ミライノとミライノカード GOLDどっちがいい?付帯サービスの差で比較

 

住信SBIネット銀行のATM手数料の無料特典や、お得なポイント還元が魅力の「ミライノカード」。

 

ミライノカードには、ベーシックなミライノカードと上位カードのミライノカードGOLDがあり、どちらのカードで発行すべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

ミライノカードと、ミライノカードGOLDの年会費の差は約3,000円となっていますが、コスト差だけの付帯サービスの差があるのかという点が判断基準になってくるでしょう。

 

ミライノカードとミライノカードGOLDには、付帯サービスの違いだけではなく、住信SBIネット銀行での優待内容にもさまざまな違いがあるのですね。

 

今回は、ミライノカードとミライノカードGOLDの違いを多角度から検証して、どちらのカードがオススメのカードとなるのかを解説します。

 

基本スペックを比較

まずは、ミライノカードとミライノカードGOLDを基本スペックで比較していきます。

 

  ミライノカード ミライノカードGOLD
 
年会費 初年度:無料
2年目以降:税別900円
税別3,000円
家族会員 発行無し 発行無し
ETC 無料 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド JCB JCB
還元率 0.5%〜1.0% 0.5%〜1.0%
旅行保険 国内:最高2,000万円
海外:最高2,000万円
国内:最高5,000万円
海外:最高5,000万円

 

ミライノカードGOLDは、ミライノカードの上位カードとなりますので、国際ブランドや還元率は同一のものとなっています。

 

年会費の高い、上位カードのミライノカードGOLDでは、旅行保険なども手厚い内容になっているのがわかりますよね。

 

その他、細かい部分の違いについては、これから詳しく解説します。

申込資格で比較

ミライノカードGOLDはゴールドカードになっているため、20歳以上で安定した収入のある方しか申込みをすることができません。

 

学生の方の場合は、一択でミライノカードを選択する、ということになりますね。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDともに、申込みの際に住信SBIネット銀行の口座の保有は必須ではありません。

 

ただし、スマプロポイントへの交換やスマプロランクによるメリットなど、住信SBIネット銀行の口座があった方が、よりお得にカードを活用することができます。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDを申込みする際には、住信SBIネット銀行の口座もあわせて開設しておくようにしましょう。

ポイント還元率で比較

ミライノカードとミライノカードGOLDでは、ポイント還元率に違いはありませんが、ポイントの有効期限はミライノカードGOLDの方が3年間と長くなっています。

 

ミライノカードのポイントの有効期限は2年間となっていますので、1年分長くポイントの有効期限を活用することができるのですね。

 

ミライノカードとミライノカードGOLDでは、1,000円の利用で5ポイントのミライノポイントを貯めることが可能です。

 

ミライノポイントは、

 

  • キャッシュバックに利用
  • 住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換

 

の、いずれかに利用することができます。

 

ポイント利用の最小単位が1,000ポイントからとなりますのでポイントを有効期限内に利用できる、月間の最低の利用金額に違いがあります。

 

ミライノカード 月間約8,500円
ミライノカードGOLD 月間約5,500円

 

ミライノカードGOLDのほうが、よりポイントの有効期限切れのリスクは少なくなるのですね。

 

クレジットカード利用分のキャッシュバックに利用する場合には、1,000ポイント=1,000円分のキャッシュバックとなりますので、還元率0.5%で利用することができます。

 

ミライノポイントは、住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換して利用する方が、よりお得にポイントを活用できるのですね。

 

ミライノポイントは住信SBIネット銀行のスマプロポイントに、1,000ポイント=2,000ポイントの1対2のレートで交換することができます。

 

スマプロポイントは、

 

  • 500ポイント以上
  • 100ポイント単位

 

で、1ポイント=1円として現金に交換可能なポイントです。

 

スマプロポイントで交換申請をすると、申請の翌々日には口座に振込入金されますので、非常にスピーディにポイントで現金を交換することができます。

 

ミライノポイントをスマプロポイントに交換する際には、

 

  • 住信SBIネット銀行をミライノカードの引落口座に設定
  • 住信SBIネット銀行のポイントサービス規定への同意

 

が必須となりますので、ミライノカード・ミライノカードGOLDを利用する際には、住信SBIネット銀行の口座があった方が有利となるのですね。

付帯サービスで比較

 

ミライノカードとミライノカードGOLDを選択する際の、大きな判断基準となってくるのは付帯サービスの違いではないでしょうか。

 

ミライノカードGOLDでは、ゴールドカード特典として、ミライノカードよりもさらに上質な付帯サービスが用意されています。

 

ここでは、ミライノカードとミライノカードGOLDの付帯サービスが、具体的にどのように違ってくるのかを解説します。

海外特典では両カード同一のサービス内容

ミライノカード・ミライノカードGOLDは、JCBブランドのカードとなっていますので、共通の付帯サービスとしてJCBのサービスを利用することが可能です。

 

JCBの付帯サービスでは、

 

  • JCBプラザ/プラザラウンジ
  • JCB空港優待ガイド
  • JCB沖縄優待ガイド
  • JCB GLOBAL WiFi
  • 海外旅行情報サイト「たびらば」

 

などの特典を利用することが可能となっており、海外旅行の際に便利なサービスを利用することができます。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDの海外特典で、とくにお得に利用できるのが「空港宅配優待サービス」です。

 

空港宅配優待サービスでは、空港手荷物宅配サービスを基本料金の15%オフで利用することが可能となっており、旅行の際に負担になる手荷物の宅配をお得に利用することができます。

 

このように、ミライノカードでも優秀な空港サービスを利用することが可能となっているのですね!

スマプロランクで比較

ミライノカードGOLDでは、住信SBIネット銀行のスマプロランクが無条件で2ランクアップする特典があります。

 

スマプロランクは、住信SBIネット銀行の会員ランクとなっており、ランクに応じて住信SBIネット銀行のATM手数料無料などの特典をうけることが可能です。

 

ランクはランク1からスタートし、各種条件を達成することでランクアップすることができます。

 

  ランク1 ランク2 ランク3 ランク4
ATM出金手数料
無料回数
月間2回 月間5回 月間7回 月間15回
他行宛振込手数料
無料回数
月間1回 月間3回 月間7回 月間15回
ボーナスポイント       月間50ポイント

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDは、スマプロランクの対象商品となりますので、カードの保有でランクアップの対象となります。

 

スマプロランクのランクアップ条件を達成するためには、ミライノカード・ミライノカードGOLDの利用代金の引き落としを住信SBIネット銀行の口座に設定する必要があります。

 

ミライノカードGOLDでは、住信SBIネット銀行での引き落としを利用することで無条件に2ランクアップし、ランク3以上が確定します。

 

ミライノカードでは住信SBIネット銀行を引き落とし口座に設定のうえ、

 

  • カード利用金額の引き落とし1万円以上・または5万円以上
  • 外貨預金
  • 給与・賞与・年金の受け取り
  • 不動産ローン

 

などの条件を満たすことでランクアップすることが可能です。

 

ミライノカードGOLDでは、簡単にランクアップすることができますので、ATM手数料無料などの恩恵を受けやすいのですね!

ミライノカードはカードローン金利も有利に!

ミライノカード・ミライノカードGOLDでは、住信SBIネット銀行のカードローン金利が年0.1%引き下げされる特典があります。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDともに、金利優遇の対象となっていますので、カードローン利用の際にお得な金利で利用することができるのですね。

 

金利が0.1%違うと実際にどの程度の金利の違いになってくるのか、

 

  • 100万円借り入れ
  • 3年間・36か月で返済
  • 金利18.0%と0.1%引き下げで17.9%の場合

 

このような条件で比較してみましょう。

 

金利 完済時の金利
18.0% 301,468円
17.9% 299,661円

 

わずか0.1%の金利の違いでも、完済時の金利に2,000円の違いがあることがわかります。

 

住信SBIネット銀行でカードローンを利用している方にも、ミライノカード・ミライノカードGOLDはオススメのクレジットカードとなっているのですね!

付帯保険で比較

 

ミライノカードとミライノカードGOLDの大きな違いとなるのが、旅行保険の補償内容の差です。

 

国内旅行保険では、

 

  • ミライノカード:最高2,000万円
  • ミライノカードGOLD:最高5,000万円

 

と、ミライノカードGOLDの方が補償金額が大きくなっています。

 

続いて、とくに利用頻度の高くなる、海外旅行保険の補償内容の差を比較してみましょう。

 

  ミライノカード ミライノカードGOLD
海外旅行保険付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円 最高5,000万円
傷害治療 最高200万円 最高500万円
疾病治療 最高500万円
救援者費用 最高100万円 最高300万円
携行品損害 最高50万円
賠償責任保険 最高1,000万円 最高5,000万円

 

上位カードとなるミライノカードGOLDでは、傷害・疾病治療の補償金額500万円と、手厚い海外旅行保険を利用することが可能となっています。

 

ミライノカードでは、海外旅行の際に利用する頻度の高くなる、疾病治療と携行品損害の補償は用意されていません。

 

海外での急病や、デジカメなどを落としてしまった際の補償をうけることができませんので、海外旅行での実用のカードとしてはミライノカードGOLDの方がオススメです。

 

また、ミライノカード・ミライノカードGOLDともに、最高1,000万円までの家族特約が用意されていますので、家族との旅行の際も安心です。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDでは、家族カードを発行することができませんので、家族特約が付帯しているのはポイントが高いですよね!

カードのコストで比較

ミライノカード・ミライノカードGOLDは、ともに条件次第で年会費無料で利用することができるカードとなっています。

 

ミライノカード 年間10万円以上の利用で次年度無料
ミライノカードGOLD 年間100万円以上の利用で次年度無料

 

ミライノカードは、年間10万円以上の利用で次年度が年会費無料となり、初年度は年会費無料で利用できるので、実質年会費無料で利用することができます。

 

また、ミライノカードGOLDも年間100万円以上の利用で次年度無料となりますので、年会費無料で利用することができる希少なゴールドカードとなっているのですね。

 

年間100万円以上の利用というと、月間にすると約85,000円の利用で達成することができますので、メインカードとして利用すればそれほど高いハードルではないでしょう。

 

ミライノカードGOLDでは、1,000円に5ポイントのミライノポイントを貯めることができます。

 

年間100万円のカード利用では、

 

  • 5,000ポイントのミライノポイント
  • スマプロポイントに交換して現金10,000円分

 

このように、10,000円分の現金での還元をうけることができますので、初年度の年会費税別3,000円を差し引いても年間で7,000円のお得になるのですね!

 

年会費無料でゴールドカードを利用したい、という方にもミライノカードGOLDはオススメのカードとなっているのですね。

審査で比較

審査で比較をすると、やはりゴールドカードである以上、ミライノカードGOLDの方が若干ハードルは高くなっています。

 

申込み資格で比較をしても、

 

ミライノカード:高校生を除く18歳以上の方

ミライノカードGOLD:20歳以上で安定した収入のある方

 

となっていますので、学生や専業主婦の方はミライノカードGOLDを申込みすることはできない、ということになっています。

 

ただし、ミライノカードGOLDの年会費は税別3,000円と、格安ゴールドカードといえるカードとなっていますので、極端に審査難易度が高いということもないでしょう。

 

また、ミライノカードGOLDの審査をうけた場合でも、審査の結果次第でミライノカードが発行されることがあります。

 

ミライノカードGOLDの審査をうけても、審査基準に満たない場合は一発アウトではなく、ミライノカードでのダブルチャンスがあるというのは嬉しいですよね。

ミライノカード審査の際の注意点

ミライノカードGOLDの審査をうけた場合でも、ゴールドカードの審査基準に満たない方の場合は通常のミライノカードが発行されるケースがあります。

 

ただし、その場合に発行されるカードはクレジットカード単体のカードとなっており、QUICPayの機能が搭載されていないカードが発行されますので注意が必要です。

 

Apple Payなどを利用する前提でカードを発行する場合には、クレジットカード単体のミライノカードでは利用することができません。

 

Apple Payを利用する前提で、ゴールドカードの審査に自信があまり持てない方は、QUICPay一体の一般カードを発行してクレヒスを積んだ方がいいかも知れませんね。

こんな人はミライノカードがオススメ

コストを抑えて高還元でクレジットカードを利用したい方には、ミライノカードがオススメです。

 

 

  • コストをかけずにカードを利用したい方
  • 高還元のクレジットカードが欲しい方
  • 住信SBIネット銀行を利用している方

 

ミライノカードでは、初年度年会費無料で、年間10万円以上のカードの利用があれば次年度も無料でカードを利用することができます。

 

初年度から完全年会費無料で利用することが可能となっていますので、コストをかけずにカードを利用したい方にもオススメです。

 

また、カードの利用で貯めたポイントは、住信SBIネット銀行のスマプロポイントに交換することで、1.0%還元で利用することができます。

 

スマプロポイントは現金に交換することができる希少なポイントとなっていますので、高還元でお得にポイントを活用したい方にも最適です。

 

スマプロポイントの利用には住信SBIネット銀行の口座が必要になりますので、住信SBIネット銀行の口座を保有している方にもお得なカードとなっているのですね。

 

こんな人はミライノカードGOLDがオススメ

上位カードとなるミライノカードGOLDでは、住信SBIネット銀行でのより手厚いサービスをうけることができます。

 

 

  • 年会費無料でゴールドカードを利用したい方
  • 住信SBIネット銀行の手数料を節約したい方
  • よりゆっくりとポイントを貯めたい方

 

ミライノカードGOLDでは、年間100万円以上のカードの利用で次年度の年会費が無料になる特典があります。

 

実質年会費無料で利用することができるゴールドカードは希少となっていますので、年会費無料で利用できるゴールドカードをお探しの方にも最適です。

 

ミライノカードGOLDの利用料金の引落口座を住信SBIネット銀行の口座に設定すると、スマプロランクが無条件で2ランクアップする特典があります。

 

ATM手数料の無料回数や、他行宛ての振込手数料が有利になる特典がありますので、住信SBIネット銀行の手数料を節約したい方にもオススメです。

 

ゴールドカード特典として、ポイントの有効期限も3年間と長くなっていますので、ゆっくりポイントを貯めたい方にもピッタリですね。

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDは住信SBIネット銀行利用者は必携

今回は、住信SBIネット銀行のミライノカードミライノカードGOLDを、さまざまな角度から比較してきました。

 

  • ともに高還元での現金交換が魅力
  • ミライノカードGOLDはスマプロランク2ランクアップ
  • ミライノカードGOLDも実質年会費無料で利用可能

 

ミライノカード・ミライノカードGOLDでは、共通の特典として、1.0%還元でスマプロポイントでの現金還元をうけることができる特典があります。

 

ミライノカードGOLDでは、住信SBIネット銀行のスマプロランクが2ランクアップする特典もありますので、住信SBIネット銀行を利用している方には必携です。

 

ミライノカードミライノカードGOLDともに、年間の利用金額によって実質年会費無料になる特典がありますので、コストをかけずにカードを維持したい方にも最適です。