電子マネーはもう古い!話題のモバイル決済サービスを徹底比較

 

「一番使い勝手の良いモバイル決済サービスはどれ?」

「お得に使えるモバイル決済サービスを教えて」

 

近年では、複数のクレジットカードやポイントカードをスマホのアプリに格納することができる、デジタルウォレットとも呼ばれる「モバイル決済サービス」が人気です。

 

モバイル決済サービスのアプリにメインカード・サブカードを登録しておくことで、財布はおろか定期入れも持ち歩く必要なく、スマホ1台でお買い物をすることができます。

 

しかし、数あるモバイル決済サービスの中で、どのサービスを利用すれば良いのか分からないと言う方も少なくないでしょう。

 

ここでは、主要のモバイル決済サービスを、使い勝手やポイント還元などの様々な角度から比較して、一番お得なモバイル決済サービスを検証していきます。

 

クレジットカード診断テスト

電子マネー決済はもう古い?主要のモバイル決済サービスを比較

近年では、スマホのアプリで利用することができる、モバイル決済サービスが非常に人気を集めています。

 

電子マネーを何枚も財布に入れて決済するのではなく、スマホ1台でスマートに決済できる利便性が人気を後押ししているのですね。

 

ここでは、主要のモバイル決済サービス4つのサービスをご紹介していきます。

Apple Pay

 

モバイル決済サービスをここまで普及させた立役者とも言えるのが「Apple Pay」です。

 

iPhoneで初めて利用できるスマホ決済サービスとして、これまでスマホ決済に対応していなかったiPhoneの環境を大きく変えたサービスです。

 

登録可能なクレジットカードも多く、iD/QUICPay加盟店での支払いが可能なことから、非常に使い勝手の高い決済サービスとなっています。

 

アプリにSuicaを登録することも可能となっており、iPhoneをタッチすることでのスマートなJRの乗車もできます。

 

Andoroid Pay

 

iPhoneで利用できるApple Payに対し、Andoroidスマホで利用できるモバイル決済サービスが「Andoroid Pay」です。

 

Android Payでは、楽天Edy/nanacoを登録してお買い物をすることが可能となっており、登録したカードでチャージして利用することができます。

 

楽天Edy/nanaco加盟店で利用することができますので、非常に幅広い店舗でスマホ決済ができるのが大きなメリットとなっています。

 

また、Android Payでは様々な店舗のスタンプカードを登録して利用することができますので、財布の中をスマートにダイエットすることが可能となっています。

 

LINE Pay

 

人気のトークアプリを運営するLINEが提供するモバイル決済サービスが「LINE Pay」です。

 

LINE Payではローソンでアプリのバーコード読み取りでの決済が可能となっており、身近な店舗で便利に利用できる決済サービスです。

 

また、VISAブランドのプリペイドカード「LINE Payカード」を発行することも可能となっており、カードとスマホを使い分けることが可能となっています。

 

年齢制限無しでアカウントを発行することができることから、若年層を中心に人気を集めているサービスです。

 

楽天Pay

 

インターネット大手の楽天が提供するモバイル決済サービスが「楽天Pay」です。

 

楽天Payでは店舗でのQRコード決済のほかに、混雑時に自分で伝票を入力して精算をするセルフペイを利用することができます。

 

楽天Payの利用では0.5%の楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっており、支払いに利用したクレジットカードのポイントも貯めることができます。

 

いつでもダブルポイントでお得にポイントを貯めることができますので、支払いでお得にポイントを貯めたい方にはおすすめとなっています。

 

大手各社が参戦するモバイル決済サービス・2018年4月からはd払いもスタート!

 

モバイル決済サービスでは、インターネットサービスを提供する大手各社がこぞってサービスを提供しています。

 

また、2018年4月からは、携帯キャリア大手のドコモが「d払い」をスタートさせます。

 

d払いでは、クレジットカード払いだけではなく、ドコモの携帯料金との合算払いが可能となっており、支払いでdポイントを貯めることが可能となっています。

 

 

 

このように、各社で様々な特典や特徴を持って提供しているモバイル決済サービス。

 

以下では、既にサービスが開始している4つのモバイル決済サービスを、様々な角度から比較します。

支払い方法で比較!よりスマートなのはApple Pay・Android Pay

 

モバイル決済サービスを比較する際に重要な判断基準となってくるのが支払い方法の違いです。

 

主要4つのモバイル決済サービスでは、大きく分けて2つの支払い方法に分けることができます。

 

  • Apple Pay/Andoroid Pay:Felicaでのスマホタッチ決済
  • LINE Pay/楽天ペイ:QRコード・バーコードを読み取り決済

 

LINE Pay楽天ペイでは、アプリで表示したQRコード・バーコードを店舗で読み取ってもらうことで決済がすることができます。

 

アプリを立ち上げてコードを表示させる操作が必要となりますので、よりスマートに利用できるのはApple Pay/Andoroid Payのタッチ決済と言って良いでしょう。

 

特に、Apple PayではSuicaを登録して、駅改札をiPhoneタッチで通過することも可能となっており、最もスマートな決済方法と言って良いのではないでしょうか。

利用可能店舗はApple Payが圧倒的!

モバイル決済サービスでは、スマートな決済方法はもちろんのこと、どこで利用できるかと言った利用可能店舗が重要になっています。

 

利用可能店舗を比較すると、iD/QUICPay加盟店で利用することができるApple Payが圧倒的であると言って良いでしょう。

 

Apple Payでは、登録したクレジットカードのiD/QUICPayを利用して支払いをする方式になっていますので、iDとQUICPayのいずれになるかは登録したクレジットカードに準じます。

 

また、Andoroid Payは基本的には楽天Edyを登録して利用する方式となっており、楽天Edyの加盟店で利用することが可能となっています。

 

Andoroid Payにはnanacoも登録することができますので、nanacoを登録することで楽天Edy・nanacoのそれぞれの加盟店で利用することができます。

 

対して、LINE Pay/楽天ペイでは店舗が個別にそれぞれのモバイル決済サービスに対応している必要があり、既存のプラットフォームを利用したApple Pay/Andoroid Payよりも利用可能店舗は限定されます。

QRコード決済は小規模店舗でも利用できるメリットがある

利用可能店舗数で比べると、Apple Pay/Andoroid Payよりも少なくなっている、LINE Pay/楽天ペイのQRコード決済のモバイル決済サービス。

 

それでは、LINE Pay/楽天ペイの方が劣っているのか?と言うと、決してそうは言い切れないでしょう。

 

QRコード決済の場合、導入する店舗はiPadなどでアプリを利用するだけで簡単に決済方法を導入することができます。

 

iD/QUIC Payなどの電子マネーの決済端末を導入するよりも、コストを抑えて導入することができますので、個人店などの小規模店でも利用できるメリットがあるのですね。

スマホを選ばずに登録できるのはQRコード決済!

 

スマートな決済、利用可能な加盟店の数ともに有利なApple Pay/Android Payですが、利用可能な端末が限定されてしまう点はデメリットと言えるでしょう。

 

Apple PayはiPhone7以降のiPhone/Apple Watchなどでしか利用できず、Android Payはおサイフケータイ対応端末でしか利用することができません。

 

Apple Pay/Android Payはスマホタッチでの決済のため、Felica対応端末でしか利用することができず、対応端末は限定されてしまうのですね。

 

対して、LINE Pay/楽天ペイQRコード決済の場合では、スマホの画面にQRコード・バーコードを表示して読み取ることで決済します。

 

Felicaに対応していない、古いスマホなどをお使いの方でも機種変更無しに利用することができる、と言う点はメリットと言っても良いのではないでしょうか。

楽天ペイでは支払いでお得にポイントが貯まる!d払いにも期待

最も加盟店が多く、スマートに利用できる決済方法と言えるApple Payですが、唯一のデメリットと言えるのが独自のポイントサービスが用意されていない点でしょう。

 

楽天ペイでは、支払いの際に0.5%の楽天スーパーポイントを貯めることが可能となっており、支払い用に登録したクレジットカードのポイントも貯めることができます。

 

また、Android Payでは楽天Edy/nanacoを利用した決済となりますので、それぞれの電子マネーのポイント加盟店では支払いでのポイントが付与されます。

 

複数枚のカードをまとめて、スマートに決済することができるモバイル決済サービスでは、ポイント還元のメリットも大きな基準となってきますよね。

 

2018年4月にサービスが開始するd払いでも、支払いでdポイントが付与されることが発表されており、期待の持てる支払い方法と言えるでしょう。

LINE Payはコード決済はポイント付与対象外

支払いでのポイント付与と言うと、2.0%の還元率が話題のLINE Payも気になるところです。

 

ただし、LINE Payで2.0%のポイント還元をうけることができるのは、VISAプリペイドのLINE Payカードを利用した場合のみとなっています。

 

QRコード表示でのコード決済を利用した場合には、ポイント付与の対象となりませんので注意が必要です。

 

LINE Payではローソンでのコード決済が可能となっていますので、ポイント付与が受けられないのは残念ですよね。

モバイル決済サービスにはこのカードがマスト!厳選5枚のおすすめクレカ

各モバイル決済サービスでは、複数のクレジットカードを登録して利用できる、デジタルウォレットとしても便利です。

 

決済に利用するクレジットカードに高還元のクレカを利用することで、モバイル決済サービスの利用でガンガンポイントを貯めることが可能となるのですね。

 

ここでは、モバイル決済サービスに登録したい、厳選5枚のおすすめクレカをご紹介します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

5.0

年会費(税抜)1,950円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard、JCB
還元率1.0〜2.5%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)
  • iD/QUICPay+0.5%還元でApple Pay登録に最適
  • 入会後6か月間はポイント2倍還元が可能
  • オリコモール経由のネット通販で2.5%還元

 

Apple Payの登録用のカードとしておすすめできるのが「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」です。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでは、iD/QUICPayの利用では0.5%のボーナスポイントが加算され、1.5%の還元率でApple Payを利用することが可能となっています。

 

また、入会後6か月間はポイントが2倍になる特典もありますので、6か月間はApple Payを2.5%の超高還元率で利用することができるのですね。

 

さらに、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでは、オリコモール経由でのネット通販の利用で、AmazonやYahoo!ショッピングなどの人気のショップを2.5%還元で利用することができます。

 

Apple Payを利用している方だけではなく、ネット通販好きの方にも非常にお得に利用できるクレジットカードとなっているのですね。

 

リクルートカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • いつでも1.2%の高還元で様々なモバイル決済サービスと相性◎
  • VISA/Mastercardでは楽天Edy・nanacoチャージでポイントゲット
  • 貯まったポイントはPontaポイントに相互交換可能

 

様々なモバイル決済サービスの利用でお得に使えるクレジットカードとなるのが「リクルートカード」です。

 

リクルートカードでは、いつでも100円に1.2%のリクルートポイントを貯めることが可能となっており、各種モバイル決済サービスでの決済で高還元のポイントを貯められます。

 

また、国際ブランドをVISA/Mastercardに選択すると、楽天Edy・nanacoのチャージでポイントを貯められますので、Android Pay用のカードとしても最適でしょう。

 

貯まったポイントは共通ポイントのPontaポイントに交換することが可能となっており、ローソンをはじめとした様々な店舗でお得にポイントを活用することができます。

 

また、Ponta経由でJALマイルを0.6%還元で貯めることもできますので、JAL陸マイラーの方にもおすすめできるクレジットカードとなっています。

 

楽天カード

4.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • カードの利用で楽天スーパーポイントが貯まる
  • 楽天市場の利用でいつでもポイント3倍還元
  • JCB選択でディズニーデザインカードを発行可能

 

モバイル決済サービスの利用で、使い勝手の良いポイントを貯めたいと言う方には「楽天カード」がおすすめです。

 

楽天カードの利用では、100円に1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができますので、モバイル決済サービスの利用でも使い勝手の良い共通ポイントを貯めることができます。

 

楽天ペイでは、楽天スーパーポイント払いを利用することが可能となっており、楽天カードの利用で貯めたポイントをお得に決済に利用することも可能となっています。

 

楽天カードの大きなメリットとして、楽天市場の利用でいつでもポイント3倍還元で利用できる楽天SPUの特典があり、ネット通販の利用でもガンガンポイントを貯めることができます。

 

国際ブランドをJCBに選択すると、ディズニーデザインのカードを発行することも可能となっており、ディズニーファンの方にも注目のカードとなっています。

 

ヤフーカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内
  • カードの利用でTポイントを貯めることができる
  • nanacoチャージで0.5%のポイント還元
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOでポイント3倍還元

 

日本最大級の共通ポイント・Tポイントをお得に貯めることができるクレジットカードが「ヤフーカード」です。

 

ヤフーカードの利用では、100円に1ポイントのTポイントを貯めることが可能となっており、モバイル決済サービスの利用でもTポイントをお得に貯めることができます。

 

TポイントはファミリーマートやTSUTAYAをはじめとした、様々な店舗で現金同様に利用できる共通ポイントとなっていますので、便利にポイントを活用することができます。

 

また、ポイント還元率は0.5%に下がってしまいますが、nanacoチャージでも0.5%のTポイントを貯めることが可能となっています。

 

ヤフーカードの最も大きなメリットは、Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍でお買い物をできる点です。

 

リーダーズカード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,500円+税(年間30万円以上の利用で翌年度無料)
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.25〜1.75%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円
  • いつでも1.25%の高還元でカードを利用可能
  • ネット通販の利用では1.75%還元が可能
  • 年間30万円以上の利用で翌年年会費無料

 

高還元でのキャッシュバックを利用したい方におすすめのクレジットカードが「リーダーズカード」です。

 

リーダーズカードでは、いつでも1.25%の還元率で利用することが可能となっており、各種のモバイル決済サービスでもお得にポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントはキャッシュバック還元に利用することができますので、ポイントを貯めても使い道に悩んでしまうと言う方に最適なカードです。

 

さらに、ジャックスモール経由でのネット通販の利用では、0.5%のJデポが加算されますので、合計1.75%還元でいつものネット通販を利用することができます。

 

年間30万円以上のカード利用で翌年年会費無料になる特典がありますので、コストをかけずに高還元カードを維持できるのは嬉しいですよね。

 

モバイル決済サービスを活用してスマート&お得にお買い物をしよう

今回は、近年主流になりつつある決済方法「モバイル決済サービス」を比較してご紹介してきました。

 

  • スマートに利用できるのはFelica決済
  • スマホを選ばずに利用できるのはQRコード決済
  • 登録するクレジットカードでお得度が変わる

 

モバイル決済サービスは大きく分けて2つの決済方法がありますが、よりスマートに利用できるのは、スマホタッチで決済ができるApple Pay/Android PayのFelica決済です。

 

ただし、Felica対応のスマホでなければ利用することができませんので、スマホを選ばずに利用できるQRコード決済のLINE Pay/楽天ペイにもメリットがあります。

 

モバイル決済サービスでは、登録したクレジットカードで支払いをするデジタルウォレットです。

 

いかにお得に利用することができるかは、登録するクレジットカード選びでも大きく変わってくるのですね。