生活保護でもクレジットカードは作れる?生活保護の受給停止にならないために

 

「生活保護受給中はクレジットカード作れないの?」

「需給前に作っていたクレジットカードはどうなる?」

「ネット通販で使えるクレジットカードが欲しい」

 

やむを得ない事情で収入を得ることができない方には支えとなる「生活保護」ですが、制度を利用するためにはさまざまな制約があります。

 

厳密に法律ではクレジットカードの利用を禁止されている訳ではないものの、結論からいうとクレジットカードの利用は難しいでしょう。

 

しかし、クレジットカードを利用することで、ポイント還元や割引など、生活費の節約に繋がるのもまた事実です。

 

今回は、生活保護とクレジットカードの関係を特集し、生活保護受給者でも作れるクレジットカードをご紹介します。

 

結論・生活保護ではクレジットカードは作れない

 

結論からいうと、生活保護を受給している方はクレジットカードを作ることが難しいでしょう。

 

前提として、クレジットカードの審査では、本人または配偶者・家族に安定した収入の無い方は通過することはできません。

 

生活保護を受給できる条件として、

 

  • 最低生活費基準額を下回る収入であること
  • 家族・親族からの金銭的な援助をうけることができないこと
  • 健康上などの理由で就労が難しいこと

 

となっており、安定した収入があるという条件を満たすことができません。

 

生活保護と年金を、同一の「安定した収入」と考えている方も居ますが、両者には決定的な違いがあります。

 

年金は継続して受けられる収入ですので、クレジットカードの審査に通過することもできますが、生活保護はあくまでも一時的なサポートであり安定した収入とは判断されません。

 

本人が無職の場合でも、世帯収入を記入することで審査に通過することができるカードもありますが、金銭的な援助を受けられる親族が居る場合は生活保護をうけることができません。

 

生活保護を受給している方では、まず間違いなくクレジットカードの審査に通過することができないのですね。

クレジットカードを作ることが出来れば問題ないのか?

生活保護を受給している状態で審査に通過することはほぼ不可能ですが、審査に通過することができれば問題はないのでしょうか?

 

法律上、生活保護受給中にクレジットカードの申込みは禁止されていませんが、ケースワーカーの方などに申告の必要があります。

 

クレジットカードの審査に通過することができた場合でも、後払いとなるクレジットカードの利用は「借金」であるとみなされるケースが多くなっています。

 

生活保護は最低限度の生活を送るための費用となっており、借金の返済に使用することができません。

 

クレジットカードの利用がケースワーカーなどに知られてしまうと、最悪の場合、受給停止になってしまうこともありますので注意が必要です。

生活保護受給者はこれも禁止!

生活保護の制度を利用するうえでは、さまざまな制約を我慢しなければなりません。

 

生活保護をうけるうえでは、意外な3つの事柄も禁止となっています。

 

  • 車の運転の禁止
  • 借金の禁止
  • 貯金の禁止

 

このように、一般の方では当たり前に行っていることが制限されるのですね。

 

車の保有が禁止されてしまうことはご存知の方も多いかも知れませんが、友人などから車を借りて利用するのも禁止です。

 

生活保護は最低限の生活に必要な生活費となっていますので、借金はもちろんのこと貯金も禁止となっています。

 

あくまでも生活保護は最低限度の生活の補償なので、余ったら貯金をせずに返還の必要があるのですね。

 

これから生活保護の受給を検討している方は、制限と補償のバランスを考えて検討するようにしましょう。

生活保護受給前に持っていたカードはどうなる?

 

生活保護受給者は、クレジットカードの審査に通過することは難しくなっていますが、受給の開始前にクレジットカードを作っていたという方もいるでしょう。

 

生活保護の受給をしていることが個人信用情報機関などに記録されるわけではありませんので、受給前に持っていたカードが利用停止になってしまうことはありません。

 

ただし、生活保護の申請の際には、カードローンやクレジットカードなど、借金をすることができるツールは申告の必要があります。

 

未申告のクレジットカードを保有・利用していた場合、ケースワーカーに事後に知られてしまうと、受給停止になってしまう可能性もあります。

 

生活保護受給前に作っていたクレジットカードも使わない方が無難でしょう。

 

クレジットカードの利用がバレてしまうの?

ケースワーカーや自治体が個人信用情報機関を照会する訳ではありませんので、黙っていれば利用がバレないのでは?と思ってしまいますよね。

 

生活保護の受給者のクレジットカードの利用・車の運転が知られてしまう、ほとんどのケースが近隣の住民の方からの通報での発覚です。

 

「生活保護をうけながらクレジットカードを持っているなんてけしからん」と、凝り固まった正義感で通報されてしまうケースが非常に多くなっているのですね。

審査通過自体は可能なケースも?

審査の甘いカードなどの場合、ちょっとした工夫で審査通過自体は可能なケースもあります。

 

ただし、職業欄に生活保護受給者と記入すると、ほぼ間違いなく審査に通過することはできません。

 

職業欄に自営業などと記入することで審査通過の可能性はありますが、虚偽の申告をすることになるのでおすすめはできません。

 

生活保護の方がクレジットカードを持つ方法として、自営業者として申込みをするのを推奨しているようなサイトがありますが、虚偽の記入で審査に通過させるのは立派な詐欺です。

 

生活保護者がクレジットカードを保有することは法律違反ではありませんが、クレジットカードの審査に故意に虚偽の申告をするのは法律に触れてしまうのですね。

生活保護受給中でも作れるクレジットカードがある!

生活保護の受給中では、クレジットカードを作ることができませんが、やはりクレジットカードが必要になるシーンがありますよね。

 

近年では、ネット通販などクレジット払いが必須ともいえるサービスがあり、現金生活では支障が出てしまうケースもあります。

 

生活保護を受給している方の場合でも、

 

  • デビットカード
  • 国際ブランド付きプリカ

 

なら、審査不要で作ることが可能です。

 

デビットカード/国際ブランド付きプリカでは、国際ブランドの加盟店でクレジットカード同様に利用することができます。

 

前払いでの利用となりますので、分割やリボ払いを利用することはできませんが、クレジットカードを利用するメリットを最大限うけることが可能です。

 

クレジットカードを利用するメリットとして、次のような点が挙げられます。

 

  • 店舗によって割引もうけられる
  • ポイント還元をうけられる
  • ネット通販なども問題なし

 

デビットカードやプリカでは、店舗によって優待や割引をうけることができますので、現金払いよりもお得にお買い物をすることができます。

 

クレジットカードと同じようにポイント還元もうけることができますので、生活費の節約にも繋げることができるのですね。

 

貯まったポイントは、共通ポイントに交換することで現金同様に利用することができますので、自分の自由になる貯金感覚で貯めることができるのですね。

 

ネット通販などでも即時決済を利用することができますので、より安い商品を振込手数料無しで購入することも可能です。

デビットカードとは?

デビットカードは、各金融機関の発行するカードとなっており、銀行キャッシュカードと一体のカードとなっています。

 

クレジットカードと同じく、JCBやVISA/Mastercardといった国際ブランドが設定され、それぞれの加盟店ではクレジットカード同様に利用することができます。

 

利用の際には対象の口座に残高が入金されている必要があり、口座の残高分のみを利用することが可能です。

 

分割やリボ払いなどを利用することはできませんが、デビットカードの利用でポイントを貯めることも可能となっており、お得にカードを利用することが可能です。

 

 

ここでは、おすすめのデビットカードをご紹介します。

 

楽天銀行デビットカード

 

楽天銀行デビットカードは、楽天銀行の口座をお持ちの方であれば永年年会費無料で利用することが可能です。

 

国際ブランドをJCBに選択した場合には、カードの利用でいつでも1.0%還元で楽天スーパーポイントを貯めることができます。

 

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天ポイント加盟店や楽天市場などで1ポイント=1円として現金同様に利用することが可能です。

 

 

三菱UFJ-VISAデビット

 

三菱UFJ-VISAデビットは、三菱UFJ銀行の口座をお持ちの方なら初年度年会費無料で利用することができます。

 

国際ブランドは世界的にも使い勝手のいいVISAブランドとなっており、国内外のVISA加盟店で便利に活用することができます。

 

カードの利用分の0.2%が自動でキャッシュバックされる特典があるほか、デビットカードでありながら年間100万円までのショッピング保険が付帯するのも魅力です。

 

 

 

セブン銀行デビット付きキャッシュカード

 

セブン-イレブンを利用する機会の多い方におすすめのカードが、セブン銀行デビット付きキャッシュカードです。

 

セブン銀行デビット付きキャッシュカードはnanaco機能も一体型となっており、セブン-イレブンでは最大1.5%還元でnanacoポイントを貯めることができます。

 

貯まったnanacoポイントは、1ポイント=1円としてnanacoにチャージして利用することができますので、ポイントを現金同様に利用することが可能となっているのですね。

 

国際ブランド付きプリカとは?

デビットカードよりも、さらに手軽に作ることができるのが国際ブランド付きプリカです。

 

国際ブランド付きプリカにも、クレジットカード同様に国際ブランドが設定されており、それぞれの加盟店でクレジットカード感覚で利用することができます。

 

利用の際には事前にチャージして利用する必要があり、チャージした残高分しか利用することができません。

 

チャージ残高しか使えないことから、使い過ぎの心配がありませんので計画的なお買い物に利用することができるのですね。

 

 

ここでは、おすすめのプリペイドカードをご紹介します。

 

LINE Payカード

 

LINEアプリを利用している方であれば、もっとも気軽に手に入れることができるプリカが「LINE Payカード」です。

 

LINE PayカードはJCBの加盟店で利用することが可能となっており、独自のマイカラープログラムで、最大2.0%還元でポイントを貯めることができます。

 

 

 

dカードプリペイドカード

 

dカードプリペイドカードは、Mastercardブランドのプリペイドカードとなっており、国内外のMastercard加盟店で利用することが可能です。

 

カードの利用では0.5%還元でdポイントを貯めることが可能となっており、使い勝手のいいポイントを貯めることが可能となっています。

 

ローソンでのお買い物では3%オフで利用することができる特典があり、節約用のプリペイドカードとしてもおすすめできるカードです。

 

au WALLETカード

 

携帯キャリア大手のauが発行する、Mastercardブランドのプリペイドカードがau WALLETカードです。

 

au WALLETカードの利用では、0.5%のau WALLETポイントを貯めることが可能となっており、セブン-イレブンなどのポイントアップ店ではポイント2倍で貯めることができます。

 

貯まったau WALLETポイントは、au WALLETカードのチャージにも利用することができますので、ポイントをお得に循環させることができるのですね。

 

ソフトバンクカード

 

カードの利用で使い勝手最強のTポイントを貯めることができるのがソフトバンクカードです。

 

ソフトバンクカードはVISA加盟店で利用することが可能となっており、0.5%のTポイントを貯めることができます。

 

Tカードも一体型となっていますので、Tカード加盟店ではポイント2重取りで1.0%還元でポイントを貯めることもできるのですね。

自治体によってはクレジットカードの保有が認められるケースも

自治体によっては、受給者の自立を促す意味合いでクレジットカードの保有を認めているケースもあります。

 

具体的には、自宅での作業用に必要なインターネット回線の支払いなどに、クレジットカードが必要な場合は例外的に認められるケースもあります。

 

自治体や担当者によっても判断が変わってくるケースがありますので、ケースワーカーの方に相談してみましょう。

 

ただし、もっとも審査の甘い「ACマスターカード」は「定職のあること」が申込資格となっていますので、ケースワーカーに認められた場合でも審査通過は難しいでしょう。

 

クレジットカードの保有を目指す際には、定職を見つけて生活保護からの脱却を第一ステップとして考えた方がいいでしょう。

生活保護の受給をやめたらすぐにカードを作れる?

生活保護の受給をやめて、安定した収入を手に入れれば、すぐにクレジットカードの審査に通過することはできるのでしょうか?

 

生活保護を受けていたことは個人信用情報機関に記録されないので、安定した収入を手に入れれば原則としてクレジットカードの審査には問題ありません。

 

CICの信用情報開示されても審査に影響されにくいクレジットカードはある?」で解説しているような、審査基準の甘いカードなら取得も現実的なのではないでしょうか。

 

ただし、生活保護を受けるに至った経緯で、

 

  • 自己破産
  • 多重債務
  • クレジットカードの未払い

 

などの金融事故があった場合には注意が必要です。

 

金融事故を起こしてしまった場合には、最低でも5年〜10年程度はクレジットカードの審査に通過することができません。

 

生活保護の受給から脱却しても、事故情報が消えるまでには時間が必要となりますので注意が必要です。

 

クレジットカードの審査には「クレジットカードの審査基準「3C」を知っておけば審査は怖くない!」で解説しているような3つの基準が重要です。

 

まずは、スマホの利用などからはじめて、クレヒスを蓄積していくことが重要なのですね。

生活保護受給中はデビットカード・プリカで乗り切ろう!

生活保護を受給中の方は、クレジットカードの審査に通過することは絶望的と言えるでしょう。

 

  • 受給中のクレジットカードの利用は危険
  • 生活保護受給中でもデビットカード・プリカを活用しよう
  • デビットカード・プリカでもポイント還元や割引の優待を受けられる

 

仮にクレジットカードの審査に通過することができた場合でも、受給停止の可能性があるクレジットカードの利用は危険です。

 

生活保護受給中でもすぐに作ることができるクレジットカードが、デビットカード/国際ブランド付きプリカです。

 

ポイント還元やさまざまな優待の特典をうけることが可能となっていますので、限られた生活保護の節約にもつながるのですね。