MAMOLEADはセキュリティ最強!世界初ロック機能付きクレジットカード!

 

世界初のロック機能付きカードとして、第三者による不正利用が不可能なセキュリティ最強カード「MAMOLEAD(マモリード)」が三井住友カードから発表されました。

 

三井住友カードは、世界的にもセキュリティ性の高いクレジットカードのパイオニアとなっており、MAMOLEADの発表がクレジットカードのセキュリティの概念を変えることも予想できます。

 

今回は、未来のクレジットカードの形を考えさせてくれるクレジットカード・MAMOLEADの全貌を分析します!

 

クレジットカード診断テスト

世界初となるロック機能付きカード「MAMOLEAD」とは?

 

三井住友カードが世界最大級の家電の見本市「CES2018」で発表した、これまでにない最強のセキュリティ性を持ったクレジットカードが「MAMOLEAD」です。

 

MAMOLEADの最大の特徴は、世界初のロック機能付きクレジットカードとして、

 

  • LEDランプ
  • 液晶
  • タッチ式ボタン

 

が、券面に搭載されている点です。

 

通常のクレジットカードと同様のサイズでありながら高寿命のバッテリーを内蔵しており、これまでにないカードとなっています。

 

MAMOLEADでは、カード券面に16桁のカード番号のうち8桁までしか印刷されておらず、ボタンでパスコードを入力することで残りのカード番号が表示されます。

 

 

パスコードを入力しない限り磁気ストライプ・ICチップも機能しませんので、万が一第三者の手にカードが渡ってしまった場合でも不正利用は不可能です。

 

クレジットカードを利用するうえでの最大の心配は、紛失や盗難でのクレジットカードの不正利用による被害です。

 

MAMOLEADでは発想のスケールが違うセキュリティ機能で、世界一安心して利用できるクレジットカードとなっているのですね!

 

MAMOLEADはいつから使えるの?

ラスベガスで開催された「CES2018」で、MAMOLEADの2018年中の日本市場での展開が計画されていることが発表されました。

 

券面にロック機能が搭載された斬新なクレジットカードであるMAMOLEADですが、カードの薄さは通常どおりで、一般的なカードリーダやATMでも利用可能です。

 

通常のVISA加盟店での利用が可能となっていますので、加盟店側としては新たな端末の導入や決済インフラは変更することなくMAMOLEADを利用することができるのですね。

 

MAMOLEADというネーミングには、

 

  • 守る人
  • 守りをリードする人

 

という意味合いが込められており、セキュリティ機能で他社をリードする三井住友カードの意気込みが現れています。

 

日本ではキャッシュレス化が遅れていることは周知の事実となっており、さまざまなキャッシュレス決済が可能なローソンですら、8割が現金決済という現状です。

 

その背景には「クレジットカードは落としたら大変なことになる」という不安感があるのは明らかで、MAMOLEADの登場によって意識改革にもつながるのではないでしょうか。

 

キャッシュレス決済が普及することで、人的コストの削減にも繋がり、経済のさらなる発展も期待できます。

 

MAMOLEADが発行されることは、単にセキュリティ性能が優れたクレジットカードが発行されるというだけではなく、国内の決済方法を根本から変える可能性もあるニュースといえるでしょう。

MAMOLEADってどんなカード?気になるロック機能の全貌は

 

世界最大級の家電見本市「CES2018」で電撃的に発表されたMAMOLEADですが、あまりにも新しすぎるカードで詳細がわからないという方も多いのではないでしょうか?

 

MAMOLEADの最大の特徴となるロック機能を提供しているのが、米国のベンチャー企業である「Dynamics Inc.」です。

 

Dynamics Inc.はCES2018で「セキュリティー技術に関するイノベーション最優秀賞」を含む「CES イノベーション賞」を計4賞受賞しており、世界最高峰のセキュリティとして認められています。

 

MAMOLEADの特徴は見た目にも顕著で、券面の液晶やボタンなど、見た目にもクレジットカードというよりも新型のガジェットというべき、MAMOLEADの全貌を掘り下げていきます。

ロック番号の設定方法

MAMOLEADの最大の特徴となっているのが、世界初のロック機能付きクレジットカードである点です。

 

MAMOLEADでは、クレジットカードの4桁の暗唱番号とは別に、カードをアクティベートするための4〜8桁のパスコードをユーザーが任意に設定します。

 

 

カードに搭載されているボタンは1〜5までですので、1〜5までの数字の組み合わせで最大8桁設定可能となっており、カードが届いたらユーザーがパスコードを入力し設定します。

 

8桁で設定した場合の組み合わせは約40万通りとなりますので、不正に取得した第三者が人力でパスコードを発見するのはほぼ不可能です。

 

一定数パスコードの入力を間違えるとロックがかかり、リセットするまで使えなくなりますので、第三者による不正利用の心配が限りなく少ないのですね。

店舗での利用方法

店舗で利用する際には、事前にパスコードを入力してMAMOLEADにカード番号を表示させてから、通常のVISAクレジットカードとして利用することができます。

 

パスコードでのアクティベートを行うことで、はじめて磁気ストライプ・ICチップが機能しますので、パスコードを入力せずにカードを利用することは不可能です。

 

パスコードの入力ボタンに関しても工夫されており、

 

  • ON/OFFボタンは誤作動を防ぐための押し込み式
  • 1〜5のボタンはすぐ押せるようにタッチボタン式

 

と、パスコードの入力に負担がないように設計にも配慮されているのですね。

 

カードを利用する際にその都度パスコードを入力する、というとちょっと面倒に感じてしまうかも知れませんが、スムーズに入力できる工夫が施されています。

 

また、ボタン入力でLEDも点灯するので、近未来的なガジェットとしても非常におもしろいカードですよね。

カード番号のオートオフ

MAMOLEADを利用後にもう一度ON/OFFボタンを押すことで、即時カード番号の表示を消すことができます。

 

また、ON/OFFボタンを押し忘れてしまった場合でも、8分間で自動的に電源がオフになり、カード番号・磁気ストライプ・ICチップの機能がオフになります。

 

万が一、電源を入れたままカードを紛失してしまった場合でも、8分間でカードが使えなくなりますので、第三者による不正利用の心配はありません。

 

電源のON/OFFを利用の都度に気にしなくていいように配慮されているのも、ユーザー目線としては非常に嬉しいメリットですよね。

電池のもちは?

MAMOLEADに搭載されている電池は、5年以上駆動する高寿命の電池が搭載されています。

 

一般的なクレジットカードと同じ、1mmに満たない薄さのカードに電池を搭載するだけでも驚きですが、5年間の長寿命というのはまさにニュータイプです。

 

三井住友カードの有効期限は通常5年程度となっていますので、カードの更新まで充分電池の寿命がもつのですね。

 

また、MAMOLEADは電池や基盤が入った精密機器でありながら、手で曲げられるほど柔軟な作りになっているのもひとつの特徴です。

 

柔軟な作りになっていることで、一般的なATMなどにカードを通した時にもトラブルなくカードを利用することができるのですね。

公共料金の支払いは通常のクレジットカード同様

MAMOLEADではパスコードを入力しないとクレジットカードとして機能しませんので、公共料金の支払いなどが不安という方も多いのではないでしょうか?

 

ただし、

 

  • 水道・光熱費
  • 固定・携帯電話料金
  • NHK受信料

 

など、公共料金の支払いの場合には、通常のクレジットカード同様に自動引き落としで利用することが可能となっています。

 

また、カード番号を入力することで決済できる、ネット通販の利用なども通常どおり利用することができますので、カードの利用で制限されてしまうようなことはありません。

 

セキュリティ性能と利便性を天秤にかける必要が無い点も、MAMOLEADの大きなメリットであるといえるでしょう。

セキュリティ最強のMAMOLEADは海外で抜群の効果を発揮する!

 

世界最高峰のセキュリティ機能を発揮するMAMOLEADは、海外旅行用のカードとして最強の威力を発揮します。

 

海外でクレジットカードを紛失してしまった場合、日本国内でのカードの紛失よりもダメージは大きくなってしまいます。

 

しかし、ロック機能のついたMAMOLEADでは、万が一カードが第三者の手に渡ってしまった場合でも、不正利用のリスクを最小限に抑えることが可能です。

 

海外旅行に持っていくクレジットカードとして、MAMOLEADは新しいスタンダードなカードとなるのではないでしょうか?

 

また、セキュリティ機能だけではなく、三井住友カードの発行するカードであることから、

 

  • VISA/Mastercardブランドでの圧倒的な決済力
  • 海外ATMでの使い勝手の高さ
  • エアライン&ホテルデスクなどの三井住友カードの優秀な付帯サービス

 

なども、海外用に利用するクレジットカードとしては最適です。

 

三井住友カードでは、VISAとMastercardの両ブランドのカードをもつ「デュアル発行」を利用することができるのも大きなメリットです。

 

MAMOLEADでもデュアル発行が可能となれば、最強のセキュリティ機能をもったカードを2枚持ちすることが可能となり、海外旅行用の最強のカード布陣を作ることができますよね!

MAMOLEADをオススメできるのはこんな方

これまでも、顔写真入りのクレジットカードやICチップクレジットカードなど、業界に先駆けたクレジットカードを発行してきたパイオニアが三井住友カードです。

 

三井住友カードが次世代のクレジットカードのスタンダードとして送り出すMAMOLEADが、クレジットカードのセキュリティの考え方を変えるのは間違いないでしょう。

 

MAMOLEADをオススメすることができるのは、3つのタイプに分けられます。

クレジットカードのセキュリティ機能にこだわりたい方

MAMOLEADの最大のメリットとなっているのは、世界初のロック機能を搭載した最強のセキュリティ機能でしょう。

 

パスコードでアクティベートしない限り、カード番号はおろか、磁気ストライプ・ICチップも機能しないただの板です。

 

万が一の紛失・盗難の場合でも、第三者による不正利用のリスクを最小限に抑えることができますので、セキュリティ機能にこだわりたい方は一択で利用するべきです。

 

たとえば、限度額が200万円のクレジットカードを持ち歩く、というのは見かたを変えたら200万円を持ち歩いているようなものですよね。

 

いかに、自分で自分の身を守るか?というのも、キャッシュレス時代を安全に生き抜く知恵となってくるのではないでしょうか。

新しいデバイスやガジェットが好きな方

MAMOLEADはセキュリティ機能もさることながら、その近未来的なコンセプトがたまりません!

 

通常のクレジットカードと同様の薄さのカードに、液晶・ボタン・LEDが搭載されているのは少年の心をくすぐりますよね。

 

私自身もそうですが、ボタンでパスコードを入力してLEDが点灯するクレジットカードというと、触ってみたくなりませんか?

 

単なるクレジットカードとしてではなく、新しいデバイスやガジェットがお好きな方にも、最高のオモチャとなるのではないでしょうか。

海外旅行に出かける機会の多い方

MAMOLEADのセキュリティ性の高さをもっとも感じることができるのが、海外旅行に出かける機会の多い方でしょう。

 

海外旅行の際には、日本国内に比べて置き引きや盗難のリスクはどうしても高くなってしまいます。

 

また、単純にカードを紛失してしまった場合でも、日本国内でのカード紛失の場合よりもリスクが高くなってしまうのは致し方ない点です。

 

MAMOLEADであれば、万が一海外で紛失・盗難の被害にあってしまった場合でも、不正利用のリスクを限りなくゼロに近く抑えることができます。

 

三井住友カードのクレジットカードであることから、海外での使い勝手の高さはお墨付きがありますので、海外用の新しいスタンダードなクレカになるのは間違いないでしょう!

MAMOLEADのデメリット

MAMOLEADを利用する際には、任意で設定した4桁〜8桁のパスコードを入力する必要があります。

 

ロック機能が付帯している、というのがもっとも大きなメリットでありアイデンティティですが、やはり慣れないうちはパスコードの入力を面倒に感じてしまうこともあるかも知れません。

 

しかし、Apple Payのパスコードの入力や指紋認証もすぐに慣れたように、日常的に負担になるような動作ではありませんので、大きなデメリットとは言えないでしょう。

 

また、MAMOLEADが精密機器である点にも少し心配があります。

 

  • 衝撃を与えてしまった際
  • 夏場の車内などの高温の場所においていた際
  • 水に濡れてしまった際

 

上記の条件は、どれも通常のクレジットカードにも推奨できるものではありませんが、プラスチック製のカードであれば少々は持ちこたえる条件でしょう。

 

5年間の有効期限を想定してタフに作られているとは思いますが、こうした耐久性の検証もしてもらえると、より安心してカードを利用することができますよね。

MAMOLEAD搭載のカードスペックを予想!

MAMOLEAD搭載のクレジットカードは、2018年中に日本で展開されることは発表されているものの、詳細なスペックなどは発表されていません。

 

MAMOLEADの展開のスタイルも、

 

  • 既存のカードを切り替え
  • MAMOLEAD搭載の新カードを発行

 

の、どちらで展開されるのかが気になるところですよね!

 

三井住友カードとしては、新規格を搭載したカードで新規顧客の囲い込みを図りたいという意図から、新カードが登場するのではないか?と予想できます。

 

そして、気になるスペックを予想すると、

 

  • 海外利用に特化したゴールドカード以上のカード
  • MAMOLEADを普及させるために一般カードとして展開

 

と、両極端ですが、どちらの可能性も考えられるのではないか?と予想しています。

 

ゴールドカード以上のカードが濃厚なのではないか?と考えられる背景としては、MAMOLEADのカード発行コストです。

 

バッテリーや液晶を内蔵したMAMOLEADは、やはり通常のプラスチック性のカードよりも発行コストがかかることが予想できますので、年会費有料のカードになる可能性は高いでしょう。

 

ただし、新規格を浸透させるためには、誰もが持ちやすい一般カードとして展開することも充分に考えられます。

 

三井住友カードからの発表を待たないとなんともいえませんが、カードスペックをあれこれと予想していくだけでも楽しいですよね!

世界初ロック機能付きクレジットカードで最高峰のセキュリティ性を

MAMOLEADは世界初のロック機能付きクレジットカードとして、単なるクレジットカードとしてだけではなく新しいデバイスとしての期待が高まります。

 

  • パスコードの入力ではじめてクレジットカードとして機能する
  • アクティベートしないと磁気・ICが機能しないので不正利用のリスクは限りなく低い
  • 海外での新しいスタンダードなカードとして期待が高まる

 

クレジットカードを持たない現金派の方は、万が一の紛失や盗難の際の不正利用のリスクが障害になっているケースが多いでしょう。

 

クレジットカードの不正利用が増加!フィッシング被害に備えよう」でも説明をしているように、クレジットカードの不正利用の被害は年々増加しており、クレジットカードを利用する際にはセキュリティ性にも注目をするべきです。

 

世界最強のセキュリティ性が期待される、ロック機能付きクレジットカード・MAMOLEADが新たなスタンダードになる日も近いのではないでしょうか!