2 for 1ダイニングby招待日和がアメックスプラチナの特典に追加!招待日和との違いは?

 

「2 for 1ダイニングby招待日和ってどんなサービス?」

「普通の招待日和とは何が違うの?」

 

最上のサービスを提供してくれるプラチナカード「アメックスプラチナ」の、新しいベネフィットとして追加されたのが「2 for 1ダイニングby招待日和」です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、ハワイを含めた200軒を超えるダイニングで、2名以上のコース料理を利用した場合に1名分が無料になる特典です。

 

アメックスプラチナには類似のサービスとして「ダイニングアクセス」が付帯していますので、より自由度の高いダイニング利用をすることが可能となっているのですね。

 

今回は、アメックスプラチナの新しい目玉のサービスになる、2 for 1ダイニングby招待日和を徹底解説します。

 

 

クレジットカード診断テスト

アメックスプラチナの新ダイニング特典「2 for 1ダイニングby招待日和」がスタート!

 

2018年4月1日から、アメックスプラチナの新しいサービスとして追加されたのが2 for 1ダイニングby招待日和です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、ハワイ・シンガポールを含む200店舗以上の店舗で利用できるダイニング特典です。

 

対象となるレストランの対象のコースを2名以上で利用すると、1名分が無料になる特典があり、非常にお得にダイニングを利用することができます。

 

200店舗を超えるダイニングで、年間の利用制限無しに利用可能な特典となっており、しっかりと特典を活用することで年会費の元を取ることも可能です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和が使えるカードは、

 

 

と、アメックスのプレミアムカードが対象となっています。

 

多くのプラチナカードの中でも最上のカードと言えるアメックスプラチナですが、ダイナースクラブカードと比較するとダイニング特典で水をあけられていました。

 

2 for 1ダイニングby招待日和のサービスが追加されたことで、アメックスプラチナの特典はさらに盤石なものとなるのですね!

2 for 1ダイニングby招待日和の利用方法・利用条件

2 for 1ダイニングby招待日和では、同一の店舗でのサービスの利用は半年に1回までとなっています。

 

サービスの利用では、1年間が2つの期間に分割されます。

 

A期間 4月1日〜9月30日
B期間 10月1日〜3月31日

 

A期間・B期間の同期間での同一の店舗でのサービス利用は1回となっていますので、4月1日にサービスを利用した店舗では10月まで無料特典を利用することはできません。

 

月間の利用回数には制限がありませんので、利用する店舗を変更することで、極端に言えば毎週末や毎日サービスを利用することも可能です。

 

アメックスプラチナの年会費は税別130,000円となっていますので、毎月コンスタントに特典を利用することで、年会費のもとを取ることもできるのですね。

 

2 for 1ダイニングby招待日和は、アメックスプラチナの専用ウェブサイト「プラチナ・ウェブ」で利用することができます。

 

コンシェルジュ経由での利用は不可となっていますので注意が必要です。

同じ店舗の利用ではリピーター特典も

2 for 1ダイニングby招待日和では、同期間での同一の店舗での利用は半年に1回となっていますが、「リピーター特典」を利用することができます。

 

A期間・またはB期間での同期間の利用では、コース料理1名分無料の特典をうけることはできません。

 

ただし、同一期間での2回目以降の利用では、

 

  • ウェルカムドリンク
  • プレゼント
  • 優待割引

 

などの特典をうけることができます。

 

2 for 1ダイニングby招待日和に登録された店舗は、アメックスが厳選した特別なダイニングになっていますので、コース料理が無料にならなくてもリピートで利用したいというケースもあるでしょう。

 

リピーター特典は、お気に入りの店を見つけたいというユーザーの気持ちを汲んでくれる優秀な特典と言えるでしょう。

2 for 1ダイニングby招待日和で利用可能なおすすめダイニング

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、200店舗を超えるさまざまなジャンルのダイニングで、コース料理無料の特典をうけることができます。

 

関東エリアを中心に対象となるダイニングは多くなっており、東京都のダイニングだけでも100店舗のダイニングでサービスを利用することが可能です。

 

ここでは、2 for 1ダイニングby招待日和のサービスを利用することができる、おすすめのダイニングをご紹介します。

 

料理屋 とき彩(ときいろ)(エリア:六本木・麻布・広尾周辺)

西麻布の隠れ家的な日本料理「とき彩」では、旬の素材をこだわりの空間・器でいただくことができます。

 

20,000円コースで2 for 1ダイニングby招待日和を利用することができますので、1名分20,000円相当が無料になるのですね。

 

焼肉 青山外苑(エリア:表参道・渋谷周辺)

南青山にふさわしいスタイリッシュな空間で国産黒毛和牛を楽しむことができる「焼肉 青山外苑」では、A5ランクの黒毛和牛を堪能することができます。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、13,000円のおせんコースを利用することができ、焼きしゃぶや厳選部位盛り合わせなどのコースを楽しむことが可能です。

 

頤和園(イワエン) 京橋店(エリア:銀座・東京・日本橋周辺)

完全個室でのおもてなしを受けることができる中華料理「頤和園」では、シェフの自慢のフカヒレ料理を楽しむことができます。

 

フカヒレの姿煮をはじめとしたご満悦のコース、税別12,000円の「シェフのスペシャルコース」を2 for 1ダイニングby招待日和で利用することができます。

 

GINZA kansei(エリア:銀座・東京・日本橋周辺)

フレンチをはじめて40年の老舗レストラン「GINZA kansei」では、毎月変わる旬の食材を使ったコースが魅力です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、税別25,000円の「シェフにすべておまかせコース」を利用することができますので、一撃で25,000円相当の特典を利用することができます。

 

鉄板焼き 燈(AkaRi)(エリア:新橋・赤坂周辺)

専門のスタッフが焼き上げる厳選の鉄板焼きを堪能することができるのが「鉄板焼き 燈」です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和で利用できる、税別12,800円の「旬の海鮮鉄板焼とステーキのコース」では、厳選の魚介とステーキを贅沢に楽しむことが可能です。

 

ルルソンキボア(エリア:北山)

京都・北山の異国情緒を楽しめるフレンチ「ルルソンキボア」では、こだわりの京野菜を利用したフレンチを楽しむことができます。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、税別12,037円の「シェフおまかせスペシャルコース」を利用することが可能となっており、カジュアルなフレンチを堪能できます。

他のダイニング特典との比較、招待日和との違いは?

 

新サービスとして提供される2 for 1ダイニングby招待日和ですが、気になるのは既存の招待日和との違いでしょう。

 

プラチナカード以上のクレジットカードでは、コース料理1名分無料の招待日和系のサービスが提供されています。

 

招待日和系のサービスでは、Mastercardのプラチナカードなどで利用できる「TASTE OF PREMIUM ダイニング BY 招待日和」が有名です。

 

「2 for 1ダイニングby招待日和」と「ダイニング BY 招待日和」を比較すると、

 

  • ハワイのダイニングが対象
  • 月間の利用回数の制限無し

 

このような2点が、2 for 1ダイニングby招待日和の大きなアドバンテージとなっています。

 

ダイニング BY 招待日和ではハワイのダイニングが対象外となっていますので、人気の観光エリアであるハワイで特典を利用できる2 for 1ダイニングby招待日和には優位性があります。

 

大きな特典の差となっているのが、ダイニング BY 招待日和では特典の利用が月間2回までに限定されている点です。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では月間の利用回数の制限無しで利用することができますので、よりダイニング特典をフル活用することができるのですね。

 

アメックスの上位カードにのみ付帯する2 for 1ダイニングby招待日和は、よりダイニングを身近に感じることができる特典となっているのですね。

 

ダイニングアクセスはそのまま利用可能

アメックスプラチナでは、既存のダイニング特典として「ダイニングアクセス」を利用することが可能です。

 

ダイニングアクセスは、対応する店舗数は約30店舗と多くはありませんが、

 

  • 利用期間による利用制限無し
  • 当日の予約も可能

 

と、2 for 1ダイニングby招待日和よりも使い勝手のいいダイニング特典です。

 

半年間の期間による同一店舗での利用制限がありませんので、お気に入りの店舗を見つけてリピートで特典を利用することも可能となっています。

 

2 for 1ダイニングby招待日和の提供開始後も、ダイニングアクセスはそのまま継続して利用可能となっています。

 

アメックスプラチナでは、2 for 1ダイニングby招待日和とダイニングアクセスの、2つのダイニング特典を使い分けて利用することができるのですのですね!

アメックスプラチナはダイニング特典以外も最強!

2 for 1ダイニングby招待日和の提供開始によって、ダイニング特典が拡充されたアメックスプラチナ。

 

インビテーションでしか手に入れることができないアメックスプラチナでは、生き方にまで影響を与えるような特別なサービスを利用することが可能です。

 

ここでは、アメックスプラチナの最強ベネフィットの一部を解説します。

ホテルの上級会員

 

アメックスプラチナでは、通常では取得困難なホテルの上級会員資格を取得することができます。

 

「ホテル・メンバーシップ」では、

 

  • スターウッド・ホテル&リゾート
  • ヒルトン・ワールドワイド
  • カールソン レジドール ホテルズ
  • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ

 

と言った、高級ホテルチェーンの上級会員資格を取得することができるのですね。

 

それだけではなく、「SPG・マリオット・リッツカールトンのアカウントが統合!最強のホテルメンバーシップ」で解説しているように、アカウントの統合により、マリオット・リッツカールトンの上級会員資格を取得することも可能です。

 

通常、年間の宿泊回数の条件などを満たさなければ取得することができない、上級会員資格を複数取得できるというのは鳥肌が立つような特典です。

 

上級会員資格の特典は、

 

  • 客室のアップグレード
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • ラウンジの無料特典
  • 朝食無料の特典

 

など、最高の優越感を得ることができる特典を利用することができます。

 

ホテルによっては、ジュニアスイートなどの特別な客室にもアップグレードが可能なケースもあり、1回の旅行で数万円単位の特典をうけることが可能となっています。

 

各エリアのダイニングを利用することができる、2 for 1ダイニングby招待日和とも相性のいいサービスと言えるのではないでしょうか。

プラチナコンシェルジュ

 

アメックスプラチナの目玉の特典のひとつともなっているのが、24時間365対応の「プラチナコンシェルジュ」のサービスです。

 

クレジットカードのコンシェルジュでは、委託のコールセンターが対応するケースもありますが、プラチナコンシェルジュではアメックスの社員による対応をうけることができます。

 

専門性の高い依頼などの際にも、経験豊富な社員による対応でストレスフリーにサービスを利用することが可能です。

 

コンシェルジュでは、

 

  • 航空便・ホテルの予約
  • ダイニングの予約
  • ギフトの手配

 

と、自分専用の個人秘書のように、さまざまな予約・手配を依頼することができます。

 

T&E系の代表格のアメックスのコンシェルジュらしく、ホテルや航空券の予約・手配では大きな威力を発揮してくれます。

 

航空券の仮押さえなどを利用することも可能となっていますので、休みが未確定な際などにも仮に航空券を押さえておくことができるのですね。

アメックスプラチナのインビテーションの方法

アメックスプラチナはインビテーション制のプラチナカードとなっていますので、通常の申込みでは取得することができません。

 

アメックスプラチナのインビテーションをうけるためには、「アメックスゴールド」を取得してカードの利用実績を積む必要があります。

 

 

インビテーションというと、選ばれた方しかうけることができない、ハードルの高いものというイメージがあるかも知れません。

 

ただし、アメックスプラチナのインビテーションの基準も、現在はそれほどハードルが高くはありません。

 

  • 1年間以上の継続したアメックスゴールドの利用
  • 年間100万円程度のカードの利用

 

このような一般的な利用金額で、アメックスプラチナのインビテーションが届いたケースも少なくないのですね。

 

インビテーションを受ける前にコールセンターに「突撃」することで、1年未満の短い利用実績でもアメックスプラチナを取得した実例があります。

 

アメックスゴールドを利用してアメックスプラチナを手に入れよう!

アメックスプラチナを手に入れるために必要なのが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドというと、審査のハードルが高いイメージがある方も多いかも知れませんが、独自の審査基準で審査が行われるため審査のハードルは低くなっています。

 

他のゴールドカードと比べても審査に通りやすいカードとなっていますので、気軽にアメックスプラチナに挑戦することができます。

 

アメックスゴールドの年会費は本当に高い?1日79円のおまもりを財布に」で解説しているように、高額な年会費に見合っただけの上質なサービスが付帯しているのも大きなメリットとなっています。

アメックスゴールド

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

年会費 税別29,000円
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 25歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0%
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高1億円

 

  • ゴールドダイニングby招待日和が利用可能
  • プライオリティパスをはじめとした充実の空港サービス

 

アメックスプラチナ取得のクレヒスを積むために必要となってくるのが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドは、独自の審査基準による審査が行われており、他のクレジットカードの審査に落ちた方でも発行に至った実例もあります。

 

アメックスゴールドでは、ゴールドダイニングby招待日和で、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典をうけることができます。

 

プライオリティパスをはじめとした充実の空港サービスも利用できますので、海外旅行用のカードとしてもおすすめです。

 

2 for 1ダイニングby招待日和でアメックスプラチナのサービスは盤石に!

2 for 1ダイニングby招待日和が提供開始されたことで、アメックスプラチナの弱点であったダイニング特典が拡充されました。

 

  • 2 for 1ダイニングby招待日和ではハワイを含めた200店舗が対象
  • 月間の利用制限無しでサービスを利用できる
  • ダイニングアクセスとの併用が可能

 

アメックスプラチナのダイニング特典は、ダイニングアクセスが用意されていすが、対象となる店舗数が30店舗と少なくなっているのがデメリットとなっています。

 

2 for 1ダイニングby招待日和では、ハワイを含めた200以上の店舗で月間の利用制限無しで利用できますので、非常に幅広い店舗での恩恵をうけることができるのですね。

 

ダイニングアクセスは継続して利用することができますので、サービスを使い分けてよりお得にダイニング特典を活用することができるのですね。