ANAに総2階建て520席のエアバス導入!ハワイ便の特典航空券が取りやすくなる

 

「エアバスA380ってどんな飛行機?」

「ハワイ特典航空券はANAとJALどっちが取りやすいの?」

 

ANAのニュースリリースで、2019年春からの東京-ホノルル線での総2階建てエアバスA380の投入が発表されました!

 

ANAのハワイ線に520席を確保することができるA380が投入されることで、より上質なフライトを楽しめるだけではなく、特典航空券が取りやすくなるという大きなメリットもあります。

 

ハワイ線の特典航空券は予約困難な人気の路線となっていますので、ハワイ線の特典航空券の予約が取りやすくなるというのは大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

今回は、ハワイへの旅行の際に、より快適で特別なフライトを提供してくれる、エアバスA380の導入を特集します。

 

クレジットカード診断テスト

来春よりANAホノルル線に総2階建て飛行機が導入!シート数は520席に

 

ANAでは、来年春より東京-ホノルル線で「エアバスA380」の投入が決定しました。

 

通常の航空機の2倍以上、520席の座席を確保することができる総2階建てのA380は、世界最大の旅客機としてもっとも高価・かつ豪華な旅客機です。

 

人気のハワイ路線にA380が投入されることで、より快適・特別なフライトを楽しむことができます。

 

ANAに投入されるA380は3機が予定されており、全機が公募によってデザインされた特別塗装機です。

 

採用されたデザインは、ハワイの青い海でゆったりとくつろぐウミガメの親子が描かれており、空飛ぶウミガメという意味の「FLYNG HONU」という愛称になっています。

 

 

  • ハワイの「空」をイメージした「ANAブルー」
  • ハワイの「夕陽」をイメージした「サンセットオレンジ」
  • ハワイの「海」をイメージした「エメラルドグリーン」

 

の、3カラーが用意されています。

 

世界最大の旅客機であるA380は、それだけでも空港で圧倒的な存在感を誇る機体です。

 

加えて、特別塗装機として展開されることで、最強の注目度を誇ることは間違いないでしょう!

 

ANAの東京-ホノルル線に投入されるA380は全部で520席となり、

 

ファーストクラス 8席
ビジネスクラス 56席
プレミアムエコノミー 73席
エコノミークラス席 383席

 

と、4クラス構成となり、1階席にエコノミークラス・2階席に上級クラスのシートが構成されます。

 

 

A380では、通常のエコノミークラスよりも足下・横幅が広く設計されているプレミアムエコノミー席が、ANAの過去最大座席数となる73席設置されています。

 

また、ビジネスクラスには夫婦やカップルの利用も想定したペアシートが設置されているなど、よりユーザー目線に立ったシート構成になっているのもメリットです。

 

A380の導入によって、より快適なフライトを楽しむことができるだけではなく、特典航空券用の座席を増やすことも明言されています。

 

海外旅行に出かけるならハワイという方には、今回のA380の投入は朗報といえるのではないでしょうか。

エコノミーを含む全席にPC電源・USBポートが導入

A380では、383席のエコノミークラス席を含む全席にPC電源とUSBポートが装備されるだけではなく、機内Wi-Fiサービスにも対応します。

 

ANAの機内Wi-Fiサービス「ANA Wi-Fi service」では、

 

  • TV・動画コンテンツの視聴
  • 電子書籍コンテンツの利用
  • メール・SNSの利用

 

など、フライト中の時間を有意義に過ごすことができます。

 

全席に電源も完備されていますので、フライト中に動画などを楽しむ場合でも電池切れを気にせずに利用することができるのは嬉しいですよね。

 

ANAでは、「ANA利用者待望の国内線Wi-Fi無料化!2018年4月からANAがさらに便利に!」でも解説しているように、国内線でもWi-Fiサービスの無料サービスがスタートしています。

バーカウンター・多目的ルームも完備の空飛ぶホテル

A380では、全クラスにバーカウンターが設置され、利用者の好きなタイミングでドリンクやスナックなどを楽しむことができます。

 

上級クラスのシートだけではなく、全クラスにバーカウンターが設置されますので、フライト中の満足感は高いものになってくるでしょう。

 

また、

 

  • 着替え
  • パウダールーム
  • 授乳

 

などの用途に利用することができる多目的ルームも設置されています。

 

 

子連れ旅行や女性の方の利便性に非常に配慮され、空飛ぶホテルのような特別感を得ることが可能となっているのですね!

通常のエアバスの2倍の座席数で特典航空券が取りやすくなる

 

ANAにA380が投入されることでの、もっとも大きなメリットとなるのが特典航空券での予約が取りやすくなる点です。

 

A380の座席数は520席と、既存のハワイ線で利用されていたボーイング767・787の倍の席数が用意されています。

 

特典航空券の路線の中でもとくに人気のハワイ線は、予約困難な代表的な路線となっていました。

 

しかし、既存の2倍の席数を確保できるA380の投入で、これまでよりも特典航空券を予約しやすくなるのですね!

 

ハワイ線の特典航空券を目指す方にとっては、来春からはJALマイルを貯めるよりもANAマイルを貯める方が特典航空券をゲットできるチャンスが広がるのですね。

 

東京-ホノルルの特典航空券の必要マイル数は、

 

  エコノミー ビジネス
ローシーズン 35,000マイル 60,000マイル
レギュラーシーズン 40,000マイル 65,000マイル
ハイシーズン 43,000マイル 68,000マイル

 

このように、閑散期のローシーズンでは往復35,000マイルから特典航空券を交換することができます。

 

これまでの2倍のシート数を誇るA380では、エコノミークラスの特典席も増加することが予想できます。

 

A380の導入により、マイルをお得に貯めるだけではなく、もっともお得に利用することが可能となってくるのですね!

 

多目的ルームやカウチシートで子連れ旅行でも利用しやすい?

 

A380では、子連れ旅行の需要に対応し、多目的ルームの設置だけではなく、国内航空会社では初となる「カウチシート」が導入されます。

 

カウチシートはエコノミークラス席の後方に60席の設定で設置される予定で、レッグレストを上げることによってベッドのように利用することが可能です。

 

  • 窓際席は3席分
  • 中央席は4席分

 

を、通常のエコノミークラス運賃に追加料金を支払うことで、子供用のベッドとしてシートを利用することができます。

 

ハワイ旅行はファミリーが子連れで旅行するケースが多く、多目的ルームやカウチシートの導入はファミリーでの旅行に役立つことは間違いありません。

 

子連れ旅行でもっとも難易度の高いフライトを快適に過ごすことができますので、子供がグズッてしまう心配も少なくなりますよね。

子連れ旅行もANA特典航空券でお得に!

子連れ旅行の場合でもマイルでお得に特典航空券を交換することができます。

 

ただし、子連れ旅行の場合には「子連れ旅行でもANA特典航空券は使える?ANAマイル初心者のマイル活用法」でも解説しているように、子供の特典航空券のマイル交換は損をしてしまう場合があります。

 

ANAでは小児・幼児には割引運賃が適用されますので、マイルを利用した特典航空券の交換よりも、割引運賃でのチケットの購入の方が安く抑えられるケースが多くなっているのですね。

 

子連れ旅行での特典航空券の利用の際には、

 

  • 大人分は特典航空券で購入
  • 小児・幼児分は割引運賃で購入

 

と、特典航空券と現金を使い分けて購入するのがおすすめとなっています。

ハワイ旅行はクレジットカードの特典でメリットだらけ!

 

ハワイ旅行に出かける際には、クレジットカードの特典を活用することで、よりお得に旅行を楽しむことができます。

 

ハワイ旅行もコレで安心!ハワイでお得&おすすめのクレジットカード5枚」でも解説しているように、ハワイ旅行の際にはクレジットカードの付帯サービスで、底力のある特典をうけることができます。

 

クレジットカードを利用することで、

 

  • カードデスクや空港ラウンジなどでのサポート
  • トロリーやショップでの優待割引
  • 海外旅行保険付きのクレジットカードで安心

 

など、ハワイ旅行でお得な特典を利用することが可能です。

 

また、クレジットカードを利用することで、ハワイでのお買い物や食事の際にお得にポイント還元をうけることが可能となっています。

 

ANAマイルを貯めることができるカードを利用すれば、お得にANA特典航空券を目指すことも可能となっており、ダブル・トリプルでのメリットがあるのですね。

カードデスク・空港ラウンジ

クレジットカードを利用することでの大きなメリットとなるのが、海外デスクを無料で利用することができる点です。

 

ハワイのラウンジを無料で利用できる超得クレジットカード!寒い日本から抜け出そう!」でも解説しているように、ハワイ・ワイキキにはクレジットカードの付帯サービスで利用できる海外デスクが用意されています。

 

クレジットカードの海外デスクでは、

 

  • ソフトドリンクの無料サービス
  • 手荷物一時預かりサービス
  • 日本語の雑誌・新聞の閲覧
  • 無料Wi-Fi
  • ベビーカーのレンタル

 

など、日本語スタッフによるサポートをうけることができますので、海外旅行に不慣れな方の場合でも安心して旅行を楽しむことができます。

 

ゴールドカード以上のクレジットカードでは、ホノルル国際空港のラウンジサービスが付帯したカードもあり、より快適にハワイでの滞在を過ごすことができるのですね。

ワイキキトロリー・ショップでの優待

 

JCBカードには、ハワイのワイキキトロリーが無料になる、思わず歓声を上げる特典が用意されています。

 

ワイキキトロリーは、ホノルル観光の際に無くてはならない便利な足です。

 

ワイキキトロリーは、

 

  • ピンク
  • グリーン
  • レッド
  • パープル

 

の、4つのラインが運航されています。

 

その中でも、ワイキキ・アラモナショッピングコースを運航するピンクラインは、JCBのクレジットカードを提示するだけで無料乗車することができます。

 

ピンクラインは通常2$が必要となりますので、いたわりの心を持った特典ですよね!

 

クレジットカードの優待サービスでは、ほかにもショップでの優待割引や、レストランでのデザートサービスなどの特典をうけることができます。

 

ハワイ旅行でクレジットカードを活用することで、よりお得に旅行を楽しむことが可能となるのですね。

安心の海外旅行保険

海外旅行の際にクレジットカードを利用することで、安心の海外旅行保険を利用することが可能となっています。

 

海外旅行の際には、「海外旅行保険付きおすすめクレジットカード特集!自動付帯で補償が手厚い!」でも解説しているように、自動付帯で補償が手厚い海外旅行保険付きのクレジットカードを利用するのがおすすめです。

 

医療費の高くなりがちな海外の中でも、とくに米国は高額な医療費が必要なエリアのひとつとなっており、ハワイでの急病やケガでも高額な医療費が発生してしまいます。

 

自動付帯で補償の手厚い海外旅行保険付きのクレジットカードを利用することで、より安心してハワイ旅行を楽しむことができるのですね。

ANAマイルがガンガン貯まる!おすすめクレジットカード

来春からホノルル線に投入されるエアバスA380の登場で、ハワイ行きのANA特典航空券が取りやすくなる相乗効果が期待されます。

 

予約困難な人気の観光エリアNO.1のホノルル線で特典航空券を予約しやすくなることで、さらにANAマイルの価値がアップするといってもいいでしょう。

 

ここでは、ANAマイルをガンガン貯めることができる、おすすめクレジットカードをご紹介します。

ANA JCBカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,000円+税
家族カード(税抜)1,000円+税
ETCカード年会費無料
申込資格18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方
国際ブランドJCB
還元率0.5%
ANAマイル還元率0.5%〜1.0%
旅行
傷害保険
海外最高1,000万円
国内-
  • 10マイルコースでANAマイル1.0%還元
  • ワイキキトロリー無料特典
  • JCBプラザ/プラザラウンジを利用可能

 

ANAとJCBが提携して発行する、バランスの取れたANAカードが「ANA JCBカード」です。

 

ANA JCBカードでは、税別5,000円の移行手数料で10マイルコースを利用することで、ANAマイルを1.0%還元で貯めることが可能となっています。

 

移行手数料は、ポイントをANAマイルに移行する際のみ利用することでコストを節約することができますので、コストを抑えてANAマイルをお得に貯めたい方にもおすすめです。

 

JCBのクレジットカードですので、ワイキキトロリーを無料で利用することができるほか、ショップやレストランでのさまざまな優待をうけることができます。

 

JCBプラザ/プラザラウンジなどの海外デスクを利用することもできますので、ハワイ旅行の際に大活躍してくれること間違いなしのカードとなっているのですね。

 

ANAアメックス

4.7

年会費(税抜)7000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜2500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.5%
ANAマイル還元率1.0%
旅行
傷害保険
海外最高3000万円
国内最高2000万円
  • 実質無期限でANAマイルを1.0%還元で貯められる
  • 空港ラウンジサービスも付帯したワンランク上のANAカード
  • 手厚い海外旅行保険・海外電話サポートを利用可能

 

ANAとアメックスが提携して発行する、ワンランク上のANAカードが「ANAアメックス」です。

 

ANAアメックスでは、税別6,000円の「ポイント移行コース」を利用することで、ポイントの有効期限が無期限になる特典があります。

 

ポイント移行コースでは、1.0%の還元率でANAマイルに交換することができますので、有効期限を気にせずにA380の上位シートの特典航空券を目指してもいいでしょう。

 

ANAアメックスには、空港ラウンジサービスも付帯しており、アメリカン・エキスプレス・コネクトなどのアメックスの上質な付帯サービスを利用できるのもメリットとなっています。

 

また、最高3,000万円の海外旅行保険が付帯しているほか、日本語対応での海外電話サポートも利用可能となっており、はじめての海外旅行の方にもおすすめです。

 

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
ANAマイル還元率0.5%
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • 実質無期限で0.5%還元のANAマイルを貯められる
  • 楽天カードラウンジを利用可能
  • 手厚い海外旅行保険が付帯

 

年会費のコストをかけずにANAマイルをお得に貯めたい方には「楽天カード」がおすすめです。

 

楽天カードの利用では、100円に1ポイント・1.0%の楽天スーパーポイントを貯めることができますが、楽天スーパーポイントは2ポイント=1マイルとしてANAマイルに交換できます。

 

0.5%還元でANAマイルを貯めることが可能となっているほか、楽天スーパーポイントは有効期限実質無期限ですので、実質無期限でANAマイルを貯めることが可能です。

 

年会費無料のカードでありながら、楽天カードラウンジを利用することが可能となっており、国際ブランドをJCBに選択すればワイキキの3つのカードラウンジすべてを利用できます。

 

海外旅行保険では、傷害・疾病治療で最高200万円の補償が用意されており、コストパフォーマンス最強のハワイ旅行用カードとして利用することができます。

 

JCB CARD W

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
国際ブランドJCB
還元率1.0%
ANAマイル還元率0.6%
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-
  • いつでも通常のJCBカードの2倍の還元率
  • 0.6%還元でANAマイルを貯められる
  • ワイキキトロリー無料特典を利用可能

 

年会費無料でお得にJCBのクレジットカードを利用したい方には「JCB CARD W」がおすすめです。

 

JCB CARD Wでは、いつでも通常のJCBカードの2倍の還元率でポイントを貯めることが可能となっており、0.6%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

年会費無料のクレジットカードの場合、ANAマイル還元率0.5%に留まるカードが多くなっていますので、0.6%還元のJCB CARD Wは優秀なカードと言って良いでしょう。

 

カードの提示でワイキキトロリー無料の特典を利用できるほか、JCBプラザ/プラザラウンジも付帯しており、ハワイ旅行を快適に楽しむことができるカードです。

 

手厚い内容の海外旅行保険も用意されていますので、コストを抑えてハワイ旅行を楽しみたい方にもおすすめです。

 

来春のA380の投入でハワイ旅行の常識が変わる?

来春、ANAの東京-ホノルル線に投入予定の総2階建てエアバスA380は、そのサイズもさることながら規格外なサービスが用意されています。

 

  • 席数520席で特典航空券も予約しやすい
  • バーカウンター・多目的ルームが設置された空飛ぶホテル
  • カウチシートで子連れ旅行にもおすすめ

 

通常の旅客機の倍の席数520席を誇るA380の投入で、最も大きなメリットとなるのがハワイ線の特典航空券を予約しやすくなる点です。

 

ANAマイルかJALマイル貯めるならどっち?クレカ選びに迷った時の考え方」でも比較しているように、JAL/ANAのどちらのマイルを貯めようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

A380の投入により、旅行をするならハワイにという方の場合、一択でANAマイルを選択しても良いのではないでしょうか。

 

A380ではカウチシートや多目的ルームも投入されており、いままで困難だった子連れ旅行の常識が変わるサービスも用意されているのですね!