1番マイルが貯まるアメックスランキング!多角度で比較してベストなアメックスを探せ

 

「マイルが1番お得なアメックスはどれ?」

「コスパ最強のマイル用アメックスは?」

「フライト・旅行で実際にお得に利用できるアメックスは?」

 

アメックスのクレジットカードでは、実質無期限で幅広いマイルを貯めることができますので、陸マイラーにとってもお得です。

 

アメックスにはさまざまな航空会社と提携したカードが発行されており、カードによって得意・不得意なマイルもあります。

 

陸マイラーの方にとっては、マイル用にアメックスを作るにあたって、どのカードをつくるべきなのか?というのが大きな判断基準となるでしょう。

 

今回は、さまざまな角度でアメックスのクレジットカードを比較して、おすすめのアメックスをランキング形式で紹介します。

 

クレジットカード診断テスト

アメックスはマイルがガンガン貯まる!メンバーシップリワード・プラスを活用しよう

アメックスのクレジットカードでは、幅広い航空会社のマイルを実質無期限で貯められるのが、最大のメリットです。

 

アメックスの利用では、100円に1ポイントの「メンバーシップリワード」が貯まり、税別3,000円の「メンバーシップリワード・プラス」で、お得にマイルを交換することができます。

 

メンバーシップリワードからのマイル交換では、マイル還元率は0.5%とレートが悪くなってしまいますが、メンバーシップリワード・プラスで0.8%〜1.0%にマイル還元率がアップします。

 

ANAマイル 1.0%
その他航空会社のマイル 0.8%

 

ANAマイルの交換にのみ、税別6,000円の移行手数料が必要ですが、ANAマイルには1対1の等価でポイントを交換することができます。

 

アメックスのクレジットカードでマイルを貯める際には、メンバーシップリワード・プラスの利用は必須の条件となっているのですね!

 

 

メンバーシップリワードでは、ANAを含めた15社の航空会社のマイルを交換することができますが、アメックスでは各種航空会社と提携したカードも発行されています。

 

アメックスでマイルをお得に貯めるためには、カード選びが大きな重要な選択肢となっているのですね。

マイルが貯めやすいアメックス系ゴールドカード一覧

アメックスのクレジットカードでは、さまざまなマイルを貯めることが可能となっています。

 

アメックスはさまざまな航空会社と提携しており、貯めたいマイルによってもどのカードがおすすめなのかが変わってきます。

 

ここでは、とくにマイルが貯めやすいアメックス系ゴールドカードを一覧にして見ていきましょう。

ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

4.3

年会費(税抜)31000円+税
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜2.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • ANAマイルを無期限・1.0%還元で貯められる
  • ANA航空券の購入では3.0%の高還元
  • ANAカード特約店でお得にマイル還元

 

ANAマイルを効率的に貯めることができるゴールドカード「ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下ANAアメックスゴールド)」です。

 

ANAアメックスゴールドでは、通常税別3,000円のメンバーシップリワード・プラスが無料で付帯しており、ポイントを無期限で貯めることができます。

 

また、ポイントを移行手数料無料でANAマイルに1.0%還元で交換することができるほか、移行上限無しにポイントをANAマイルに交換することが可能です。

 

ANAグループでの航空券や旅行商品の購入ではポイントが2倍になるほか、ANAカード特典として1.0%のANAマイルが貯まり、合計3.0%還元となります。

 

セブン-イレブンやイトーヨーカドーといったANAカード特約店では、店舗によって0.5%〜1.0%のボーナスマイルが付与される特典もあります。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールド

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別19,000円
家族会員 税別8,000円
ETC 無料
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0%
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円

 

  • ショッピングマイル・プレミアムが無料
  • JAL航空券の購入で3.0%の高還元
  • JALカード特約店でマイル2倍還元

 

JALマイルをお得に貯めたい方におすすめのアメックスが、「JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールド(以下JALアメックスゴールド)」です。

 

JALアメックスゴールドでは、通常税別3,000円のショッピングマイル・プレミアムを無料で取得可能となっており、いつでも1.0%還元でJALマイルを貯めることができます。

 

JALグループの航空券の購入の際には3.0%のマイルを貯めることができるほか、フライトの際には区間基本マイルの25%のフライトボーナスマイルが貯まります。

 

イオンやファミリーマートなどのJALカード特約店ではマイルが2倍還元になる特典があり、ガンガンJALマイルを貯めることができるのですね。

 

カード特典としてJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用することが可能となっており、JALグループでのフライトの際にもスマートに搭乗することができるのですね。

 

JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ

 

公式サイトを見る

年会費 税別31,000円
家族会員 税別15500円
ETC 無料
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0%
旅行保険 国内:最高5,000万円
海外:最高1億円

 

  • ショッピングマイル・プレミアムが無料
  • JAL航空券の購入で4.0%の高還元
  • コンシェルジュ・プライオリティパスが付帯

 

最上級のサービスをうけられるJALカードを求めている方には、「JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ(以下JALアメックスプラチナ)」がおすすめです。

 

JALアメックスプラチナでは、ショッピングマイル・プレミアムが無料で付帯しますので、カードの利用で1.0%の還元率でJALマイルを貯めることができます。

 

また、JALグループの航空券の購入でアドオンマイルが付与される特典がありますので、4.0%の高還元でJALマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

JALアメックスプラチナには、プラチナカード特典としてコンシェルジュやプライオリティパスが付帯しており、上質な特典を利用したい方にも最適なカードとなっています。

 

プラチナ・グルメセレクションでは、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典があり、年会費以上のメリットをうけることも可能です。

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

4.8

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 海外利用分はマイル還元率1.5倍
  • デルタ上級会員のゴールドメダリオンを取得
  • スカイチームラウンジも利用可能

 

デルタ航空をよく利用する方にはおすすめのゴールドカードが、「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下デルタアメックスゴールド)」です。

 

デルタアメックスゴールドでは、1.0%のデルタスカイマイルを貯めることが可能となっており、海外利用分はマイル還元率が1.5倍になる特典があります。

 

また、デルタ航空の航空券の購入では3.0%還元でマイルを貯められる特典があり、航空券の購入からお得にマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

デルタアメックスゴールドの最大のメリットは、デルタ航空のゴールドメダリオン資格を取得することができる点です。

 

シートの無料アップグレードや各種優先手続きをうけられるだけではなく、世界のスカイチームラウンジを利用することができる特典も用意されています。

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード

4.2

年会費(税抜)35,000円+税
家族カード(税抜)17,500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜5.0%
申込資格20歳以上、ご本人に安定継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5000万
国内最高5000万円
  • ANAをはじめとした15社のマイルを1.0%還元で貯められる
  • スカイトラベラー5倍ボーナスで最大5.0%還元
  • 新幹線・高速バスでも5.0%のマイル還元が可能

 

貯めるマイルが決まっていない方には「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード(以下スカイトラベラープレミア)」がおすすめです。

 

スカイトラベラープレミアでは、貯まったマイルをANAをはじめとした15社以上のマイルに等価で交換することが可能となっています。

 

ANAマイルの交換にのみ税別5,000円の移行手数料が必要ですが、15社のマイルを1.0%還元で貯めることができますので通常のアメックスよりも有利です。

 

最大のメリットとなっているのが、提携する航空会社の航空券などを購入した際のスカイトラベラー5倍ボーナスでの、マイル5.0%還元の特典です。

 

新幹線や高速バスでも5.0%のマイル還元が可能となっており、飛行機に乗らない方でもお得にマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 30社以上の航空会社のマイルを1.0%還元で貯められる
  • ボーナスポイントを含めて最大1.25%還元
  • SPGゴールド会員の資格を取得可能

 

幅広い航空会社のマイルをお得に貯めたい方におすすめのアメックスが、「スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックス)」です。

 

JAL/ANAも含めた30社以上の航空会社のマイルを移行手数料無料で貯めることが可能となっており、幅広い航空会社のマイルをお得な還元率で貯めることができます。

 

1回で20,000ポイントをマイルに交換した場合に5,000ポイントのボーナスポイントが付与されますので、最大1.25%還元でマイルを貯めることが可能です。

 

SPGアメックスでは、スターウッドホテルグループのゴールド会員資格を取得することができますので、客室のアップグレードなどの上質な特典をうけることが可能となっています。

 

年に1回のカードの更新時にSPG参加ホテルで利用できる無料宿泊券がプレゼントされる特典があり、年会費以上の特典をうけることができるのですね。

 

年会費で比較

ここでは、6枚のアメックスを年会費・マイル交換のコストで比較します。

 

  年会費 家族会員 移行手数料
ANAアメックスゴールド 税別31,000円 税別15,500円
(初年度無料)
無料
JALアメックスゴールド 税別19,000円 税別8,000円 無料
JALアメックスプラチナ 税別31,000円 税別15,500円 無料
デルタアメックスゴールド 税別26,000円 税別12,000円
(1枚目無料)
無料
スカイトラベラープレミア 税別35,000円 税別17,500円 ANAへの
移行のみ
税別5,000円
SPGアメックス 税別31,000円 税別15,500円 無料

 

このように、ほぼすべてのカードで移行手数料無料でマイルに交換することが可能となっています。

 

アメックスのプロパーゴールドであるアメックスゴールドでのマイル交換のコストは、

 

  • 年会費:税別29,000円
  • メンバーシップリワード・プラス:税別3,000円
  • ANAへの移行のみ税別5,000円

 

と、ANAマイルへの交換には合計で税別37,000円のコストが必要です。

 

アメックスゴールド

 

ですので、ANAマイルを貯める前提であれば、ANAアメックスゴールドの方がコストを抑えてマイルを貯めることができます。

 

また、JALアメックスゴールドでは、年会費は他のカードよりも1万円程度安く・かつ移行手数料無料となっていますので、もっともコストを抑えてマイルを貯めることができるのですね。

マイル還元率で比較

 

  貯められるマイル 還元率 特典・マイルアップ
ANAアメックス
ゴールド
ANAマイル 1.0% ANA航空券購入:3.0%
ANA特約店:1.5%〜2.0%
JALアメックス
ゴールド
JALマイル 1.0% JAL航空券購入:3.0%
JAL特約店:2.0%
JALアメックス
プラチナ
JALマイル 1.0% JAL航空券購入:4.0%
JAL特約店:2.0%
デルタアメックス
ゴールド
デルタ
スカイマイル
1.0% デルタ航空券購入:3.0%
海外利用:1.5%
スカイトラベラー
プレミア
ANAを
含む15社
1.0% 航空券購入:5.0%
新幹線・高速バス:5.0%
SPGアメックス JAL/ANAを
含む30社
1.0% ボーナス含む:1.25%

 

このように、6枚のアメックスでは基本の還元率1.0%でマイルを貯めることができます。

 

各カードで、航空券購入でマイルアップの特典がありますが、スカイトラベラープレミアでは航空券購入で5.0%還元と桁違いにマイルを貯められます。

 

また、デルタアメックスゴールドでは海外利用で1.5%還元SPGアメックスではボーナスポイントを含め1.25%還元が可能となっており、有利にマイルを貯めることが可能です。

 

  • 実際のフライトが多い
  • 海外での利用が多い
  • 普段のカードショッピング金額が多い

 

と、カード利用のスタイルによっても、どのカードがお得になるのかが変わってくるのですね!

旅行保険で比較

 

海外での利用では、「海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険で充分?保険会社と補償内容の違いを比較」で解説しているように、クレジットカードの付帯保険を非常に便利に利用することができます。

 

ここでは、6枚のアメックスの付帯保険の内容を比較します。

 

  海外旅行
保険
傷害・疾病治療 家族特約 航空便
遅延保険
ANAアメックス
ゴールド
自動付帯:
最高1億円
傷害:最高300万円
疾病:最高300万円
最高
1,000万円
JALアメックス
ゴールド
自動付帯:
最高
5,000万円
傷害:最高200万円
疾病:最高200万円
最高
1,000万円
JALアメックス
プラチナ
自動付帯:
最高1億円
傷害:最高200万円
疾病:最高200万円
最高
1,000万円
デルタ
アメックス
ゴールド
自動付帯:
最高1億円
傷害:最高300万円
疾病:最高300万円
最高
1,000万円
スカイ
トラベラー
プレミア
利用付帯:
最高
5,000万円
傷害:最高100万円
疾病:最高100万円
最高
1,000万円
SPGアメックス 自動付帯:
最高1億円
傷害:最高300万円
疾病:最高300万円
最高
1,000万円

 

アメックスのゴールドカードでは、どのカードも手厚い内容の海外旅行保険が付帯しているのが大きなメリットとなっています。

 

とくに、SPGアメックスでは傷害・疾病治療の手厚い補償に加え、航空便遅延保険も付帯していますので海外旅行にも安心して利用することができます。

 

スカイトラベラープレミアは他のカードに比べて補償が薄いものの、航空便遅延保険が付帯していますのでフライト用の補償としては充分といっていいでしょう。

空港ラウンジで比較

 

アメックスのクレジットカードには、国内主要空港のラウンジを利用できるラウンジサービスが付帯しており、同伴者も1名まで無料で利用することができます。

 

さらに、プレミアムカードの中にはVIPラウンジを含めた海外ラウンジを利用できる、上質なラウンジサービスが付帯したカードがあります。

 

JALアメックスプラチナ プライオリティパス
デルタアメックスゴールド スカイチームラウンジ

 

プライオリティパスは世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できる、非常に使い勝手のいいラウンジサービスです。

 

 

また、デルタアメックスゴールドでは、アライアンスのスカイチームラウンジを利用することができますので、世界450か所以上のラウンジを利用することができるのですね。

 

VIPラウンジでは、アルコールも含めたフリードリンクやラウンジによってはスパやダイニングも利用することが可能となっており、通常のラウンジよりも上質なサービスをうけられます。

 

付帯特典で比較

 

アメックスのクレジットカードでは、手荷物無料宅配サービスを含めた、最強の空港サービスが付帯しています。

 

基本の特典でも素晴らしいサービスをうけることができますが、JALアメックスプラチナではコンシェルジュやプライオリティパスといったプラチナ特典をうけることができます。

 

航空会社の特典として、

 

 

では、ANA/JALのビジネスクラス専用チェックインカウンターを利用することができますので、スムーズに搭乗手続きを行うことが可能です。

 

デルタアメックスゴールドでは、「ゴールドメダリオン会員資格の驚愕のメリットとは?エリートプラス会員も自動取得?」で解説しているように、デルタゴールドメダリオン資格を取得することができます。

 

デルタ航空利用の際のシートの無料アップグレードや、各種優先特典を利用することができますので、デルタ航空利用の際に最高の優越感を得ることができます。

 

SPGアメックスでは、「SPGアメックス保有でマリオットゴールド会員!最強にお得マリオットポイント」で解説しているように、SPGゴールド会員資格を取得することができます。

 

スターウッドホテルグループ利用の際の客室のアップグレードや、年間1回の無料宿泊券の特典もあり、ホテルにこだわりたい方にもおすすめです。

 

マイル還元率でカードを選ぶ際には、カード独自の特典にも注目するのもいいでしょう。

ダイニング特典を利用できるアメックスは

アメックスのプロパーゴールドカードには、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる「招待日和」のサービスを利用できます。

 

今回ご紹介した6枚のアメックスの中では、JALアメックスプラチナにのみコース料理無料の特典を利用することができます。

 

ダイニング特典が1番お得なクレジットカードは?ダイニング特典徹底比較」で解説しているように、1万円以上のコースも無料で利用できる驚異の特典となっていますので、年会費以上の特典をうけることができるのですね。

 

アメックスのクレジットカードでは、アメリカン・エキスプレス・コネクトでのダイニング特典を利用することができますが、とくにダイニング特典にこだわりたい方にはJALアメックスプラチナがおすすめです。

キャンペーンで比較

 

アメックスのクレジットカードではお得なキャンペーンも開催されており、キャンペーンで大量のマイルを獲得することが可能です。

 

  入会キャンペーン 継続ボーナス
ANAアメックスゴールド 最大60,000マイル 2,000マイル
JALアメックスゴールド 最大8,050マイル 2,000マイル
JALアメックスプラチナ 最大10,550マイル 2,000マイル
デルタアメックスゴールド 最大33,000マイル 3,000マイル
スカイトラベラープレミア 5,000マイル 5,000マイル
SPGアメックス 最大30,000ポイント 無料宿泊券

 

入会キャンペーンのお得度で比較すると、圧倒的にANAアメックスゴールドの最大60,000マイルプレゼントの特典が際立ちます。

 

60,000マイルというと、特典航空券で世界中のどこにでも行けるマイル数になりますので、入会キャンペーンで獲得できるマイル数としては圧倒的ですよね。

 

また、SPGアメックスでは、カードの継続で無料宿泊券がプレゼントされる特典がありますので、継続ボーナスとしては非常にお得な特典といえます。

 

マイルを貯めやすいアメックスランキングBEST3を発表

さまざまな項目での比較をもとに、マイルを貯めやすいアメックスランキングBEST3を発表します!

 

1位:スターウッドプリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

 

2位:デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

3位:ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

 

栄えあるランキング1位は、JAL/ANAを含めた30社以上のさまざまなマイルを最大1.25%還元で貯めることができるSPGアメックスです。

 

SPGアメックスでは、スターウッドホテルの上級会員資格も取得できることから、ホテルにこだわりたい方にもおすすめです。

 

SPGアメックスの申込みはこちら

 

2位には、デルタ航空のスカイマイルを最大1.5%還元で貯めることができる、デルタアメックスゴールドがランクインしました!

 

デルタアメックスゴールドでは、デルタ航空の上級会員資格も取得することができますが、貯めることができるマイルがデルタ航空のみなのがSPGアメックスとの差です。

 

デルタアメックスゴールドの申込みはこちら

 

3位は、国内線での使い勝手抜群のANAアメックスを1.0%還元で貯められるANAアメックスゴールドがランクインしました!

 

ANAアメックスゴールドの申込みはこちら

マイル還元率はもちろん、特典や付帯保険も総合的に比較しよう

今回は、とくにマイル還元に強い6枚のアメックスを、マイル還元率だけではなくさまざまな角度から比較してきました。

 

 

と、各カードで他のカードにはない特典が用意されています。

 

今回は、ランキングということで、マイル還元率・貯められるマイルの幅広さをもとにSPGアメックスを1位にランクインさせました。

 

利用するシーンによって、お得になるカードは変わってきますので、自分の利用するスタイルをもとにカードを選ぶようにしましょう!