければご継続してご利用できます」と電話がかかってきました。

 

アメックスプラチナは2014年に法人営業担当経由で申込で取得しましたが、所得も少なくあまり利用しなかったので1.2年で解約。

 

ビジネスグリーンは、法人営業担当経由で2018年1月に申込、アメックスプラチナは再度センチュリオンを目指すために2018年6月に申込で再度取得しました。。

 

過去にアメックスプラチナの解約経験があったので、正直センチュリオンカードのインビテーションは難しいと思っていました。

 

またビジネスカードのランクはグリーンでしたが全く問題なかったですね。

アメックスプラチナを取得して1年3カ月間の利用額

 

1年3ヵ月でインビテーションってその間に一体いくら使ったの?みなさん気になりますよね。

ここでは過去15ヵ月分で利用したアメックスプラチナとビジネスグリーンカードの利用実績を表にします。

個人カードとビジネスカードの利用額

  アメックスプラチナ ビジネスグリーン 累計利用額
2019/10 372,324 8,904,362 9,276,686
2019/09 1,380,988 9,302,798 10,683,786
2019/08 295,482 1,701,080 1,996,562
2019/07 371,425 13,601,080 13,972,505
2019/06 566,950 6,601,080 7,168,030
2019/05 360,802 6,500,000 6,860,802
2019/04 284,452 9,200,000 9,484,452
2019/03 628,706 7,335,402 7,964,108
2019/02 3,514,437 1,500,000 5,014,437
2019/01 3,490,479 8,312,960 11,803,439
2018/12 3,520,992 3,800,000 7,320,992
2018/11 3,931,537 5,500,000 9,431,537
2018/10 3,142,202 0 3,142,202
2018/09 6,415,097 6,700,000 13,115,097
2018/08 3,011,958 900,000 3,911,958
2018/07 1,913,268 4,100,000 6,013,268
2018/06   8,600,000 8,600,000
2018/05   8,900,000 8,900,000
2018/04   6,600,000 6,600,000
2018/03   5,512,960 5,512,960
2018/02   7,312,960 7,312,960
2018/01   2,700,000 2,700,000
合計 33,201,099 133,584,682 166,785,781

 

※明細書の請求額を表に記載しています。

※デポジットして入金した分は請求額から引かれるので、その分は上記の表に記載していません。

 

デポジットは過去に2,000万円分ほど利用しました。

 

2019年2月までセンチュリオンカードのインビテーション取得条件の中で、アメックスプラチナの利用額が重要だと思い込んでいて、経費の支払いをプラチナカードに寄せていました。

 

因みに経費の内訳はほとんどGoogle広告とFacebook広告です。

 

センチュリオンカードを目指すのを途中で諦めたので、基本はビジネスグリーンで決済、2019年3月以降のアメックスプラチナの利用額はかなり減っています。

 

2019年3月以降はポイントが3倍貯まるAmazonとYahoo!ショッピングのみ経費支払い用として利用していました。ポイントは大事です(笑)

インビテーション取得するための条件の噂と真実

インビテーションの取得条件の中に、決済の仕方や利用額が重要とネットの情報でよく目にします。

 

例えば、

 

  • 年収5,000万円以上
  • 総資産1億以上
  • コンシェルジュデスク経由で旅行やお店の予約をする
  • アメックスプラチナを年間2,500円以上利用する
  • アメックスプラチナの保有歴5年以上
  • ROLEXやエルメスなど贅沢品の買い物をよくする
  • キャバクラなどで利用しない
  • 事業用経費は評価されない
  • 海外旅行で利用する
  • 個人の支払いを集約する

 

などです。

 

因みに私は上記の条件にあまり当てはまっていません。

 

私がアメックスプラチナを利用した1年3ヵ月間の実績は、

 

  • コンシェルジュデスクに会食用のお店探しの依頼1回
  • コンシェルジュデスクに時計(パテックフィリップ)が手に入らないか相談1回 ※結果的に無理でした
  • コンシェルジュデスクに上海ディズニーランドホテルの予約1回 ※結果的にできませんでした
  • 海外旅行(上海)に1回、利用額30万程度
  • 個人の支払いの集約(ETC/家族カード(嫁))
  • 事業用の経費の決済(途中で無意味だと思いストップ)
  • 総利用額約1.8億(ほぼ事業用決済)

 

この程度です。

 

税金など還元率が低くなる支払いは他のカードで支払っていました(笑)

 

つまり、アメックス会員としての総利用額がもっとも重要で、個人カードで頻繁にコンシェルジュやサービスを利用したり、アメックスプラチナの利用額が少なくても、インビテーションの取得条件に当てはまると思います。

 

他にも年収が数千万以上とか、総資産1億以上など様々な憶測が飛び交っていますが、私のプロフィールを見てもわかるように、年収や資産はインビテーションの基準に関係しないと思われます。

センチュリオンカードデスクからの電話連絡

 

2019年10月吉日、ケータイに知らないフリーダイヤルから電話がありました。担当者は女性です。(実は以前にも電話もらってたみたいで、保険の営業と思って折り返していませんでしたw)

 

「お忙しいところ大変申し訳ございません。○○様のお電話でお間違いないでしょうか?センチュリオンカードデスクの○○です。」

 

センチュリオン??最初、耳を疑いましたが、そのまま話を聞いていると

 

「いつもアメリカンエキスプレスを大変ごひいきにご利用いただきありがとうございます。」

「今回はセンチュリオンカードのご招待の件でご連絡させていただきました。」

「○○様、センチュリオンカードにご興味はございますでしょうか?」

 

興味も何も、会社を経営しながらクレジットカードのメディアを運営していて、最終目標として目指していたセンチュリオンカードに興味がないわけがありません。

 

「はい、興味しかありません!!!」

 

そう回答すると、税別50万円の入会金や税別35万円の年会費の説明がありました。

 

年会費については、プラチナカードの更新した分の年会費を月割にして差額分をセンチュリオンの初年度の年会費から引いてくれるという優しさもありました(笑)

 

「何かセンチュリオンカードについてお聞きしたいことはありますか?」

 

と聞かれたので、

 

「こんなに早くセンチュリオンのお誘いってあるのですか?」

 

と質問したら、

 

「私も早くて驚いています。」

 

と笑っていました。

 

当方は名古屋だったせいか、ネットの情報のように、実際に合って面談するという会話はなく、センチュリオンカードの申込用紙を郵送するという流れとなりました。

 

一応審査があるということなので、ここで落ちたら笑えないですよね。。。

 

因みに、センチュリオン会員につくパーソナルコンシェルジュは、今回電話いただいたセンチュリオンカードデスクの方が担当になると説明を受けました!

【予想】地域ごとに会員数が割り当てられている

センチュリオンカードの会員は2019年現在日本で約8,500人と言われており、地域ごとに一定数が割り当てられていると予想しています。(7割は東京・大阪だと思います。)

 

日本の47都道府県、各地に優良なアメリカンエキスプレス会員はたくさんいるので、様々な方にセンチュリオンの魅力を知ってもらいたいはず。

 

私は、ビジネスグリーンの保有歴を入れても約1年9ヵ月、プラチナとビジネスグリーンの総利用額が約1億8,000万です。利用額で選ばれるなら私以上に使っている方は東京・大阪にゴロゴロいると思うんですよね。

 

招待の電話の際に、面談があるとネットの情報でよく目にしていましたが、私の場合は申込書が郵送で対応という流れも自然でした。

 

日本全国でセンチュリオンカードを目指している方も多いと思いますが、ネットの情報だけを鵜呑みにしずに、無理せず利用金額を積み上げて行けば、きっとセンチュリオンカードデスクから電話がありますよ!

【考察】こんな方はセンチュリオンカードを取得しやすい?

  • 毎月500~1,000万の経費を2年以上クレジットカードで支払う方(個人事業主・会社経営者)

 

  • 東京・大阪以外に住んでいる方

 

インビテーションの基準は色々ありますが、私の経験上、上記2つに当てはまる方はセンチュリオンカードを取得しやすいと思います。

 

なぜなら、30代で年に1回海外行くかどうか、コンシェルジュデスクの利用も年に1回するかどうかの私にインビテーションが来た要因は1度も支払いの遅延もなく毎月コンスタントに利用額を積み上げて行った結果インビテーションが届いたと思ったからです。

 

あくまでも、地域ごとに会員数を割り当てられていると予想しての条件なので、参考程度としてご検討ください!

センチュリオンカードはアメックスプラチナ必須

 

これからセンチュリオンカードを目指したい方に必須の条件はアメックスプラチナを保有すること。

 

アメックスプラチナ無しで、ビジネスカードをどれだけ利用してもセンチュリオンカードのインビテーションの電話案内は来ません。

 

アメックスプラチナは申込制になったことにより、アメックスゴールド→アメックスプラチナの修行期間が無くなったことで、インビテーション取得までの期間が1年以上短縮できます。

 

実際、私はアメックス保有歴2年未満でインビテーションが届きました。

 

私の考えの中で、インビテーションの条件の中で最も重要なのは総利用額。

 

上記の考察や予想を含め少しでも「もしかしたらセンチュリオン目指せるかも!」って思った方是非チャレンジしてみてください。

 

アメックスプラチナの公式サイト