自己破産後は何年でクレジットカードが作れる?自己破産者でも作れるクレジットカード

 

「自己破産後は何年でクレジットカードが作れるの?」

「自己破産前に作っていたクレジットカードはどうなる?」

「自己破産したらブラックリスト?」

 

返済能力を超えた借金をしてしまい、やむなく自己破産をしてしまったという方もいるのではないでしょうか?

 

自己破産をすると、これまでの借金はいったんゼロになりますが、困ってしまうのがクレジットカードが使えなくなってしまうことです。

 

自己破産後にいつまで待ったらクレジットカードを持つことができるのか、不安を抱えている方も多いかも知れませんね。

 

今回は、自己破産後にクレジットカードは作れるのか、自己破産後すぐでも作れるクレジットカードについて解説します。

 

クレジットカード診断テスト

自己破産後は最低5年〜10年は審査通過は絶望的

 

原則として、自己破産後5年〜10年間はクレジットカードが作れないと考えておいた方がいいでしょう。

 

クレジットカードの審査の際には「3C」と呼ばれる、

 

  • キャパシティ
  • キャラクター
  • キャピタル

 

の、3つの基準が重要になってきます。

 

審査にはクレジットカードの利用に対する性格であるキャラクターが重要となってきます。

 

自己破産をしてしまうと、キャラクターの評価に甚大なダメージを与えてしまうことになってしまい、クレジットカードの審査に重大な影響を与えてしまうのですね。

個人信用情報機関に何が記録されるの?

クレジットカードの審査の際には、「個人信用情報機関」に記録された個人信用情報が審査の基準になってきます。

 

個人信用情報機関には、

 

  • 申込者の氏名・生年月日
  • クレジットカード契約状況
  • 利用中のクレジットカードの入金状況

 

など、クレジットカードの契約・利用に関わるさまざまな情報が記録されています。

 

自己破産が認められると、利用中のクレジットカードの債務は免責されますが、個人信用情報機関には「異動情報」が記録されてしまうのですね。

 

異動情報が記録されるケースは3パターンあり、

 

  • 返済日より3か月以上支払いが延滞している
  • 保証会社が代位弁済したもの
  • 裁判所が破産を宣告したもの

 

などで、自己破産の場合には「裁判所が破産を宣告したもの」に当てはまりますので、異動情報として記録されてしまうのですね。

 

重篤な金融事故を起こしてしまった場合に異動情報が記録されますので、他社のクレジットカードの審査を受ける際に、個人信用情報機関に異動情報が記録されている場合は絶望的です。

 

異動情報が記録されてしまうと、いわゆる「ブラックリスト入り」した状態になり、異動情報が消えるまでクレジットカードの審査の通過は難しくなってしまうのですね。

 

異動情報が消えるまでの期間が5年〜10年必要ですので、結論としては自己破産後5年〜10年は審査通過は絶望的と言えるのですね。

個人信用情報機関によって異動情報の保管期間は異なる

日本国内には、3種類の個人信用情報機関があり、個人信用情報機関によって異動情報の保管期間は異なります。

 

個人信用情報機関による異動情報の保管期間の違いは、

 

CIC 5年
JICC 5年
KSC  10年

 

となっており、KSC(全銀協)の10年間がもっとも長期間です。

 

3つの個人信用情報機関の違いは何かというと、

 

  • CIC:クレジットカード会社が多く利用
  • JICC:消費者金融が多く利用
  • KSC:銀行カードローンなどが多く利用

 

と、利用する金融機関・金融商品によって、登録される信用情報機関が変わってきます。

 

クレジットカードの多くは、審査の際にCICの個人情報を利用しているので、クレジットカードの異動情報はCICに記録されることが多くなります。

 

ですので、最低でCICに記録された異動情報が消えるまで、少なくとも5年間はクレジットカードが作れないということになっているのですね。

 

ただし、自己破産の際に銀行カードローンなどが残っていた場合は、KSCに異動情報が記録されるケースがあります。

 

クレジットカードの審査の際にはCICだけではなく、JICC/KSCの情報も相互に参照されますので最長で10年間審査に影響する可能性もあるのですね。

 

自己破産申告前に持っていたクレジットカードはどうなるの?

 

自己破産申告前に持っていたクレジットカードは、少しでも債務が残っていれば使用できなくなります。

 

自己破産の手続きをすると、申請者の負っている債務が免責され契約が強制的に解約となります。

 

残債務のあるクレジットカードも強制的に解約されるため、自己破産時には手持ちのクレジットカードを利用できなくなると考えておいた方がいいでしょう。

 

残債なく解約に至らなかった場合でも、

 

  • 途上与信
  • 有効期限の更新

 

などの際に解約になってしまうケースもあります。

 

クレジットカードの利用中には、定期的に個人情報をチェックする途上与信が行われますので、異動情報がある場合には強制解約の対象になってしまいます。

 

また、「クレジットカードの有効期限とは?更新のルール・期限切れリスクなど解説」でも解説しているように、クレジットカードには平均3年・5年程度の有効期限が設定されています。

 

有効期限の更新の際にも再審査は行われますので、更新のタイミングで解約になってしまうケースもあります。

 

やむを得ず自己破産をしてしまった場合には、自己破産前に持っていたクレジットカードの利用も諦めておいた方がいいでしょう。

喪が明けたらすぐにカードは作れる?スーパーホワイトって?

自己破産後は最低でも5年間はクレジットカードを作ることができませんが、5年間が経過すればすぐにクレジットカードを作れるか?というとその限りではありません。

 

自己破産を申請して異動情報が記録されている期間を「喪中」、異動情報の記録が消えることを「喪明け」と表現することがあります。

 

自己破産してしまった方にとっては待ち遠しい喪明けですが、喪明けすぐは「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になり、審査の通過が難しくなってしまうケースがあります。

 

上記でも説明したように、個人信用情報機関は、

 

  • クレジットカードの契約状況
  • クレジットカードの利用状況

 

が記録されるクレジットカードの利用経歴です。

 

30代・40代で自己破産をしてしまった場合、直近の5年・10年の異動情報が消えるまでの期間は、まったく個人信用情報機関に記録が無い状態です。

 

1人に1枚以上のクレジットカードが普及している現代で、30代・40代の方にまったくクレジットカードの利用履歴が無いというのは不自然であると判断されてしまうことがあります。

 

ですので、まったく個人信用情報機関に記録の無いスーパーホワイトの方は、自己破産などで異動情報が付いてしまった方なのでは?と、審査落ちの原因になってしまうことがあるのですね。

社内ブラックにも注意

多くの場合は、自己破産の段階で利用していたクレジットカード会社では、「社内ブラック」になってしまいます。

 

クレジットカード会社では、金融事故などを起こしてしまったユーザーについては記録が残されています。

 

5年〜10年経って個人信用情報機関の記録が消えても、社内ブラックとして記録されてしまっている場合は審査通過が難しくなってしまうのですね。

 

異動情報が消えて、クレジットカードの取得にチャレンジする際にも、自己破産前に利用していたクレジットカード会社とは別の会社での申込みをした方が無難です。

スマホの利用などでクレヒスを積もう 

スーパーホワイトでの審査落ちを防ぐためには、個人信用情報機関に「クレジットヒストリー」を蓄積することが重要です。

 

クレヒスは上位カードを持つために超重要!クレヒスの基準とベストな磨き方」でも解説しているように、クレヒスはクレジットカード審査の際に非常に重要な要素です。

 

ただし、自己破産者になり、スーパーホワイトになってしまった場合には、クレヒスを積むためのクレジットカードの審査に通過することができないというジレンマに陥ってしまいます。

 

クレヒスを積むためには、スマホの端末料金の分割払いでの購入などを利用するのも有効です。

 

スマホの端末料金の分割払いはクレジットカードなどの利用と同じく、個人信用情報機関に記録が残りますのでクレヒスの蓄積に効果的なのですね。

カードを利用できない期間はデビットカードで乗り切ろう

異動情報の記録が残っている、クレジットカードを利用することができない期間は、デビットカードで乗り切るようにしましょう。

 

スマホのコンテンツやネット通販など、クレジットカードが必須となるサービスがあり、完全に現金のみでの生活は非常に不便です。

 

デビットカードは、銀行口座の残高を利用してクレジットカード同様に利用することが可能となっており、JCBやVISA/Mastercardなどの国際ブランド加盟店で利用することができます。

 

デビットカードの利用でも、クレジットカード同様にポイント還元をうけることができますので、現金でのお買い物よりもお得に利用することが可能となっているのですね。

 

デビットカードは審査不要で申込みをすることができますので、自己破産者でも問題なく作れるクレジットカードとして利用することが可能です。

 

おすすめのデビットカード

デビットカードは、各金融機関のキャッシュカードと一体型で発行されます。

 

発行する銀行によって、ポイント還元や優待などの特典が用意されており、クレジットカード同様にメリットのある利用をすることができるのですね。

 

おすすめのデビットカードをご紹介します。

 

楽天銀行デビットカード

 

楽天銀行デビットカードでは、カードの利用で1.0%還元で楽天スーパーポイントを貯めることが可能です。

 

貯まったポイントは楽天市場や楽天トラベルなどの楽天のサービス、またはマクドナルドをはじめとした楽天ポイント加盟店で1ポイント=1円として現金同様に利用できます。

 

楽天銀行デビットカードにはJCBとVISAがありますが、年会費・還元率の両面でJCBブランドがおすすめです。

 

セブン銀行デビットカード

 

セブン銀行デビットカードでは、電子マネーnanacoと一体型のカードを利用することができます。

 

セブン-イレブンでのお買い物では1.5%還元でnanacoポイントを貯めることが可能となっていますので、セブン-イレブンでよくお買い物をされる方にもおすすめです。

 

また、24時間365日利用可能なセブン銀行でのATM手数料を無料で利用することができますので、コンビニATMをよく利用する方にも最適なカードなのですね。

 

 

三菱UFJ-VISAデビット

 

使い勝手のいいVISAブランドのデビットカードとして利用することができるのが、三菱UFJ-VISAデビットです。

 

三菱UFJ-VISAデビットはカードの利用分の0.2%がキャッシュバックされる特典があり、オートキャッシュバックで手間なく還元をうけることが可能となっています。

 

また、デビットカードでありながら年間100万円までのショッピング保険が付帯しており、お買い物での補償をうけることができるのも嬉しいですよね。

 

自己破産者でも審査通過の可能性がある独自審査のクレジットカード 

自己破産者の方は、異動情報が消えても「スーパーホワイト」になってしまい、クレジットカードの審査通過が難しくなってしまいます。

 

ただし、クレジットカードの中にはCICなどの個人信用情報機関の記録を、そこまで重要視しない審査基準を採用しているカードもあります。

 

過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向にあり、「喪明け」すぐの方にも審査通過に至った実例もあるのですね。

 

また、異動情報が残っている期間は審査通過は絶望的ですが、「喪中」の期間でも審査通過できたという声もあります。

 

ここでは、自己破産者でも審査通過の可能性がゼロではない、独自審査のクレジットカードをご紹介します。

アメックスグリーン

4.2

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜12000円+税
家族カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • ステータスの高さも申し分無しのハイクオリティカード
  • プライオリティパスも付帯の最強の空港サービス
  • メンバーシップリワードプラスでマイル還元率1.0%

 

審査に通過しやすいだけではなく、ステータス性も申し分無しのハイクオリティカードとなるのが「アメックスグリーン」です。

 

クレジットカードのハイブランドともいえるアメックスのクレジットカードですが、外資系独自の審査基準が採用されており実際には審査に通過しやすいカードとなっています。

 

ステータス性だけではなく上質な特典も充実しており、世界中の空港ラウンジを利用することができる「プライオリティパス」が付帯し、海外旅行用のカードとしても最適です。

 

貯まったポイントは「メンバーシップリワードプラス」に入会することで、最大1.0%で各社の航空マイルに交換することが可能です。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、ホテルやダイニングでの特別な優待特典をうけることもできますので、ワンランク上のプチ贅沢を楽しむこともできるのですね。

 

家族や配偶者の自己破産情報はクレジットカードの審査に影響しない

自己破産での異動情報の記録が影響するのはあくまでも本人のみで、配偶者や家族の方には影響することはありません。

 

家族や配偶者の方にお願いできる方の場合には、家族カードを作るというのも近道となります。

 

家族カードの発行は原則無審査となっていますので、異動情報が残っている状態でも発行することが可能となっているのですね。

 

家族カードでも、付帯保険やポイント還元などの特典をうけることが可能となっており、本カードとほぼ変わらない機能を持ったカードもあります。

 

家族カードもお得なクレジットカードは?家族も安心のクレジットカード選び」で紹介しているような、家族カードがお得なクレジットカードの利用もおすすめです。

自己破産者でもデビットカードならクレジットカード同様に使える!

自己破産をしてしまうと、個人信用情報機関に異動情報が記録されてしまい、最短でも5年間はクレジットカードを作ることができません。

 

  • 個人信用情報機関の異動情報は5年〜10年保存
  • 異動情報が消えてもスーパーホワイトで不利に
  • デビットカードなら審査不要で申込み可能

 

自己破産などの金融事故を起こしてしまうと、個人信用情報機関に異動情報が記録され、5年から10年の期間保存されます。

 

異動情報が記録されている期間はクレジットカードの審査は絶望的ですが、異動情報が消えてもスーパーホワイト状態で審査に不利になってしまいます。

 

デビットカードなら審査不要で申込みすることが可能となっており、自己破産者でも作れる唯一のクレジットカードといってもいいでしょう。

 

デビットカードだけではなく「誰でも簡単に作れるプリペイドカード!デビットカードとの違いを比較!」で紹介しているような、プリペイドカードの利用もおすすめです。