JCB CARD Wと楽天カードどっちがお得?特典・サービスの差を比較

 

「JCB CARD Wと楽天カードってどっちがお得?」

「どっちのカードが多くポイントが貯まるの?」

 

JCB CARD Wと楽天カードのどちらを作るべきか悩んでいませんか?

 

JCB CARD Wと楽天カードは、ともに永年無料で利用できる年会費無料のカードでありながら、1.0%の高還元率でポイントを貯めることができます。

 

JCB CARD Wと楽天カードのどちらがお得になるかを比較するには、還元率・ポイントの使い道・ネット通販でのポイントアップと多様な角度で比較する必要がありますね。

 

今回は、これからどちらのカードを作るべきか悩んでいる方のために、JCB CARD Wと楽天カードを徹底的に比較します!

 

クレジットカード診断テスト

基本スペックを徹底比較!

まずは、JCB CARD Wと楽天カードの基本スペックから比較します。

 

  JCB CARD W 楽天カード
券面デザイン
年会費 無料 無料
家族会員 無料 無料
ETC 無料 税別500円
申込資格 高校生を除く18歳〜39歳の方 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB JCB
VISA
Mastercard
アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0% 1.0%
旅行保険 国内:-
海外:最高2,000万円
国内:-
海外:最高2,000万円

 

JCB CARD Wと楽天カードを基本スペックで比較すると、ともに年会費無料で還元率は1.0%と共通の項目も多く見られます。

 

ただし、細かな部分では両者のカードで異なる点もありますので、カードを選択する際の重要な判断基準となってきますね!

ETC年会費がJCB CARD Wは無料、楽天カードは条件付き無料

JCB CARD WではETC年会費が無料となっていますので、ETCを利用する前提の方はJCB CARD Wの方がお得です。

 

ただし、楽天カードのETCカードは「楽天ポイントクラブ」の会員ランクが、プラチナ会員以上の場合は無料になる特典があります。

 

楽天ポイントクラブの会員ランクは、直近6カ月以内の楽天スーパーポイントの獲得数・獲得回数によって決定されます。

 

プラチナ会員へのランクアップ条件は、

 

  • 直近6カ月で2,000ポイント以上の獲得
  • 直近6カ月で15回以上のポイント獲得

 

と、ランクアップの条件はそれほど厳しくありません。

 

1か月あたりにすると、約340ポイント(34,000円利用分相当)でプラチナ会員にランクアップできますので、楽天カードを利用すればETC年会費を無料にするのは難しくないでしょう。

 

国際ブランドの自由度は楽天カードの方が高い

 

国際ブランドの選択肢では、アメックスを含めた4ブランドを選択することができる楽天カードの方が自由度は高くなっています。

 

JCBも海外での使い勝手が向上してきたとはいえ、やはりVISA/Mastercardの国際的な決済能力にはかないません。

 

海外でカードを利用する機会の多い方は、VISA/Mastercardを選択できる楽天カードの方が安心でしょう。

 

また、楽天カードでは新しくアメックスブランドも選択可能となりましたので、年会費無料でアメックスブランドを利用したい方にもおすすめです!

 

 

両カードともに女性向けカードあり

 

 

JCB CARD Wと楽天カードでは、女性に嬉しいサービスやメリットが豊富な女性向けのカード「JCB CARD W plus L」が「楽天PINKカード」も用意されていますよ。

 

ポイント還元率で比較

 

 

JCB CARD Wと楽天カードともに基本の還元率は1.0%となっています。

 

  JCB CARD W 楽天カード
貯めることができる
ポイント
OkiDokiポイント 楽天スーパーポイント
還元率 1,000円に2ポイント
還元率1.0%(10円相当)
100円に1ポイント
還元率1.0%(1円相当)
ポイント付与条件 月間の累計金額から 月間の累計金額から

 

ポイントの付与条件の違いから、毎月ポイントにならずに切り捨てられてしまう端数は、

 

  • JCB CARD W:最大999円
  • 楽天カード:最大99円

 

となっており、楽天カードの方が若干ポイントの付与条件は有利になっています。

 

ただし、月間で最大9円分のポイントの差ですので、大きな還元率の違いにはなりませんね。

 

JCB CARD Wでは、入会後3か月間ポイント10倍も!

JCB CARD Wでは、2019年12月31日までの入会で、カード入会後3か月間はポイント還元率が10倍になる特典があります。

 

JCBカードの基本の還元率は0.5%となっていますので、3か月間はポイント10倍、還元率5.0%での利用が可能です。

 

3か月間は楽天カードの還元率と比べても5倍の還元率でポイントを貯めることができますので、期間中の入会がチャンスですよ!

楽天カードは実質無期限でポイントが貯まる

ポイントの有効期限で比較すると、実質無期限でポイントを貯めることができる楽天カードが有利です。

 

ポイントの有効期限は、

 

  • JCB CARD W:ポイントの付与から2年間
  • 楽天カード:最後のポイント利用日から1年間

 

となっており、楽天カードでは年間1回でもカードの利用する場合、ポイントを実質無期限で貯めることができます。

 

ポイントを失効させてしまった経験のある方や、有効期限を気にせずにゆっくりポイントを貯めたい方には楽天カードがおすすめですね!

 

ポイントアップ特約店ではJCB CARD Wの方が有利

身近な店舗でのポイントアップ特典では、JCB CARD Wの方が有利と言っていいでしょう。

 

JCB CARD Wと楽天カードでは、それぞれお得なポイントアップ特典を受けられる特約店があります。

 

  • JCBオリジナルシリーズパートナー
  • 楽天ポイント加盟店

 

JCBオリジナルシリーズパートナーでは、セブン-イレブンでポイント3倍、スターバックスカードの購入で10倍など、身近な店舗でのポイントアップ特典をうけることができます。

 

さらに、JCB CARD Wでは基本ポイント還元率2倍として「+1倍」となりますので、セブン-イレブンでは合計4倍、還元率2.0%でポイントを貯めることが可能です。

 

対して、楽天カードではENEOSや得タクなど、交通系の加盟店が多く登録されている印象があります。

 

いつも利用する身近な店舗でのポイントアップという意味では、JCBオリジナルシリーズパートナーの方が有利と言えますね!

 

 

楽天カードでは「Rakko加盟店」で、飲食店でポイントが貯まる

楽天カードでは、Rakko加盟店での食事でポイントアップの特典をうけることが可能です。

 

Rakkoには、「くいもの屋わん」などの全国チェーンの居酒屋や、エリアごとの飲食店が数多く加盟しており、飲み会の幹事などに任命された際にも便利に利用することができます。

 

Rakkoのウェブサイトでは、ジャンルごとに加盟店を検索することができますので、店舗選びの際にも便利に活用することができますよ!

ネット通販の利用で比較

 

楽天市場をよく利用する方の場合、楽天カードの方がお得にポイントを貯めることができます。

 

ネット通販の利用では、

 

  • 楽天カード:楽天市場でいつでもポイント3倍
  • JCB CARD W:OkiDokiランド経由で幅広いネット通販がお得に

 

と、両者のカードでお得なポイントアップ特典をうけることが可能です。

 

ここでは、JCB CARD Wと楽天カードのネット通販利用時の還元率を比較します!

楽天カードでは楽天市場でいつでもポイント3倍、最大15倍も!

楽天カードでは、「楽天スーパーポイントアッププログラム(楽天SPU)」の特典で、楽天市場をいつでも3倍の還元率で利用することができます。

 

楽天SPUでは、月間の楽天のサービスの利用状況に応じて、その月の楽天市場の還元率がアップします。

 

  • 楽天カードの利用でポイント3倍
  • 楽天ゴールドカードの利用で+2倍
  • 楽天市場アプリでのお買い物で+1倍

 

など、11個の特典で楽天カードは最大13倍、楽天ゴールドカード・プレミアムカードでは最大15倍にポイントアップする特典があります。

 

さらに、毎月5と0のつく日には、楽天カードの利用でさらに+2倍のポイントが付与され、最大15倍(楽天ゴールドカード・プレミアムカードでは最大17倍)の還元率で楽天市場を利用することが可能です。

 

カードの利用で豊富なポイントアップの特典をうけることができますので、楽天市場利用者には楽天カードは必須のカードと言っていいでしょう。

 

OkiDokiランド経由で幅広いネット通販でお得に

 

JCB CARD Wでは、会員専用の「OkiDokiランド」経由で、幅広いネット通販をお得に利用することができます。

 

Amazon 3倍
楽天市場 3倍
Yahoo!ショッピング 3倍
LOHACO 3倍
エクスペディア 3倍
JCBトラベル 3倍

 

JCB CARD Wでは、通常のJCBカードよりも高還元率でネット通販も利用可能となっており、楽天市場も3倍の還元率で利用することができます。

 

ただし、JCBカードの通常還元率は0.5%となっていますので、同じ3倍の倍率でも、

 

  • JCB CARD W:還元率1.5%
  • 楽天カード:還元率3.0%

 

と、還元率には2倍の違いがあり、楽天市場での利用では楽天カードが有利なことには変わりがありませんね。

 

ただし、JCB CARD Wでは、OkiDokiランド経由でAmazonやYahoo!ショッピングなどの幅広いネット通販で、3倍の還元率でポイントを貯めることができます。

 

楽天市場に限定せず、さまざまなネット通販を利用しているという方には、幅広いネット通販をお得に使えるJCB CARD Wもおすすめですね。

ポイントの使い勝手で比較

ポイントの使い勝手で比較すると、共通ポイントとして現金同様にポイントを利用できる楽天カードの方が有利です。

 

JCB CARD Wでは、ポイントを1ポイント=5円としてさまざまな用途に交換することができます。

 

  必要ポイント 交換先
キャッシュバック還元 1ポイント 3円分
JCBギフトカード 1,050ポイント 5,000円分
iTunes Card 500ポイント 1,500円分
nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント
Tポイント 500ポイント 2,000ポイント
WAONポイント 200ポイント 800ポイント
dポイント 200ポイント 800ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント
JALマイル 500ポイント 1,500マイル
ANAマイル 500ポイント 1,500マイル

 

対して、楽天スーパーポイントでは、

 

  • デイリーヤマザキ
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ

 

などの、幅広い楽天ポイント加盟店でポイントを利用することができます。

 

ここからは、OkiDokiポイントと楽天スーパーポイントのどちらが使い勝手の良いポイントか、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

ポイントの使い勝手の幅では楽天カードが有利、ただしマイル還元率はJCB CARD W

楽天スーパーポイントでは、楽天ポイント加盟店でのポイントの利用だけではなく、幅広い用途にポイントを利用することができます。

 

  • 1ポイント=1円として楽天Edyにチャージ
  • 2ポイント=1マイルとしてANAマイルに交換
  • 1ポイント=1円としてカードの利用代金の支払いに充当
  • 50ポイントから投資信託に利用

 

と、さまざまな用途にポイントを利用することが可能です。

 

楽天Edyにチャージすることで、幅広いEdy加盟店でお買い物をすることが可能となりますので、ポイントの使い道の幅は広くなります。

 

また、ポイントを楽天カードの利用代金の支払いにも充当させることができますので、キャッシュバック同様にお得にポイントを消化することが可能です。

 

ただし、マイル還元率で比較すると、JCB CARD Wの方が有利になります。

 

  • 楽天カード:ANAマイル還元率0.5%相当
  • JCB CARD W:JAL/ANAマイル還元率0.6%相当

 

OkiDokiポイントは、JAL/ANAのどちらのマイルにも交換することができますので、どちらのマイルを貯めている方にもメリットがありますね。

 

ポイントの使い勝手としては楽天スーパーポイントが有利ですが、マイル還元率で比較をするとJCB CARD Wの方が有利、という結果になりました!

JCB CARD WではTポイントを1.0%還元で貯められる

 

JCB CARD Wでは、「JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ」に登録することで、1.0%の還元率でTポイントを貯めることが可能です。

 

JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブに登録すると、毎月貯まったすべてのOkiDokiポイントが、1ポイント=5ポイントとして自動的にTポイントに交換されます。

 

JCB CARD Wでは、1,000円に2ポイントのOkiDokiポイントが貯まりますので、還元率1.0%でTポイントを貯めることが可能ですね!

 

JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブに登録すると、ギフトカードやマイルにポイントを交換することはできませんが、Tポイントをお得なレートで貯めることができます。

 

ファミリーマートやTSUTAYAでも利用可能な、使い勝手抜群のTポイントを貯めることができるのは大きなメリットになりますね!

 

付帯保険で比較

付帯保険で比較すると、楽天カードの方が優秀な補償内容であると言っていいでしょう。

 

JCB CARD Wと楽天カードでは、双方ともに国内旅行保険は付帯しておらず、

 

  • 海外旅行保険
  • ショッピング保険

 

が付帯しています。

 

ここでは、JCB CARD Wと楽天カードの海外旅行保険の内容を詳しく比較します。

海外旅行保険の補償内容では楽天カードが有利

  JCB CARD W 楽天カード
海外旅行保険付帯条件 利用付帯 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療 最高100万円 最高200万円
疾病治療 最高100万円 最高200万円
携行品損害 最高20万円 最高20万円
救援者費用 最高100万円 最高200万円
賠償責任保険 最高2,000万円 最高2,000万円

 

JCB CARD Wと楽天カードの海外旅行保険はともに、利用付帯で最高2,000万円の補償という点は共通です。

 

ただし、海外での急病やケガの際に補償をうけることができる傷害・疾病治療の補償金額は、楽天カードの方が最高200万円と手厚い補償になっています。

 

海外での高額な医療費に備えるには、より傷害・疾病治療の補償金額が手厚い楽天カードが有利と言っていいでしょう。

ショッピング保険ではJCB CARD Wが優秀

ショッピング保険の補償内容では、JCB CARD Wの方が優秀な補償と言っていいでしょう。

 

JCB CARD Wでは、海外利用分にのみ最高100万円のショッピング保険が補償されます。

 

対して、楽天カードでは、国際ブランドをJCBに選択した場合にのみ、年間50万円のショッピング保険を利用することができます。

 

楽天カードでは、VISA/Mastercardやアメックス選択時にはショッピング保険を利用することができませんので、その点にも注意が必要です。

審査で比較

審査基準で比較をすると、楽天カードの方がより作りやすいカードと言っていいでしょう。

 

JCB CARD Wと楽天カードの申込資格は、

 

  • 楽天カード:高校生を除く18歳以上の方
  • JCB CARD W:高校生を除く18歳〜39歳までの方

 

となっており、ともに学生や専業主婦の方でも申込可能な、窓口の広いカードとなっています。

 

とくに、楽天カードでは収入の少ない方でも限度額を抑えてカードの発行に繋がる傾向があり、初めてのクレジットカードとしても選ばれています。

 

また、カードの発行スピードも同等となっており、いずれのカードの場合でも最短1週間程度でカードを受け取ることが可能です。

 

入会キャンペーンで比較

入会キャンペーンで比較すると、楽天カードの方が有利と言っていいでしょう。

 

JCB CARD Wと楽天カードのキャンペーンお内容を比較します。

 

  JCB CARD W 楽天カード
キャンペーン期間 2019年9月30日まで 常時開催
キャンペーン特典 最大13,000円分プレゼント 最大5,000円〜
8,000円分プレゼント

 

特典の金額ではJCB CARD Wの方が多くなっていますが、キャンペーンの獲得のしやすさを含めると楽天カードのキャンペーンの方がお得です。

 

JCB CARD Wの特典を獲得するためには、

 

  • 家族カード新規入会で1枚あたり1,000円・最大2,000円分のJCBギフトカード
  • カード入会後にお友達紹介で1枚あたり1,000円・最大6,000円分のJCBギフトカード
  • カード入会時にスマリボ同時登録で1,000円キャッシュバック、さらにカード利用で4,000円キャッシュバック

 

と、家族カードはともかくとして、お友達紹介はハードルが高い条件となるのではないでしょうか?

 

対して、楽天カードの入会キャンペーンでは、入会後翌月末までの1回・1円以上のカードの利用で満額の入会特典を獲得することができます。

 

獲得のしやすい条件もお得なキャンペーンの基準となりますので、圧倒的に楽天カードがお得と言っていいでしょう。

 

楽天カードの申込みはこちら

JCB CARD Wの申込みはこちら

 

カードデザインで比較

カードデザインで比較すると、デザインの選択の自由度の高さでは圧倒的に楽天カードが有利です。

 

楽天カードでは、

 

デザイン 国際ブランド 券面デザイン
ディズニーデザイン JCB
お買い物パンダデザイン JCB
Mastercard
FCバルセロナデザイン JCB
Mastercard
楽天イーグルスデザイン JCB
Mastercard

 

と、通常デザインを含めると5種類のカードデザインから選択することができます。

 

さらに、Mastercard限定で、「お買い物パンダ5周年デザイン」の限定デザインのカードも発行されており、人とは違ったデザインのカードを利用したい方にもおすすめです!

 

 

対して、JCB CARD Wの券面デザインは、シンプルでスタイリッシュなデザインとなっていますので、楽天カードとデザインの好みは分かれやすいのではないでしょうか。

毎日の生活でバランス良くポイントを貯めたい方にはJCB CARD W

 

毎日のお買い物・生活でバランスよくポイントを貯めたい方にはJCB CARD Wがおすすめです。

 

JCB CARD Wはいつでも通常のJCBカードの2倍の還元率となっており、楽天カードと同じく還元率1.0%でポイントを貯めることができます。

 

JCBオリジナルシリーズパートナーでは、身近なセブン-イレブンで2.0%還元での利用が可能となっており、毎日の生活でお得に利用することが可能です。

 

さらに、AmazonやYahoo!ショッピングでも1.5%の還元率で利用可能となっており、楽天市場以外のネット通販をお使いの場合にもおすすめですね!

 

JCB CARD Wの申込みはこちら

楽天市場のヘビーユーザーの方は楽天カード

 

楽天市場のヘビーユーザーの方には楽天カードがおすすめです。

 

楽天カードでは、楽天市場でいつでもポイント3倍でのお買い物が可能となっており、楽天SPUで最大でポイント13倍になる特典があります。

 

さらに、5と0のつく日には、楽天市場で+2倍のポイントが付与される特典がありますので、楽天市場で最大15倍の還元率でポイントを貯められます。

 

楽天カードは永年年会費無料で保有することができますので、楽天市場用のカードとして持っておいても損はありませんね!

 

楽天カードの申込みはこちら

通常のお買い物用、ネット通販用とカードを使い分けるのも吉!

JCB CARD Wと楽天カードを比較すると、ポイントアップの特約店・ネット通販の還元率で大きな差がありましたね。

 

  • ポイントアップ特約店はJCB CARD Wが有利
  • 楽天市場では圧倒的に楽天カード有利
  • JCB CARD WではAmazon・Yahoo!ショッピングがお得

 

毎日のお買い物ではJCB CARD W、楽天市場の利用では楽天カードがお得になるとまとめることができますね。

 

クレジットカード2枚持ち特集!サブカードの選び方とメリットを徹底解説!」でも解説しているように、クレジットカードは2枚持ちすることで相乗効果が生まれます。

 

とくに、ネット通販がお好きな方の場合、「ネット通販利用で超お得なクレジットカード特集!ポイント2倍は当たり前!」で解説しているように、クレジットカードの使い分けは重要です。

 

JCB CARD Wと楽天カードは、ともに年会費の発生しないカードですので、2枚とも作って使い分けるのも賢い選択ですよ!

 

JCB CARD Wの申込みはこちら

楽天カードの申込みはこちら