VISAブランドの法人ビジネスカード比較!選ぶべきポイント解説

Pocket

 

「初めての法人ビジネスカードにはどの国際ブランドを選ぶべき?」

「VISAの法人ビジネスカードって審査が厳しいんじゃない?」

「VISAで法人ビジネスカードを作るメリットは?」

 

ビジネスのパートナーとして、必須のアイテムのひとつとなってくるのが法人ビジネスカードです。

 

しかし、初めて法人ビジネスカードを作ると言う方の場合、どの国際ブランドのカードを作ればいいのか悩んでしまうと言う方も多いでしょう。

 

結論から言うと、初めて作る法人ビジネスカードにはVISAブランドで申込みをするのがおすすめです。

 

今回は、VISAブランドの法人ビジネスカードを比較して、メリットとカードを選ぶべきポイントを解説します。

 

初めての法人ビジネスカードはVISAブランドがおすすめ

初めて作る法人ビジネスカードの国際ブランドで悩んでいる方には、一択でVISAをおすすめします。

 

法人ビジネスカードの国際ブランドには、

 

  • VISA
  • JCB
  • Mastercard

 

などの主要3ブランドをはじめ、ハイクラスなアメックスやダイナースクラブと言ったブランドの法人ビジネスカードもあります。

 

それでは、なぜ国際ブランド選びで悩んだ際には、豊富な選択肢の中からVISAを選択するべきなのでしょうか?

 

ここでは、初めての法人ビジネスカードにVISAをおすすめする3つの理由を解説します。

1.海外出張などの際にも抜群の使い勝手

法人ビジネスカードの国際ブランドをVISAに選択する最も大きなメリットとなる点が、国際的な使い勝手の良さです。

 

国際ブランドの違いによる、最も大きな差となってくるのが、カードを利用することができる加盟店の数の違いです。

 

国内での利用の場合、多くのクレジットカード加盟店がJCB・VISA・Mastercardと言った主要な国際ブランドに対応していますので、国際ブランドの違いで困ることは少なくなっています。

 

ただし、海外での利用の場合には、国やエリアによって利用できる国際ブランドに違いが出てきます。

 

VISAブランドは国際ブランドの加盟店のシェアが世界1位となっていますので、海外旅行や出張などの際にも非常に使い勝手が良くなっているのですね。

2.VISAの法人ビジネスカードは選択肢が多く作りやすい

法人ビジネスカードは、一般的には個人向けのクレジットカードよりも取得の難易度が高くなっています。

 

ただし、VISAブランドの法人ビジネスカードは、様々な提携カードも発行されており、選択肢が多くなっています。

 

VISAの国内プロパーとも言える、三井住友カードの発行する法人ビジネスカードにもランクごとに豊富なビジネスカードがラインナップされています。

 

スタートアップ企業の方や、独立したての個人事業主の方でも作りやすいカードの選択肢があることは、初めて法人ビジネスカードを作るうえでの安心になりますよね。

3.VISAの法人向けサービスが優秀

三井住友ビジネスカードをはじめとしたVISAの法人ビジネスカードでは、非常に優秀な法人向けサービスが用意されています。

 

航空券や新幹線のチケットレスの予約サービスや、会計サービスのサポートなど、ビジネスカードに必要なサポートをうけることが可能となっています。

 

また、ビジネスでの消耗品などをお得な優待価格で購入できる「Visaビジネスオファー」なども用意されており、経費削減のサポートをしてくれるのですね。

 

法人ビジネスカードは、単なる決済サービスだけではなく、ビジネスのサポートをしてくれるパートナーでもあります。

 

こうした、優秀な法人向けサービスをうけることができるのも、初めての法人ビジネスカードにVISAブランドをおすすめする理由となっています。

VISAブランドの法人ビジネスカードの選び方

VISAブランドの法人ビジネスカードには、豊富なラインナップのカードが用意されています。

 

ここでは、VISAブランドの法人ビジネスカードを選ぶべきポイントにはどのような点があるのかを解説します。

 

  • ポイント還元率・ポイントの使い道
  • 独自の付帯サービスや特典
  • 年会費や取得のしやすさ

 

法人ビジネスカードを利用するうえでの大きなメリットとなるのが、経費の支払いでお得にポイントを貯めることができる点です。

 

ポイントの貯めやすさはもちろんのこと、マイル交換などお得なポイントの使い道にも注目してカードを選択するようにしましょう。

 

VISAブランドの法人ビジネスカードでは、優秀な法人向けサービスが用意されています。

 

さらに、カードごとに独自の付帯サービスや特典が用意されていますので、そうした特典も法人ビジネスカード選びの際の基準のひとつとなるでしょう。

 

それだけではなく、法人ビジネスカードの年会費は経費となりますので、コストパフォーマンスに優れたカードを選ぶのも前提となっています。

VISAブランドの法人ビジネスカード比較

初めて法人ビジネスカードを作る際には、VISAブランドのカードを選択するのがおすすめです。

 

VISAブランドの法人ビジネスカードには、様々なラインナップがあり、自社に合ったメリットのある法人ビジネスカードを選ぶことができます。

 

ここでは、様々なVISAブランドの法人ビジネスカードを比較してご紹介していきます。

三井住友ビジネスカード for Owners

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税
追加カード(税抜)400円
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
還元率0.5%
申込資格満20歳以上の個人事業主または法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内
  • スタートアップ企業・個人事業主でも作りやすい
  • リボ・分割払いも可能で使い勝手が最高
  • ポイントの使い道も幅広い

 

VISAブランドの法人ビジネスカードを最初に作るのであれば、最適なカードとも言えるのが「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersでは、法人代表者の方個人の信用情報が審査の基準になりますので、スタートアップ企業の方でも審査に通過しやすいカードとなっています。

 

また、通常法人ビジネスカードでは一括払いの支払いのみを選択することができますが、三井住友ビジネスカード for Ownersではリボ・分割払いも利用可能です。

 

三井住友ビジネスカード for Ownersでは、Apple Payに登録して利用することも可能となっていますので、個人向けクレジットカードのように柔軟に利用することができます。

 

貯まったポイントの使い勝手も非常に幅広く、経費支払いでお得にポイントを貯めたい方にも最適なカードとなっているのですね。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズ

5.0

年会費
(税抜)
初年度年会費無料
2年目〜2000円+税
追加カード(税抜)無料(最大3枚まで発行可能)
ETCカード年会費無料
還元率0.6〜1.1%
申込資格18歳以上の個人事業主、または法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内最高1000万円
  • 最高1.1%の高還元率でポイントを貯められる
  • 手厚い海外旅行保険が付帯
  • パワフルな利用限度額も魅力

 

オリコカードのビジネスゴールドカードとして発行されているのが「エグゼクティブ ゴールド フォービズ」です。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズの通常還元率は0.5%となっていますが、カード特典として20%のボーナスポイントが加算されますので、いつでも0.6%のポイントを貯められます。

 

また、年間200万円以上の利用があれば翌年のポイント還元率が2倍になる特典があり、最大で1.1%の高還元率でポイントを貯めることができるカードとなっています。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズでは、年会費税別2,000円の格安ゴールドカードでありながら最高2,000万円の海外旅行保険が自動付帯されており、海外出張用のカードとしてもおすすめです。

 

利用限度額も最高300万円までとパワフルになっており、ビジネスユースでの利用にも充分な限度額が設定されているのも嬉しいですよね。

 

三井住友ビジネスゴールドカード for Owners

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜10,000円+税
追加カード(税抜)-
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
※年1回以上のETC利用で無料
還元率0.5%
申込資格満20歳以上の個人事業主・および法人代表者の方
旅行
傷害保険
海外自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
国内自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
  • スタートアップ企業でも作りやすいビジネスゴールドカード
  • 空港ラウンジ・充実した海外旅行保険も付帯
  • 年間の獲得ポイントによるボーナスポイントで貯めやすい

 

三井住友カードのビジネスゴールドカードとして発行されているのが「三井住友ビジネスゴールドカード for Owners」です。

 

三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersは、20歳以上の個人事業主・法人代表者の方が申込可能となっており、非常に作りやすいビジネスゴールドカードとなっています。

 

三井住友ゴールドカードの基本の特典を利用可能となっており、空港ラウンジサービスや手厚い海外旅行保険も魅力となっています。

 

海外旅行保険では、傷害・疾病治療の補償で最高300万円の補償が用意されており、海外出張の多い企業でも安心して利用することが可能となっています。

 

年間の獲得ポイントが1,000ポイントに達成すると300ポイントのボーナスポイントがプレゼントされる特典もあり、ポイントが貯めやすくなっているのも嬉しいですよね。

 

三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

4.5

年会費(税抜)50,000円+税
追加カード(税抜)-
ETCカード年会費無料
還元率0.5%
申込資格満30歳以上の個人事業主の方・法人経営者の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
  • コンシェルジュやコース料理無料のベネフィットが付帯
  • プライオリティパスなどを選択できるメンバーズセレクション
  • 年2回カード利用額の0.5%のギフト券がプレゼント

 

三井住友カードの最上位の法人ビジネスカードとして発行されているのが「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」です。

 

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersでは、24時間対応のコンシェルジェサービスをはじめ、三井住友プラチナカードの基本の特典を幅広く利用することができます。

 

プラチナグルメクーポンでは、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典があり、プライベートでの食事はもちろん、ビジネスでの会食の際にもお得に利用できます。

 

プライオリティパス・名医によるセカンドオピニオン・食の逸品のいずれかを選択できるメンバーズセレクションも用意されており、コスパ最強のビジネスプラチナカードとなっています。

 

半年間での利用金額が50万円を超えた場合、半年ごとに利用金額の0.5%のギフト券がプレゼントされる特典もあり、経費支払いでお得に還元をうけることが可能です。

 

ビジネクスト法人クレジットカード

4.0

年会費(税抜)無料
追加カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
還元率0.25〜0.25%
申込資格個人事業主もしくは法人代表者様
旅行
傷害保険
海外-
国内-
  • 初めての法人ビジネスカードでも作りやすい1枚
  • 50枚まで追加カードを無料で発行可能
  • 福利厚生サービスなどのビジネス優待が魅力

 

アイフル傘下のビジネクストとライフカードが提携して発行するのが「ビジネクスト法人クレジットカード」です。

 

ビジネクスト法人クレジットカードは、VISAブランドの法人ビジネスカードの中でも特に審査のハードルが低く、作りやすいカードとなっています。

 

年会費無料で50枚まで追加カードを発行することができるほか、ETCカードも無料で発行できますので、社用車の多い法人にもおすすめすることができます。

 

また、福利厚生サービスや旅行サービスなどのビジネス優待サービスも充実しており、ビジネス経費の削減にも非常に力強い味方となってくれます。

 

2,000円に1ポイントのライフサンクスポイントも貯めることができますので、ビジネス経費の支払いでお得に還元を受けることができるのも嬉しいですよね。

 

登記簿謄本・決算書の提出不要で申込みをすることが可能

初めての法人ビジネスカードにVISAブランドをおすすめする理由のひとつが、初めての法人ビジネスカードでも作りやすくなっている点です。

 

上記でご紹介した5枚のVISAブランドのカードでは全て、

 

  • 登記簿謄本
  • 決算書

 

の、提出不要で申込みをすることができます。

 

スタートアップ企業の方や、独立したての個人事業主の方にとって、高いハードルとなってしまうのが登記簿謄本や決算書の用意ではないでしょうか。

 

法人ビジネスカードでは、カードによっては登記後3年以上・黒字決算の法人のみなどの申込資格が設定されていることもあり、審査のハードルも高くなってしまいます。

 

登記簿謄本・決算書の提出が不要の法人ビジネスカードの場合、審査の際の判断基準は代表者個人の信用情報が基準となってきます。

 

ですので、スタートアップ企業の方の場合でも、代表者に個人クレジットカードを作れる程度の信用があれば、簡単に法人ビジネスカードを作ることができるのですね。

三井住友ビジネスカードfor Ownersは分割・リボ・キャッシングOK

VISAブランドの法人ビジネスカードのなかでも、特に手軽に利用することができるのが「三井住友ビジネスカード forOwners」です。

 

通常、法人ビジネスカードの場合、一括での支払いのみに対応していることが多くなっており、キャッシング枠なども利用することができません。

 

ビジネスユースの法人ビジネスカードでは、倒産リスクもゼロではありませんので、クレジットカード会社としても分割・リボ払いなどは設定していないのですね。

 

ただし、三井住友ビジネスカード forOwnersでは、

 

  • 分割
  • リボ払い
  • キャッシングリボ

 

と、個人向けクレジットカードと同等の柔軟な支払いに対応しています。

 

特に、新規法人を立ち上げたばかりの時や、独立したての個人事業主の方の場合には、当面の資金繰りに悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。

 

三井住友ビジネスカード forOwnersでは、分割・リボ払いに対応しているだけではなく、キャッシングリボにも対応しており、当座の事業資金のサポートをうけることができます。

 

柔軟な支払い方法に対応している点も、三井住友ビジネスカード forOwnersの大きなメリットとなっているのですね。

電子マネーとの相性も抜群

法人ビジネスカードの多くでは、電子マネーやモバイル決済サービスなどには未対応のカードが多くなっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwnersでは、Apple PayやWAONなどの電子マネーにも対応しており、様々なシーンで便利に法人ビジネスカードを利用することができます。

 

法人ビジネスカードをお得に利用するコツとなってくるのが、様々な支払いを法人ビジネスカードに集中させてポイントを無駄なく貯めることです。

 

三井住友ビジネスカード forOwnersでは、電子マネーとの相性も良くなっていますので、少額の経費の支払いでも無駄なく法人カードを活用することができるのですね。

ポイント・マイル重視ならエグゼクティブ ゴールド フォービズ一択

法人ビジネスカードの利用で、お得にポイント・マイル還元を受けたい方の場合は「エグゼクティブ ゴールド フォービズ」一択で間違いありません。

 

エグゼクティブ ゴールド フォービズの通常還元率は0.5%となっていますが、カード特典として20%が加算され、0.6%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

さらに、年間の利用金額によって翌年のポイント還元率が優遇されるポイントアップステージも用意されています。

 

年間50万円以上 翌年1.5倍
年間100万円以上 翌年1.7倍
年間200万円以上 翌年2.0倍

 

このように、年間200万円以上の利用の場合、翌年のポイント還元率が2倍となり、さらに20%が加算されますので1.1%の還元率で利用することができます。

 

貯まったポイントは使い勝手の良いオリコポイントに交換して利用することが可能となっています。

 

オリコポイントはANAマイルにも1対0.6のお得なレートで交換することができますので、経費支払いでマイルを貯めたい方にも最適なのですね。

初めての法人ビジネスカードはVISAブランドでメリット大

今回は、初めての法人カードにVISAブランドを選択する理由と、VISAブランドのカードを選ぶべきポイントについて解説してきました。

 

  • VISAブランドは国際的にも使い勝手抜群
  • 登記簿謄本・決算書が不要で作りやすい
  • VISAブランドの法人ビジネスカードはポイントもお得に!

 

VISAブランドの法人ビジネスカードでは、国際的にも使い勝手が高く、海外出張に出かける機会の多い法人にもおすすめとなっています。

 

また、今回比較した5枚のVISAブランドのカードでは、登記簿謄本・決算書の提出不要で申込みが可能となっており、初めての法人ビジネスカードとしても作りやすくなっています。

 

法人ビジネスカードの利用では、経費の決済でお得にポイントでの還元をうけることができるのが大きなメリットとなっています。

 

よりお得な還元率や付帯サービスが充実したVISAブランドの法人ビジネスカードを手に入れちゃいましょう!

 

 

Pocket