本当に審査なしでクレジットカード作れる?審査なしで発行できるか検証

「審査なしで作れるクレジットカードはあるの?」

「審査に落ち続けてツラい…なんでも良いからカードが欲しい」

 

クレジットカードを作りたいけど、審査なしで作れるクレジットカードはないか探していますね?

 

結論から言うと、残念ながら審査なしで作ることができるクレジットカードは存在しません。

 

しかし、クレジットカード同様に利用できるカードなら、審査なしで今すぐに作ることが可能です!

 

今回は、審査なしで発行できるクレジットカードが本当に存在するのか検証します。

 

最後まで読めば、審査落ちを繰り返しているあなたでも作れるクレジットカードを知ることができますよ!

 

クレジットカード診断テスト

審査なしで作れるクレジットカードは存在しない

 

クレジットカードの支払い方法の性質上、審査なしで作れるカードは存在しません。

 

ショッピングで利用する際には意識することはありませんが、クレジットカードも一種の「借金」であることは間違いありません。

 

クレジットカードで商品を購入した場合、

 

  • 店舗にクレジットカード会社が商品代金を支払い
  • クレジットカード会社にカード会員が利用代金を支払い

 

と、一時的にクレジットカード会社が商品の購入代金を「立て替える=貸してくれる」ことになります。

 

当然ですが、クレジットカード会社としては、利用代金の回収リスクがありますので、誰にでも無制限にカードを発行する訳にはいきません。

 

安定した収入があり、利用代金の返済能力があるかを判断するためにも、クレジットカードの審査は必要ですね。

クレジットカードの審査基準は?

クレジットカードの審査基準はカードによっても異なりますが、

 

  • 年収
  • 年齢
  • 勤続年数

 

など、申込者に返済能力があるかを基準に判断されます。

 

そうした、申込者の現在の状況に加えて、重要な判断基準になってくるのが「個人信用情報機関」に記録されている信用情報です。

 

個人信用情報機関に記録される信用情報は「クレジットヒストリー(クレヒス)」と呼ばれることもあり、その名のとおりクレジットカードの利用の履歴が記録されています。

 

会社を問わず、クレジットカードの審査の際には個人信用情報機関の記録が参照されますので、審査の結果を左右する重要な記録です。

 

過去にクレジットカードやカードローンの支払いに延滞や未払いがあった場合、クレヒスに「傷」がついている状態となり、審査に不利になってしまうことが考えられます。

 

クレジットカードの審査に落ちてしまう理由

審査なしで作れるクレジットカードを探している方の中には、クレジットカードの審査に何度も落ち続けてしまっている方も多いのではないでしょうか。

 

クレジットカードの審査に落ちてしまう主な原因は次の3つです。

 

  • 過去に未払いや延滞などの金融事故があった
  • 短期間に複数枚のクレジットカードを申し込みした
  • スーパーホワイト状態になってしまっている

 

ここでは、なぜクレジットカードの審査に落ち続けてしまうのかの原因を理解しておきましょう。

過去に未払い・延滞の履歴がある

過去にクレジットカードの未払いや延滞などの金融事故の履歴がある方の場合は、クレジットカードの審査通過が厳しくなります。

 

すでに解説したように、クレジットカードの審査の際には、個人信用情報機関に記録されたクレジットヒストリーが非常に大きな判断基準です。

 

個人信用情報機関には、クレジットカードの利用代金の支払状況も記録され、未払いや延滞などの記録は5年間残ってしまいます。

 

クレジットカード会社の立場になってみると、他社で延滞や未払いの履歴がある申込者にお金を貸したくないと思うのは自然ですよね。

 

いわゆる「ブラックリスト」に入った状態になってしまい、記録が消えるまでの5年間は、審査通過は絶望的と考えていいでしょう。

 

多重申込み状態になってしまっている

短期間に複数のクレジットカードを申し込みして、多重申込み状態になってしまっている方も、審査落ちの原因になってしまいますよ。

 

個人信用情報機関には、クレジットカードの利用履歴だけではなく、申し込みの履歴も記録されます。

 

短期間に複数のクレジットカードを申し込みしている申込者は、「お金に困っていてなんでもいいからクレジットカード」が欲しいと判断され、審査通過は難しいでしょう。

 

申込履歴は6か月記録されますので、多重申込みが原因で審査に落ちてしまったと考えられる方は、半年程度期間を空けて申し込みすれば審査通過の可能性はありますよ。

 

スーパーホワイト状態

これまでクレジットカードを使ったことがない、借金も無いのに審査に落ちてしまう、という方は「スーパーホワイト」と判断されていることが考えられます。

 

個人信用情報機関には、延滞・未払いなどのいわゆるブラック情報も5年が記録の期限です。

 

ですので、未払い・延滞から5年間経つと、個人信用情報機関の記録上はまったく記録のない、真っ白な「スーパーホワイト」状態となります。

 

スーパーホワイトの履歴は、クレジットカードやカードローンを使ったことが無い方の履歴と、記録上は見分けがつきません。

 

そうした背景から、30代・40代でクレジットカードやカードローンの利用履歴がない方は、審査に落ちてしまうリスクが高くなってしまいます。

家族カードなら審査なしでクレジットカードを持てる

 

審査なしでクレジットカードを作りたい方は、家族カードを発行するというのも賢い選択です。

 

家族カードは、本会員の家族で、かつ高校生を除く18歳以上の方であれば、原則審査なしで作ることができます。

 

通常のクレジットカード同様に利用することができますので、審査なしでクレジットカードを作りたい方は家族カードを作るのがもっとも近道です。

 

また、家族がゴールドカードなどの特典付きのクレジットカードを利用している場合、家族カードでも本カード会員同様に特典を利用できるケースがあります。

 

家族でクレジットカードをお持ちの方が居る場合、審査なしの家族カードを作ってみてもいいかも知れませんね!

 

家族カード利用の際の注意点

家族カードを利用するうえでは、2点の注意点があります。

 

  • 本カードの限度額を圧迫してしまう
  • 家族に利用明細が筒抜けになってしまう

 

クレジットカードの限度額は、本カードと家族カードを合わせた合算の額です。

 

ですので、家族カードを使い過ぎてしまった場合、本カードで利用できる限度額を圧迫してしまうこともありますので注意が必要です。

 

また、家族カードの利用明細も本カードと合算されてしまいますので、家族に自分のカードの利用履歴が筒抜けになってしまうというデメリットもあります。

 

時には、家族に内緒にしたいお買い物もありますので、すべての利用明細が筒抜けになってしまうのは考えものですね。

デビットカードなら審査なしで作れる

自分名義のカードとして、審査なしでクレジットカード同様に利用できるのが「デビットカード」です。

 

デビットカードは銀行のキャッシュカードと一体となったカードとなっており、口座に入金済の残高分でお買い物をすることが可能です。

 

JCBやVISAといった国際ブランド付きのデビットカードなら、ネット通販やリアル店舗でクレジットカード同様に利用することができます。

 

後払いのクレジットカードとの最大の違いは、口座に入金済の残高しか利用できない、現金払い同様の支払い方法となっている点です。

 

楽天銀行デビットカード

 

大手銀行が国際ブランド付きのデビットカードを発行しています。

 

デビットカードの支払いでも、クレジットカード同様にポイントを貯めることができますので、現金払いで支払いをするよりもお得にお買い物をすることができます。

 

審査なしでクレジットカードを作りたい方には、デビットカードがベストな選択と言えるかも知れませんね!

 

デビットカードのデメリット

クレジットカード同様に便利に利用できるデビットカードにも、2点のデメリットがあります。

 

  • 分割・リボ払いはできない
  • ガソリンスタンドや高速道路など一部では利用できない

 

デビットカードでは、利用代金が即時口座から引き落とされるという性質上、分割・リボ払いでお買い物をすることはできません。

 

また、一括払いでの支払いの場合でも、システム上後払いの扱いとなる、ガソリンスタンドや高速道路料金などの一部の支払いにも利用できません。

 

審査なしで便利に使えるデビットカードですが、一般のクレジットカードと比べて制限をうけてしまうことがある点には注意が必要です。

バンドルカードの「ポチッと」ならクレジット感覚の後払いが可能

審査なしで、クレジットカード同様の後払いでお買い物をしたい方には、「バンドルカード」がおすすめです。

 

 

バンドルカードはアプリで利用できるチャージ式のプリペイドカードとなっており、「ポチッとチャージ」を利用することでお金がなくても即時チャージをすることができます。

 

ポチッとチャージでは、スマホ1台あれば原則審査なしで最大25,000円までをチャージして、後払いで清算することができます。

 

バンドルカードはプラスチック製の「リアルカード」を発行することで、リアル店舗でクレジットカード同様に利用することも可能ですよ!

 

ただし、ポチッとチャージの手数料は1回500円〜1,150円と非常に高額になってしまいますので、ムダな手数料を支払ってしまわないように注意が必要です。

 

バンドルカードのインストールはこちら

 

 

家族カードやデビットカードではクレヒスは積めない

家族カードやデビットカードを利用するうえでの最大のデメリットと言えるのが、カードの利用でクレヒスを積むことができない点です。

 

審査なしでクレジットカード同様に利用することができる家族カードやデビットカードですが、いくら利用しても自分の個人信用情報機関に記録されることはありません。

 

すでに解説したようなスーパーホワイト状態の方の場合、家族カードやデビットカードを利用しても、クレジットカードの審査に有利になることはありません。

 

将来的に、自分名義のクレジットカードを作りたい方は、審査基準の優しいクレジットカードを利用して、良質なクレヒスを積むことが重要です。

 

ETCカードを審査なしで作れる?

クレジットカードを作れない方の悩みとしては、ETCカードを使えないという点も多いのではないでしょうか?

 

私自身も、クレジットカードを作れない時期がありましたが、ネット通販などはデビットカードで代用できても、ETCカードが使えないことに悩んでいました。

 

デビットカードではETCカードを発行することができませんので、原則としてはETCカードを発行するためにはクレジットカードの審査に通過する必要があります。

 

唯一、審査なしで作ることができるETCカードが「ETCパーソナルカード」です。

 

ETCパーソナルカードの利用には、最低20,000円のデポジットを入金しておく必要がありますが、通常のETCカードと同様にETCレーンを通過することができます。

 

お得なETC割引も利用することができますので、審査なしでETCカードを作りたい方にはETCパーソナルカードも要検討です!

 

独自の審査基準で作れる可能性があるクレジットカード

原則として、審査なしで作れるクレジットカードは存在しませんので、審査なしでは家族カードやデビットカードを利用する必要があります。

 

ただし、審査はあるものの、独自の審査基準で選ばれているカードはありますので、そうしたカードを選択することでクレジットカードを作れる可能性もありますよ!

 

ここでは、独自の審査基準が採用されている3つのクレジットカードをご紹介します。

ACマスターカード

3.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)発行無し
ETCカード年会費発行無し
国際ブランドMastercard
還元率0.25%
申込資格20歳〜69歳までの安定収入のある方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • アコムの審査基準が採用
  • 最短1時間で最速で作れるクレジットカード
  • 年会費は永年無料

 

消費者金融大手の「アコム」が発行する、独自の審査基準を持つクレジットカードが「ACマスターカード」です。

 

ACマスターカードでは、消費者金融独自の審査基準が採用されており、一般的なクレジットカードよりも申し込みしやすいカードとなっています。

 

審査・発行までのスピードも早く、オンライン申込後に全国の自動契約機(むじんくん)でカードを即日発行することが可能です。

 

他社クレジットカードと比べても最速の、最短1時間での即日発行が可能となっていますので、今すぐクレジットカードを使いたい方にも最適です。

 

また、ACマスターカードは永年年会費無料で利用できますので、カードの維持にコストがかからない点も大きな魅力となっています。

 

ライフカード(有料版)

4.0

年会費(税抜)5,000円+税
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率0.5〜1.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • スマート審査で作りやすいライフカード
  • 誕生日月ポイント3倍などポイントアップの特典が充実
  • 家族カード・ETCカードも発行可能

 

独自のスマート審査で、審査に不安がある方にも作りやすいカードとなっているのが「ライフカード(有料版)」です。

 

ライフカード(有料版)では、独自の審査基準として、親会社の「アイフル」の審査基準が採用されていると考えられます。

 

一般的なクレジットカードとは違う、消費者金融独自の審査基準であることから、審査に自信がない方にも作りやすいカードとなっています。

 

ただ作りやすいカードというだけではなく、誕生日月はポイント3倍などのポイントアップの特典も用意されており、お得にカードを活用することが可能です。

 

また、家族カードやETCカードを発行することもできますので、ACマスターカードと比べてもより使いやすいクレジットカード機能が魅力ですね!

 

 

アメックスグリーン

4.2

年会費(税抜)12000円+税
家族カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • 外資系独自の審査基準で作りやすい
  • 圧倒的な知名度から信頼度が高い

 

意外に思う方も多いかも知れませんが、非常に作りやすい審査基準のカードが「アメックスグリーン」です。

 

アメックスグリーンでは、外資系独自の審査基準が採用されており、過去の信用情報に関わらず現在の返済能力で審査通過が判断されます。

 

ほかの年会費無料のカードの審査には落ちたけど、アメックスグリーンだけは通過した!という声も多く、600人超の申込結果でも審査通過率は85%を超えています。

 

作りやすい審査基準のカードでありながら、アメックスブランドの圧倒的な知名度から高いステータス性を誇り、持っていると一目置かれる特別なカードでもあります。

 

 

審査なしで作れるクレジットカードはない。作りやすいカードでクレヒスを積もう

原則として、審査なしで作れるクレジットカードはありませんが、審査なしでクレジットカード同様に利用できるカードは存在します。

 

  • 家族カードなら審査なしですぐに持てる
  • デビットカードはクレジットカード同様に利用可能
  • 独自の審査基準で作りやすいクレジットカードもある

 

審査なしでクレジットカードを作るのであれば、もっとも近道になるのが家族カードを発行することです。

 

また、利用明細を家族に知られたくないという方には、国際ブランド付きのデビットカードを利用するのもおすすめです。

 

ただし、家族カードやデビットカードの利用ではクレヒスを積むことができませんので、独自の審査基準で作りやすいカードでクレヒスを積むのが前向きですね!

 

審査落ちを繰り返してしまっている方も、諦めずに審査通過を目指しちゃいましょう!