ANAカードの審査は厳しい?ANAカードの審査基準・通過ポイントを解説

 

「ANAカードの審査は厳しい?」

「審査の優しいANAカードってあるの?」

 

ANAマイラーに必携のカードとなるANAカードですが、審査落ちが不安で申込みに躊躇している方も多いのではないでしょうか?

 

ANAカードにはさまざまな種類のカードがあり、カードのランクや発行会社によって審査基準が若干変わってきます。

 

しかし、ANAカードの審査のハードルは極端に高いわけではありませんので、審査通過のポイントを押さえておけば審査通過は難しくありません。

 

今回は、ANAカードの審査基準・審査通過のためのポイントを徹底解説します。

 

クレジットカード診断テスト

ANAカードの審査基準を徹底分析

 

ANAカードにはさまざまなランクのカードが発行されていますが、まずはANA一般カードの審査基準から考察していきましょう。

 

ANA一般カードの申込資格は学生を除く18歳以上の方となっており、原則としては安定した収入のある方にのみ申込みできるカードとなっています。

 

学生の方は基本的には申込みが不可となっていますが、学生の方には学生専用カードが発行されていますので学生の方の申込みもOKです。

 

ANAカードでは国際ブランドごとに発行会社が異なります。

 

国際ブランド 発行会社
JCB JCB
VISA
Mastercard
三井住友カード
アメックス アメックス
ダイナース ダイナース

 

審査基準については、JCBと三井住友カードの発行する一般カードには大きな違いはありません。

 

国産で唯一国際ブランドを持つJCBと、国内でのVISA/Mastercardのプロパーと呼んでもいい三井住友カードは、ともにプロパーカードといっていいカードと言えます。

 

一般的な収入・属性の方にとっては審査に心配はありませんので、特別ANAカードが審査に厳しいカードというわけではありません。

 

ANAカードでは、10マイルコースの費用など、発行会社の違いによって機能・サービスに若干の違いがありますので、特典や機能で国際ブランドを選択するのもいいでしょう。

 

ANAカードの発行期間は?

ANAカードの発行期間は、選択した国際ブランドによって若干の違いがあります。

 

JCB 発行まで1週間前後
VISA/Mastercard 最短1週間前後で到着
アメックス 発行まで10日前後

 

もっとも発行期間が早いのは、三井住友カードの発行するVISA/MastercardブランドのANAカードです。

 

三井住友カードでは、最短3営業日で発行が可能な「らくらく発行」が可能となっており、最短1週間程度でカードを受け取ることができます。

 

らくらく発行では、オンラインでの引き落とし口座の登録が必要となりますが、急ぎでカードを発行したい方にも最適です。

 

ANAカードには、ビューカード機能が付帯したカードがあり、Suicaなどの交通系ICを一体型で発行することが可能となっています。

 

交通系ICカード機能を追加すると、目安の発行期間からさらに1週間程度の期間が追加で必要となりますので注意が必要です。

ANAカードのランクによる審査基準の違い

ANAカードには、4つのランクが用意されており、それぞれのランクで審査基準が異なります。

 

ANAカードのランクは、

 

  • 一般カード
  • ワイドカード
  • ワイドゴールドカード
  • プレミアムカード

 

と4つのランクが用意されています。

 

ワイドカードは、一般カードに若干サービスが追加されたカードですが、一般カードとワイドカードに大きな審査基準の違いはありません。

 

ANAカード以外のクレジットカードと比較して考えると、

 

  • ワイドゴールドカード = ゴールドカード
  • プレミアムカード = プラチナカード

 

と、プレミアムカードは一般的なプラチナカード相当の審査難易度となりますので、相応のクレジットヒストリーが必要となります。

 

クレヒスは上位カードを持つために超重要!クレヒスの基準とベストな磨き方」で解説しているように、上位カードの取得を目指すためにはクレヒスを磨く必要があるのですね。

 

審査に自信がない方の場合には、一般カード・もしくはワイドカードからクレヒスを積む方が無難です。

 

ANAカードは、

 

  • アメックス
  • ダイナース

 

の2つのブランドで発行する場合は、それぞれアメックス・ダイナースによる審査となっています。

 

ANAダイナースはワイドゴールドカードの中でも審査のハードルは高めのカードとなっており、審査通過の目安も27歳以上で安定した収入のある方となっています。

 

ANAカードでは、ランクの違いに加えて、発行会社の違いでも審査基準が変わってきますので注意が必要です。

ANAアメックスは審査に通過しやすい

アメックス・ダイナースというと、審査のハードルが高いイメージがありますが、ANAアメックスは逆に審査に通過しやすいカードです。

 

三菱UFJニコスが発行するJALアメックスとは違い、ANAアメックスはプロパーアメックスと同じく、アメックスによる審査・発行となっています。

 

外資系のクレジットカード会社であるアメックスでは、独自の審査基準で審査が行われ、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向があります。

 

他社のクレジットカードの審査に落ちてしまった方でも、アメックスなら通過したという例もあり、イメージとは裏腹に審査に通過しやすいカードとなっているのですね。

 

ANAアメックスは、空港ラウンジサービスや手厚い海外旅行保険などのワンランク上の特典があり、上質なANAカードが欲しい方にもおすすめです。

 

ANAカードの審査に落ちてしまう方の傾向

ANAカードは審査が厳しいカードではありませんが、やはりANAカードの審査に落ちてしまう方もいらっしゃいます。

 

ANAカードの審査に落ちてしまう方の傾向としては、

 

  • 過去に金融事故を起こしてしまった方
  • 多重申込み状態になってしまった
  • 多重債務になってしまっている

 

ANAカードの審査落ちをしてしまう傾向は、申込者の個人信用情報に原因があるケースが非常に多くなっているのですね。

 

クレジットカードの申込みの際には、申込者の個人信用情報が審査の判断基準として判断され、過去に金融事故を起こしてしまった方は審査通過が難しくなっています。

 

ANA一般カードの発行会社は、JCBまたは三井住友カードとなっており、過去にJCB・三井住友カードの審査に落ちてしまった方は不利になってしまいます。

 

ANAカードの審査を受ける際には、自分のクレジットカードの利用履歴がクリーンになっているか確認しておくようにしましょう。

ANAカードの審査落ちを繰り返さないコツ

ANAカードの審査に落ちてしまうと、少なくとも半年間は審査の通過が難しくなってしまいます。

 

個人信用情報機関に記録されるクレジットカードの申込履歴は半年間保存されますので、審査落ちの事実がネックになってしまうのですね。

 

また、半年経って申込履歴が消去されても、審査落ちしてしまった時と同じ属性の場合には再び審査に落ちてしまうことも考えられます。

 

ANAカードの審査落ちを繰り返さないようにするには、他のクレジットカードの利用実績を積んで、クレジットヒストリーを回復させる必要があります。

 

CICの信用情報開示されても審査に影響されにくいクレジットカードはある?」で紹介しているように、ANAカードの審査に落ちても審査通過の可能性のあるカードはあります。

 

残念ながらANAカードの審査に落ちてしまった方は、審査のハードルの低いカードでクレヒスを回復させるのもいいのではないでしょうか。

ANAカードの審査に通過するためには?

 

ANAカードの審査に通過するためには、自分の個人信用情報がクリーンな状態になっているのか?という点に注意しておく必要があります。

 

クレジットカードの審査基準「3C」を知っておけば審査は怖くない!』で解説しているように、クレジットカードの審査の際には「3C」と呼ばれる3つの審査基準が重要です。

 

審査で重要になる3Cとは、

 

  • キャパシティ
  • キャラクター
  • キャピタル

 

の3つで、返済能力・性格・資産が重視されるのですね。

 

審査の際には「キャパシティ(返済能力)」が重視されるのは当然のことですが、クレジットカードの利用の傾向を評価した「キャラクター」も重要な判断基準となります。

 

軽微な返済の遅延でも直近で連続している方の場合、返済がルーズな方と判断されてしまい、審査に不利になってしまうこともあるのですね。

 

ANAカードの申込みの際には、最低でも直近3か月〜6か月は返済の遅延などがないかを確認しておくようにしましょう。

ANAマイラーをはじめよう!おすすめANAカード

ANAカードの審査はそれほど厳しいわけではなく、比較的取得しやすいカードとなっています。

 

ANAカードはANAマイラーをはじめるためには必携のカードとなっており、効率的にマイルを貯めるためには必須のアイテムです。

 

ここでは、これからANAマイラーをはじめるにあたって、おすすめのANAカードをご紹介します。

ANAアメックス

4.7

年会費(税抜)7000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜2500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.5%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高3000万円
国内最高2000万円
  • 実質無期限・1.0%還元でANAマイルが貯まる
  • 空港ラウンジ・手厚い海外旅行保険が付帯
  • アメックスの独自審査で審査にも通過しやすい

 

ANAカードとアメックスが提携して発行する、ワンランク上のANAカードが「ANAアメックス」です。

 

ANAアメックスでは、税別6,000円の移行手数料でANAマイルを実質無期限・1.0%還元で貯めることが可能となっています。

 

有効期限を気にせずにマイルを貯めることができますので、ゆっくりマイルを貯めてビジネス/ファーストクラスの特典航空券を目指すのもいいでしょう。

 

ANAアメックスには、空港ラウンジサービスや、手厚い海外旅行保険も付帯しており、海外旅行用のカードをお探しの方にも最適なカードです。

 

また、外資系のアメックスでは、独自の審査基準が採用されており、審査に自信がない方にもおすすめできるカードとなっています。

 

ANA VISA Suicaカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2000円+税
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降税別500円(年間1回以上のETC利用で無料)
国際ブランドVISA
還元率0.5〜2.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1000万円
国内-
  • 10マイルコースの登録でANAマイル1.0%還元
  • Suicaチャージで1.0%還元でマイルが貯まる
  • マイ・ペイすリボでANAマイル1.3%還元が可能

 

Suicaをお使いの方にもおすすめのANAカードが「ANA VISA Suicaカード」です。

 

ANA VISA Suicaでは、税別6,000円の10マイルコースに登録することで、ANAマイル還元率1.0%で利用することが可能となっています。

 

Suicaのチャージ・オートチャージでも1.0%還元でANAマイルを貯めることができますので、Suicaをお使いの方もお得にマイルを貯めることができるのですね。

 

ANA VISA Suicaカードでは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の手数料が1円でも発生した月には、その月のすべての請求分に対してボーナスポイントが付与される特典があります。

 

ボーナスポイントは、1ポイント=3マイルとしてANAマイルに交換することができますので、通常ポイントと合わせて合計1.3%還元でANAマイルを貯めることができます。

 

ANA JCBカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,000円+税
家族カード(税抜)1,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5%
申込資格18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1,000万円
国内-
  • 10マイルコースの登録でANAマイル1.0%還元
  • 10マイルコースの移行手数料が安い
  • JCBプラザ/プラザラウンジなどのJCBの付帯サービス

 

JCBブランドのANAカードとして発行されているのが「ANA JCBカード」です。

 

ANA JCBカードでは、10マイルコースの登録で1.0%還元でANAマイルを貯めることが可能となっており、ANAマイラーにもおすすめできるカードとなっています。

 

10マイルコースの移行手数料は年間税別5,000円と、ANA VISAカードよりも割安になっていますので、コストを抑えてANAカードを保有したい方にもおすすめのカードです。

 

JCBブランドのカードということもあり、JCBプラザ/プラザラウンジをはじめとした付帯サービスを利用可能で、海外旅行にも便利なサービスを利用することができます。

 

JCBのクレジットカードは海外で使い勝手が悪いイメージもありますが、中南米でも発行が開始され、ますます国内外で活躍するクレジットカードに進化しました。

 

ANAダイナースカード

4.5

年会費(税抜)27,000円+税
家族カード(税抜)6,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドダイナースクラブ
還元率1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • 移行手数料無料でANAマイル1.0%還元
  • 世界750か所以上の空港ラウンジを利用することが可能
  • コース料理無料などのダイナースクラブカードの特典を利用可能

 

特別な特典が充実したANAカードを利用したい方には「ANAダイナースカード」がおすすめです。

 

ANAダイナースカードでは、移行手数料無料・上限無しで貯まったポイントを1.0%還元でANAマイルに交換することが可能となっています。

 

ポイントの有効期限は無期限となっていますので、実質無期限でANAマイルを貯めることが可能となっており、有効期限を気にせずにゆっくりポイントを貯めることができます。

 

ANAダイナースカードでは、世界750か所以上の空港ラウンジを利用可能なほか、空港手荷物無料宅配サービスも利用することが可能となっており、海外旅行用のカードとしてもおすすめです。

 

また、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる、「エグゼクティブダイニング」をはじめとしたダイナースクラブカードの基本の特典を利用可能となっています。

 

楽天ANAマイレージクラブカード

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜500円+税(前年、1回以上の利用で無料)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税(但し、条件付き無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜4.0%
申込資格満18歳以上の安定した収入のある、電話連絡可能な方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • ANAマイルコースで0.5%還元でANAマイルが貯まる
  • 楽天EdyのチャージでANAマイル0.5%還元
  • 手厚い海外旅行保険が付帯のコスパ良好カード

 

コストをかけずにANAマイルをお得に貯められるカードとしておすすめなのが「楽天ANAマイレージクラブカード」です。

 

楽天ANAマイレージクラブカードでは、ANAマイルコースを選択することで、カードの利用で直接0.5%のANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

楽天Edyのチャージでも0.5%のANAマイルを貯めることが可能となっており、楽天Edyではマイルを貯める設定もできますので、マイルを2重取りすることも可能です。

 

楽天市場の利用では、いつでもポイント還元率が3倍になる特典もありますので、ネット通販の利用ではANAマイルに加えて楽天スーパーポイントも貯めることができます。

 

手厚い海外旅行保険や楽天ハワイラウンジの特典も用意されていますので、実質年会費無料のカードとしてはコスパ良好のカードとなっています。

 

ANAカードの審査はお手軽!今すぐANAマイラーをはじめよう

ANAカードの審査基準はそれほど難しいものではなく、はじめてクレジットカードを申込みする方でも審査通過は難しくありません。

 

  • ANA一般カードは国際ブランド問わずに審査基準は同じ
  • ANAアメックスはむしろ審査に通過しやすい
  • ANAダイナースカードは若干ハードルが高め

 

ANAカードでは、一般カードとワイドカードの審査基準に違いはなく、JCBと三井住友カードの発行するカードでの難易度の差もありません。

 

ANAダイナースカードは審査のハードルが高めですが、ANAアメックスは独自審査でむしろ審査に通過しやすいカードとなっています。

 

ANAマイルのお得な貯め方!一般家庭なら1年で何マイル貯められる?」で解説しているように、ANAカードを利用することで一般家庭でも今すぐANAマイラーをはじめることができます。