楽天ゴールドカードの空港ラウンジサービスが改悪!海外トラベルデスクが追加される改善も

 

楽天ゴールドカードをすでにお使いの方にとっては、悲報となる改悪のニュースが飛び込んできました…!

 

これまで、楽天ゴールドカードの目玉の特典と言っても過言では無かった、空港ラウンジサービスが改悪され、年間2回までの利用に限定されてしまいます。

 

国内での空港ラウンジサービスというと、ラウンジを使い放題のカードがほとんどとなっていますので、今回の楽天ゴールドカードの改悪は非常に痛手です。

 

改悪ばかりではなく、新たなトラベルデスクの提供開始などの改善情報も組み込まれています。

 

今回は、楽天ゴールドカードの空港ラウンジサービスの改悪点と、改善点をそれぞれ細かく分析していきます。

 

楽天ゴールドカードの空港ラウンジサービスが改悪!利用回数が年に2回に

 

2018年6月1日のニュースリリースで、楽天ゴールドカードのラウンジサービスの改悪情報が届きました。

 

2018年9月1日から、これまで回数制限無しだったラウンジサービスが、年に2回までの無料に改悪されてしまうという悲報となっています。

 

毎年9月1日から翌年8月31日までを1年間とし、年間でラウンジが無料になるのは2回までとなるのですね。

 

3回目以降は各ラウンジの一般料金での利用となりますので、メリットとなる部分が非常に少なくなってしまうのですね。

 

ニュースを聞いた方で、海外旅行用のカードとして楽天ゴールドカードを保有している方には、他の格安ゴールドカードへの乗り換えを検討している方も多いのではないでしょうか?

 

楽天ゴールドカードでは、

 

  • 国内主要空港
  • ハワイ・ホノルル国際空港
  • 韓国・仁川国際空港

 

などの空港ラウンジを利用することができます。

 

ハワイ、韓国での旅行で往復ラウンジを利用すると、年間1回の海外旅行で利用特典を使い切ってしまうということになるのですね。

 

これまで、楽天ゴールドカードの目玉ともいえたラウンジ特典ですが、2018年9月1日以降はオマケ程度のサービスと捉えた方がいいかも知れませんね。

楽天ゴールドカードと楽天カードの差は少なくなる?

楽天ゴールドカードの空港ラウンジのサービスが改悪となってしまうことで、楽天ゴールドカードと楽天カードのサービスの差は少なくなってくるでしょう。

 

楽天ゴールドカードと楽天カードの基本情報を比較してみましょう。

 

  楽天ゴールドカード 楽天カード
年会費 税別2,000円 無料
家族会員 税別500円 無料
ETC 無料 税別500円
申込資格 20歳以上で
安定した収入のある方
高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard JCB、VISA、Mastercard
還元率 1.0% 1.0%
楽天市場還元率 5.0%〜 3.0%〜
旅行保険 国内:-
海外:最高2,000万円
国内:-
海外:最高2,000万円

 

楽天ゴールドカードと楽天カードの違いとなる点は、

 

  • 年会費
  • 空港ラウンジサービス
  • 楽天市場でのポイント還元率

 

空港ラウンジサービスが改悪となると、楽天カードと楽天ゴールドカードのサービスの差は、ほぼ楽天市場でのポイント獲得率の差のみです。

 

楽天市場で年10万円以上する場合は楽天ゴールドカード、といったように楽天市場での利用金額で判断してもいいのではないでしょうか。

 

また、「楽天のクレジットカードで1番お得なのはどれ?費用対効果で比較」では、楽天の各ラインナップのカードを細かく比較していますので、参考にしてみてくださいね。

改善点も!世界38拠点の海外トラベルデスクを提供に

 

今回の楽天ゴールドカードのサービス変更では、ラウンジの改悪だけではなく、トラベルデスクの提供がスタートする改善点があります。

 

トラベルデスクは2018年9月1日から、

 

  • ニューヨーク
  • ホノルル
  • パリ
  • ミラノ
  • 上海

 

など、世界38拠点で提供が開始されます。

 

これまで、楽天カードでの海外デスクはハワイの楽天カードデスクのみでしたが、より幅広いエリアへの旅行の際にサポートをうけることができるのですね。

 

 

海外トラベルデスクでのサービス内容は、

 

  • 都市や観光情報などの現地情報の案内
  • レストランやオプショナルツアーなどの予約・手配
  • パスポートやカードの紛失など緊急時のサポート

 

など、海外旅行に不慣れな方でも安心のサポートをうけることが可能です。

 

楽天カードでは、JCB・VISA・Mastercardと、主要な国際ブランドを選択できますが、選択した国際ブランドによっても利用できるトラベルデスクに差があります。

 

JCBを選択した際には、JCBプラザ/プラザラウンジと幅広いデスクを利用することができます。

楽天ゴールドカードは海外用クレジットカードとしての価値はあるか?

 

2018年9月1日からの楽天ゴールドカードの改悪後は、楽天ゴールドカードには海外用クレジットカードとしての価値はあるのでしょうか?

 

年間2回と無料回数に制限がある以上、楽天ゴールドカードのラウンジサービスはメリットと言えるサービスではありません。

 

ラウンジサービス以外の楽天ゴールドカードの海外特典では、

 

  • 海外レンタカー割引
  • 海外Wi-Fi割引
  • 空港パーキング優待
  • 海外お土産宅配サービス

 

などが挙げられますが、これらのサービスは年会費無料の楽天カードにも付帯しています。

 

空港ラウンジサービス改悪の代わりのように用意されたトラベルデスクですが、海外デスクも年会費無料のカードでも付帯しているのが当たり前なサービスです。

 

大のメリットであった空港ラウンジの改悪は痛く、海外用のゴールドカードとして保有するメリットは無いと言っていいでしょう。

 

ただし、年間1回程度の海外旅行にしか利用しない、という方の場合には、コストを抑えたゴールドカードとして割り切るならアリです。

 

海外旅行用のクレジットカードは、「海外旅行でおすすめのクレジットカードは?ブランド・レート・保険全て解決!」で解説しているように、さまざまな点を比較して選択するようにしましょう。

楽天ゴールドカードの代替えになる、空港ラウンジ付きの格安ゴールドカード

楽天ゴールドカードの最大のメリットであった、空港ラウンジサービスの改悪によって、乗り換えを検討している方は多いでしょう。

 

楽天ゴールドカードから切り替える際には、税別2,000円程度の格安ゴールドカードで、かつ空港ラウンジサービスが付帯している必要があります。

 

ここでは、空港ラウンジサービスが付帯した、コスパ最強の格安ゴールドカード2枚をご紹介します。

MUFGカード ゴールド

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜1,905円+税
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、Mastercard
還元率0.5〜0.75%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高2,000万円
  • 楽Payの利用で翌年年会費が半額
  • 国内6空港+ハワイ・ホノルル国際空港のラウンジを利用可能
  • 国内線は航空便遅延費用も利用可能

 

最安値のコストで空港ラウンジを利用したい方には、三菱UFJニコスの「MUFGカード ゴールド」がおすすめです。

 

MUFGカード ゴールドでは、登録型リボ払いサービス「楽Pay」の登録で翌年の年会費が半額になる特典があり、税込みでも1,000円強でカードを利用することができます。

 

圧倒的な低コストで利用できるゴールドカードでありながら、国内6空港に加えてハワイ・ホノルル国際空港のラウンジを利用することができます。

 

手厚い旅行保険も充実しており、国内線では航空便遅延費用が付帯した手厚い内容になっていますので、国内旅行・出張の多い方にもおすすめです。

 

また、年間の利用金額に応じたポイントアップ特典の「グローバルPLUS」や、指定月がポイントアップする「アニバーサリーポイント」などのポイントアップの特典も豊富に用意されています。

 

SuMi TRUST CLUB エリートカード

4.0

年会費(税抜)3,000円+税
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA
還元率0.5%
申込資格22歳以上で年収200万円以上の方
旅行
傷害保険
海外最高3,000万円
国内最高3,000万円
  • 格安ゴールド最大級のラウンジ対応数
  • 帰国時に利用できる手荷物無料宅配サービス
  • 海外クラブホテルズなどの充実のホテル優待サービス

 

ポイントを無期限で貯めることが可能となっており、ポイントを利用した実質無料での利用も可能なゴールドカードが「SuMi TRUST CLUB エリートカード」です。

 

SuMi TRUST CLUB エリートカードの空港ラウンジサービスでは、格安ゴールドカード最大級のラウンジ対応数を誇っており、幅広いエリアの方がお得に利用することが可能です。

 

また、海外からの帰国時に利用できる手荷物宅配サービスの優待割引では、スーツケース1個までの手荷物を500円・ワンコインで宅配してもらうことができます。

 

ダイナースクラブカードの一部の優待サービスを利用することができるのも、SuMi TRUST CLUB エリートカードの大きなメリットとなっており海外クラブホテルズなどを利用できます。

 

通常では予約することができない、ラグジュアリーな海外ホテルを予約することができますので、ホテルの予約・手配の段階から役立つカードとなっているのですね。

 

実質無料で利用できる空港ラウンジ付きゴールドカード

ゴールドカードの中には、条件次第で年会費無料で利用することができる優秀なカードがあります。

 

条件付き年会費無料で使えるゴールドカード特集!インビで完全無料も?」で解説しているように、NTTグループカード ゴールドでは、年間100万円以上の利用で年会費が無料になる特典があります。

 

空港ラウンジサービスも付帯した、コスパ最強ゴールドカード・NTTグループカード ゴールドをご紹介します。

NTTグループカード ゴールド

4.0

年会費(税抜)5,000円+税
家族カード(税抜)1,500円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜1.5%
申込資格満18歳以上(学生を除く)で、ご本人または配偶者に安定した継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
  • 年間100万円以上の利用で年会費無料で利用可能
  • キャッシュバックコースでNTTグループ利用料金が最大60%オフ
  • 手荷物無料宅配サービス・手厚い海外旅行保険が付帯

 

NTTの利用料金をお得にキャッシュバックして利用することができるゴールドカードが「NTTグループカード ゴールド」です。

 

NTTグループカード ゴールドでは、年間100万円の利用で翌年の年会費が無料になる特典があり、実質年会費無料で利用することが可能です。

 

NTTグループの利用料金の最大60%がキャッシュバックされる特典も魅力となっており、年間100万円の利用の場合はNTTグループの利用料金が6%以上キャッシュバックされます。

 

ゴールドカードとしての特典にも優れており、空港ラウンジサービスはもちろんのこと、空港手荷物無料宅配サービスを利用することができますので、身軽に空港を利用できます。

 

また、家族特約も付帯した手厚い海外旅行保険も付帯しており、家族カードを持たない家族との旅行の際にも安心して利用することができるのですね。

 

NTTグループカード ゴールドの申込みはこちら

海外旅行保険も手厚い安心のゴールドカード

海外旅行用のゴールドカードとしては、空港ラウンジサービスはもちろんのこと、海外旅行保険も大きな判断基準となっています。

 

年会費1万円台のゴールドカードでは、手厚い海外旅行保険に加え、海外旅行の役立つさまざまな付帯サービスを利用することが可能です。

 

ここでは、空港ラウンジサービスだけではなく、海外旅行保険も手厚いゴールドカードをご紹介します。

dカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 航空便遅延保険・家族特約が付帯した手厚い旅行保険
  • 年間の利用金額で年会費以上のお得なクーポンが配布
  • ドコモユーザーの方は年会費の元が取れる

 

ドコモユーザーには必携のゴールドカードとなっているのが「dカード GOLD」です。

 

dカード GOLDでは、航空便遅延保険・家族特約が付帯した手厚い旅行保険が用意されており、海外旅行の際の補償用のカードとしては最強のカードとなっています。

 

海外旅行の際に利用頻度の高い、傷害・疾病治療の補償は最高300万円となっており、海外での急病やケガの際にもお得に利用することができるのですね。

 

dカード GOLDの最も大きなメリットとなっているのが、ドコモケータイの10%がポイントバックされる特典となっており、ドコモユーザーの方は年会費の元が取れます。

 

さらに、年間の利用金額に応じて1万円・2万円分のクーポンが付与される特典がありますので、使えば使うほどお得に利用できるカードとなっています。

 

JCBゴールドカード

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜10,000円+税
家族カード(税抜)1,000円+税 (1人目無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.5%
申込資格学生を除く20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円(自動付帯、一部利用付帯)
国内最高5,000万円
  • 航空便遅延保険・家族特約が付帯した手厚い旅行保険
  • 充実の海外サービスが付帯
  • JCBオリジナルシリーズパートナーでお得にポイントアップ

 

国産で唯一の国際ブランドをもつ、JCBのゴールドカードとして発行されているのが「JCBゴールドカード」です。

 

JCBゴールドカードでは、航空便遅延保険に加え、家族特約が付帯した手厚い旅行保険が用意されており、海外旅行でも安心して利用することが可能となっています。

 

国内外のパッケージツアー割引などの充実した海外サービスも用意されており、海外旅行用のゴールドカードとしても優秀なカードです。

 

ゴールドカード会員限定のJCBゴールドデスクでは、有料ではありますがホテルや航空券の予約・手配も利用できますので、手間なく旅行を手配することができます。

 

セブン-イレブンやスターバックスなどのJCBオリジナルシリーズパートナーでは、お得なポイントアップの特典も利用することが可能です。

 

プライオリティパス付帯でVIPラウンジも使える最強ゴールドカード

海外旅行の際には、通常のカードラウンジの特典では利用できないVIPラウンジの特典は無類の優越感を得ることができます。

 

VIPラウンジとカードラウンジは全然違う!VIPラウンジを使えるクレジットカード」でも解説しているように、カードラウンジとVIPラウンジでは設備・サービスからまったく違ったラウンジとなっているのですね。

 

ここでは、プライオリティパスも付帯した最強のゴールドカードをご紹介します。

楽天プレミアムカード

4.5

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)500円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜6.0%
申込資格20歳以上の安定収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • 最安値でプライオリティパスを利用することが可能
  • トラベルコースの選択で手荷物無料宅配サービスを利用可能
  • 楽天市場でいつでもポイント5倍還元が可能

 

楽天ゴールドカードでは改悪がありましたが、変わらず上質なサービスをうけることができるのが「楽天プレミアムカード」です。

 

楽天プレミアムカードでは、税別10,000円と最安値のコストでプライオリティパスを利用することが可能となっており、世界中のVIPラウンジも含めたラウンジを利用することができます。

 

3つの選べる特典コースでトラベルコースを選択すると、年間2回までの手荷物無料宅配サービスを利用することが可能となっています。

 

海外トラベルデスクの特典も充実しており、コストを抑えて海外旅行用のカードを手に入れたい方にもおすすめです。

 

また、楽天市場ではいつでもポイント5倍還元が可能となっており、楽天のサービスの利用でガンガンポイントを貯めることができます。

 

アメックスゴールド

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 圧倒的なステータス性を誇るゴールドカード
  • プライオリティパスをはじめアメックスならではの手厚い空港サービス
  • オーバーシーズ・アシストでの日本語サポート

 

海外旅行用のゴールドカードとして、圧倒的なステータス性を誇るゴールドカードが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドでは、プライオリティパス・メンバーシップ会員が無料で付帯しており、年間2回まで無料でVIPラウンジも含む空港ラウンジを利用できます。

 

空港ポーターサービスや手荷物無料宅配サービスなど、アメックスならではの空港サービスも充実しており、海外旅行の際にも便利なカードです。

 

オーバーシーズ・アシストでは、電話で日本語スタッフによるサポートを受けることが可能となっており、レストランや医療機関を24時間体制で紹介してもらうことができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスを利用することで、ANAマイルを1.0%還元で貯めることも可能となっており、マイルもお得に貯めることが可能です。

 

9月の改悪までに代替えの空港ラウンジサービス用のカードを手に入れよう

2018年9月1日から、楽天ゴールドカードの空港ラウンジサービスが年間2回までの利用に限定されます。

 

  • 年間2回以上海外旅行に出かける方は代替えが必要
  • 楽天市場で10万円以下の利用の方は楽天カードで充分
  • 切り替えを期に海外旅行保険などにも注目しよう

 

楽天ゴールドカードでは年間2回までしか空港ラウンジサービスを利用できなくなりますので、年間2回以上海外旅行に出かける際には代替えとなるラウンジ用のカードが必要です。

 

楽天カードとの違いは、ほぼ楽天市場でのポイント還元率のみとなってきますので、年間で楽天市場を10万円以上使わない方は楽天カードで充分かも知れませんね。

 

また、今回の切り替えをきっかけに、コストだけではなく海外旅行保険などの内容にも注目するようにしましょう。