イギリスでおすすめクレジットカードは?イギリス旅行・出張のクレジットカード活用法!

 

「イギリスでお得なクレジットカードってどれ?」

「イギリス旅行用のクレジットカードにはどんなサービスが必要?」

 

イギリスへの旅行や出張の際に、どんなクレジットカードを用意していけばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

日本よりもキャッシュレス化が浸透しているヨーロッパでは、クレジットカードは必須のアイテムです。

 

しかし、国際ブランド・付帯保険・付帯サービスなど、どんなサービスが必要なのか悩んでしまいますよね。

 

今回は、イギリスのクレジットカード事情をご紹介し、イギリスに旅行・出張に出かける際のおすすめクレジットカードを探します。

 

イギリスではデビットカードが主流?ただし、クレジットカードでも無問題

 

イギリスでは非常にクレジットカードが普及しており、現地通貨を利用するよりもクレジットカード払いを利用した方が便利です。

 

割り勘でもクレジット払いが可能なほどキャッシュレス化が定着しており、飲食店での支払いの際にはスタッフがテーブルに端末を持ってきて各自で精算をしてくれます。

 

イギリスでは、小切手社会だった歴史から、現地で主流となっているのは前払い式のデビットカードです。

 

国際ブランド付きのデビットカードが普及していますので、クレジットカードでも問題なくお買い物や食事を利用することができます。

 

イギリスでのクレジットカード事情では、

 

  • ICチップ付きのカード
  • 決済時に暗証番号の入力が必要

 

となっており、スキミング詐欺などの防止にも意識が高いのですね。

 

 

ICチップ付きのカード以外のカードをお使いの方の場合は、イギリスへの出発前にICチップ付きのカードに切り替えておくようにしましょう。

 

コンタクトレス決済も普及しており、カードをタッチするだけでのスマートな決済も可能となっています。

国際ブランドはVISA/MasterCardで

 

イギリスで利用するクレジットカードには、VISAまたはMastercardを選択しておけば間違いないでしょう。

 

世界的なシェアではVISAがNO.1となっていますが、ヨーロッパ圏ではMastercardのシェアが高くなっています。

 

ベストな布陣としては、VISAとMastercardのクレジットカードを2枚持ちで持っていくのが安心です。

 

長期出張・留学での現地でクレジットカード発行は可能?

観光や短期の出張では、日本から持ち込んだクレジットカードで充分ですが、現地でクレジットカードを作ることは可能なのでしょうか?

 

イギリスでのクレジットカード発行の基準も、日本国内でのクレジットカードの審査と同じく「クレジットヒストリー」が重要視されます。

 

日本人の場合は当然ですがクレジットヒストリーがゼロですので、現地でクレジットカードを発行するには難しいかも知れませんね。

 

イギリスの銀行口座を開設すれば、デビットカードは原則無審査で発行することが可能となっています。

 

長期出張や留学などでイギリスの滞在が長くなってしまう場合には、デビットカードの利用もおすすめです。

イギリスの医療費は?海外旅行保険はいくら必要?

 

海外旅行用のクレジットカード選びの際には、海外旅行保険の補償内容にも気を付けて選択する必要があります。

 

イギリスでは医療に対する補償が充実しており、税金が高額な代わりに医療費は原則無料です。

 

ただし、当然のことながら旅行者に保険は適用されませんので、旅行・出張中の急病やケガの際には高額な医療費が必要となります。

 

旅行・出張中のイギリスでの医療費の例としては、

 

  • 骨折の治療:20万円〜
  • 盲腸での手術:100万円〜

 

と、もっとも医療費の高い米国よりは安いものの、100万円の大台を超える医療費が必要になってくるケースも少なくありません。

 

海外旅行保険付きおすすめクレジットカード特集!自動付帯で補償が手厚い!」でも解説しているように、海外旅行保険でカードを比較する際には傷害・疾病治療の補償に注目する必要があります。

 

傷害・疾病治療は最低でも200万円〜300万円は欲しいところですので、複数枚のクレジットカードを併用して補償を上乗せするのもおすすめです。

イギリスの空港ラウンジを使えるサービス・優待を受けられるカードは?

海外旅行の際には、クレジットカードの付帯サービスや空港ラウンジサービスを便利に利用することができます。

 

イギリスのハブ空港である、ロンドン・ヒースロー空港のラウンジは、通常のゴールドカードのラウンジサービスなどは利用することができません。

 

海外のラウンジを利用することができるサービスとして、

 

  • プライオリティパス
  • ラウンジキー
  • ダイナースクラブラウンジ
  • デルタ・スカイチームラウンジ

 

などのラウンジサービスがあります。

 

海外ラウンジサービスは、プラチナカード以上のプレミアムカードに付帯していることが多く、カード保有のコストは高くなってしまいます。

 

ただし、海外ラウンジサービスでは、「VIPラウンジとカードラウンジは全然違う!VIPラウンジを使えるクレジットカード」で解説しているように、上質なサービスを受けられるVIPラウンジを利用することも可能です。

 

年会費が少し高めになってしまっても、海外ラウンジサービスの付帯したカードを利用すれば、より心揺さぶられるイギリス旅行を楽しむことができるのですね。

国際ブランド独自の優待サービスでイギリス旅行を楽しもう

イギリス旅行の際には、空港ラウンジサービスだけではなく、国際ブランド独自の優待サービスでより卓越したサービスをうけることができます。

 

各国際ブランドでは、ロンドンなどの主要都市に海外アシスタンスデスクを提供しており、イギリス旅行・出張の際のサポートをうけることができます。

 

海外デスクでは、現地の交通機関や加盟店の案内だけではなく、カードの紛失などのエマージェンシーデスクも用意されていますので、デスクの場所・電話番号は把握しておきましょう。

 

海外デスクだけではなく、

 

  • JCB優待ガイド
  • VISA優待特典
  • Mastercardプライスレス・シティ

 

など、各国際ブランドの優待サービスを活用することができます。

 

優待特典では、各国際ブランドで独自のショップやサービスでの優待をうけることができますので、複数枚のカードで幅広い優待を利用するのもいいでしょう。

 

アメックスのクレジットカードでは「アメリカン・エキスプレス・コネクト」で、海外ホテルやダイニングの優待が充実していますので、優待用に持っておくのもおすすめです。

 

ホテル好き必見!クレジットカード保有で上級会員?一流ホテルでVIP待遇」で解説しているような、ホテル・航空会社の上級会員付きカードでさらに上質な旅行を楽しむのも、他のカードでは得られない感動を得ることができるではないでしょうか。

イギリスでの電車・バスの利用には「オイスターカード」がおすすめ

 

イギリスで、電車やバスなどの公共交通機関を利用する際には「オイスターカード」がおすすめです。

 

オイスターカードは、日本のSuicaのようにチャージして利用することができる交通系電子マネーです。

 

利用方法はSuicaと同じように、改札にタッチして乗車することができますので、イギリスでの公共交通機関の利用もスムーズに利用できます。

 

クレジットカード対応が充実しているイギリスですが、バスなどを利用する際にはさすがに現金が必要となってしまいます。

 

オイスターカードにはクレジットチャージが可能となっていますので、電車やバスでの少額な利用でも小銭要らずで利用することができるのですね。

オイスターカードの発行方法

オイスターカードは、駅の券売機で簡単に購入することができます。

 

オイスターカードの利用には5ポンドのデポジットが必要となりますので、デポジットと必要な金額のチャージ分を支払います。

 

デポジット分はオイスターカードの払い戻し時に返金してもらうことができますので、お得にカードを利用することが可能です。

 

券売機ではクレジット払いで利用することができますので、電車やバスなどを利用する際にもクレジット払いで利用することができるのですね。

 

オイスターカードの利用では、電車やバスの料金が最大半額程度に割引される特典がありますので、公共交通機関をお得に活用することができます。

 

イギリスの券売機は日本語表示にも対応していますので、はじめて利用する方でもスムーズに購入することができるでしょう。

イギリスのチップ事情・現金は海外ATMで!

 

海外旅行に出かける前の知識として知っておきたいのは、サービスを受けた際のチップはどの程度渡せばいいのかという点です。

 

チップというと、

 

  • ホテルのベッドメイクに対するチップ
  • 飲食店でのチップ
  • タクシーなどでのチップ

 

が代表的なチップとして挙げられます。

 

イギリスのホテルではベッドメイクに対するチップは不要となっており、荷物を運んでもらった際は1ポンド程度のチップが目安です。

 

レストラン・タクシーでは利用料金の10%程度が目安となっており、レストランではクレジットカードでチップを払うことができる店舗もあります。

 

ただし、チップの支払いには、やはり少額のポンド紙幣を用意しておく方がベターです。

 

海外キャッシング利用で為替レートをお得に!海外ATMでお得なクレジットカード」で解説しているように、海外で現地通貨を用意する際には海外キャッシングサービスの利用がお得です。

 

10ポンド紙幣・1ポンド紙幣など、少額の現金を用意しておけば安心ですね。

 

ここに注目!

クレジットカード社会であるイギリスでは、クレジットカードでの支払いが中心となっており、現金を利用する習慣がありません。

 

ですので、50ポンド紙幣などの高額紙幣で買い物をする客というのは珍しく、とくにアジア系である私たち日本人が使った場合は偽札を疑われてしまうケースもあります。

 

お買い物や食事はクレジットカードで支払い、現金はチップ用に少額を用意しておくようにした方が安全でしょう。

ヨーロッパでお得なおすすめクレジットカード

イギリスでは、VISAまたはMastercardブランドのカードをもっておけば、ほぼ問題なく利用することが可能です。

 

クレジットカード社会であるイギリス旅行・出張では、クレジットカード選びで旅の快適度も変わってきます。

 

ここでは、ヨーロッパでお得に利用することができる、おすすめのクレジットカードをご紹介します。

デルタアメックスゴールド

5.0

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 初年度はデルタ航空のゴールドメダリオンが付帯
  • 家族カードを1枚まで無料で発行可能
  • 海外利用分はマイル還元率1.5%

 

デルタ航空とアメックスが提携して発行するゴールドカードが「デルタアメックスゴールド」です。

 

デルタアメックスゴールドでは、入会後1年間はデルタ航空のゴールドメダリオンが付帯する特典があり、デルタ航空利用の際のさまざまな特典をうけることができます。

 

ゴールドメダリオン特典では、スカイチームのエリートプラス資格も取得することができますので、ロンドン・ヒースロー空港のスカイチームラウンジも利用することができます。

 

デルタアメックスゴールドの利用では、1.0%還元でデルタスカイマイルを貯めることができますが、海外利用分はマイル還元率が1.5倍になり、さらにお得に利用することが可能です。

 

家族カードを1枚まで無料で発行することが可能となっていますので、家族でカードを使う前提の方にもおすすめです。

 

dカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 空港ラウンジサービス・手厚い海外旅行保険が付帯
  • 無料発行の家族カードでも本カードと同等のサービス
  • ドコモケータイ料金の10%のポイントバック

 

手厚い補償と付帯サービスで、海外旅行用のゴールドカードとしておすすめのカードが「dカード GOLD」です。

 

dカード GOLDでは、空港ラウンジサービスや手厚い海外旅行保険が付帯しており、充実した旅行を楽しむことが可能となっています。

 

家族カードは無料で発行可能となっていますが、ほぼ本カードと同様のサービス・補償をうけることができますので、家族でカードを利用する前提の方もおすすめです。

 

dカード GOLDの大きなメリットとして、ドコモケータイ料金の10%のポイントバックをうけることが可能となっており、ドコモユーザーは実質無料で利用することができます。

 

カードの利用で貯めることができるdポイントはJALマイルにも交換可能となっていますので、旅行で貯めたポイントをお得に活用することができます。

 

三井住友VISAデビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費540円(年間で1回でも利用があれば無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • 使い勝手最強のVISAブランドで学生の旅行にもおすすめ
  • エアライン&ホテルデスクなどの海外サービスが充実
  • 入会後3か月間はポイント5倍還元

 

三井住友カードの学生向けカードとして発行されているのが「三井住友VISAデビュープラス」です。

 

三井住友VISAデビュープラスは、使い勝手最強のVISAブランドのクレジットカードとなっており、学生の方のイギリス旅行・出張用のカードとしてもおすすめです。

 

エアライン&ホテルデスクや海外デスクなどの付帯サービスを利用することが可能となっていますので、充実した旅行を楽しむことができます。

 

三井住友VISAデビュープラスでは、入会後3か月間はポイント5倍で利用することが可能となっており、4か月目以降もポイント2倍で利用することができます。

 

26歳を超えた最初の更新で、ワンランク上の「プライムゴールド」にランクアップする特典がありますので、将来的にゴールドカードを持ちたい方にもおすすめです。

 

オリコカードザワールド

4.0

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜9,800円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.0〜2.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
  • 海外利用分はポイント2倍還元で利用可能
  • 空港ラウンジサービス・海外手荷物宅配サービスを利用可能
  • 手厚い海外旅行保険を利用することが可能

 

オリコカードの海外利用に特化したゴールドカードとして発行されているのが「オリコカードザワールド」です。

 

オリコカードザワールドでは、海外利用分はポイント2倍還元で利用することが可能となっており、イギリスでも2.0%還元の高還元で利用することができます。

 

ゴールドカード特典として、空港ラウンジサービスや海外手荷物宅配サービスを利用することが可能となっており、充実した海外特典を利用することが可能となっています。

 

航空便遅延保険も付帯した手厚い海外旅行保険も付帯しており、海外旅行用のカードとしては最適なカードといえるのではないでしょうか。

 

イギリスでも加盟店の多いMastercardブランドのゴールドカードであり、ホテルやダイニングでのさまざまな優待をうけることが可能となっています。

 

イギリス旅行ではクレジットカードは必須!国際ブランド・海外旅行保険で選ぼう

イギリスはクレジットカード社会となっており、少額の利用でもクレジット払いで利用することが可能です。

 

  • イギリスではVISA/Mastercardの2枚持ちを
  • 電車やバスの利用はオイスターカードがおすすめ
  • チップ用の現金は海外キャッシングで用意しよう

 

イギリスではデビットカードが主流となっていますが、クレジットカードがあれば支払いに困ることはありません。

 

国際ブランドを選択する際にはVISA/Mastercardの2枚持ちで、海外旅行保険を上乗せすることができるカードの併用がおすすめです。

 

チップ用の現金は海外キャッシングでお得なレートで用意するようにしましょう!