メンバーシップ・リワード・プラスのメリットは?ベストな入会時期と解約時期

 

「アメックスってメンバーシップ・リワード・プラス入会した方がいいの?」

「メンバーシップ・リワード・プラスってどんなメリットがあるの?」

「メンバーシップ・リワード・プラスの年会費って高くない?」

 

アメックスのクレジットカードを利用するうえでは、ポイントを有利に活用することができるメンバーシップ・リワード・プラス入会は必須となっています。

 

しかし、メンバーシップ・リワード・プラスには、税別3,000円の年会費が必要となっていますので、コストをかけるのはもったいないと思っている方も多いのではないでしょうか?

 

メンバーシップ・リワード・プラスにはベストな入会時期と解約時期があり、タイミングを守って利用することで最小限のコストでお得にポイントを活用することができます。

 

今回は、メンバーシップ・リワード・プラスのメリットと、お得な活用方法を特集します。

 

クレジットカード診断テスト

メンバーシップ・リワード・プラスを利用するメリット

メンバーシップ・リワード・プラスを利用する、もっとも大きなメリットとなるのはマイル交換時のレートアップでしょう!

 

アメックスのクレジットカードでは、有料のオプションサービスとして「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会することができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは、カード年会費に加えて税別3,000円の年会費が必要です。

 

カード年会費と合わせたコストを確認しましょう。

 

  年会費 メンバーシップ・
リワード・プラス入会時
アメックスグリーン 税別12,000円 税別15,000円
アメックスゴールド 税別29,000円 税別32,000円
ANAアメックス 税別7,000円 税別10,000円

 

メンバーシップ・リワード・プラスに入会するとコストが大きくなってしまいますので、メリットはあるのか?と疑問に思ってしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

メンバーシップ・リワード・プラスに入会することで、大きなメリットとなるのは主に2点が挙げられます。

 

  • ポイント交換・マイル交換時のレートアップ
  • ポイントの有効期限が無期限に延長される

 

このようなメリットがありますので、実質無期限で各航空会社のマイルを貯めることが可能となってくるのですね。

 

アメックスのポイントの有効期限は通常3年間となっていますが、メンバーシップ・リワード・プラスに入会することで有効期限が無期限になる特典があります。

 

さらに、通常0.3%〜0.5%程度のポイントの交換レートが約2倍になる特典がありますので、ANAマイルへの交換では1.0%還元でポイントを活用することができるのですね。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは有料のサービスではあるものの、アメックスのポイントを理想に近づけるためには必須のサービスともいえます。

マイラーにとってメンバーシップ・リワード・プラスは必須のサービス

マイラーの方にとっては、メンバーシップ・リワード・プラスは必須のサービスです。

 

アメックスのポイントは、各航空会社のマイルに通常2,000ポイント=1,000ポイントの2対1のレートで交換できます。

 

アメックスのカードの利用では、100円に1ポイントを貯めることができますので、メンバーシップ・リワード・プラス未入会の場合、マイル還元率は0.5%となっているのですね。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに入会することで、マイル交換時の還元率を0.8%〜1.0%にアップさせることが可能です。

 

アメックスのポイントは、ANAマイルをはじめとした15社の航空会社のマイルに交換することができます。

 

  必要ポイント 交換先 還元率
ANAマイル 1,000ポイント 1,000マイル 1.0%
その他提携航空会社 1,250ポイント 1,000マイル 0.8%

 

ANAマイルへの交換は別途以降手数料として税別5,000円が必要になりますが、1.0%の還元率でマイルを貯めることができます。

 

そのほかの提携航空会社のマイルにも、0.8%と高い還元率でマイルに移行することができますので、マイラーにとっては非常に大きなメリットがあるのですね。

 

JALと同じワンワールドに加盟する、ブリティッシュ・エアウェイズのマイルにも交換できますので、ブリティッシュ・エアウェイズを経由してJAL特典航空券をGETすることも可能です。

 

メンバーシップ・リワード・プラスでは、ANAマイルへの交換は年間80,000マイルまでの上限が設定されていますが、そのほかのマイルには上限無しで交換することができます。

ポイントフリーダムでのポイントの充当もレートアップ

メンバーシップ・リワード・プラスに入会すると、ポイントをカードの利用金額に充当できる「ポイントフリーダム」でのレートもアップする特典があります。

 

アメックスのポイントでは、旅行代金などの利用代金にポイントを充当することが可能です。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに未加入の場合では、換算レートは1ポイント=0.3円ですが、メンバーシップ・リワード・プラスに入会することでレートアップします。

 

航空会社での利用 1ポイント=1円
ホテル・旅行代理店での利用 1ポイント=0.8円
その他のカード利用 1ポイント=0.5円

 

このように、マイル移行での利用以外でも、メンバーシップ・リワード・プラスに入会することでポイントを有効に活用することができるのですね。

 

航空会社での利用の場合は、1.0%還元とレートも高くなっていますので、航空券の購入の場合でもお得にポイントを利用することができます。

メンバーシップ・リワード・プラスを利用できるアメックスは?

メンバーシップ・リワード・プラスを利用することができるのは、

 

 

などのプロパーアメックスに加え、ANAアメックスなどの提携アメックスも対象となっています。

 

セゾンアメックスなどは対象外となっており、アメックスの「メンバーシップ・リワード」を貯めることができるクレジットカードが対象です。

 

SPGアメックスやデルタアメックスのように、マイルを貯めることができるカードも対象外となっていますので注意が必要です。

損してない?メンバーシップ・リワード・プラスに入会・解約するベストタイミング

メンバーシップ・リワード・プラスに入会すると、税別3,000円のコストが必要となりますが、カードの入会・解約のタイミングを工夫することでコストを節約することができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは、入会後は解約をしない限り毎年自動更新となってしまいます。

 

アメックスでマイルを貯めよう!と気合を入れている方の場合は、入会後にメンバーシップ・リワード・プラスに同時入会して使い続けているという方も多いでしょう。

 

その場合はマイルに交換しない年でも、メンバーシップ・リワード・プラスの年会費だけを支払う必要があるのですね。

 

メンバーシップ・リワード・プラスの入会・解約のベストなタイミングは、

 

  • マイルの交換に必要なポイント数が貯まった段階でメンバーシップ・リワード・プラスに入会
  • マイルの交換が終わったらすみやかにメンバーシップ・リワード・プラスを解約

 

こうすることで、アメックスのポイントの有効期限である3年に1度メンバーシップ・リワード・プラスに入会・解約することで、コストが発生するのを3年に1度にすることができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは、アメックスの会員ページから簡単に入会・解約をすることができます。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは1年間の年会費なので、1年間は入会しておこうかな?と思ってしまいますが、1年経つと忘れてしまって自動更新されるケースもあります。

 

私自身も、無料期間が終わったら解約しよう、と思っているサービスが自動更新になって結局使い続けている失敗談があります。

 

1度マイルに交換したら、次にマイルが貯まるまでには期間がありますので、解約忘れを防ぐ意味でもマイルに交換したらすぐに解約するのがオススメです。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録しないと有効期限切れが心配

メンバーシップ・リワード・プラスに未加入の場合では、ポイントの有効期限切れが心配という方も多いかもしれませんね。

 

ただし、アメックスのポイントは、メンバーシップ・リワード・プラスに入会するほかにも有効期限を延長する方法があります。

 

ポイントを1度でもアイテムと交換した段階で、アメックスのポイントは有効期限が無期限に切り替わりますので、メンバーシップ・リワード・プラス未加入でも無期限でポイントを貯められます。

 

ポイントをマイル以外のアイテム交換に利用するのがもったいない、という方はポイントの有効期限が切れる3年ギリギリでメンバーシップ・リワード・プラスに入会すればOKです。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに入会時点で有効期限は無期限に延長されますので、有効期限が切れてしまう心配はないのですね。

意外と安く抑えられるメンバーシップ・リワード・プラスの損益分岐点

アメックスのポイントが切れる3年に1度、メンバーシップ・リワード・プラスに入会・解約した場合は、損益分岐点は意外と低く抑えることができます。

 

ANAマイルに交換する場合には、

 

  • メンバーシップ・リワード・プラスの年会費税別3,000円
  • ANAマイルへの移行手数料税別5,000円

 

が、カード年会費に加えて必要になりますので、メンバーシップ・リワード・プラス未加入の場合とのコスト差は8,000円です。

 

メンバーシップ・リワード・プラス未加入の場合は0.5%還元、入会で1.0%還元と0.5%のマイル還元率の違いがあります。

 

3年に1度の交換と考えると、1年あたり約3,000円のコストということになりますので、年間60万円以上のカード利用が損益分岐点となります。

 

ANA以外のマイル交換の場合は、メンバーシップ・リワード・プラスのみのコストとなりますので年間のコストはわずか1,000円です。

 

還元率の差は0.3%となりますので、年間30万円以上のカード利用が損益分岐点となるのですね。

 

アメックスのカードをお使いの方であれば、年間100万円以上の利用がある方も多くなっていますので、損益分岐点は非常に低いイメージなのではないでしょうか。

アメックスはデポジット活用でポイントの取りこぼし無し!

アメックスのクレジットカードでは、デポジットを活用することでポイントの取りこぼしなくカードを利用することができます。

 

アメックスでは、利用限度額に一律の定めなしとなっていますが、当然のことながら限度無しにいくらでも利用できるというわけではありません。

 

ただし、事前にデポジットとして入金しておくことで、実質無制限にカードを利用することができます。

 

1,000万円をデポジットとして入金しておけば、1,000万円超の金額をカード払いすることも可能です。

 

デポジットを利用できるアメックスは、メンバーシップ・リワード・プラスでのレートアップが非常に活きるクレジットカードでもあるのですね!

 

アメックスのカード利用の注意点

アメックスのクレジットカードは、税金の支払いではポイント還元率が半分になってしまいます。

 

近年では、税金もクレジット払いが可能となり、税金の支払いでポイントやマイルを貯めることも可能です。

 

ただし、アメックスのクレジットカードで税金を支払うと、200円に1ポイントと還元率が半減し、メンバーシップ・リワード・プラス入会でも0.5%還元に留まってしまいます。

 

税金の支払いに利用するカードは、リクルートカードなどの高還元のクレジットカードを用意しておきましょう。

 

アメックスプラチナはメンバーシップ・リワード・プラスが無料に!インビを目指そう

今回は、メンバーシップ・リワード・プラスのコスト削減の方法を解説してきましたが、アメックスの上位カードではそんなことを考える必要はありません。

 

アメックスの上位カードとなる、

 

 

の3枚のクレジットカードでは、メンバーシップ・リワード・プラスが無料で付帯します。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードの年会費は税別130,000円となっていますので、3,000円の年会費は誤差の範囲かも知れませんが無料付帯というのは羨ましいですよね!

 

 

ただし、アメックスのプラチナカード以上の上位カードは、申込みでは取得不可となっており、カードの取得にはインビテーションを受ける必要があります。

 

アメリカン・エキスプレス・プラチナカードのインビテーションの基準はそれほど高いわけではなく、

 

  • 1年間以上の継続したカードの利用
  • 年間100万円以上のアメックスのクレジットカードの利用

 

このような条件でインビテーションに結び付いたケースも少なくありません。

 

最強のベネフィットと、メンバーシップ・リワード・プラスの無料取得が可能な、アメックスのプラチナカードの取得を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

 

ここでは、アメックスプラチナのインビテーションを目指すことができる、アメックスの優秀なゴールドカードをご紹介します。

アメックスゴールド

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 手厚い海外旅行保険・充実した空港サービスが付帯
  • プライオリティパスを取得可能
  • 優秀な家族カードを無料で発行可能

 

ハイクラスなゴールドカードの代名詞ともいえるのが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドでは、最高1億円の手厚い海外旅行保険にくわえ、空港ラウンジサービスなどの手厚い海外特典が付帯しており、海外旅行用のカードとしては最適です。

 

プライオリティパス・メンバーシップ会員を無料で取得可能なほか、1回27$のラウンジ利用料金も年に2回無料で利用することができます。

 

無料で発行できる家族カードでは、本カードとほぼ同等の付帯保険や空港サービスをうけることが可能となっており、夫婦で使う前提での利用もオススメです。

 

ハイクラスなイメージとは裏腹に、審査のハードルは低くなっていますので、気軽に取得できるゴールドカードといってもいいのではないでしょうか。

 

 

アメックスビジネスゴールド

4.7

年会費(税抜)31,000円+税
追加カード(税抜)12,000円+税
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の個人事業主もしくは法人の代表者
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • デポジット利用可能でビジネスユースにも最適
  • 最強のステータス性をビジネスカードにも
  • ほかのカードにはないビジネスサポートが魅力

 

ビジネスカードにもステータス性の高いカードを利用したい方には「アメックスビジネスゴールド」がオススメです。

 

アメックスビジネスゴールドでもデポジットを利用可能となっていますので、ビジネスユースでの高額な決済でもカード決済することが可能となっています。

 

メンバーシップ・リワード・プラスを活用すれば、経費支払いでマイルをお得に貯めることも可能となっているのですね!

 

アメックスビジネスゴールドでは、帝国ホテルのビジネスラウンジや東京駅構内からの手荷物無料宅配サービスなどの、ほかのカードにはないビジネスサポートが用意されています。

 

単なる決済方法としてのゴールドカードではなく、ビジネスのパートナーを手に入れたい方には最適なカードとなっているのですね。

 

メンバーシップ・リワード・プラスは入会時期と解約時期を賢く使おう!

今回は、メンバーシップ・リワード・プラスのメリットと、お得な活用方法を特集してきました。

 

  • メンバーシップ・リワード・プラスでマイル還元0.8%〜1.0%
  • 入会・解約のタイミングを考えればコストを抑えて利用できる
  • 60万円以上利用するANAマイラーはメンバーシップ・リワード・プラスに入会しよう

 

メンバーシップ・リワード・プラスは年会費税別3,000円が必要な有料のサービスとなっていますが、入会でマイル還元率を0.8%〜1.0%にアップさせることができます。

 

マイル交換に必要なポイントが貯まったら入会・マイルを交換したら速やかに退会することを心がければ、3年に1回程度の会費の支払いで利用できます。

 

とくにコストの高くなるANAマイルへの交換を考えても、年間60万円以上カードを利用する方は入っておくべきサービスなのですね!