アメックスは2枚持ち可能!ベストな組み合わせ方・注意点まとめ

 

アメックスは既にもってて、2枚持ちできるか気になっていませんか?

 

結論、アメックスは個人カードの2枚持ちは可能です。

 

ただ、組み合わせ方次第では2枚持ちができないケースがあるので注意が必要です。

 

今回は、

 

  • アメックスを2枚持ちする際のベストな組み合わせ
  • 2枚持ちした場合のポイントや支払方法について
  • 2枚持ちをする際の注意点

 

このような点を詳しく解説します。

 

最後まで読めば、ベストな2枚目のアメックスが見つかりますよ!

 

アメックス2枚持ちでさらにお得に活用しよう

 

アメックスは豊富な組み合わせで2枚持ちすることで、それぞれの特典の足りない部分を補てんしてお得に活用することができます。

 

アメックスには大きく分けて3種類のカードがあります。

 

  • アメックスの発行するプロパーカード
  • アメックスの発行する提携カード
  • アメックス以外が発行する提携カード

 

原則、どの組み合わせでも、アメックスは2枚持ちすることが可能です。

 

プロパーアメックスと提携アメックスはもちろんのこと、アメックスではプロパーカードを2枚持ちして利用することもできます。

 

メリットはありませんが、アメックスグリーンとアメックスゴールドを2枚持ちすることも、制度としては問題ありません。

 

たとえば、JCBカードの場合、JCB一般カードとJCBゴールドを2枚持ちすることはできませんので、組み合わせの自由度は高いと言って良いでしょう。

 

アメックスでは、特定の特典に特化したカードが多く発行されていますので、2枚持ちでライフスタイルに合わせた特典を組み合わせて利用することができますよ!

 

2枚持ちが不可となるケース

原則として、どの組み合わせでもアメックスは2枚持ちすることができますが、同一の提携アメックスを2枚持ちするのは不可となっているケースがあります。

 

たとえば、ANAアメックスとANAアメックスゴールドなどの組み合わせでは、2枚持ちで発行することはできません。

 

ただし、一般カードとゴールドカードを2枚持ちするメリットはありませんので、困ってしまうようなケースは少ないでしょう。

スカイトラベラーはプロパーアメックスとの2枚持ちは不可

プロパーアメックスの中でも、取扱いが少し特殊なカードがスカイトラベラー/スカイトラベラープレミアです。

 

 

スカイトラベラーは、プロパーアメックスとの2枚持ちが不可となっており、たとえばアメックスゴールドと2枚持ちで発行することはできません。

 

ただし、

 

  • 提携アメックス
  • ビジネスカード

 

上記のようなカードとは、問題なく2枚持ちをすることができますので、組み合わせて活用することが可能です。

 

スカイトラベラーでは、航空券の購入でお得なポイントアップ特典がありますので、マイラーにとっては組み合わせのデッキに必須なカードですよ!

2枚持ちで強みを活かすおすすめの組み合わせ

アメックスは2枚持ちすることで、それぞれのカードの強みを最大限に活かして利用することができます。

 

しかし、どの組み合わせで利用すれば、もっともお得にアメックスを活用することができるのか迷ってしまうという方も多いでしょう。

 

ここでは、当サイトが厳選した、おすすめのアメックスの組み合わせをご紹介します!

ホテルと航空会社の上級会員をダブルで

ホテルと航空会社の上級会員をダブルで取得したい方には「SPGアメックス×デルタアメックスゴールド」がおすすめです。

 

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

4.8

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

  • マリオットボンヴォイのゴールド会員資格
  • デルタゴールドメダリオンを取得可能
  • 年間1回の無料宿泊券でSPGアメックスは実質無料
  • 普段のカード利用はSPGアメックスで最大1.25%還元

 

SPGアメックスでは「マリオットボンヴォイ」のゴールド会員資格、デルタアメックスゴールドでは「デルタ航空」のゴールドメダリオン資格をそれぞれ取得することができます。

 

ホテル・航空会社の上級会員資格を取得するためには、年間の宿泊・フライトの実績数が必要となりますので、カードの入会のみで上級ステータスを取得できるのは大きなメリットです。

 

ホテルと航空会社の上級会員特典を利用することで、フライトでのシートのアップグレード、宿泊の際の客室のアップグレードなど、双方でVIP扱いをうけることができます。

 

さらに、SPGアメックスでは、毎年のカード更新時に無料宿泊券がプレゼントされますので、それだけでも年会費の元を取ることができますよ。

 

SPGアメックスでは、最大1.25%相当の高還元率でデルタスカイマイルを含めた40の航空会社のマイルを貯められますので、普段のカード利用はSPGアメックスを利用した方がお得です。

 

ただし、デルタゴールドメダリオン資格を維持するためには、最低でも年間150万円のカード利用が必要です。

 

年間利用金額 翌年のプログラム期間
100万円未満 なし
100万円以上 シルバーメダリオン
150万円以上 ゴールドメダリオン

 

デルタアメックスゴールドでは、

 

  • 海外利用分:還元率1.5%
  • デルタ航空券購入:還元率3.0%

 

このように、有利なレートでデルタスカイマイルを貯めることができますので、SPGアメックスと使い分けて効率的にマイルを貯めちゃいましょう!

 

SPGアメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

デルタ スカイマイル アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの申込みはこちら

 

ホテル特典もダイニング特典も使いたい

ホテル特典もダイニング特典も欲張りたい方には「SPGアメックス×アメックスゴールド」がおすすめです。

 

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

  • マリオットボンヴォイのゴールド会員
  • カードの更新時には無料宿泊券がプレゼント
  • ゴールドダイニングby招待日和
  • プライオリティパスも利用可能

 

SPGアメックスで「マリオットボンヴォイ」のゴールド会員資格を取得、さらにアメックスゴールドを持つことでダイニング特典・空港特典を拡充することができます。

 

SPGアメックスでは、ホテルの上級会員資格で、客室のアップグレードや、更新時の無料宿泊券のプレゼントなどの特典をうけることが可能です。

 

アメックスゴールドでは「ゴールドダイニングby招待日和」で、コース料理1人分無料の特典をうけることができますので、SPGアメックスに足りないダイニング特典を補てんできます。

 

また、アメックスゴールドでは、プライオリティパス・メンバーシップも無料で取得できますので、海外旅行でのラウンジサービスもカバーすることができますね。

 

SPGアメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの申込みはこちら

 

ANAマイル最強布陣

ANAマイルをガンガン貯めたい方には「ANAアメックス×アメックスグリーン」がおすすめです。

 

4.7

年会費(税抜)7000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜2500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.5%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高3000万円
国内最高2000万円

4.2

年会費(税抜)12000円+税
家族カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円

 

  • ANAマイルを無期限・移行上限なしで貯められる
  • プライオリティパス・メンバーシップが無料
  • ANAマイル移行手数料も含めて25,000円の低コスト

 

ANAアメックスでは、ANAマイルを無期限・移行上限なしで貯めることができます。

 

通常、アメックスのポイントからANAマイルへの移行では、年間40,000マイルまでと上限が設定されていますので、移行上限なしでANAマイルを貯めることができるのは嬉しいですね。

 

さらに、アメックスグリーンでは、プライオリティパス・メンバーシップを無償で取得することができますので、海外旅行時のラウンジ特典を拡充することができます。

 

ANAアメックスとアメックスグリーンの2枚持ちでは、ANAマイルの移行手数料まで含めても年会費が税別25,000円と、ゴールドカード1枚並みの低コストで維持することが可能です。

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

アメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

 

ANAマイル以外を貯めたい方は

ANAマイル以外を貯めたい方には「スカイトラベラープレミア×セゾンプラチナビジネスアメックス」がおすすめです。

 

4.2

年会費(税抜)35,000円+税
家族カード(税抜)17,500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜5.0%
申込資格20歳以上、ご本人に安定継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5000万
国内最高5000万円

4.8

年会費(税抜)20000円+税
追加カード(税抜)3000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格学生を除く20歳以上の個人・法人の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

 

  • スカイトラベラー5倍ボーナスでマイル還元率5.0%
  • プライオリティパスを利用可能
  • 最強の海外旅行保険を拡充
  • セゾンプラチナビジネスアメックスは年会費半額が可能

 

スカイトラベラープレミアでは、スカイトラベラー5倍ボーナスでJAL/ANAを含む27社の航空券購入で還元率5.0%相当でポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントは、ANAマイルには年間40,000マイルまでの移行上限があるものの、15社の航空会社のマイルに等価で交換することが可能です。

 

さらに、セゾンプラチナビジネスアメックスを2枚持ちすることで、プライオリティパスを利用することが可能となり、空港サービス最強の組み合わせを作ることができます。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、最高1億円の海外旅行保険が自動付帯しますので、フライトで年中飛び回る方にも安心の補償をカバーすることができます。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスは、年間200万円以上の利用で年会費が半額になる特典がありますので、2枚持ちでのコストを軽減することもできますね!

 

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラープレミアカードの申込みはこちら

セゾンプラチナビジネス・アメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

 

ビジネスパーソンにおすすめ

ビジネスパーソンにおすすめできる2枚持ちの組み合わせが「アメックスビジネスゴールド×アメックスゴールド」です。

 

4.7

年会費(税抜)31,000円+税
追加カード(税抜)12,000円+税
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の個人事業主もしくは法人の代表者
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

  • 経費とプライベートでの支払いを分けることができる
  • 帝国ホテルのビジネスラウンジなどのビジネス特典
  • プライオリティパス・ダイニング特典を拡充できる
  • ポイントを合算して利用可能

 

アメックスビジネスゴールドとアメックスゴールドを2枚持ちすることで、経費決済とプライベートでの支払いを完全に分割することができます。

 

アメックスビジネスゴールドでは、帝国ホテルのビジネスラウンジや駅構内からの手荷物無料宅配サービスなど、ほかのカードにはないビジネスサポートをうけることが可能です。

 

さらに、アメックスゴールドとの2枚持ちで、プライオリティパスやダイニング特典を拡充できますので、海外出張や接待でさらにサービスを活用することができます。

 

ビジネス・プライベートでの利用で貯めたポイントを合算することができますので、ポイントを管理しやすくなっている点も大きなメリットです。

 

また、アメックスビジネスゴールドは、初年度年会費無料の特典がありますので、1年間無料で試すことができますよ!

 

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカードの申込みはこちら

アメリカンエキスプレス・ゴールドカードの申込みはこちら

 

2枚持ちのポイントはどうなる?

 

アメックスのポイントは「メンバーシップリワード」が貯まるカードに限り、ポイントを合算することができます。

 

具体的には、

 

アメックスグリーン

 

アメックスゴールド

 

アメックスビジネスカード

 

アメックスビジネスゴールド

 

など、アメックスが発行するプロパーカードのポイントは合算して利用することができます。

 

たとえば、アメックスビジネスゴールドアメックスゴールドをお使いの場合は、経費決済・プライベートでのお買い物で貯めたポイントを合算して管理することが可能です。

 

ポイントは、コールセンターに連絡して手続きをすることで合算して利用することができます。

 

ただし、スカイトラベラー/スカイトラベラープレミアでは、ほかのアメックスとポイントを合算して利用することはできません。

 

また、SPGアメックスデルタアメックスなどは、貯まるポイントがプロパーアメックスとは異なりますので、ポイントの管理に注意が必要です。

 

2枚持ちの場合の支払い方法

 

アメックスを2枚持ちする場合は、それぞれのカードで引落口座を設定する必要があります。

 

ただし、2枚持ちのカードで同一の金融機関を引落口座に設定しておけば、支払いの管理を一元化して管理することができます。

 

また、ビジネスカードでも、個人用口座と法人口座のどちらでも引落口座に設定することが可能です。

 

請求書は原則としてカード別に発行されますが「アメックス・オンライン・サービス」で、カードごとの請求書を確認することができます。

 

オンライン・サービスでは「カードの追加」で簡単に2枚目以降のカードも登録できますので、支払いや請求額をシンプルに管理することができますよ!

2枚目以降の審査基準

原則として、2枚目以降の審査では、1枚目を作る場合よりも作りやすくなっています。

 

アメックスでは、外資系独自の審査基準が採用されており、国内の一般的なクレジットカードよりも作りやすい審査基準が魅力です。

 

さらに、自社のクレヒスを重視する傾向があり、すでにアメックスの利用実績を積んでいる方の場合は、2枚目以降の審査にも通過しやすくなります。

 

たとえば、アメックスゴールドをすでに利用している方の場合、アメックスビジネスゴールドを2枚目に申し込みすれば、ほぼ間違いなく審査に通過することが可能です。

 

反面、利用中のアメックスで支払いの遅延などがあった場合、審査通過が難しくなる傾向がありますので注意が必要です。

 

2枚持ちをする際の注意点

アメックスを2枚持ちする場合、年会費が高額になってしまう点には注意が必要です。

 

アメックスでは、一般カードのアメックスグリーンでも税別12,000円と、一般的なゴールドカード並みの年会費が必要となってしまいます。

 

ゴールドカードを2枚持ちすると、5万円以上のコストがかかってしまいますので、ともすればプラチナカードを1枚作った方がコスパが良くなるケースもあります。

 

アメックスを2枚持ちする場合には、独自の特典を組み合わせるメリットを吟味して、最小限のコストで利用できる組み合わせで活用することが重要です。

アメックスは2枚持ちで強みを活かそう!ホテル・空港特典もオールでおまかせ

アメックスは2枚持ちで利用することで、それぞれのカードの特典を活かして利用することができます。

 

  • 幅広い組み合わせでの2枚持ちが可能
  • 足りない特典を補てんして利用することができる
  • 個人用・ビジネスカードでポイント合算が可能

 

アメックスでは、プロパーアメックス・提携アメックスを問わず、幅広い組み合わせでの2枚持ちが可能です。

 

ホテル特典と空港特典、またはダイニング特典など、1枚目のカードに足りない特典を2枚目のカードで補てんすることで、よりお得にカードを活かすことができます。

 

アメックスでは、各カードでお得な入会キャンペーンも開催されていますので、お得にカードを手に入れちゃいましょう!