トリバゴとトリップアドバイザー比較!ホテルが最安値で予約できるのはどっち?

 

「トリバゴとトリップアドバイザーってどっちを使うべき?」

「ホテルを1番お得に予約できるサイトを教えて」

「ホテルの比較サイトに違いってあるの?」

 

少しでも安くホテルを予約したい!と、ホテル比較サイトを利用している方も多いのではないでしょうか?

 

代表的なホテル比較サイトとしては「トリバゴ(trivago)」と「トリップアドバイザー」の2つのサイトが有名ですが、どちらのサイトでもホテルの最安値は同じなのでしょうか。

 

ホテル予約サイトはどこも同じ、と思っている方も多いかも知れませんが、トリバゴとトリップアドバイザーはそれぞれ特徴やメリットが異なります。

 

今回は、 トリバゴ(trivago) トリップアドバイザー をさまざまな角度から比較し、どちらのサイトがよりお得にホテルを予約することができるのかを検証します。

 

トリバゴとトリップアドバイザーを基本情報から比較

 

トリバゴ(trivago)とトリップアドバイザーは、ホテル予約サイトの最安値を見つけることができる「ホテル料金比較サイト」です。

 

まずは、それぞれのサイトの基本情報をみてみましょう。

 

  トリバゴ(trivago) トリップアドバイザー
運営会社 ドイツ アメリカ
掲載サイト数 200社以上 200社以上
掲載ホテル数 140万件以上 750万件以上

 

基本情報で比較すると、掲載ホテル数は圧倒的にトリップアドバイザーの方が多くなっています。

 

というのも、トリップアドバイザーの目玉が豊富な口コミ投稿となっており、口コミが投稿されたホテルが自動的にトリップアドバイザーに登録されます。

 

通常の旅行サイトに掲載していないような小規模の海外ホテルも登録されていますので、掲載ホテル数は非常に多くなっているのですね。

 

ただし、そうした小規模のホテルの場合、掲載はされていてもオンライン予約が対象外になっているケースもあります。

 

有効に利用できるホテル数を比べると、トリバゴとトリップアドバイザーで大きな違いはない、といっていいのではないでしょうか。

 

ホテル比較サイトとは?

ホテル比較サイトとホテル予約サイトとなにが違うの?と思っている方もいるかも知れませんね。

 

楽天トラベルなどのホテル予約サイトの場合、ホテルからの依頼で予約プランを掲載しています。

 

ホテル予約サイトはそれぞれのサイトでターゲット層が変わり、ホテル側も掲載するサイトによってプランや料金を変えることが多くなっています。

 

同じ日に、同じホテルの同じ部屋で予約をする場合でも、ホテル予約サイトによって料金が違ってくるというのはよくある話です。

 

トリバゴやトリップアドバイザーのようなホテル料金比較サイトは、各サイトに掲載された予約情報を収集して、その日の最安に近いホテルを検索することができるのです!

トリバゴの特徴

 

トリバゴというと、印象的なテレビCMを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

 

 

CMの効果もあり、トリバゴは注目を集めているホテル比較サイトとなっています。

 

実際のサイトの印象も、CMの印象どおりのシンプル&スタイリッシュなイメージになっており、はじめて利用する人でも使いやすいデザインです。

 

お得なホテルを調べたいけど、面倒な操作はイヤだ!という方にも安心して使えるサイトといえるでしょう。

 

トリバゴ(trivago)をチェックする!

トリップアドバイザーの特徴

 

トリップアドバイザーの大きな強みになっているのは、6億件を超える口コミ投稿です。

 

 

各ホテルに大量の口コミが投稿されており、実際にホテルを利用した方の生の声を見ることができるというのは嬉しいですよね。

 

エリアごとに口コミでオススメされているランキングも見ることができますので、はじめてのホテルでも安心して選択することができます。

 

無料のWi-Fiやレストランなどの情報がアイコンで表示されているのもわかりやすいですよね!

 

トリップアドバイザーをチェックする!

使い勝手で比較

ホテル比較サイトを利用するうえでは、実際に比較する際の使い勝手が大きな判断基準になってきます。

 

私自身が実際にトリバゴとトリップアドバイザーを使用したところ、若干の使い勝手の違いがありました。

 

ここでは、両者のホテル比較サイトの使い勝手を比較します。

検索の使用感で比較

検索の使用感で使いやすいと感じたのはトリップアドバイザーです。

 

 

トリップアドバイザーでは、トップページから目的のエリア・宿泊日・宿泊の人数で順を追って選択すると、検索をすることができます。

 

トリバゴではトップページが非常にシンプルで、宿泊のエリアを選択すると掲載ホテルがずらっと表示されます。

 

トリバゴでは宿泊日・人数などを検索結果の画面から入力する必要がありますので、はじめて使う方は流れで検索できるトリップアドバイザーの方が簡単かも知れません。

絞り込み条件で比較

絞り込み条件を細かく設定することができるのは、トリバゴの方が絞り込みの項目が多くなっています。

 

トリバゴ検索結果

 

ホテルを予約する際には、夕食・朝食の有・無や駐車場などの条件で絞り込んで検索をしたいですよね。

 

トリップアドバイザーでは、夕食込みの絞り込み検索ができませんでしたので、宿泊の際には食事も楽しみという方はリンク先の予約サイトで検索しなおす必要があります。

 

トリップアドバイザー検索結果

 

ただし、カプセルホテル・民宿・ホテルといったホテル種別の絞り込みは、トリップアドバイザーの方が使い勝手が良くなっていました。

 

トリバゴでは、ホテルで絞り込んで検索してもカプセルホテルが出てしまいますので、カプセルホテルはちょっと、という方は検索結果を取捨選択する必要があります。

 

トリバゴ(trivago)をチェックする!

両者を使用した際の気づき

リンク先のホテル予約サイトとの相性にもよるかも知れませんが、トリップアドバイザーでは子供で入力した人数が、リンク先で大人としてカウントされていました。

 

実際に連休の家族旅行の予約を、と思い「大人2人」「子供2人」で、トリバゴ・トリップアドバイザーで検索をしてみました。

 

双方のサイトから楽天トラベルのリンクに飛んでみると、トリバゴ経由では大人2人・子供2人で反映されていましたが、トリップアドバイザー経由では大人4人になったのです。

 

リンク先の楽天トラベルのサイトで大人2人・子供2人に変更したところ、料金に差異はなかったので問題はないかも知れませんが、子供さんのいるご家庭では確認した方がいいでしょう。

最安値で比較

 

ホテル比較サイトは、最安値で予約できることがアイデンティティとなっています。

 

実際にトリバゴとトリップアドバイザーでは、どちらが最安値の検索結果を導き出すことができるのでしょうか?

 

日付・エリアの条件を変えて、実際に検索結果を比較してみました!

検索結果① 5月10日から1泊・新宿エリア

  トリバゴ(trivago) トリップアドバイザー
対象サイト るるぶトラベル Agoda.com
ホテル ホテル浅草&カプセル ハルホテル
料金 1,597円 1,864円

 

トリバゴでは、検索結果に970円のホテルなどもありましたが、当日誕生日の方限定のプランとなっていましたので除外しました。

 

こうした、特殊な条件での検索結果が出るのは、少しマイナスポイントとなりますよね。

 

ただし、それを除外してもトリバゴの方が安値のプランを検索することが出来ました。

検索結果② 5月6日から1泊・広島エリア

  トリバゴ(trivago) トリップアドバイザー
対象サイト Booking.com Booking.com
ホテル カプセルホテルCube ゲストハウスカープ
料金 2,100円 1,800円

 

広島エリアでの検索では面白い検索結果になりました。

 

両者ともに同じBooking.com掲載のホテルを最安値で表示しているにも関わらず、対象のホテルが違い、料金はトリップアドバイザーの方が安くなっています。

 

また、トリバゴで最安値と検索されたカプセルホテルCubeは、トリップアドバイザーではAgoda.com経由では1,954円で予約が可能となっていました。

検索結果③ 4月20日から1泊・名古屋エリア・ビジネスのみ

  トリバゴ(trivago) トリップアドバイザー
対象サイト るるぶトラベル 楽天トラベル
ホテル ビジネスホテルオイセ ニュー松竹梅
料金 2,393円 2,550円

 

名古屋エリアでは、カプセルホテルを除外してビジネスホテルのみを検索してみました。

 

トリップアドバイザーでは500円からというプランがありましたが、シニアバースデイ限定ということで除外しました。

 

トリバゴでもそうでしたが、楽天トラベルではそうした限定のプランがヒットする可能性が高いので注意が必要です。

こんな人はトリバゴがオススメ

 

口コミでの情報よりも、実際に自分で拘って条件を検索したいという方にはトリバゴがオススメです。

 

トリバゴでは、非常に細かい絞り込み条件で検索することが可能となっていました。

 

カプセルホテルやホステルなどの掲載件数も非常に多く、とにかく安くホテルを探したい!という方にはぴったりです。

 

実際の検索結果でも、トリップアドバイザーよりも安いホテルがヒットすることが多くなっています。

 

トリップアドバイザーより投稿件数は少ないものの、トリバゴでも口コミを確認することができますので、失敗しないホテル選びをすることができるのではないでしょうか。

 

トリバゴ(trivago)をチェックする!

こんな人はトリップアドバイザーがおすすめ

 

使い勝手&安心感を求める方にはトリップアドバイザーがおすすめです。

 

実際に検索をして感じましたが、トリップアドバイザーのUIは非常に使いやすく、過去の検索の履歴なども記憶してくれています。

 

いろいろな日程・エリアで検索したい、という方には使い勝手が良いでしょう。

 

また、トリップアドバイザーの大きなメリットとなるのが膨大な口コミ投稿の数です。

 

いい情報も悪い情報も見ることができますので、初めて利用するホテルで夢を打ち砕かれるリスクは少ないでしょう。

 

トリップアドバイザーをチェックする!

比較サイトを比較するのが旅上級者の知恵!

最安値を謳うホテル料金比較サイトですが、実際の検索結果では最安値にバラつきがあるのがお分かりいただけたかと思います。

 

上記で例に出した名古屋エリアでの4月20日の宿泊では、

 

  • トリバゴ:2,393円
  • トリップアドバイザー:2,550円

 

となっていましたが、同じ条件を楽天トラベルで検索すると2,223円のホテルを検索で見つけることができました。

 

ホテル比較サイトを利用する際には「最安値が検索されるハズ」と妄信してしまわず、比較サイトをさらに比較することが重要です。

 

ただし、トリバゴやトリップアドバイザーを利用することで、検索するホテルを絞り込んで口コミを参考に情報収集することができます。

 

少しの手間でホテルを絞り込むことができますので、1からホテルを探す煩わしさは激減できそうですね。

ホテル代金もクレカ決済!海外で便利でお得なクレジットカード

ホテル比較サイトでお得なホテルを見つけることができたら、クレジットカードでもう1ステップ得をしちゃいましょう!

 

ホテル代金もクレカ決済でお得にポイントを貯めることができるだけではなく、海外特典の充実したカードを使えば旅行中も安心です。

 

ここでは、海外で便利&お得なオススメクレジットカードをご紹介します。

 

オリコカードザワールド

4.0

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜9,800円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.0〜2.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
  • 入会後6か月間はポイント2倍還元
  • 海外利用分ポイント2倍・入会後6か月は3倍還元!
  • 空港ラウンジ・手厚い海外旅行保険が付帯

 

海外旅行の際にお得にポイントを貯めたい方には「オリコカードザワールド」をオススメします。

 

オリコカードザワールドでは、入会後6か月間はポイントが+1倍になる特典があり、海外利用分はいつでも+1倍還元ですのであわせて+2倍の3倍・3.0%還元でポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントはお得なレートでANAマイルに交換することができますので、海外ホテルの支払い・食事などでお得にマイルを貯めることが可能です。

 

ゴールドカード特典にも優れており、空港ラウンジサービスはもちろんのこと、航空便遅延費用も補償された手厚い海外旅行保険が付帯しています。

 

手荷物無料宅配サービスも利用することができますので、海外旅行の際にも非常に便利に使えるカードとなっているのですね。

 

dカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 空港ラウンジサービス・手厚い海外旅行保険が付帯
  • ポイントアップモールでエクスペディアのホテル予約がお得
  • ドコモケータイ料金の10%ポイントバックでドコモユーザーは必携

 

ドコモユーザー必携のゴールドカードとなっている「dカードGOLD」は、海外旅行でも非常に優秀なクレジットカードです。

 

ゴールドカード特典として、空港ラウンジサービスと手厚い海外保険が付帯しており、海外旅行の際にも非常に便利に活用することができます。

 

旅行保険の補償内容は非常に優秀な内容となっており、航空便遅延費用や家族特約も補償されたプラチナカード級の補償をうけることが可能です。

 

カード会員専用のポイントアップモールでは、エクスペディアで3.5倍のポイント還元が可能となっていますので、ホテルの予約でもお得にポイントを貯めることができます。

 

ドコモケータイ料金の10%がポイントバックされる特典もありますので、ドコモユーザーなら持っておくべきマストなクレカとなっているのですね!

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

4.6

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインでホテルを比較できる
  • プライオリティパス・手厚い海外旅行保険が付帯の海外最強カード
  • オーバーシーズ・アシストで海外でも日本語サポート

 

海外旅行に利用するクレジットカードとしては、最強のカードといっても差し支えないのが「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、ホテル予約サービスとしてアメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインを利用することが可能です。

 

カード会員限定のお得な料金で予約をすることができますので、ホテル比較サイトよりもお得なプランを利用できるケースもあります。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが付帯するほか、航空便遅延費用も補償された手厚い海外旅行保険も最強クラスの補償をうけることができます。

 

オーバーシーズ・アシストでは、レストラン・医療機関の予約を日本語で行うことができますので、不慣れな海外旅行の手厚いサポートになるでしょう!

 

三井住友VISAクラシックカード

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税
家族カード
(税抜)
初年度1人目無料 2人目以降400円+税
2年目〜400円+税
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 500円+税(年1回以上ETC利用で翌年無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • 最低限の海外旅行保険が付帯
  • 海外でも使い勝手抜群のVISAブランド
  • エアライン&ホテルデスクで旅行予約もスムーズ

 

コストをかけずに海外旅行用のクレジットカードを用意したいという方には「三井住友VISAクラシックカード」がオススメです。

 

三井住友VISAクラシックカードは、世界的な加盟店のシェアでNO.1のVISAブランドのクレジットカードとなっており、海外での使い勝手で困ることは少ないでしょう。

 

最高2,000万円の最低限の海外旅行保険も補償されていますので、コストを抑えて海外旅行用のカードを作りたいという方には最適です。

 

VJトラベルデスクでは海外パッケージツアーが最大5%オフになる特典がありますので、ホテル比較サイトよりもお得に予約できるケースもあります。

 

また、エアライン&ホテルデスクでは電話1本で航空券・ホテルを予約することができますので、手続きが面倒という方にもオススメです。

 

ホテル比較サイトを複数比較して本当の最安値を探そう!

今回は、ホテル予約サイトの最安値を検索することができる、トリバゴ(trivago)とトリップアドバイザーを比較してきました。

 

  • 絞り込み条件ならトリバゴ
  • 口コミ投稿ならトリップアドバイザー
  • 最安値を検索するなら両方使い分けよう

 

絞り込み条件の細かさでいうとトリバゴ、口コミ投稿での安心感ではトリップアドバイザーとまとめることができるかと思います。

 

ただし、最安値ではエリアや日程によって両者のサイトで結果にバラつきがありました。

 

本当の最安値のホテルを探すには、両者のサイトを上手に使い分けて比較することが必要なのですね!

 

トリバゴ(trivago)をチェックする!

 

トリップアドバイザーでホテルをチェックする!