アメックスプラチナとダイナースプレミアム比較!年会費13万円の価値

 

「アメックスプラチナとダイナースプレミアム、持つならどっち?」

「年会費13万円を払ってカードを維持する価値はあるの?」

 

ハイステータスカードを所有しようと検討する際には、必ず比較対象にあがるのが「アメックスプラチナ」と「ダイナースプレミアム」の2枚のカードです。

 

両者のカードともに年会費もプレミアムな仕様になっており、13万円の年会費の価値があるのか?と発行を悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムには、ほかのカードにはない特典やベネフィットが豊富に用意されており、年会費以上の価値あるカードとなっています。

 

両者のカードのどちらを目指すべきか悩んでいる方のために、今回はアメックスプラチナとダイナースプレミアムを徹底的に比較してみましょう。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムを基本スペックで比較

まずは、アメックスプラチナダイナースプレミアム基本スペックから比較してみましょう。

 

  アメックスプラチナ ダイナースプレミアム
券面デザイン
年会費 税別130,000円 税別130,000円
家族会員 無料 無料
ETC 無料 無料
申込資格 インビテーション インビテーション
国際ブランド アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
還元率 1.0% 1.0%
旅行保険 国内:最高1億円
海外:最高1億円
国内:最高1億円
海外:最高1億円

 

両者のカードともに、申込みでは発行不可のインビテーション制のカードとなっています。

 

所有のためには下位のカードを保有してクレヒスを積む「修業期間」が必要ですので、どちらのカードを目指すかは重要な選択となってくるのですね。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムを比べると、基本スペックでは同一の部分も多くなっていますが、細かな機能やサービスでは違いがあります。

 

ここからは、さらに踏み込んで両者のカードの違いとなる部分を比べてみましょう。

コストで比較

家族カードを5枚以上発行するのであれば、ダイナースプレミアムの方が有利となっています。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムでは、本会員の年会費はともに税別130,000円です。

 

アメックスプラチナでは家族会員は4枚まで無料となっていますが、ダイナースプレミアムでは家族カードの発行枚数に制限はありません。

 

仮に本カード1枚と5枚の家族カードを使用した場合、1枚当たりの年会費は約2万円強で利用することができることになります。

 

また、アメックスプラチナではETCの新規発行手数料として税別850円が必要ですが、ダイナースプレミアムでは新規発行手数料も無料でETCを利用することができます。

 

本カードの年会費は同一なものの、細かなコストを比べるとダイナースプレミアムの方が有利なのですね。

使い勝手で比較

アメックス・ダイナースともに、日本国内ではJCBと提携していますので、国内での使い勝手に大きな差はありません。

 

日本国内でのシェアNO.1のJCBで利用することが可能となっていますので、国内でも使い勝手のいいカードとして利用することができるのですね。

 

海外での使い勝手では、

 

  • アメックスはヨーロッパ圏に強い
  • ダイナースはディスカバー加盟店で利用可能

 

と、それぞれのブランドで強みが違います。

 

ただし、VISA/Mastercardに比べると利用可能な店舗は少なくなっていますので、サブカードの利用は必須となっているのですね。

マイルで比較

 

マイルをお得に貯められるカードを選択するのであれば、ダイナースプレミアムの方が有利となっています。

 

  アメックスプラチナ ダイナースプレミアム
貯まるポイント メンバーシップ・リワード ダイナースクラブ
リワードポイント
ポイント付与条件 利用ごとに
100円に1ポイント
利用ごとに
100円に2ポイント
ポイント有効期限 無期限 無期限
マイル還元率 0.8%〜1.0% 2.0%

 

双方のポイントは、ANAをはじめとした幅広い航空会社のマイルに移行することができますが、マイル還元率で比較するとダイナースプレミアムの方が圧倒的に有利になっています。

 

アメックスプラチナでは、ポイントの移行レートがアップする「メンバーシップ・リワード・プラス」が無料ですので、0.8%〜1.0%の還元率でマイル移行することができます。

 

ただし、1.0%還元で交換できるANAマイルへの交換は別途税別5,000円の移行手数料が必要となり、そのほかの航空会社のマイル交換は0.8%と振るいません。

 

対して、ダイナースプレミアムはANAを含めた航空会社のマイルに1ポイント=1マイル・2.0%のマイル還元率で移行することができます。

 

2.0%還元でANAマイルを貯められるクレジットカードはダイナースプレミアムだけとなっており、ANAマイラーには最強のカードとなっているのですね。

交換対象となる航空会社はアメックスの圧勝

交換対象となる航空会社の数では、アメックスプラチナが圧勝となっており、JALマイラーの方はアメックスプラチナを選択するべきです。

 

双方のカードともに、直接JALマイルには交換することができませんが、マイルに交換可能な航空会社の数ではアメックスプラチナの方が多くなっています。

 

  • アメックスプラチナ:15社
  • ダイナースプレミアム:5社

 

アメックスプラチナはポイントを直接JALマイルに交換することはできないものの、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルを経由してJAL特典航空券の交換が可能です。

 

ブリティッシュ・エアウェイズでは、国内特典航空券を片道4,500マイルから交換できますので、JALマイルを貯めるよりもお得になるケースがあります。

 

ANA特典航空券を狙うならダイナースプレミアム、JAL特典航空券を狙うならアメックスプラチナと分けることができますね。

コンシェルジュで比較

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムでは、プレミアムカードの特権としてコンシェルジュサービスが付帯しています。

 

コンシェルジュサービスの比較では、主観も入ってしまいますがダイナースプレミアムのコンシェルジュの方が柔軟な対応をしてくれる傾向があります。

 

アメックスプラチナで断られてしまった相談でも、ダイナースプレミアムのコンシェルジュでは対応してくれたという例も多くなっているようですね。

 

また、ダイナースプレミアムではダイニング特典に特化したカードの性質上、ダイニング関連の依頼では絶大な効果を発揮します。

 

対して、アメックスプラチナでは、T&E系カード最高峰のカードらしく、トラベル関連でコンシェルジュを最大限活用することができるのですね。

アメックスプラチナはカード番号での本人確認なしでスムーズ

アメックスプラチナのコンシェルジュサービスでは、カード番号での本人確認不要で利用することができますので、スムーズにコンシェルジュを利用することが可能です。

 

16桁のカード番号を覚えている方というのはまれですので、カード番号での本人確認が必要な場合、手元にカードを用意してコンシェルジュに電話をする必要があります。

 

アメックスプラチナのコンシェルジュはカード番号の確認が不要ですので、コンシェルジュの電話番号さえスマホに入力しておけば、思いついたときにすぐコンシェルジュを利用できます。

 

24時間365日対応のコンシェルジュは、小さな依頼や要望の際にも利用可能となっていますので、よりコンシェルジュを気軽にフル活用することができるのですね。

ダイナースプレミアムはメールでの依頼が可能でダイニング予約に最強

ダイナースプレミアムのコンシェルジュは、ダイニング予約で比類なき便利さを誇っています。

 

ダイナースプレミアムのコンシェルジュでは、メールでの依頼・回答が可能となっており、メモを片手に電話に出る必要なく候補となる店舗などの詳細を確認することができます。

 

人数や予算・希望などを伝えておけばメールで返答をもらうことができますので、同行する方に情報をシェアする場合でもメールを転送するだけでスマートです。

 

最初の依頼もメールで行うことができますので、夜のうちにメールで依頼を送っておき、寝ている間にメールで返答をもらうという使い方もできます。

ダイニング特典で比較

 

ダイニング特典でカードを比較した際には、ダイナースプレミアムの方が圧倒的に有利です。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムでは、ともに2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になるダイニング特典があります。

 

アメックスプラチナの「ダイニング・アクセス」と、ダイナースプレミアムの「エグゼクティブダイニング」での対象店舗数の違いを比較してみましょう。

 

アメックスプラチナ 約30店舗
ダイナースプレミアム 約320店舗

 

無料特典が利用できる店舗数が、ダイナースプレミアムの方が約10倍となっているのがわかります。

 

アメックスプラチナのダイニング・アクセスでは、都市圏の店舗が対象となっており、地方部のダイニングも網羅しているダイナースプレミアムよりも店舗数が少なくなっているのですね。

 

ただし、アメックスプラチナではディナータイムだけではなくランチでも利用可能・同一店舗での利用回数に制限なしと使い勝手にはアドバンテージがあります。

 

ダイナースプレミアムのエグゼクティブダイニングでは、同一の店舗での利用は半年に1回となっていますので、お気に入りの店舗を見つけた場合にはアメックスプラチナが有利です。

 

コース料理無料のサービスでは、1万円を超えるコースでも1名分のコース料理が無料になりますので、非常に実益的なメリットの大きいサービスであるといえるでしょう。

ダイナースプレミアムのごひいき予約は希少なダイニングサービス!

ダイナースプレミアムでは、ほかのカードには無いダイニング特典として「ごひいき予約」のサービスを提供しています。

 

ごひいき予約では、通常では予約不可の名店の、キャンセルで出た空席を予約することができるサービスです。

 

予約が半年〜1年待ちの名店で食事をするチャンスがありますので、食事にこだわりたい方には最強のサービスといえるでしょう。

 

ごひいき予約ではLINEでキャンセルでの空席を案内してくれますので、気軽に名店の予約をすることができるのですね!

 

空港サービスで比較

 

空港ラウンジサービスでは、プライオリティパスとダイナースクラブラウンジの双方を利用することができる、ダイナースプレミアムが有利です。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムでは、ともに世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスを利用することができます。

 

ダイナースプレミアムでは、プライオリティパスに加えて世界750か所以上のラウンジを利用することができる、ダイナースクラブラウンジが付帯しています。

 

双方のラウンジサービスで共通のラウンジも多くなっていますが、ダイナースクラブラウンジだけに利用できるラウンジもあり、より幅広い空港で活躍するのですね。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムともに、同行者も1名まで無料でラウンジを利用することができます。

 

プライオリティパス・プレステージ会員の年会費は通常429$の年会費が必要となっていますので、それだけで4万円以上の価値があるサービスとなっているのですね!

手荷物無料宅配サービスなどを比較

空港手荷物無料宅配サービスで比較すると、アメックスプラチナの方が有利な内容になっています。

 

アメックスプラチナ 往復2個まで無料
ダイナースプレミアム 往復1個まで無料

 

アメックスプラチナでは、海外旅行の際にスーツケースなどの手荷物2個の手荷物宅配料金が、自宅〜空港・空港〜自宅の往復で無料になる特典があります。

 

お土産などで手荷物の多くなりがちな海外旅行の際に、手荷物2個分が無料になる特典というのは大きいですよね。

 

空港手荷物宅配サービスは通常1個当たり1,500円程度が必要ですので、毎回の海外旅行のたびに6,000円相当の得をすることができるのです!

 

また、アメックスプラチナでは空港送迎の割引サービスも用意されており、T&E系最高峰のアメックスらしい特典が豊富に用意されているのですね。

 

対して、ダイナースプレミアムでは50万円以上の旅行商品をトラベルデスクで購入した場合に、空港送迎を無料で利用することができる特典があります。

付帯保険で比較

ここでは、アメックスプラチナとダイナースプレミアムの海外旅行保険の内容を比較します。

 

  アメックスプラチナ ダイナースプレミアム
海外旅行保険
付帯条件
自動付帯(一部利用付帯) 自動付帯
死亡・後遺障害 自動付帯:最高1億円
利用付帯:最高5,000万円
最高1億円
傷害治療 最高1,000万円 最高1,000万円
疾病治療 最高1,000万円 最高1,000万円
携行品損害 最高100万円 最高100万円
救援者費用 最高1,000万円 最高500万円
賠償責任保険 最高5,000万円 最高1億円
家族特約 最高1,000万円 最高1,000万円
乗継遅延費用 最高3万円 最高2万円
出航遅延・
欠航・搭乗不能
最高3万円 最高2万円
受託手荷物遅延 最高3万円 最高2万円
受託手荷物紛失 最高6万円 最高4万円

 

両者のカードともに最高クラスの付帯保険が用意されており、海外旅行の際にも安心して利用することが可能となっています。

 

アメックスプラチナは一部利用付帯となっている点など、細かな違いはありますが、利用頻度の高い傷害・疾病治療や携行品損害は同一となっており、互角といっていいでしょう。

 

ただし、海外旅行の際に備えておきたい航空便遅延保険では、アメックスプラチナの方が手厚い補償内容になっています。

 

海外旅行の際には、航空便の遅延のリスクもより高くなってきますので、手厚い内容の航空便遅延保険が付帯しているというのは大きなメリットになります。

 

旅行保険の手厚さも、トラベルに強いアメックスプラチナならではの魅力といえるのではないでしょうか。

ショッピング保険で比較

アメックスプラチナとダイナースプレミアムでは、年間500万円までの圧巻のショッピング保険が付帯しています。

 

クレジットカードのショッピング保険では、スマホやPCは補償の対象外となっていることも多くなっていますが、双方のショッピング保険ではきっちりと補償されます。

 

補償期間は90日間となっていますが、アメックスプラチナでは有料の「ショッピング・プロテクション・ワイド」で補償期間を365日に延長することが可能です。

 

ショッピング・プロテクション・ワイドでは、2つの補償プランを選択することができます。

 

  プラン1 プラン2
年間補償限度額 200万円 500万円
年間保険料 5,000円 12,000円

 

プラン1では、年間補償限度額は200万円に下がってしまうものの、コストを抑えて補償期間を延長することができます。

 

アメックスプラチナでは、そのほかにも家電総合補償サービスなどの家電に特化したショッピング補償が用意されています。

 

オプションでの補償ではあるものの、柔軟なショッピング補償をうけることができるアメックスプラチナにはメリットがありますよね!

ダイナースプレミアムではゴルファー保険も付帯で安心

ダイナースプレミアムには、手厚い内容のゴルファー保険が付帯しています。

 

賠償責任 1億円
ゴルフ用品損害 5万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円

 

ゴルファー保険としては必須ともいえるホールインワン保険に加え、高価なゴルフ用品の破損も補償してくれるというのは嬉しいですよね。

 

プレミアムカードを利用する層のユーザーであればゴルフを楽しまれる方も多いと思いますので、ゴルファー保険が付帯するのは高ポイントといえます。

 

アメックスプラチナではゴルフ保険は有料のオプションとなっていますので、ゴルファーの方にとってはダイナースプレミアムの方にメリットがありますね。

アメックスはリターン・プロテクションなどがユニーク

アメックスプラチナでは、

 

  • 不正プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • リターン・プロテクション

 

などの充実したセキュリティサービスが付帯しています。

 

不正プロテクションやオンライン/キャンセル・プロテクションなどは、ダイナースプレミアムにも付帯している使い勝手のいいセキュリティサービスです。

 

ただし、リターン・プロテクションはアメックス独自のセキュリティサービスとなっており、非常にユニークなサービスであるといえます。

 

リターン・プロテクションでは、購入店が返品を受け付けてくれない場合でも、アメックスが店舗に変わって返品対応をしてくれるサービスとなっています。

 

セール商品などの返品不可の商品の場合でも返品対応してくれますので、非常に使い勝手のいいサービスになっているのですね!

経営者のもつべきカードとして比較

 

経営者のもつべきカードとしては、格安でビジネスアカウントカードを発行できるダイナースプレミアムがお得です。

 

アメックスプラチナやダイナースプレミアムなどのプレミアムカードを利用する層の方は、個人事業主や経営者など経費支払い用のカードが必要なケースもあるでしょう。

 

個人用の支出と経費での支出を分ける場合、アメックスプラチナでは、別途アメックスビジネスゴールドやアメックスビジネスプラチナなどの法人カードが必要です。

 

ダイナースプレミアムのビジネスアカウントカードは税別2,000円で取得することができるカードとなっており、コストを抑えて経費支払い用のカードを取得することができます。

 

ダイナースプレミアムの追加カードとして発行したビジネスアカウントカードでは、ダイナースプレミアムと同じように2.0%還元でマイルにポイントを交換することが可能となっています。

 

経費支払いで最大限お得にマイルを貯められるのは、経営者の方にとって最強のメリットといっていいでしょう。

アメックスでは個人・法人でポイントを合算可能

アメックスプラチナを選択した場合は、法人カードもアメックスのビジネスカードを選択するようにしましょう。

 

アメックスでは、個人用・法人用のポイントを合算して管理することができます。

 

 

個人用・法人用でカードを使い分ける場合でも、ポイントを個人用カードに合算することができますので、経費支払いでお得にマイルを貯めることも可能です。

 

アメックスビジネスゴールドカードでは、東京駅構内からの手荷物無料宅配サービスなどのほかのカードには無いビジネスサポートも用意されています。

 

法人カードとしてのメリットも、アメックスの法人カードでは非常に大きくなっているのですね!

優越感で比較

カードを保有するうえでの優越感は、ブラックカードであるダイナースプレミアムの方が大きいのではないでしょうか?

 

インビテーションでしか保有することができないプレミアムカードでは、カードを保有することでほかのカードには無い優越感を感じることができます。

 

クレジットカードは、所有者の信用を写す鏡ともいえますので、カードを所有することでの優越感は計り知れないものです。

 

ダイナースプレミアムは、ハイブランドのダイナースクラブカードの最上位カードとして、ブラックカードとしてのステータス性があります。

 

対して、アメックスプラチナには、さらに上位のカードとしてセンチュリオンカードがありますので、あくまでもカードランクはプラチナカードなのですね。

 

 

上質な大人がもつべきカードとしては、ダイナースプレミアムが有利であるといっていいでしょう。

インビテーションの難易度で比較

双方のカードともに、カードを所有するためにはインビテーションが必要ですが、インビテーションの難易度はアメックスプラチナの方がやさしいと考えられます。

 

アメックスプラチナとダイナースプレミアムは、申込みでの取得は不可となっており、カードの取得のためにはインビテーションをうける必要があります。

 

インビテーションの基準は、

 

  • 1年以上の継続した同ブランドのカードの利用
  • 年間100万円以上の継続的な利用

 

などがあげられますが、ダイナースプレミアムの場合は、インビテーションに必要なクレジットヒストリーを積むためのダイナースクラブカードの取得難易度も低くありません。

 

 

アメックスプラチナのインビテーション取得に必要なアメックスゴールドは、比較的低収入の方でも審査通過の実例が多く、審査に通過しやすいカードといわれています。

 

ほかのカードの審査に落ちてしまった方の場合でも取得しやすくなっており、審査のハードルの低いゴールドカードといえるのですね。

 

インビテーションに必要なアメックスゴールドの審査のハードルが低いため、アメックスプラチナの方が取得しやすい、と考えてもいいでしょう。

 

2019年4月8日よりアメックスプラチナが申し込み可能となりました!

 

これで、クレヒスを積んでインビテーションを待たなくても入手できる可能性があがりましたね。

 

アメックスは、現利用者の審査を優遇する傾向が高いです。

 

すでにアメックスゴールドや、SPGアメックスなど利用してる方なら審査通過する可能性がグンと上がりますよ!

 

 

審査が心配な方は、「アメックスプラチナの審査基準は?年収400万でも通る?」の記事もチェックしてくださいね。

年会費13万円対決・勝つのはどっち?

アメックスプラチナとダイナースプレミアムは、ともに年会費13万円と高額な年会費が必要ですが、特典やサービス内容を見たら年会費分の価値があるとおわかりいただけたと思います。

 

  • コンシェルジュサービス
  • プライオリティパス
  • 手荷物無料宅配サービス
  • コース料理無料の特典

 

など、現金に換算することができる特典だけでも、年会費13万円の価値は充分にあるといってもいいのではないでしょうか?

 

実益的な特典ももちろんですが、プレミアムカードの場合はカードを取得することでの優越感も大きな目的のひとつといっていいでしょう。

 

ここまでのまとめとして、どちらのカードのインビテーションを目指すべきなのか、まとめていきましょう。

海外旅行・出張で実用したい方はアメックスプラチナ

アメックスプラチナに優位性がある特典となるのが、トラベル関連での豊富な特典です。

 

マイル還元率だけを比べるとダイナースプレミアムに劣るものの、マイル移行可能な航空会社の数も多く、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルでJAL特典航空券を交換できるのも大きなメリットです。

 

T&E系クレジットカードの代表格ともいえるアメックスらしく、空港手荷物無料宅配サービス往復2個まで無料など、細かなところまで気が利いた特典が用意されているのですね。

 

航空便遅延保険の補償金額もクレジットカードの補償では最高クラスとなっており、海外旅行・出張の際の実用のカードとして最強の威力を発揮してくれます。

 

「アメックスプラチナ」という圧倒的な知名度もあり、大人がもつべきカードのステータス性としても申し分ないといっていいでしょう。

 

マイル還元率・ダイニング特典にこだわりたい方はダイナースプレミアム

ダイナースプレミアムでは、ANAマイル還元率が最高クラスの2.0%還元という圧倒的なアドバンテージがあります。

 

通常のANAカードの2倍の速度でマイルを貯めることができますので、すぐに特典航空券の交換に必要なマイル数を貯めることができますよね。

 

また、ダイナースクラブカードのアイデンティティともいえる、ダイニング特典は圧巻の一言で、ダイニング特典にこだわりたい方は迷うことはありません。

 

エグゼクティブダイニングの対象店舗数もダイナースクラブカードよりも多く設定されており、より幅広い店舗でのダイニング優待をうけることができるのですね。

 

ブラックカードとしての圧倒的なステータス性もあり、カードを保有することでの優越感も最強の1枚となっています。

 

ダイナースプレミアムのインビテーションを受けるためのダイナースクラブカードはこちら

プレミアムカードには年会費以上の価値がある!13万円の年会費は安い買い物

アメックスプラチナとダイナースプレミアムを比べてみると、細かなサービスでも年会費以上の価値があることがわかります。

 

  • ダイナースプレミアムでは2.0%のマイル還元率がお得
  • アメックスプラチナでは海外特典や付帯保険に優位性がある
  • 年会費13万円以上の特典でコスパに優れたカードといえる

 

年会費13万円というと、気後れしてしまう方もいるかも知れませんが、双方のカードでは豊富な特典で年会費以上のメリットがあります。

 

インビテーションでしか保有することができないカードとなっていますので「クレヒスは上位カードを持つために超重要!クレヒスの基準とベストな磨き方」のように、クレヒスを積むことが重要です。

 

プレミアムカードを保有して、カードランクにふさわしいライフスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか?