Yahoo!ショッピングと楽天市場どっちがお得?メリット・デメリットを比較!

 

「Yahoo!ショッピングと楽天市場はどっちがお得?」

「Yahoo!ショッピングと楽天市場のメリット・デメリットは?」

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場は自分にとってどっちがお得なのか?ネット通販を利用するうえでは気になる疑問ですよね。

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場は、大量の共通ポイントを貯めることができる人気のネット通販です。

 

どちらのネット通販がお得に利用できるか判断するためには、両者のネット通販でのメリット・デメリットを比べる必要があります!

 

今回は、Yahoo!ショッピングと楽天市場を多角度で比較し、どちらのECモールがお得か検証します。

 

 

 

クレジットカード診断テスト

Yahoo!ショッピングと楽天市場どっちが安い?

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場のどっちがお得になるのか気になっている方は、どっちのECモールが安く買えるかを比較したい方が多いでしょう。

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場を比較する際には、獲得できるポイント還元率で比較することが重要です。

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場では、同じ店舗が両方に出店しているケースが多く、どちらのサイトでも商品の値段は同じというケースが多くなっています。

 

ですので、同じ店舗の同じ商品をよりお得に購入することができるのは、ポイント還元率の優れたECモールで購入した場合となりますね!

 

このページでは、Yahoo!ショッピングと楽天市場のポイント倍率を中心に、どちらのECモールがお得に利用できるのかを多角度で比較します。

Yahoo!ショッピングと楽天市場の基本の還元率は1.0%

Yahoo!ショッピングと楽天市場では、基本の還元率1.0%でポイントを貯めることができます。

 

  貯められるポイント ストアポイント
Yahoo!ショッピング Tポイント 100円に1ポイント
(還元率1.0%)
楽天市場 楽天スーパーポイント

 

双方のECモールでは、ともに人気の共通ポイントを還元率1.0%で貯めることができます。

 

ECモール大手では「Amazon」も人気ですが、ポイント還元率を考えるとYahoo!ショッピング・楽天市場の方がお得ですね!

 

貯められるポイントでは、ファミリーマートなどでも利用できるTポイントが使い勝手では有利ですが、楽天スーパーポイントも幅広く利用できる優秀な共通ポイントです。

 

各ECサイトのポイントアップ特典を比較して、どちらがより多くのポイントを貯められるかが判断基準と考えていいでしょう!

 

ソフトバンクユーザーは文句無しにYahoo!ショッピングがお得!楽天SPUとの比較

 

ソフトバンクユーザーであれば、一択でYahoo!ショッピングを選択するべきです!

 

ソフトバンクユーザーは、Yahoo!ショッピングでいつでも10倍のTポイントを貯めることが可能となっており、還元率は最大で16倍までアップします。

 

Yahoo!ショッピングでは、

 

  • ソフトバンクユーザーは+5倍
  • Yahoo!プレミアム会員特典として+4倍

 

と、ストアポイントの1.0%と合わせていつでも10倍のTポイントを貯めることが可能です。

 

さらに、

 

  • 毎月5のつく日にはエントリー、およびアプリでの購入で+4倍
  • ヤフーカードの利用でいつでもポイント+2倍

 

の特典と合わせて、最大16倍の還元率でお買い物をすることが可能となっており、ソフトバンクユーザーは非常にポイントアップの特典を受けやすくなっています。

 

 

楽天市場では月間の楽天のサービスの利用状況などによってポイントアップの特典をうけることができる、「楽天SPU」の特典でいつでも最大15倍の還元率で利用することができます。

 

ただし、楽天SPUでは、

 

  • 楽天カードの利用で+2倍
  • 楽天銀行でのカード利用代金の引き落としで+1倍
  • 楽天モバイルの利用で+2倍

 

など、ポイントアップの条件が非常に細かくなっていますね。

 

楽天SPUでのポイントアップには、楽天ブックスや楽天トラベルの利用も条件となっていますので、楽天のヘビーユーザーの方しか最大15倍の還元率で利用するのは難しいでしょう。

 

ソフトバンクユーザーの場合、それだけでYahoo!ショッピングをいつでも10倍還元で利用することができますので、ソフトバンクユーザーの場合は悩む必要はありません。

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場のポイントアップ条件については、こちらも参考にしてくださいね!

 

ポイントアップが可能な優待日は楽天市場の方が多い、ただしお得度はYahoo!ショッピングが有利

Yahoo!ショッピングと楽天市場では、それぞれ通常日よりもポイントアップがある優待日が設定されています。

 

  • Yahoo!ショッピング:5のつく日はエントリー&アプリでの購入で5倍
  • 楽天市場:5の倍数の日は楽天カードの利用でポイント5倍

 

ポイントアップが可能な優待日は、5と0のつく日が対象となる楽天市場の方が月間に3回多くなっています。

 

ただし、楽天市場の5の倍数の日の優待は、楽天カードの利用分が+2倍になるポイントアップとなっており、楽天カードの保有が条件です。

 

Yahoo!ショッピングの5のつく日は、エントリー&アプリでの購入でだれでも+4倍になりますので、お得感はYahoo!ショッピングの方が大きいですね。

 

いずれの場合でも、通常日よりは優待日での利用の方がお得になることは間違いありません。

 

ただし、各特典では、ポイント獲得上限が設定されていますので注意が必要です。

 

  • Yahoo!ショッピング:開催日ごとに5,000ポイントまで
  • 楽天市場:月間で3,000ポイントまで

 

と、楽天市場では+2倍の上限が月間3,000ポイントまでとなっていますので、5の倍数の日に15万円以上利用すると+2倍の特典をうけることができません。

 

Yahoo!ショッピングの5のつく日のポイントアップは、開催日ごとに5,000ポイントまでとなっていますので、月間で最大15,000ポイントのボーナスポイントを獲得できます。

 

ポイントアップの条件、獲得ポイントの上限の両面で比較しても、Yahoo!ショッピングの5のつく日の優待の方がお得なキャンペーンと言っていいでしょう。

 

年間10万円以上利用する方は楽天市場×楽天ゴールドカードもおすすめ

楽天市場で年間10万円利用する方の場合は、楽天カードよりも楽天ゴールドカードを利用した方がお得です。

 

 

楽天ゴールドカードでは、楽天市場でいつでもポイントが5倍になる特典があり、楽天カードとの還元率の差は2%となっています。

 

楽天ゴールドカードの年会費は税別2,000円となっていますので、年間10万円楽天市場を利用する方なら、ポイントだけで年会費の元を取ることができますね!

 

楽天カードでは、カードの年会費を楽天スーパーポイントで支払うことが可能です。

 

楽天市場をよく利用する方なら、貯まったポイントで年会費を支払い、実質年会費無料で楽天ゴールドカードを利用することもできます。

 

楽天ゴールドカードの申込みはこちら

 

楽天市場では楽天プレミアムで送料分ポイント還元が可能

 

ネット通販を利用する際の送料をお得に利用したい方は、送料分をポイントで還元してもらえる「楽天プレミアム」がおすすめです。

 

楽天プレミアムでは、楽天市場でお買い物の際に送料相当のポイントを毎月10回まで還元してもらうことができます。

 

1回のポイント付与の上限は500ポイントまでとなっていますので、月間で最大5,000円分の送料をポイントとして還元してもらうことができます。

 

楽天プレミアムの年会費は税別3,900円となっていますが、1か月無料でサービスを体験することができますので、送料をお得に利用したい方は試してみてもいいのではないでしょうか。

 

Yahoo!ショッピングには、送料が無料になるプレミアムサービスは用意されていませんので、送料の面で比較すると楽天市場の方がお得と言っていいでしょう。

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場をセールで比較

Yahoo!ショッピングと楽天市場では、不定期的にお得なセールを開催しており、セールの開催を楽しみに待っている方も多いのではないでしょうか!

 

  • Yahoo!ショッピング:いい買い物の日
  • 楽天市場:楽天スーパーセール

 

いずれのECモールのセールも、お得なタイムセールやクーポン、さらに「買い回り」でのポイントアップなど、一番お得にお買い物ができる特典が用意されています。

 

ただし、Yahoo!ショッピングのいい買い物の日は「11月11日」前後の年に1回の開催となっています。

 

楽天スーパーセールは、ほぼ季節ごとに開催されていますので、セールの開催頻度では楽天市場の方が多くなっていますね。

 

楽天スーパーセールの開催日前後はテレビCMも多く流れていますので、楽天市場がいかにセールに力を入れているかを感じることができますね!

期間限定ポイントの使い勝手で比較

 

Yahoo!ショッピングと楽天市場のポイントアップで付与されるのは、通常ポイントよりも有効期限が短く、使い道も限定された期間限定ポイントです。

 

期間限定ポイントの使い勝手で比較すると、Tポイントよりも楽天スーパーポイントの方が使い勝手は良くなっています。

 

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントは、ANAマイルへの交換や楽天Edyへのチャージには利用できませんが、楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円として利用することができます。

 

  • ヤマザキデイリーストア
  • マクドナルド
  • ミスタードーナツ

 

など、身近な店舗で期間限定ポイントを消化することができますので、通常ポイントとほぼ変わらない使い勝手の良さが魅力です。

 

また、楽天のQRコード決済サービス「楽天ペイ」での利用で、ローソンで期間限定ポイントを利用することも可能です。

 

毎日のように利用するローソンで期間限定ポイントを消化することができますので、現金同様に楽天スーパーポイントを利用することができますね!

 

Tポイントの期間固定ポイントは、原則としてYahoo!JAPANのサービスでしか利用できませんので、期間限定ポイントの使い勝手では楽天スーパーポイントが有利です。

 

Tポイントと楽天スーパーポイントの期間限定ポイントについては、こちらでも詳しく解説しています。

 

ネット通販利用時の補償で比較

ネット通販利用時の補償で比較すると、楽天市場の方が補償の対象は優秀となっています。

 

楽天市場では「楽天あんしんショッピングサービス」が付帯しており、商品の未着や不良品等のトラブルを最高30万円まで補償してもらうことができます。

 

補償の対象は楽天市場を利用したすべての方となっており、年会費や登録不要で補償をうけることが可能です。

 

Yahoo!ショッピングでも類似の補償として「お買い物あんしん補償」が用意されていますが、こちらはYahoo!プレミアム会員限定のサービスとなっています。

 

Yahoo!プレミアム会員は月額税別462円の会費が必要となりますので、補償のために会員になるのはちょっとためらってしまいますね。

 

ただし、ソフトバンクユーザーの場合はYahoo!プレミアムも無料となりますので、無料でお買い物あんしん補償もうけることができますよ!

楽天カードとヤフーカードを比較

 

 

各ECサイトを利用する際には、楽天カードとヤフーカードの保有がおすすめです。

 

ここでは、楽天カードヤフーカードのクレジットカードとしての機能を比べてみましょう。

 

  ヤフーカード 楽天カード
年会費 無料 無料
家族会員 無料 無料
ETC 税別500円 税別500円
申込資格 高校生を除く18歳以上の方 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB
VISA
Mastercard
JCB
VISA
Mastercard
アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0% 1.0%
旅行保険 国内:-
海外:最高2,000万円

 

双方のカードともに年会費永年無料で利用することが可能となっており、ネット通販用に保有しておいても損はありません。

 

ただし、ETCを利用する前提では楽天カードの方がお得です!

 

楽天カードのETC年会費は税別500円となっていますが、楽天ポイントクラブのランクがプラチナになると無料になる、条件付き年会費無料です。

 

楽天市場を良く利用する方の場合はプラチナ会員へのランクアップも容易ですので、車をお使いの方は楽天カードの方がお得ですね。

 

楽天カードはアメックスを選択可能

 

楽天カードでは、国際ブランドに上質な特典の付帯した「アメリカン・エキスプレス」が選択可能になりました。

 

アメックスでは「アメリカン・エキスプレス・コネクト」のサービスが利用可能となっており、ダイニングやホテルでの優待割引を利用することができます。

 

楽天カードでは、最高2,000万円の海外旅行保険も付帯していますので、海外旅行に出かける予定のある方はアメックスの特典を有効活用することができますね!

 

アメックスブランドを選択した場合にも年会費や楽天市場でのポイントアップなど、基本の特典には変わりがありません。

 

入会キャンペーンではヤフーカードがお得!

 

入会キャンペーンで比較すると、最短2分で特典をゲットすることができるヤフーカードがおすすめです。

 

ヤフーカードと楽天カードでは、大量のポイントを獲得することができる入会キャンペーンも魅力です。

 

  • ヤフーカード:8,000〜10,000ポイントプレゼント
  • 楽天カード:5,000〜8,000ポイントプレゼント

 

と、週末や申込みのタイミングなどによってポイント数に若干の違いはありますが、お得なキャンペーンが常時開催されています。

 

ヤフーカードでは、入会特典にあたる3,000ポイントのTポイントが、最短2分での審査完了後に即時付与される特典があります。

 

カードの到着を待たずに大量のTポイントをYahoo!ショッピングで利用することができますので、非常にスピーディに特典を獲得できる驚異のキャンペーンです!

 

ヤフーカードでは毎週末(金曜日12:00〜月曜日12:00)、入会特典で獲得できるTポイントが10,000ポイントにアップするので、週末に申し込みをすればそれだけで10,000ポイントがゲットできるチャンスです!

 

楽天カードでは、年に数回しかキャンペーンのポイントはアップしませんので、入会キャンペーンでは圧倒的にヤフーカードが有利ですね。

 

ポイントの貯まりやすさを重視するならYahoo!ショッピング

 

Yahoo!ショッピングでは、幅広い方がポイントを貯めやすい特典が豊富に用意されているのがメリットとなります。

 

もっともお得に利用することができるのは、いつでもポイント10倍で利用することができるソフトバンクユーザーの方です。

 

ただし、5のつく日にはだれでもエントリー&アプリの利用でポイントが5倍になる特典があり、ソフトバンクユーザーでなくても5倍ポイントでお買い物をすることができます。

 

また、月額税別462円のYahoo!プレミアムに入会することでいつでもポイント5倍になる特典がありますので、幅広い方にポイントが貯まりやすくなっています。

デメリットは期間限定ポイントの用途

Yahoo!ショッピングのデメリットとなるのは、Tポイントの期間限定ポイントの使い道が限定されてしまう点でしょう。

 

Tポイントの期間限定ポイントはYahoo!JAPANのサービスでしか利用できませんので、リアル店舗で消化できる楽天スーパーポイントよりは使いにくくなっています。

 

ただし、Yahoo!ショッピングやLOHACO、GYAO!などで期間限定ポイントを消化することができますので、Yahoo!ショッピングのユーザーなら使い道に困ってしまうケースは少ないでしょう。

 

Yahoo!ショッピング利用ならYahoo! JAPANカード

期間限定ポイントの使い勝手を考えるなら楽天市場

 

期間限定ポイントの使い勝手を考えて貯めるなら、楽天スーパーポイントが貯まる楽天市場の方が有利です。

 

楽天スーパーポイントの期間限定ポイントは、マクドナルドをはじめとしたリアル店舗で消化することが可能となっており、通常ポイントと同様に使い勝手のいいポイントです。

 

また、楽天ペイを活用することで、ローソンでも期間限定ポイントを利用することができますので、期間限定ポイントの価値も非常に高くなっていますね。

 

楽天市場のポイントアップで大量に貯まる期間限定ポイントの使い勝手が良い点は、楽天市場の大きなメリットです。

デメリットは楽天SPUの条件の細かさ

楽天SPUでは、非常に細かな条件でポイントアップが設定されていますので、楽天のサービスをよく利用する方にしか恩恵は少なくなっています。

 

ただし、

 

  • 楽天カードでいつでもポイント+2倍
  • 楽天銀行での楽天カードの引き落としで+1倍
  • 楽天市場アプリでのお買い物で+1倍

 

と、楽天カードを利用している方なら簡単な条件でいつでも5倍での利用が可能となります。

 

楽天カードを利用している方、楽天のサービスを利用している方には、ポイントが貯まりやすいECモールであることは言うまでもないでしょう!

 

楽天市場利用なら楽天カード

どちらかに絞らずに使い分けも!お得なネット通販ライフを

Yahoo!ショッピングと楽天市場では、それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴の違うECモールとなっています。

 

  • ソフトバンクユーザーはYahoo!ショッピング一択
  • 期間限定ポイントの使い勝手では楽天市場が有利
  • ヤフーカード、楽天カードを利用してさらにポイントアップ

 

ネット通販の利用では、「ネット通販利用で超お得なクレジットカード特集!ポイント2倍は当たり前!」で解説しているように、相性の良いクレジットカードの利用が必須です。

 

クレジットカード2枚持ち特集!サブカードの選び方とメリットを徹底解説!」で解説しているように、2枚持ちで各ECモールでお得なカードを使い分けるのもお得な使い方ですね!

 

ヤフーカードと楽天カードでは、それぞれお得な入会キャンペーンを開催していますので、2枚作れば入会特典だけで10,000円以上の特典を獲得することもできますよ!

 

Yahoo! JAPANカードの申込みはこちら

楽天カードの申込みはこちら