JREポイントユーザー必見!JREポイントのお得な貯め方・ベストな使い方

Pocket

 

「JREポイントってどうやったら貯まるの?」

「一番お得にJREポイントを貯められる方法を教えて」

「JREポイントって何に使うのがお得?」

 

JR東日本の共通ポイントである「JREポイント」は、JR利用者を中心に、利用している方も多いのではないでしょうか。

 

2017年末にはSuicaポイントと統合し、2018年にはさらにビューサンクスポイントと統合する予定になっていることから、ますます目が離せない共通ポイントとなっています。

 

JREポイントを既に利用している方の中には、もっとお得にJREポイントを貯めたい!と思っている方も多いでしょう。

 

今回は、JREポイントユーザー必見の、JREポイントのお得な貯め方とベストな使い方を解説します。

 

JREポイントとは?

JREポイントは、JR東日本エリアの方には必須の共通ポイントです。

 

JR東日本の駅ビルの共通ポイントとしてまずスタートしたJREポイントは、Suicaポイントと統合したことで、ますます使いやすい共通ポイントとなりました。

 

旧Suicaポイントは国内で6,000万枚を発行する、日本を代表する交通系電子マネー「Suica」の利用で貯めることができるポイントです。

 

JREポイントとSuicaが統合したことで、

 

  • Suicaの利用
  • JR東日本の駅ビルでのお買い物

 

このように、より幅広くポイントを貯めることが可能となったのですね。

 

2018年には、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」の利用で貯めることができる「ビューサンクスポイント」もJREポイントに統合する予定です。

 

ビューサンクスポイントとJREポイントが統合すれば、Suicaのチャージ・利用でJREポイントを貯めることが可能となり、ますます使いやすい共通ポイントに進化します。

 

また、JREポイントの有効期限は、最後にポイントの変動があった日から2年後の月末となっており、2年に1回ポイント付与があれば実質有効期限無期限となっています。

 

旧Suicaポイントの有効期限は最長2年間でしたので、Suicaポイントを貯めていた方にはJREポイントへの統合はメリットだらけ、と言うことになりますよね。

JREポイントのお得な貯め方

JREポイントの大きなメリットとなっているのが、様々なサービスで貯めやすいポイントとなっている点です。

 

主に、JREポイントの貯め方としては、3つの方法でポイントを貯めることが可能です。

 

ここでは、ガンガンJREポイントを貯めたい方のための、お得なJREポイントの貯め方をまとめていきます。

Suica利用で貯める

日本国内で最も多く発行されている交通系電子マネー「Suica」では、電子マネーとしてお買い物に利用することでJREポイントを貯めることができます。

 

Suicaの利用では店舗によって還元率が変わりますが、200円に1ポイント〜100円に1ポイントの還元率でJREポイントを貯めることができます。

 

Suicaの利用でポイントを貯めることができるのは「Suica登録して貯まる」と言うステッカーの表示がある加盟店です。

 

  • NewDays
  • KIOSK
  • acure

 

と言った、駅売店・自動販売機はもちろんのこと、駅ビル・駅構内の幅広い店舗でJREポイントを貯めることができます。

 

それだけではなく、

 

  • アリオ
  • イトーヨーカドー
  • 紀伊國屋書店
  • 洋服の青山

 

と言った、生活に密着した店舗でもJREポイントを貯めることができますので、毎日の生活でお得にSuicaを利用することができるのですね。

 

個人的に面白いな、と思ったのはWiiuやニンテンドー3DSのコンテンツの購入でJREポイントを貯めることができる点です。

 

今後、ニンテンドーswitchのコンテンツ購入でもJREポイントを貯められるようになれば嬉しい、と言う方も多いのではないでしょうか。

駅ビルでのお買い物で貯める

JREポイントは、JR東日本の駅ビルの共通ポイントとしてスタートしたポイントプログラムです。

 

そうした背景もあり、JREポイントは駅ビルでのお買い物が最も効率良くポイントを貯める方法となっています。

 

駅ビルでのお買い物では、JREポイントカードを提示することで、100円に1ポイントのJREポイントを貯めることができます。

 

JREポイントカードは、各駅ビルで無料で発行することができますので、まだお持ちでない方はポイントカードを手に入れましょう。

 

JREポイントを貯めることができる駅ビルは、

 

  • アトレ・アトレヴィ
  • グランデュオ
  • テルミナ
  • ボックスヒル
  • シャポー

 

と言った、関東圏の駅ビルをはじめ、フェザン・エスパルなどの東北エリアの駅ビルでも貯めることができます。

 

駅ビルでのお買い物でのお得なポイントの貯め方としては、駅ビル構内の店舗を集中的に利用することです。

 

JREポイントは駅ビル内の施設では、一部を除きほとんどの店舗でJREポイントを貯めることができます。

 

  • ファミリーマート
  • 成城石井
  • スターバックス

 

など、駅ビル構内に出店している身近な店舗でもJREポイントを貯めることが可能となっているのですね。

 

通勤・通学にJRを利用している方の場合、お買い物を駅ビルで集中的にすることで、よりお得にJREポイントを貯めることが可能なのですね。

クレジットカードの利用

JR東日本の駅ビルが発行しているクレジットカードを利用すれば、よりお得にJREポイントを貯めることができます。

 

たとえば、アトレビューSuicaカードでは、アトレ・アトレヴィでのお買い物でのJREポイントが3倍になり、3.0%の還元率でJREポイントを貯めることができます。

 

アトレビューSuicaカード以外にも、各駅ビルがお得なクレジットカードを発行していますので、自分の利用する駅の駅ビルのクレジットカードを利用するのがお得です。

 

また、ビューカードではSuicaチャージでビューサンクスポイントも貯めることが可能となっていますので、JREポイントとダブルポイントを貯めることができます。

 

クレジットカードとSuicaを併用することで、最大限お得にJREポイントを貯めることが可能となっているのですね。

JREポイントのベストな使い方

JREポイントは非常に使い勝手も良く、現金同様に利用することができる共通ポイントとなっています。

 

最も基本の使い方となってくるのはJR東日本の駅ビルでのポイント利用です。

 

JREポイントはアトレ・アトレヴィをはじめとした駅ビルでのお買い物・食事に1ポイント=1円として利用することができます。

 

また、より幅広い店舗でポイントを使いたい方は、JREポイントでのSuicaチャージもおすすめです。

 

JREポイントをSuicaにチャージすると、電車に乗る際に利用することができるだけではなく、コンビニやスーパーなどの幅広い店舗で利用することが可能となります。

 

毎日の生活でポイントをお得に利用したい、と言う方の場合にはSuicaへのチャージがおすすめです。

ギフト券への交換では還元率1.3%オーバーも!

JREポイントは、JR東日本の様々な施設のギフト券に交換して利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
鉄道博物館入館券 1,000ポイント 1,000円相当
メトロポリタンホテルズ共通利用券 1,500ポイント 2,000円分
リラクゼ利用券 1,900ポイント 2,000円分
東京ステーションホテル利用券 4,625ポイント 5,000円分

 

中でも、メトロポリタンホテルズ共通利用券に交換した場合には、1.3%の還元率でJREポイントを利用することが可能です。

 

メトロポリタンホテルズ共通利用券では、ホテルの宿泊はもちろんのこと、メトロポリタンホテルズ内のレストランでの食事にも利用することができます。

 

貯まったJREポイントをお得なレートで交換して、ちょっと豪華なランチやディナーを楽しむ、と言うのも素敵な使い道になるのではないでしょうか。

JREポイントを最強に貯めることができるのはビューカード!

JREポイントを貯めるのであれば、持っておきたいクレジットカードがビューカードです。

 

JR東日本の発行するビューカードでは、Suicaのチャージ・オートチャージで1.5%のビューサンクスポイントを貯めることができます。

 

Suica利用で貯めるJREポイントと合わせて、ダブルでポイントを貯めることが可能となっているので、よりお得にJREポイントを貯めることが可能となっているのですね。

 

ビューカードにはJR東日本の駅ビルと提携して発行しているカードもあり、駅ビルでの利用でもお得なレートでJREポイントを貯めることができます。

 

JREポイントユーザーにとっては、ビューカードは必携のクレジットカードであると言えるでしょう。

2018年はビューサンクスポイントもJREポイントに統合

ビューカードでのSuicaのチャージなどで貯めることができるビューサンクスポイントは、1ポイント=1円としてSuicaにチャージできるお得なポイントです。

 

さらに、2018年にはビューサンクスポイントもJREポイントに統合されることが予定されており、ますます使い勝手の良い共通ポイントに進化します。

 

ビューサンクスポイントがJREポイントに統合されると、Tポイントや楽天スーパーポイントに匹敵する、日本最大級の共通ポイントになることが予想できます。

 

JREポイントユーザーとしては、ビューサンクスポイントの統合は大きなメリットになるのは言うまでもありませんよね。

JREポイントをお得に貯められる最強クレジットカードまとめ!

JREポイントは使いやすく貯めやすい、超優秀な共通ポイントです。

 

しかし、最大限にJREポイントをお得に貯めるには、ビューカードとSuicaを併用することが重要となっています。

 

ここでは、JREポイントをお得に貯めることができる、最強のビューカードをまとめていきましょう。

アトレビューSuicaカード

 

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別477円
家族会員 発行無し
ETC 税別477円
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド VISA
還元率 0.5%
旅行保険 国内:最高1,000万円
海外:最高500万円

 

  • アトレ・アトレヴィでのお買い物でJREポイント3倍
  • 1年間のアトレでのお買い物金額でボーナスポイント
  • Suicaチャージで1.5%のビューサンクスポイント

 

JRE東日本の駅ビル「アトレ」と、ビューカードが提携して発行するクレジットカードが「アトレビューSuicaカード」です。

 

アトレビューSuicaカードの最も大きなメリットとなるのは、アトレ・アトレヴィでのカード利用でJREポイントが3倍還元になる特典でしょう。

 

3.0%のJREポイントに加え、0.5%のビューサンクスポイントも貯めることができますので、合計3.5%還元でお得に駅ビルでのお買い物や食事を楽しむことができます。

 

また、1年間でアトレ・アトレヴィで5万円以上のカード利用があれば、ボーナスポイントとしてJREポイント500ポイントが付与される特典もあります。

 

アトレ・アトレヴィの各ショップでは、アトレビューSuicaカードの提示でお得な優待をうけることができる店舗も多く、アトレ利用者には必携のカードとなります。

 

ビックカメラSuicaカード

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜477円+税 年1回以上の利用で翌年度無料
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費477円+税
国際ブランドVISA、JCB
還元率0.5〜11.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外500万円(自動付帯)
国内1000万円(利用付帯)
  • ビックカメラでのお買い物で最高11.5%還元可能
  • どこでもビックポイントとビューサンクスポイントのダブルポイント
  • Suicaチャージで1.5%のビューサンクスポイント

 

家電量販店大手の「ビックカメラ」と、ビューカードが提携して発行するクレジットカードが「ビックカメラSuicaカード」です。

 

ビックカメラSuicaカードの利用では、ビックポイント0.5%とビューサンクスポイント0.5%のダブルポイントで、合計1.0%のポイントを貯めることができます。

 

Suicaのチャージでは1.5%のビューサンクスポイントを貯めることができますので、ビックカメラでのSuica利用でのお買い物で最高11.5%のポイントを貯めることが可能です。

 

貯まったビックポイントはSuicaのチャージにも利用できますので、Suica利用者にとっても非常にお得に利用できるクレジットカードとなっています。

 

2018年にビューサンクスポイントがJREポイントに統合されれば、最強のJREポイントクレジットカードとなるのは間違いないでしょう。

 

ルミネカード

3.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜953円+税
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費税抜477円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高500万円
国内最高1,000万円
  • ルミネでのカード利用で5%オフ
  • 年間の利用金額に応じて最高5,000円分のルミネ商品券をゲット
  • ルミネカードカウンターでの仮カードの即日発行が可能

 

JR東日本の駅ビル「ルミネ」と、ビューカードが提携して発行するクレジットカードが「ルミネカード」です。

 

ルミネカードの大きなメリットとなっているのが、ルミネ全店でのカード利用で5%オフになるお買い物優待です。

 

ルミネでの年間の利用金額に応じて最高5,000円分のルミネ商品券がプレゼントされるほか、年に数回の10%オフの優待セールにも招待されるお得なカードとなっています。

 

ルミネカードはルミネカードカウンターでの仮カードの即日発行が可能となっていますので、申込みをしたその日から特典を利用できるのは嬉しいですよね。

 

ルミネでは現状JREポイントは付与されませんが、今後JREポイントが導入される可能性は高く、ルミネ利用者なら持っておきたいクレジットカードとなっているのですね。

 

エスパルカード

3.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜477円+税
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費477円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率0.5〜3.5%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高500万円
国内最高1,000万円
  • エスパルでのカード利用でJREポイントが3倍
  • メトロポリタンホテル仙台・山形の宿泊が10%オフ
  • エスパルカードカウンターで仮カードの即日発行が可能

 

仙台を中心に駅ビルを展開する「エスパル」と、ビューカードが提携して発行するクレジットカードが「エスパルカード」です。

 

エスパルカードの最も大きなメリットとなっているのが、エスパルでの食事やお買い物でのカードの利用でJREポイントが3倍になる特典です。

 

エスパルカードは、エスパルカードカウンターで仮カードを即日発行することができますので、申込みをしたその日から特典を利用することができるのですね。

 

Suicaのチャージでは1.5%のビューサンクスポイントを貯めることも可能となっており、東北エリアでSuicaを利用している方には必携のカードとなっています。

 

また、メトロポリタンホテル仙台・山形での宿泊が10%オフになる特典もあり、出張や旅行で東北を良く訪れる方にもおすすめです。

 

JALカードSuica

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜2,000円+税
家族カード(税抜)-
ETCカード年会費477円+税
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1,000万円
国内最高1,000万円
  • カードの利用でJALマイルを貯めることができる
  • ショッピングマイルプレミアムの利用でマイル1.0%還元
  • Suicaのチャージで1.5%のビューサンクスポイント

 

JALカードとビューカードが提携して発行するクレジットカードが「JALカードSuica」です。

 

JALカードSuicaの利用では200円に1マイルのJALマイルを貯めることが可能となっており、ショッピングマイルプレミアムの利用で100円にマイル・1.0%還元でマイルを貯められます。

 

また、JAL航空便・提携航空会社のフライトでは区間基本マイルの10%のフライトボーナスマイルが加算されますので、非常に効率的にマイルを貯めることができます。

 

Suicaのチャージで1.5%のビューサンクスポイントを貯めることができますので、マイルとビューサンクスポイントをダブルで貯めることが可能です。

 

JALカードSuica1枚で、JALマイル・Suicaをお得に利用することができる、空と陸で最強のカードであると言えるでしょう。

 

2018年最も目が離せない共通ポイント・JREポイントを使いこなそう

今回は、JREポイントユーザーのための、JREポイントのお得な貯め方とベストな使い方を解説してきました。

 

  • Suica・駅ビルの利用でお得にポイントゲット
  • JREポイントはSuicaチャージで幅ひろく使おう
  • 2018年にはビューサンクスポイントとも統合でますます便利に!

 

JREポイントは、電子マネーSuicaの利用・JR東日本の駅ビルでのお買い物でお得に貯めることができる共通ポイントです。

 

貯まったポイントはSuicaに1ポイント=1円としてチャージすることで、現金同様に幅広く利用することができます。

 

2018年にはビューサンクスポイントもJREポイントに統合する予定となっており、ますます目が離せなくなるJREポイント。

 

お得なビューカードを手に入れて、今のうちからビューサンクスポイントを貯めておくのも良いのではないでしょうか。

 

Pocket