ゴールドカードとプラチナカードの付帯サービス・メリットの差を比較!

 

「ゴールドカードとプラチナカードってなにが違うの?」

「プラチナカードにしか無い付帯サービスってあるの?」

 

ゴールドカードやプラチナカードというと、クレジットカードの中でも上位カードとして発行されている特別なカードです。

 

しかし、ゴールドカードとプラチナカードの、サービスやメリットの違いってなに?と言われると、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

一般的に、プラチナカードはゴールドカードよりも年会費が高くなっていますので、ゴールドカードで充分という方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

今回は、ゴールドカードとプラチナカードの付帯サービスやメリットの違いなどを多角度から比較します。

 

クレジットカード診断テスト

ゴールドカードとプラチナカードの基本を知ろう

 

ゴールドカード・プラチナカードとは、クレジットカードのランクを指します。

 

クレジットカードは同じカード会社の発行するカードでも、ランク別にカードがラインナップされていることが多くなっているのですね。

 

ゴールドカードというと一般のカードよりも上位のカードとして認知されており、「ワンランク上のカードを目指す方はゴールドカード」という印象があるでしょう。

 

そのゴールドカードよりも、さらに上位のカードとして発行されているのがプラチナカードです。

 

ゴールドよりも上位のカードということで、貴金属としても上位となる「プラチナ」を名称に使っているのですね。

 

ゴールドカードとプラチナカードの主な違いとなる点をまとめると、

 

  ゴールドカード プラチナカード
年会費 安い 高い
審査 易しい 難しい
ステータス性 低い 高い
特典 少ない 多い
旅行保険 普通 手厚い

 

上記は、あくまでもゴールドカードとプラチナカードを比較した際の違いとなり、一般カードと比べた際にはゴールドカードでも充分な機能・特典を持っています。

 

ざっくり分けると、

 

  • 年会費が高くて審査が難しいけど、特典やステータス性が高いのがプラチナカード

 

ということになります。

 

プラチナカードの審査基準は、ゴールドカードよりも高いことが一般的です。

 

クレヒスは上位カードを持つために超重要!クレヒスの基準とベストな磨き方」でも解説しているように、プラチナカードを取得するためには上質なクレヒスを積む必要があるのですね。

クレジットカードの最上位カードはブラックカード

ゴールドカードよりも上位のカードがプラチナカードですが、プラチナカードよりも上位のカードも存在します。

 

クレジットカードのランクは、

 

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

 

と、大まかにいえば4つに分かれており「ブラックカード」が最上位カードです。

 

ブラックカードと言えば、アメックスのセンチュリオンカードが有名ですが、センチュリオンカードで叶わない願いは無いと言われるほどの充実した特典を利用できます。

 

アメックス・センチュリオンカード

 

また、世界には「パラジウムカードの取得条件が厳しすぎる。超VIP御用達のクレジットカード」で紹介しているような、世界の広さを知ることができるようなカードもあります。

 

パラジウムカード

 

ただし、すべてのクレジットカード会社がブラックカードを発行しているわけではなく、クレジットカードの中にはプラチナカードが最上位カードというカードも多くなっています。

プラチナカードの最強の特典はコンシェルジュサービス

 

ゴールドカードとプラチナカードの特典を比べた時に、プラチナカードの特権ともいえるサービスが「コンシェルジュサービス」です。

 

プラチナカードに付帯するコンシェルジュサービスは、24時間365日対応でカード会員の要望に応えてくれます。

 

主なサービスとしては、

 

  • ホテルや航空券の手配
  • ダイニングの手配
  • ギフトの手配

 

などが挙げられます。

 

ホテルやダイニングでは、クレジットカードのプラチナカード会員向けの空席を確保していることが多くなっています。

 

近隣のホテルが全て満室な場合や通常では予約困難な名店でも、コンシェルジュ経由ではスムーズに予約できたという事例も多く、価値のあるサービスとして利用することが可能です。

 

クレジットカードのコンシェルジュって?個人秘書が叶える驚愕のサービスとは」でも解説しているように、自分専用の個人秘書感覚で利用できるコンシェルジュは、プラチナカードの目玉の特典と言って良いでしょう。

海外特典を求めるなら圧倒的にプラチナカード

 

海外旅行に出かける機会の多い方であれば、海外特典の充実したプラチナカードの利用がおすすめです。

 

海外旅行でおすすめのクレジットカードは?ブランド・レート・保険全て解決!」でも解説しているように、海外旅行の際には、海外旅行保険の手厚いクレジットカードが便利です。

 

プラチナカードには、ゴールドカードよりもさらに充実した海外旅行保険が用意されており、旅行中の急病やケガに備えることができるのですね。

 

また、

 

  • プライオリティパス
  • 手荷物無料宅配サービス

 

などの空港サービスが充実しているのも、プラチナカードの大きなメリットとなります。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスでは、通常はファーストクラス利用者などしか利用できない「VIPラウンジ」も利用することができます。

 

VIPラウンジとカードラウンジは全然違う!VIPラウンジを使えるクレジットカード」でも解説しているように、VIPラウンジではアルコールを含めたフリードリンクなど、一般のラウンジではうけることができないサービスをうけることができます。

 

また、手荷物の大きく・重たくなる海外旅行の際には、手荷物無料宅配サービスの付帯したプラチナカードがおすすめです。

 

  • ラウンジ利用料金は通常1,000円〜3,000円
  • 手荷物無料宅配サービスは通常1,000円〜2,000円

 

となっていますので、海外旅行に出かける機会の多い方なら、空港サービスだけで年会費のもとを取ることも可能となっているのですね。

プラチナカードはダイニング特典も優秀

 

プラチナカードでは、コース料理無料の特典が用意されていることが多くなっています。

 

プラチナカードのダイニング特典では、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典があります。

 

ダイニング特典が1番お得なクレジットカードは?ダイニング特典徹底比較」で比較しているように、カードごとに対象となるレストランに違いがありますが、非常にエレガンスな特典として利用することができます。

 

1名分が1万円を超えるコースでも無料で利用することができますので、ダイニング特典を年に数回利用するだけで年会費以上のメリットをうけることができます。

 

また、コース料理のアップグレードや、グラスワイン・デザートのサービスを受けられるカードも多くなっており、食事にこだわりたい方には最強の特典となっているのですね。

プラチナカードはインビテーションが必要なケースも

取得の手軽さで比べると、やはりゴールドカードの方が有利になっています。

 

審査難易度で比較すると、一般的にはゴールドカードよりもプラチナカードの方が厳しく、プラチナカードの取得のためには充分なクレヒスを積む必要があります。

 

また、プラチナカードには、

 

  • 申込みで取得可能なプラチナカード
  • 申込みでは取得不可のインビテーションカード

 

の2種類があり、インビテーションカードの場合には、カード会社からの招待を受けなければ取得することができません。

 

プラチナカードのインビテーションをうけるためには、少なくとも1年間程度のカードの利用実績を積む必要があり、いわゆる「修業期間」が必要です。

 

誰もが持つことができない、選ばれた方しか持てないカードということで、インビテーション制のプラチナカードには、クレジットカードの頂点に立つステータス性があるのですね。

 

今すぐカードを手に入れたい方の場合には、ゴールドカードか「インビ無し、申込可能な最強プラチナカード8選!ステータス性とその実力とは」で紹介しているような、インビテーション不要のプラチナカードがおすすめです。

プラチナカードのインビテーションを目指したい!おすすめゴールドカード

一般カードと比べるとゴールドカードでも充分な特典があるけど、いつかはプラチナカードを!と言う方も多いのではないでしょうか?

 

そうした方には、プラチナカードのインビテーションを目指すことができるゴールドカードがおすすめです。

 

ここでは、最強ステータスの、プラチナカードのインビテーションを目指すことができる、優秀なゴールドカードをご紹介します。

アメックスゴールド

4.6

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • アメックスプラチナのインビテーションを目指せる
  • 圧倒的な知名度を誇る元祖ゴールドカード
  • 空港サービス・手厚い旅行保険など旅行用カードに最適

 

最強のプラチナカードのひとつ、「アメックスプラチナ」のインビテーションを目指すことができるのが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドは、元祖ゴールドカードとしての圧倒的な知名度を誇り、誰もが認めるステータスカードとして利用することができます。

 

飲み屋ウケNO.1のカードともいわれており、夜の街でモテるカードとしても非常に有効に利用できるアイテムとなっています。

 

イメージとは裏腹に、審査のハードルが低いのもメリットとなっており、気軽にプラチナカードのインビテーションを目指すことができるのも嬉しいですよね。

 

T&E系最高峰のアメックスのカードとして、空港サービスや手厚い海外旅行保険にも優れており、海外旅行用のカードとしてもおすすめです。

 

ダイナースクラブカード

4.5

年会費(税抜)22,000円+税
家族カード(税抜)5,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドダイナースクラブ
還元率0.4〜1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • ダイナースプレミアムのインビテーションを目指すことができる
  • 最強のダイニング特典が付帯
  • 世界750か所以上の空港ラウンジを利用可能

 

本物の大人が持つべきカード「ダイナースプレミアム」のインビテーションを目指すことができるのが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードはゴールドカードではあるものの、ほかのプラチナカード以上の特典を誇る、非常に優秀なカードです。

 

特に、ダイニング特典には優れており、2名以上のコース料理で1名分が無料になるエグゼクティブダイニングの特典を利用することができます。

 

さらに「ごひいき予約」では、通常は予約不可の名店のキャンセルで出た空席を予約することが可能となっており、ダイナースクラブカードでしかできない食事体験をすることができます。

 

世界750か所以上の空港ラウンジを利用することも可能となっており、海外旅行用のカードとしても非常に優秀なカードとなっているのですね。

 

インビテーション不要で取得可能な最強プラチナカード

インビテーション制のプラチナカードには高いステータスがありますが、最低でも1年程度のカードの利用が必要です。

 

海外旅行やダイニングの特典を今すぐ利用したい!という方には、インビテーション不要で取得可能なプラチナカードがおすすめです。

 

ここでは、今すぐ手に入れることができる、インビテーション不要のプラチナカードをご紹介します。

JCBプラチナ

4.5

年会費(税抜)25,000円+税
家族カード(税抜)1名分無料、2枚目以降3,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5%
申込資格25歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • プライオリティパス・コンシェルジュが付帯したコスパ最強カード
  • 最強の海外旅行保険が付帯
  • JCBザ・クラスへの近道

 

申込みで取得可能な、JCBの最上位カードとなっているのが「JCBプラチナ」です。

 

JCBプラチナは税別25,000円という比較的低コストの年会費のカードでありながら、コンシェルジュ・プライオリティパスが付帯した、コスパ最強カードです。

 

2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる「グルメベネフィット」に加え、「ダイニング30」では対象のレストランでの飲食代金が30%オフになる特典もあります。

 

海外旅行保険は最高クラスの補償が付帯しており、傷害・疾病治療は最高1,000万円までと安心の補償金額になっています。

 

JCBの最高峰「JCBザ・クラス」のインビテーションの近道としても期待できるプラチナカードなのですね。

 

オリコカード・ザ・プラチナ

5.0

年会費(税抜)20,000円(税込)
家族カード(税抜)3名まで無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.0〜2.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • コストパフォーマンス最強の格安プラチナカード
  • Lounge Keyが付帯で海外旅行でも安心
  • オリコモール経由でネット通販もお得

 

税込20,000円と、プラチナカードでは最安クラスの年会費で取得することができるのが「オリコカード・ザ・プラチナ」です。

 

24時間対応のコンシェルジュサービスに加え、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典もあり、非常にコストパフォーマンスに優れたカードとなっています。

 

プライオリティパスと比較されることも多い「Lounge Key」が付帯しており、海外旅行にも最適なプラチナカードです。

 

また、オリコモール経由でのネット通販では、Amazonや楽天市場などの人気のネット通販を2.5%還元以上のお得な還元率で利用することができます。

 

オリコポイントはJAL/ANAのマイルにも交換可能な優秀なポイントとなっていますので、ポイント還元にもこだわりたい方には最適なカードとなっています。

 

ラグジュアリーカード ブラック

4.5

年会費(税抜)100,000円+税
家族カード(税抜)25,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率0.5〜1.0%
申込資格学生を除く20歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億2千万円
国内最高1億円
  • 金属製カードの圧倒的な存在感
  • ラグジュアリーリムジンでダイニングまでをリムジン送迎
  • ハワイアン航空の上級会員資格を取得

 

金属製カードの重量と冷たさで、手に取った方すべてに衝撃を与えるカードが「ラグジュアリーカード ブラック」です。

 

ラグジュアリーカード ブラックでは、コンシェルジュ・プライオリティパス・ダイニング特典など、プラチナカードに必要な特典は全て揃っています。

 

とくに、コンシェルジュの使い勝手の良さには定評があり、カード番号による本人確認不要で気軽にコンシェルジュを利用することが可能です。

 

ダイニング特典にも優れており、「ラグジュアリーリムジン」ではダイニングまでのリムジン送迎を利用でき、セレブ気分での食事を楽しむことが可能となっています。

 

ハワイアン航空の上級会員資格を取得することも可能となっており、ハワイ旅行の際にも最強のメリットをうけることが可能となっています。

 

最強の特典を目指すならプラチナカードを目指そう!

プラチナカードでは、コンシェルジュをはじめ、手厚い海外旅行保険やダイニング特典などの充実した特典を受けられます。

 

  • 年会費・審査難易度はプラチナカードの方が高い
  • コンシェルジュやダイニング特典などの特別なサービスはプラチナカード
  • より上質な特典を求めるならプラチナカードがおすすめ

 

ゴールドカードよりも、さらに上位のカードとして発行されているのがプラチナカードです。

 

ゴールドカードより、年会費も高く・審査のハードルも高い反面、コンシェルジュやダイニング特典などの特別なサービスが充実しています。

 

特典を利用する前提であれば、プラチナカードは年会費のもとをとれるコスパ最強のカードと言えるのですね!