アメックスプラチナの審査基準は?年収400万でも通る?多角度から分析

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(以下アメックスプラチナ)が、2019年4月8日から申し込みでの受付を開始することが発表されました!

 

これまで、アメックスプラチナはインビテーション制のカードとして、申し込みでの取得は不可となっていましたので、アメックスプラチナを目指す方には朗報です。

 

しかし、アメックスプラチナが申込可能になっても、審査基準が厳しいのではないか?と心配な方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、アメックスプラチナを多角度から分析して、審査基準を考察します。

 

最後まで読めば、自分にもアメックスプラチナを持てるかも?と希望を持つことができますよ!

 

アメックスプラチナが申込可能に!審査基準を考察

 

結論から言うと、アメックスプラチナの審査基準は、それほど高いものにはならないのではないかと考えることができます。

 

アメックスプラチナでは、2019年4月8日から取得の基準が緩和され、申し込みでの取得が可能となります。

 

これまでは、申し込みでの取得は不可となっており、アメックスからのインビテーションが必要でしたので、カード取得の難易度が大幅に緩和されますね。

 

そこで気になってくるのが、アメックスプラチナの審査基準は厳しいのか?という点です。

 

ずばり考察すると、

 

  • 年収400万円
  • 年齢25歳以上が目安

 

このように、一般的なサラリーマンでも充分に審査通過が可能な基準になるのではないか、と予想することができます。

 

ここでは、これまでのインビテーションの目安やアメックスの審査基準から、アメックスプラチナの審査基準を予想する裏付けを考察します!

インビテーションの基準もそれほど高くはない

これまでのアメックスプラチナのインビテーション基準から、申込制に移行しても審査難易度が極端に高くなることは考えにくいのではないでしょうか。

 

アメックスプラチナというと、インビテーションが厳しいイメージがありますが、さらに上位の「センチュリオンカード」登場以降はインビテーションの基準が緩和されています。

 

インビテーションを受けられる年収の基準は500万円程度が目安と言われていますが、年収500万円に満たない方にもインビテーションが届いた実例は多くなっています。

 

インビテーションの基準としては、

 

  • アメックスのクレジットカードの利用実績が1年程度ある
  • 支払い遅延などの事故情報がない

 

上記の2点が最低限の基準です。

 

アメックスグリーン、またはゴールドを取得して1年程度の利用実績を積む必要がありますが、年間200万円〜300万円程度の利用でインビテーションが届いた例もあります。

 

中には、アメックスゴールド取得から半年程度での100万円の利用でインビテーションが届いた例もあり、1年間の利用は絶対条件ではありません。

 

比較的インビテーションが受けやすい、アメックスプラチナが申込制になったことで、審査基準が極端に高くなるというのは考えにくいのではないでしょうか。

 

アメックスは支払い遅延については厳しめ

審査に通過しやすいカードとしても知られているアメックスですが、反面、支払い遅延については厳しめになっています。

 

アメックスグリーン、ゴールドをお持ちの方で、充分な利用金額・利用期間を重ねていても、支払いの遅れがある場合はインビテーションの可能性は下がってしまいます。

 

申し込みの窓口を広く取っている分、自社の支払い遅延には厳しく判断をされるということですね。

 

申し込みでの審査の際にも、すでに利用しているカードの支払い遅延は不利になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

アメックスの審査基準は独特

アメックスは外資系独自の審査基準で、一般的なクレジットカードの審査とは違った独特な基準が採用されています。

 

アメックスの審査では、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向があります。

 

ですので、年会費無料のクレジットカードの審査に落ちてしまった方でも、アメックスの審査には通過したという例もあり、審査に通過しやすいカードと言って良いでしょう。

 

また、アメックスではグリーン・ゴールドで審査基準が変わらず、ハイクラスなイメージのあるアメックスゴールドも作りやすくなっています。

 

さすがに、プラチナカードも同様の審査基準ということはないでしょうが、プラチナカードだけが極端に審査基準が厳しくなるということも考えにくいでしょう。

 

これまでも空港などのブースでは申し込みできた

公式でアメックスプラチナが申込可能になるのは史上初ですが、これまでも空港などのアメックスのブースでは、アメックスプラチナを申し込みできたケースがあります。

 

アメックスの申込方法には3つのパターンがあります。

 

  • オンライン申込み
  • 郵送申込み
  • 空港・駅での申込み

 

原則としては、24時間申込可能で、各種キャンペーンが適用されるオンライン申込みがおすすめです。

 

ただし、空港・駅でのアメックスのブースでは、一部でアメックスプラチナが申し込みすることができたケースがありました。

 

空港・駅のブースでは、アメックスの利用実績のない方で、20代・年収400万円程度の方が審査に通過した実例もありますので、審査基準を考察する裏付けになりますね!

 

また、近年ではさらに申し込みの要件が緩和されており、WEB申込みは受け付けていないものの、コールセンターに「突撃」して申し込みできたという例もあります。

 

アメックスプラチナのインビテーションの基準が順次緩和されていたのも、申込可能なプラチナカードになる伏線だったのかも知れませんね!

 

 

友人からの紹介でWEB申込みできたケースも

アメックスプラチナは、すでにプラチナ・センチュリオンカードをお持ちの知人からの紹介があれば、WEB申込みで取得することが可能でした。

 

通常、アメックスプラチナはWEB申込みのフォームはありませんが、紹介URLからリンクに飛べばWEB申込みに飛ぶことができたのですね!

 

審査もグリーン・ゴールドと同様にスピーディで、申込後最短10秒程度で審査通過となったケースもありますよ。

 

既存のアメックス会員からの紹介の場合、空港や駅のブースでの申し込みよりもスムーズにアメックスプラチナが発行できる例があるようです。

新規申込みは金属製カードに!

 

2019年4月8日の、申込解禁以降にアメックスプラチナを取得した方は、圧倒的な存在感を誇る金属製カードを手に入れることができます。

 

金属製のアメックスカードといえば、これまではセンチュリオンカードのチタンカードのみでしたが、2018年10月以降はアメックスプラチナでもメタル版のカードを発行しています。

 

日本国内で、申し込みで金属製のカードを発行することができるのは、アメックスプラチナ以外にはラグジュアリーカードのみです。

 

メタル版のアメックスプラチナは、重量も15g(通常は約5g)と重厚感のある仕上がりになっており、見た目・触感ともに特別なカードであるオーラを発揮しています。

 

周りの方からも、一目で特別なカードと分かる金属製のアメックスプラチナは、ステータスでクレジットカードを選びたい方には最適と言っても良いでしょう!

 

プラスチック製のセカンドプラチナカードを持てる

 

アメックスプラチナでは、メタル版のカードとは別に、プラスチック製の「セカンドプラチナカード」を発行することができます。

 

セカンドプラチナカードは追加料金なしで発行することが可能となっており、本カードの利用分と合算して利用代金を支払うことが可能です。

 

圧倒的な存在感を誇る金属製のカードですが、一部の旧式のカードリーダーなどでは読み込まないケースもあります。

 

別途、セカンドプラチナカードを発行しておくことで、セルフ式のガソリンスタンドなどのカードリーダーでも安心して利用することができますね!

 

また、海外旅行の際にも、追加料金なしで2枚のカードを用意することができますので、セキュリティの面でも嬉しいですね。

アメックスプラチナの審査に通過するためには

極端に審査基準が高いということは考えにくいものの、やはりプラチナ級のクレジットカードを申し込みする際には、審査落ちのリスクも気になってしまいます。

 

メタル版が発行される際のアメックスの会見では、

 

  • カードを自分の時間を楽しむために活用する方
  • 忙しく飛び回るビジネスパーソン

 

このような属性の方に、アメックスプラチナを使って欲しいというコメントがありました。

 

以前から、アメックスプラチナのインビテーションをうけるためには、ホテルや航空会社の利用金額が多い方の方が有利という説が定説となっています。

 

ただし、アメックスの利用実績を積まずに新規申込みをする際には、これまで利用してきた他社クレジットカードの利用状況が影響するというのは考えにくいでしょう。

 

ですので、

 

  • 年収400万円以上の方
  • 25歳前後の方
  • 過去の信用情報に問題がない方

 

といった、一般的なプラチナカードの審査に通過できる程度の属性があれば、審査通過は難しくないのではないかと考えられます。

 

アメックスは過去の信用情報を重視しない、と上記で解説していますが、上位カードとなるプラチナカードでは信用情報も審査に影響する可能性は高いでしょう。

 

すでに利用しているクレジットカードの支払い遅延、他社クレジットカードの審査落ちの実績がある方は、半年程度期間を空けてから申し込みをした方が無難です。

 

アメックスゴールドから利用実績を積む

年収や年齢などで、アメックスプラチナの審査通過に自信がない方は「アメックスゴールド」から利用実績を積むのもおすすめです。

 

 

アメックスは自社のクレヒスを重視する傾向があり、新規申込みよりもグリーン・ゴールドからのアップグレードの方が審査通過の基準は易しくなると考えられます。

 

実際に、アメックスゴールドの利用実績を3か月程度積み、コールセンターに「突撃」でアメックスプラチナを取得した方は、年収200万円・20代前半でも審査通過に繋がっています。

 

審査も通過しやすくなっていますので、20代の新卒社会人でもアメックスゴールドを手に入れることは充分に可能です。

 

アメックスゴールドについて詳しくはこちら

 

アメックスプラチナの基本情報

 

年会費 税別130,000円
家族会員 無料
ETC 無料(新規発行手数料:税別850円)
申込資格 2019年4月8日から申し込み開始
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0%
旅行保険 国内:最高1億円
海外:最高1億円

 

  • 24時間対応のプラチナコンシェルジェ
  • 4つのホテルの上級会員資格を取得可能
  • 毎年1回無料宿泊特典がプレゼント
  • プライオリティパスをはじめとして7つのラウンジサービス

 

2019年4月8日から、アメックスプラチナが申し込みで取得可能なアメックスの最上位カードとなります。

 

アメックスプラチナでは、24時間対応のプラチナコンシェルジェをはじめ、年会費以上の驚異的な特典が豊富に用意されています。

 

  • スターウッド・プリファードゲスト
  • ヒルトン・オナーズ
  • シャングリ・ラゴールデンサークル
  • Radisson RewardsTM

 

といった、4つのホテルで上級会員資格を取得可能となっており、客室のアップグレードなどの優待をうけることが可能です。

 

さらに、毎年のカード更新時には1泊2名まで利用可能な「フリー・ステイ・ギフト」がプレゼントされますので、ホテル特典にこだわりたい方にも満足度が高いですね!

 

プライオリティパスをはじめとした7つのラウンジサービスも付帯していますので、海外旅行をトータルで快適なものに変えてくれます。

 

また、アメックスプラチナでは、海外利用分がポイント3倍になる特典もありますので、最高3.0%の還元率でマイルを貯めることも可能です。

 

アメックスプラチナでは最強の補償も付帯していますので、1枚あればほかのカードが付け入るスキはありませんね。

 

アメリカンエキスプレス・プラチナカードの申込みはこちら

 

20歳でアメックスプラチナも夢ではない?最短で憧れのプラチナカードをゲットしよう

2019年4月8日から、アメックスプラチナが待望の申し込みでの取得を解禁します!

 

  • 年収400万円・20代の方でも審査通過可能?
  • これまでのインビテーション基準も高くはない
  • 自信のない方はアメックスゴールドからのアップグレードも

 

アメックスプラチナの審査基準を考察すると、年収400万円・20代の方でも充分に審査通過が可能であると考えられます。

 

これまでの、インビテーションの基準やアメックス自体の審査基準を考えても、申込制となったアメックスプラチナが極端に審査難易度が高くなることは考えにくいですよね。

 

ただし、アメックスプラチナの審査通過に自信がない方は、手に入れやすいアメックスゴールドから利用実績を積んでアップグレードで目指すのも良いでしょう!

 

申し込みで取得可能になったアメックスプラチナで、20代で最短プラチナホルダーを目指しちゃいましょう!

 

アメリカンエキスプレス・プラチナカードの申込みはこちら