40,000マイルの上手な貯め方は?ほぼタダでハワイに行く方法

 

「40,000マイル貯めればハワイ行けるの?」

「40,000マイルを効率よく貯める方法は?」

 

40,000マイルあればハワイの特典航空券に交換できると聞いたけど、貯め方のイメージ湧かない方も多いのではないでしょうか。

 

40,000マイルは、還元率1.0%のクレジットカードで400万円分の買い物相当で貯められるマイル数ですが、一般家庭では中々使えないですよね。

 

しかし、日常生活の支払いをちょっと工夫すれば400万円分の買い物をしなくても40,000マイルは貯められます。

 

今回は、貯金ゼロ・年収400万円台の一般家庭の方でも、40,000マイルを効率よく上手に貯める方法を伝授します!

 

 

クレジットカード診断テスト

ハワイ行きの往復特典航空券は40,000マイル!貯金ゼロの方でもマイルが貯められる?

 

JAL/ANAでのハワイ行きの往復特典航空券は40,000マイルで交換することができますので、40,000マイルがあればほぼタダでハワイ旅行に出かけられます。

 

貯金ゼロの方でも無職の方を除き、1年〜2年程度で40,000マイルを貯めることが可能です。

 

貯金ゼロということは収入をほとんど使っているということですので、支払い方法を変えるだけでマイルを効率的に貯められます。

 

年収400万円で毎年貯金ができない方の場合、支出のうちどの程度の割合を還元率1.0%のクレジットカードが利用すれば、40,000マイルを貯められるか試算してみましょう。

 

クレジットカード払いの割合 年間獲得マイル 40,000マイル
達成までの期間
100%(400万円) 40,000マイル 1年間
50%(200万円) 20,000マイル 2年間
35%(140万円) 14,000マイル 3年間

 

支出の100%をクレジットカードに振り替えるというのは難しいかも知れませんが、50%・35%の支出をクレジットカードに変えるのは充分に可能です。

 

また、JAL/ANAのマイルではマイルアップの特約店なども多く、実際には400万円利用しなくても40,000マイルを獲得することができます。

 

いかがでしょうか?現在の支払いをマイルが貯まるクレジットカードに変えるだけで、3年以内に八ワイ旅行に行けると思うと夢がありますよね!

 

 

海外特典航空券の交換には燃油サーチャージも必要

マイルで特典航空券を交換しても、完全に無料というわけではなく、航空券とは別途に「燃油サーチャージ」などの諸費用の支払いも必要です。

 

燃油サーチャージは原油の価格によって変動しますが、直近の日本-ハワイ路線では8,500円の燃油サーチャージが必要です。

 

特典航空券での旅行の場合は、マイルはもちろん「eJALポイント」「ANA SKYコイン」といった各航空会社のポイントでも燃油サーチャージを支払うことができません。

 

ハワイに特典航空券で旅行する際には、諸費用を含めて1万円強の現金は必要!と覚えておきましょう。

クレジットカードで支払える支出一覧

 

クレジットカードで支払うことができる支出は意外と多く、効率的にマイルに変えることができます。

 

  • 家賃
  • 電気・ガス・水道代
  • 各種保険料・税金
  • 電子マネーチャージ
  • 携帯電話料金
  • インターネット回線
  • ガソリン代
  • 食費
  • 美容院・服飾費
  • 日用品費

 

家賃がクレジット払いできるかどうかは管理会社などによっても異なりますが、その他の出費はほぼ問題なくクレジット払いに切り替えることが可能です。

 

公共料金など、口座振替で支払っているものをクレジット払いに切り替えることで、毎月自動的にマイルが積算されます。

 

また、クレジットカードで支払うことで優待を受けられる店舗やサービスも多くなっていますので、クレジット払いに切り替えることで節約にも繋がりますよ!

効率よく貯めるならマイルアップの特約店を意識しよう

JALカード・ANAカードではマイルアップの特約店があり、2.0%以上の還元率でマイルを貯めることも可能です。

 

フライト無しで、お買い物でマイルを貯める場合には、マイルアップの特約店を意識するだけで40,000マイル達成までのスピードが速くなります。

 

ここでは、各カテゴリーで利用できるマイルアップの特約店を紹介します。

毎日のお買い物で貯める

 

JALカード特約店 イオン:200円に2マイル(還元率1.0%)〜100円に2マイル(還元率2.0%)
ANAカードマイルプラス イトーヨーカドー:クレジットポイントとは別に200円に1マイル(還元率0.5%)(2018年10月31日で終了)

 

毎日のお買い物でマイルを貯めるなら、イオンでマイルが最大100円に2マイル(還元率2.0%)が貯まるJALカードの方がお得です。

 

ANAカードでは、イトーヨーカドーでクレジットポイントとは別に200円に1マイル(還元率0.5%)が付与され、還元率1.0%のカードを利用した場合は合計1.5%還元で利用できます。

 

ただし、イトーヨーカドーは2018年10月31日でANAカードマイルプラスの提携終了となっていますので、スーパーでの利用ではマイルアップの店舗が無くなってしまいます。

 

毎日のお買い物でマイルを貯めたい自炊派、家庭持ちの方の場合はJALマイルの方が効率的です!

コンビニで貯める

JALカード特約店 ファミリーマート:200円に2マイル(還元率1.0%)〜100円に2マイル(還元率2.0%)
ANAカードマイルプラス セブン-イレブン:クレジットポイントとは別に200円に1マイル(還元率0.5%)

 

JAL/ANAともに、身近なコンビニでマイルアップの特典をうけることができます。

 

クレジットカードのマイル還元率が1.0%とすると、JALカード特約店のファミリーマートの利用の方が還元率は高くなっています。

 

ただし、よく使うコンビニは人によって変わりますので、自宅や会社の近所のコンビニでお得になる方を選びましょう。

 

JALカード会員の場合はJMB WAONカードを併用することで、ローソンでも効率的にマイルを貯めることができますよ!

カフェでの利用で貯める

カフェを良く利用する方の場合は、ANAカードの利用がおすすめです。

 

ANAカードマイルプラスでは、スターバックスカードのチャージでクレジットカードポイントとは別に、100円に1マイル(還元率1.0%)が付与されます。

 

スーパーやコンビニと並び、毎日利用する機会の多いカフェでお得にマイルを貯めることができるのは嬉しいですね!

ガソリンで貯める

JALカード特約店 ENEOS:200円に2マイル(還元率1.0%)〜100円に2マイル(還元率2.0%)
ANAカードマイルプラス ・ENEOS:クレジットポイントとは別に100円に1マイル(還元率1.0%)
・出光:クレジットポイントとは別に200円に1マイル(還元率0.5%)

 

車を持っている方は、ランニングコストとして必要になるガソリン代の支払いでもマイルアップの特典をうけることができます。

 

ENEOSはJAL/ANAともにマイル特約店となっていますが、ANAカードマイルプラスにのみ出光が対象となっています。

 

出光のガソリンスタンドをいつも利用している方の場合は、ANAカードを選択した方がお得ですね。

当てはまった方はラッキー?マイルをより効率よく貯める方法

 

日常の支出をマイルの貯まるクレジットカードに変えるだけで効率的にマイルを貯めることができますが、よりマイルの貯まりやすい条件があります。

 

  • Suica、またはPASMOを利用して通勤・通学している
  • 税金・公共料金をコンビニで支払っている
  • ネット通販が好き

 

上記の条件に当てはまった方は、よりお得にマイルを貯められるラッキーな方と言っていいでしょう!

SuicaやPASMOのチャージでもマイルが貯まる

通勤・通学にSuicaやPASMOを利用している方は、SuicaやPASMOのチャージでもマイルを貯めることが可能となっています。

 

ビューカードなどのクレジットカードでは、Suica定期券のチャージでもマイルを貯めることができますので、Suica定期券をお使いの方にもおすすめです。

 

毎日の通勤・通学でマイルがコツコツ貯まっていると考えたら、憂鬱な満員電車のストレスも少し軽減できますね。

 

セブン-イレブンまたはミニストップでは税金支払いでマイルが貯まる

税金・公共料金をコンビニの収納代行で支払っている方は、電子マネーをチャージして利用することで間接的にマイルを貯めることが可能です。

 

税金・公共料金の収納代行は現金での支払いだけではなく、

 

  • セブン-イレブン:nanaco
  • ミニストップ:JMB WAON

 

といった電子マネーで支払うことも可能となっています。

 

nanacoやJMB WAONでの収納代行の支払いで利用ポイントは付与されませんが、クレジットカードでチャージした電子マネーを利用することで、間接的にマイルを貯めることができます。

 

税金・公共料金をコンビニ払いで支払っている方の場合は、nanaco、またはJMB WAONのチャージでマイルが貯まるクレジットカードを選択しましょう!

 

ネット通販はマイルアップの基本中の基本

ネット通販での利用は、マイルをお得に貯める基本中の基本となっており、いつものネット通販でお得にマイルを貯めることが可能です。

 

JALカード/ANAカードでは、

 

  • JAL eマイルパートナー
  • ANAマイレージモール

 

を経由してネット通販を利用することで、人気のネット通販でクレジットポイントとは別にマイルが付与される特典があります。

 

JAL eマイルパートナーではAmazonで+0.5%還元、ANAマイレージモールでは楽天で+0.5%還元と、人気のショップでマイルが加算されるのは嬉しい特典ですね!

 

JALとANAどっちを貯める?外資系マイルにも注目

 

40,000マイルを貯めてハワイ行きの特典航空券を交換するためには、どの航空会社のマイルを貯めるかを最初に決めておかなければなりません。

 

日本人の方にも貯めやすいマイルは4つあります。

 

  • JAL
  • ANA
  • デルタ航空
  • ユナイテッド航空

 

身近な店舗でマイルアップの特約店が用意されており、フライト無しでもマイルを貯めやすいのはJAL/またはANAの国内航空会社です。

 

クレジットカードのポイントでもJAL/ANAのマイルに交換できるポイントは多く、マイル初心者の方でも気軽に貯めやすくなっています。

 

JALとANAのどちらがいいかは国内線でよく利用する路線によっても変わりますが、

 

  • 飛行機に乗る機会の少ない陸マイラーの方はANAマイル
  • 年間数回は飛行機の乗る方はJALマイル

 

このように、飛行機の利用頻度で選ぶのもひとつのポイントです。

 

JALマイルを効率良く貯められるJALカードでは、JALグループの毎年の搭乗によるボーナスマイルが設定されており、フライトを利用することでよりマイルを貯めやすくなっています。

 

対して、ANAマイルを効率良く貯められるANAカードは、フライト無しでも継続ボーマスマイルを獲得することができますので、完全にフライトゼロでもマイルを貯めやすいのが特徴です。

 

40,000マイルを獲得した際の特典航空券の取りやすさではJALマイルの方が有利という声も多くなっていますので、自分のライフスタイルで貯めるマイルを選択するようにしましょう。

 

外資系のマイルは有効期限無し!航空券の利用の幅も広い

デルタ航空・ユナイテッド航空と言った外資系のマイルは、日本人の方にはなじみが薄いかも知れませんが、国内航空会社のマイルよりも優れている点があります。

 

そのひとつがマイルの有効期限です。

 

  • デルタ航空:マイルの有効期限無し
  • ユナイテッド航空:マイルの有効期限は18か月間、ただし18か月以内に1回でもマイルの付与があれば18か月間延長

 

このように、マイルの有効期限無し、または実質無期限でマイルを貯めることが可能となっています。

 

40,000マイルを貯める際には、還元率1.0%のカードを利用しても年間400万円のカードの利用が必要です。

 

年間のカードの利用金額がそれほど多くない方でも、有効期限無しでゆっくり貯めることができる外資系のマイルなら、いつかは必ずハワイ行きの特典航空券を取ることができます。

 

また、JAL/ANAのマイルでは2親等以内の方に特典航空券の交換が制限されていますが、デルタ・ユナイテッド航空の特典航空券には、特典航空券を利用する方の制限がありません。

 

友人や恋人とのタダ旅行を楽しみたい方の場合は、外資系のマイルも視野に入れて貯めるといいでしょう!

 

航空アライアンスとは?ユナイテッド航空のマイルでANA特典航空券をゲット

マイルを効率的に貯める際には、航空アライアンスに注目することも重要です。

 

航空アライアンスとは、数社の航空会社が連携する航空連合で、特典航空券やマイレージプログラムの連携などが行われています。

 

  • スターアライアンス:ANA、ユナイテッド航空などが加盟
  • スカイチーム:デルタ航空などが加盟
  • ワンワールド:JALなどが加盟

 

このように、ANAとユナイテッド航空は同じ航空アライアンスの「スターアライアンス」に所属しています。

 

同一の航空アライアンスであることから、ユナイテッド航空のマイルでANAの特典航空券を交換することも可能です。

 

ユナイテッド航空のマイルでANA特典航空券を交換した場合、国内線では10,000マイルからとANAよりもお得になるケースもあります。

 

また、ハワイ旅行の際にも、ユナイテッド航空のマイル経由では燃油サーチャージが不要となっていますので、ANA特典航空券をよりお得に交換できる路線も多くなっていますよ!

 

マイル上級者を目指す場合には、航空会社単体ではなく、航空アライアンスも視野にいれて貯めるマイルを選択するようにしましょう。

 

普段のショッピングでマイルを貯めやすいおすすめクレジットカードまとめ

日常の出費をマイルの貯まるクレジットカードに変えることで、40,000マイルを1年〜2年で貯めるのも難しいことではありません。

 

ほぼタダでハワイ旅行に出かけるためには、マイルを効率良く貯めることができるクレジットカードが最強の武器となります。

 

ここでは、フライト無しで普段のショッピングでマイルを貯めやすい、おすすめのクレジットカードをご紹介します!

JALカードSuica

4.8

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,000円+税
ETCカード年会費477円+税
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1,000万円
国内最高1,000万円

貯められるマイル:JALマイル

  • Suicaのチャージ・オートチャージでJREポイント1.5%還元
  • JREポイントをJALマイルに最大1.0%還元相当で交換可能
  • ショッピングマイル・プレミアムでいつでもマイル還元率1.0%

 

Suicaを利用して通勤・通学をしている方に最適なJALカードが「JALカードSuica」です。

 

JALカードSuicaにはビューカード機能も付帯していますので、Suicaのチャージ・オートチャージで1,000円に15ポイント(還元率1.5%)のJREポイントを貯めることができます。

 

JREポイントはJALマイルに相互交換することが可能となっており、

 

  • ショッピングマイル・プレミアム入会:1,500ポイント→1,000マイル(還元率1.0%相当)
  • ショッピングマイル・プレミアム未入会:1,500ポイント→500マイル(還元率0.5%相当)

 

と、別途年会費税別3,000円のショッピングマイル・プレミアムに入会することで、Suicaのチャージ・オートチャージで還元率1.0%相当のJALマイルを貯めることができます。

 

ショッピングマイル・プレミアムに入会することで、いつでもマイル還元率1.0%でお買い物をすることができますので、普段のお買い物で非常に効率良くJALマイルを貯めることも可能です。

 

イオンやファミリーマートといったJALカード特約店を活用することで、400万円以下の利用でも40,000マイルを達成することもできます!

 

 

ANA VISA Suicaカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2000円+税
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降税別500円(年間1回以上のETC利用で無料)
国際ブランドVISA
還元率0.5〜2.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1000万円
国内-

貯められるマイル:ANAマイル

  • Suicaのチャージ・オートチャージでANAマイル最高1.0%還元
  • 10マイルコースの登録でいつでもANAマイル還元率1.0%
  • マイ・ペイすリボの活用で最大1.3%の還元率でマイルが貯まる

 

Suica利用者の方でANAマイルを貯めたい場合には「ANA VISA Suicaカード」がおすすめです。

 

ANA VISA Suicaカードでは2つのマイル移行コースがあり、

 

  • 5マイルコース:無料
  • 10マイルコース:税別6,000円

 

と、10マイルコースに登録することでANAマイルをいつでも還元率1.0%で貯めることができます。

 

Suicaのチャージ・オートチャージでも還元率1.0%でANAマイルを貯めることができますので、通勤・通学でSuicaを利用している方は非常に効率的にANAマイルが貯まりますね!

 

また、ANA VISA Suicaカードでは「マイ・ペイすリボ」の手数料が1円でも発生した月には、ボーナスポイントでANAマイル還元率が最大1.3%になる特典があります。

 

マイ・ペイすリボは自由設定型リボ払いサービスとなっていますので、支払い金額を調整することで最小のリボ手数料で効率良くマイルを貯めることができますね!

 

 

MileagePlusセゾンカード

4.5

年会費(税抜)1500円+税
家族カード(税抜)
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard
還元率0.5〜2.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高3000万円(自動付帯)
国内最高3000万(自動付帯)

貯められるマイル:ユナイテッド航空マイレージプラス

  • マイルアップメンバーズの登録でマイル還元率が3倍
  • コスモ石油での利用ではマイル還元率2.0%が可能
  • ユナイテッド航空のマイルでANA特典航空券も交換できる

 

ユナイテッド航空のマイルを気軽に貯めたい方には「MileagePlusセゾンカード」がおすすめです。

 

MileagePlusセゾンカードでは、カード年会費に追加で5,000円の「マイルアップメンバーズ」に登録することで、マイル還元率が3倍になる特典があります。

 

マイルアップメンバーズで獲得できるマイル数は年間30,000マイルまでと上限があるものの、還元率1.5%の場合は約270万円の利用で40,000マイルを達成することが可能です。

 

コスモ石油での利用ではさらに獲得マイル数がアップし、還元率2.0%でユナイテッド航空のマイルを貯めることができますので、車を運転される方にも最適ですね。

 

ユナイテッド航空のマイルではANA特典航空券もお得に交換することができますので、MileagePlusセゾンカードでANAの特典航空券を狙うのも賢い選択肢です!

 

年会費無料で気軽にマイルを貯めたい!徹底してお金をかけたくない方は

これまでマイルを貯めたことが無い方にとっては、いきなり年会費・移行手数料のかかるマイレージカードは敷居が高いかも知れません。

 

ここでは、徹底してお金をかけたくない方のために、年会費無料で気軽にマイルを貯めることができるクレジットカードをご紹介します。

 

リクルートカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

貯められるマイル:JALマイル

  • いつでも還元率1.2%の高還元、マイル還元率0.6%相当で貯まる
  • 月間の上限30,000円まで電子マネーチャージでもポイントが貯まる
  • じゃらん.netで海外ホテルの予約もお得!手厚い海外旅行保険も

 

年会費無料でお得にJALマイルを貯めたい方には「リクルートカード」が最適です。

 

リクルートカードはいつでも還元率1.2%の業界最高クラスの還元率でポイントを貯めることが可能となっており、ポイントをPontaポイントに相互交換することができます。

 

Pontaポイントは2ポイント=1マイルとしてJALマイルに交換することができますので、いつでもマイル還元率0.6%相当でカードを利用することが可能ですね。

 

月間の上限30,000円までは電子マネーチャージでも還元率1.2%でポイントを貯めることが可能となっており、nanacoでの税金の支払い、Suicaでの通勤・通学にもおすすめです。

 

リクルートの豊富なサービスもお得に活用することが可能となっており、じゃらん.netで海外ホテルもお得に予約できますので、ハワイ旅行にも最適なカードとなっています。

 

楽天カード

4.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

貯められるマイル:ANAマイル

  • ANAマイルを還元率0.5%相当で貯められる
  • ポイントの有効期限は無期限、ANAマイルが実質無期限で貯まる
  • 楽天ハワイラウンジや手厚い海外旅行保険なども付帯

 

永年年会費無料でお得にANAマイルを貯めることができる優秀なカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードの利用で貯まる楽天スーパーポイントは、2ポイント=1マイルでANAマイルに交換することができますので、ANAマイルを還元率0.5%相当で貯めることができます。

 

楽天スーパーポイントは年間1回でもポイントの付与があれば実質無期限になりますので、目標のマイル数まで貯まってからマイルに移行することでANAマイルを実質無期限で貯められます。

 

ホノルルには無料で利用できる楽天ハワイラウンジもあり、手厚い内容の海外旅行保険も付帯していますので、コストを抑えてハワイ用のカードが欲しい方には最適のカードです!

 

 

特典航空券は選ばれた民だけのものではない!40,000マイルで目指せハワイ旅行

40,000マイルがあれば特典航空券を利用してほぼ無料でハワイ旅行に出かけることができます!

 

  • すべての支出をマイルが貯まるクレジットカードにすることで2年で貯まる
  • マイルアップの特約店を意識すれば400万円利用しなくてもマイルが貯まる
  • 年会費無料・有料のカードをライフスタイルで選ぼう

 

貯金がゼロの方の場合でも、月間の支出をできる限りマイルが貯まるクレジットカードに変えることで、40,000マイルの獲得は難しくありません。

 

マイルアップの特約店や、Suica・ネット通販などを意識的に利用することで、1年〜2年で40,000マイルを貯めることも可能です!

 

年会費が有料のカードだけではなく、年会費無料のカードで気軽にマイルを貯めることもできますので、ライフスタイルによって自分に合ったカードを利用するようにしましょう。