LINE Pay マイカラープログラムとは?還元率が最大2.0%でLINEポイントが貯まる!

 

「LINE Payのマイカラープログラムってなに?」

「LINE Payカードは改悪になるの?」

「結局、2.0%還元はどうなるの?」

 

2018年6月1日から開始される、LINE Payの新しいポイントプログラム「マイカラープログラム」の詳細情報が届きました。

 

LINE Payカードのユーザーにとっては、「改悪になるのか?」と、新プログラムの発表を戦々恐々と待っていた方も多いのではないでしょうか?

 

結論からいうと、LINE Payカードユーザーにとっては、マイカラープログラムは改悪以外のなにものでもない内容となっています。

 

今回は、LINE Payの新しいポイントプログラム・マイカラープログラムの詳細と問題点を解説します。

 

クレジットカード診断テスト

LINE Payの新しいポイントプログラム「マイカラープログラム」とは?

 

2018年6月1日から、LINE Payでは新しいポイントプログラムとしてマイカラープログラムがスタートしました。

 

これまでは、LINE Payカードの利用では、いつでも2.0%還元でポイントを貯めることが可能となっており、カードの最大のメリットとなっていました。

 

LINE Payカードが改悪に!代替えとなる高還元プリカを徹底解説」でLINE Payカードの改悪を知った方からすると、LINE Payの新ポイントプログラムの提供を戦々恐々と待っていた方も多いでしょう。

 

新しく提供されるマイカラープログラムでは「最大2.0%還元」となっており、完全な改悪と言っていいでしょう。

 

マイカラープログラムでは、4つのバッジカラーで最大2.0%還元と、適用されるバッジカラーによって「インセンティブ」が変わります。

 

ホワイト 0%
レッド 0.5%
ブルー 1.0%
グリーン 2.0%

 

インセンティブは、バッジカラーに応じた還元率で、毎月1日〜月末までの上限税込10万円までの支払い金額に応じてLINEポイントが付与されます。

 

最上位ランクとなるグリーンで最大2.0%還元・ホワイトでは還元率0%となりますので、これまで2.0%還元でLINE Payカードを使っていた方には紛れもない改悪です。

 

上限が月間10万円までと制限されてしまっているのも、見所が無いデメリットといえるのではないでしょうか。

 

インセンティブの対象となるのは、LINEアカウントが「LINE Money」の方のみとなっています。

 

「LINE Cash」は対象外ですので、本人確認を行ってアカウントをLINE Moneyにアップデートしておくようにしましょう。

ランクの決定には明確な基準なし

もっとも気になるランク判定基準ですが、ランクの決定には明確な基準が設定されていません。

 

マイカラープログラムでは、

 

  • 前月20日までのQR/バーコード支払い
  • LINE Pay カード支払い
  • オンラインショップでのLINE Pay残高からの支払い
  • LINE Pay 請求書支払い
  • 送金

 

などの利用実績を基にバッジカラーが決定されます。

 

マイカラープログラムでは、〇〇円以上の利用でレッドと言った「絶対評価」ではなく、ユーザー全体の利用状況と個人の利用状況を相対的に判定する「相対評価」となっています。

 

毎月、同じ金額を利用した場合でも、月によってバッジカラーが変わりますので、最低いくら使えば2.0%還元のグリーンになるかが補償されません。

 

当月のバッジカラーは、前月20日までの利用実績を相対的に評価され、毎月1日に更新されます。

 

ウォレットタブからLINE Payを選択すると、メイン画面上部で当月のバッジカラーを確認することが可能です。

マイカラープログラムの注意点

 

マイカラープログラムの注意点としては、ポイント還元の対象となるのが毎月最大で10万円までとなっています。

 

月間の合計利用金額にも注意が必要ですが、ポイント付与対象は決済ごとに上限10万円までとなっていますので注意が必要です。

 

決済ごとに上限が定められているので、1回の買い物で税込み10万円を超える場合には全額ポイント付与の対象外となってしまいます。

 

税込10万円を超える商品ではまったくポイントを得ることができませんので、LINE Payで決済するメリットは限りなく少なくなってしまいますよね。

 

税込10万円が上限ですので、税別だと約93,000円弱のお買い物で上限に達してしまいますので、消費税の表示にも注意をするようにしましょう。

マイカラープログラム導入でのメリット・デメリット

2018年6月1日から導入される、LINE Payの新しいポイントプログラム・マイカラープログラム。

 

アカウントの統合型の特典プログラムへの変更を目指したマイカラープログラムでは、LINE Payカードユーザーには改悪ですが、ユーザー全体には改善と捉える方も居るかも知れません。

 

ここでは、マイカラープログラムが導入されることでのメリット・デメリットを、それぞれの角度で確認します。

これまで対象外だったコード決済もポイント付与の対象に

マイカラープログラムの導入によって改善となるのは、QRコード決済などLINE Payカード以外での決済を利用していた方です。

 

これまでは、LINE Payでのポイント付与はLINE Payカードでの付与のみに限定されていましたが、マイカラープログラムの導入によってコード決済でもポイント付与の対象となるのですね。

 

スマホ画面でQRコードを表示するだけで決済が完了するコード決済は、ローソンをはじめとした幅広い店舗で決済に対応しており、毎日の生活でスマートに利用することが可能となります。

 

これまでポイント付与の対象外だったコード決済ユーザーにとっては、最大2.0%還元でLINEポイントを貯めることができるというのは非常に大きなメリットですよね。

 

LINEポイントは1ポイント=1円としてLINE Payにチャージして利用することができますので、スマートなコード決済でお得にポイントを貯められるのは嬉しいですよね。

LINE Payユーザーのほぼすべての方が還元率ダウン?

これまで、0%還元だったコード決済のユーザーには改善ですが、いつでも2.0%還元が受けられなくなったLINE Payカードユーザーには紛れもない改悪です。

 

私自身もそうですが、LINE Payカードのユーザーは、メインで活用するというよりは、少額のコンビニやスーパーでの利用に活用するという方が多いのではないでしょうか?

 

マイカラープログラムでは、バッジカラーの判定基準は相対評価となっていますので、いくら利用すればバッジカラーがランクアップするかは月によって変わります。

 

月間1万円〜2万円程度の少額の利用で上位カラーにアップする、というのは少し考えにくいですよね。

 

LINE Payカードを少額で利用していたほとんどの方にとっては、マイカラープログラムは改悪と言えるのではないでしょうか。

マイカラープログラムの問題点

 

今回、提供が開始されたマイカラープログラムには、致命的とも言える問題点があります。

 

問題点となるのは、

 

  • ポイント付与の上限が設定されている点
  • バッジカラーの判定基準が不透明な点

 

の2つの点です。

 

上限が10万円だと、最大で月間2,000円相当の還元に留まることになり、毎月10万円以上を利用するヘビーユーザーも一律で2,000円相当の還元しか受けることができません。

 

決済ごとに上限が定められていますので、10万円を超える高額商品をLINE Payで購入するメリットは限りなくゼロに近いでしょう。

 

バッジカラーの判断基準も明確で無いので、同じ金額の利用でも月によってバッジカラーが変わることも充分に考えられます。

 

ポイント還元率でカードを選ぶ上では、還元率が不透明なLINE Payカードを選択することはできませんよね。

他のモバイル決済サービスへの乗り換えも選択肢に

LINE Payのマイカラープログラムが、問題点やデメリットのある内容な以上、他のプリカやモバイル決済サービスへの乗り換えも選択肢です。

 

使い勝手のいいモバイル決済サービス・プリペイドカードとしては、

 

  • Apple Pay
  • Google Pay
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • Origami pay
  • バンドルカード

 

などを挙げることができます。

 

d払いではdポイント・楽天ペイでは楽天スーパーポイントなど、独自のポイントを貯めることができますので、ポイントの2重取りで在りし日のLINE Payカードの2.0%還元に迫る勢いでポイントを貯めることが可能です。

 

Apple Payには独自のポイントプログラムなどは用意されていませんが、支払い用に登録したクレジットカードのポイントを貯めることができます。

 

とくに、Google PayではWAON・Suicaの対応に加え、JCBカードの対応開始と嬉しいニュースがあります。

 

LINE Payを利用していた方も、今回のマイカラープログラムでの改悪を契機に、乗り換えを検討してみてもいいのではないでしょうか。

 

モバイル決済サービスの併用で高還元!LINE Payの代わりになる優秀クレカ

LINE Payカードをメインで使ってきた方にとっては、他社のモバイル決済サービスなどへの変更も余儀なくされるLINE Payの改悪。

 

モバイル決済サービスやプリペイドカードを利用するうえでは、高還元でポイントを貯めることができるクレジットカードの利用が必須となってきます。

 

ここでは、モバイル決済サービス・プリカ用のクレジットカードとしておすすめの優秀クレカをご紹介します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

5.0

年会費(税抜)1,950円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard、JCB
還元率1.0〜2.5%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
  • 入会後6か月間はポイント2倍還元
  • iD/QUICPayの利用でポイント0.5%加算
  • オリコモール経由でのネット通販もお得

 

モバイル決済サービスやプリカの利用でお得にポイントを貯めたい方には「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」がおすすめです。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでは、入会後6か月間はポイントが2倍還元になりますので、いつでも2.0%還元のお得な還元率でポイントを貯めることができます。

 

iD/QUICPayの利用では0.5%のポイント加算がありますので、Apple Payの利用でも1.5%還元で利用可能となっており、Apple Pay用のカードとしてもおすすめです。

 

また、オリコモール経由でのネット通販では、0.5%のショップ加算と1.0%のボーナスポイントが加算され、AmazonやYahoo!ショッピング​などの人気のネット通販を2.5%還元で利用可能です。

 

カードの利用で貯められるオリコポイントは、マイルなどにも交換可能な優秀なポイントになっていますので、貯まったポイントをお得に活用することができます。

 

リクルートカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • いつでも1.2%還元の超高還元率
  • 楽天Edy・nanacoにチャージ可能、モバイル決済サービスにも
  • ポイントはPontaポイントと相互交換可能

 

とにかく高還元のクレジットカードでお得にポイントを貯めたい方には「リクルートカード」がおすすめです。

 

リクルートカードでは、いつでも1.2%還元でポイントを貯めることが可能となっていますので、モバイル決済サービスやプリカ用のクレジットカードに最適です。

 

月間30,000円までのチャージ分とポイント付与に上限はありますが、楽天Edyやnanacoチャージでも1.2%還元が可能ですので、Google Pay用のカードにも利用できます。

 

貯まったポイントはPontaポイントに相互交換することができますので、ローソンをはじめとしたさまざまな店舗で現金同様にポイントを活用することができます。

 

Loppiお試し引換券では、1ポイントあたりの価値を2円〜3円以上で利用することもできますので、よりお得にポイントを活用することが可能となっているのですね。

 

dカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • カードの利用でdポイントが貯まるのでd払いと相性良
  • ドコモケータイ料金の10%がポイントバック
  • ローソンで5%還元での利用が可能

 

ドコモユーザーにとっては最強のゴールドカードと言えるのが「dカード GOLD」です。

 

dカード GOLDの利用では、1.0%還元でdポイントを貯めることができますので、ドコモの提供する「d払い」との相性抜群のクレジットカードとなっています。

 

ドコモケータイ料金の10%がポイントバックされる特典もありますので、貯まったdポイントでd払いを利用することも可能となっているのですね。

 

dカード GOLDでは、ローソンでのお買い物で3%オフになる特典があり、クレジットポイント・dポイントカードのポイントと合わせて5%還元をうけることができます。

 

ゴールドカードとなっており、年会費は税別10,000円と高額になっているものの、空港ラウンジや手厚い海外旅行保険も用意されており、価値のあるカードとなっています。

 

JCB CARD W

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • いつでも通常のJCBカードのポイント2倍
  • Apple Payの登録用・Google Payにも利用可能
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでさらにお得にポイントゲット

 

国産で唯一国際ブランドをもつ、JCBの高還元クレジットカードとして発行されているのが「JCB CARD W」です。

 

JCB CARD Wでは、カード特典としていつでも通常のJCBカードの2倍の還元率で利用することが可能となっており、いつでも1.0%の高還元でポイントを貯めることができます。

 

JCBのクレジットカードは、Apple PayやGoogle Payの登録用のカードとしても利用することができますので、モバイル決済サービスの登録用のカードとしてもおすすめです。

 

また、JCB CARD Wでは、JCBオリジナルシリーズパートナーでさらにお得に利用することが可能となっており、セブン-イレブンで2.0%還元など身近な店舗でお得にポイントを貯められます。

 

貯まったポイントは各種ギフト券や人気の共通ポイントに加え、ディズニーのパークチケットにも交換可能となっており、ポイントの使い勝手の幅も広くなっています。

 

楽天カード

4.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • Google Pay・楽天ペイの登録用に最適
  • ポイントを楽天Edyのチャージにも利用可能
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍還元で利用可能

 

モバイル決済サービスやプリカの登録用のカードとしても相性のいいクレジットカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、楽天Edyを登録することができるGoogle Payや、自社の提供する楽天ペイの登録用のカードとして最適なカードとなっています。

 

カードの利用で貯めた楽天スーパーポイントを、楽天Edyのチャージに利用することも可能となっていますので、貯まったポイントを効率的に活用することができるのですね。

 

楽天市場での利用では、いつでもポイント3倍還元でポイントを貯めることが可能となっており、楽天のサービスを良く利用する方にもおすすめです。

 

楽天スーパーポイントは期間限定ポイントも楽天ペイなどで利用できますので、キャンペーンで獲得したポイントの使い勝手の高さも魅力となっています。

 

LINE Payの利用は月間10万円まで!他のモバイル決済サービスと併用しよう

2018年6月1日にスタートしたマイカラープログラムでもっとも気を付けなければならない点は、ポイント付与の上限が月間10万円までと限定されている点です。

 

  • 4つのバッジカラーで最大2.0%還元
  • ポイント付与は月間で税込10万円が上限
  • コード決済でもポイント付与の対象に

 

マイカラープログラムでは、4つのバッジカラーでの最大2.0%還元が可能となっており、ポイント付与は月間で累計税込10万円までが上限となっています。

 

バッジカラーの判定条件は相対評価となっていますので、毎月の利用金額で自分がどのカラーに適用されるのかが不透明な点もあります。

 

ただし、コード決済でもポイント付与の対象となるのは改善となっており、他のモバイル決済サービスと併用して上手に付き合いたいですよね。