Origami payは暗証番号・サイン不要!スマホを選ばずカンタン支払い!

Pocket

 

「財布の中がクレジットカードでいっぱいになってしまう」

「1番お得なスマホ決済サービスってどれ?」

「スマホがおサイフケータイに対応してないんだよね」

 

昨年1年間で決済方法として認知されたApple Payに続き、様々な形のモバイル決済サービスが登場しました。

 

その中でも、特に注目して欲しいモバイル決済サービスが「Origami Pay(オリガミペイ)」です。

 

Origami Payは大手ショップをはじめとした全国20,000か所以上の加盟店で導入されており、独自の割引特典などのメリットで認知が進んでいるモバイル決済サービスです。

 

今回は、2018年最も注目すべきモバイル決済サービスとなり得る、Origami Payについて徹底解説していきましょう。

 

Origami Pay(オリガミペイ)とは

 

ベンチャー企業「Origami」が提供するモバイル決済サービス・Origami Payは、モバイル決済サービスに革命を起こすサービスであると言われています。

 

新しい決済サービスのひとつとして認知された「Apple Pay」をはじめとしたモバイル決済サービスは、キャッシュレス化の進む現代に必要なサービスです。

 

Apple Pay以外にも、

 

  • 楽天ペイ
  • LINE Pay

 

など、QRコード決済に対応したモバイル決済サービスが多く登場していますが、Origami PayもそうしたQRコード決済サービスのひとつです。

 

Origami Payでは、事前にアプリでクレジットカードを登録しておくことで、スマホ端末のみでの暗証番号・サイン不要のスピーディな決済が可能です。

 

アプリには複数枚のクレジットカードを登録しておくことが可能となっていますので、財布の中にいっぱいになってしまったクレジットカードの整理にも役立ちます。

 

Origami Payを利用することで、財布からクレジットカードを出すことなく、スマートにお買い物をすることが可能となっているのですね。

 

Origami PayはECサイトとリアル店舗の融合を目指しており、より近未来型のモバイル決済サービスであると言えるでしょう。

Origami Pay(オリガミペイ)での支払いはスピーディ&スムーズ

Origami Payでの支払いでは、店舗のiPadなどに表示されたQRコードをアプリで読み取るだけでスマートに決済が可能です。

 

決済はQRコードを読み取った瞬間に完了し、暗証番号やサインは不要で非常にスピーディな決済が可能です。

 

財布の中の何枚もあるクレジットカードを探すことなく、スピーディな決済が可能なだけではなく、カードをスタッフに渡すことが無いのではセキュリティ面でも安心です。

 

混み合ったコンビニなどでの決済の場合でも、スマホ1台でスマートに決済ができるのが、Origami Payの大きなメリットと言えるでしょう。

Origami Pay(オリガミペイ)の使い方

Origami Payの始め方は非常に簡単です。

 

私も実際にOrigami Payをインストールしてみましたが、利用できるようになるまでに2分も必要無いのではないでしょうか。

 

Origami Payは、

 

  • App Store
  • Google Play

 

でそれぞれ無料でインストールすることができます。

 

インストールが完了したら、メールアドレスの登録・またはFacebookアカウントと連携して認証を行います。

 

私はメールアドレスで登録をしましたが、メールアドレスを入力すると即時認証メールが届きますので、メールの「認証する」をクリックします。

 

次に、SMS認証を行うために携帯電話番号を入力すると、SMSに4桁の認証コードが届きますので、認証コードをアプリで入力します。

 

続いて、クレジットカードの登録に移りますので、Origami Payの支払いで利用するクレジットカードを登録し、最後に自分の氏名を入力すれば登録が完了します。

 

店舗での実際の支払いの際には、アプリの「支払い」をタップして、QRコードを読み込むことで支払いをすることができます。

 

アプリでは、

 

  • クレジットカードの追加
  • Origami Payを利用できる加盟店の検索
  • Origami Payのキャンペーン情報の確認
  • 使用したレシートの確認

 

などをすることができます。

 

加盟店の検索では、スマホの現在地情報を利用して近所のお店を探すことができるほか、地図上で加盟店を検索することができます。

 

毎日のお買い物の利用はもちろんのこと、旅行や出張先でも便利に利用することができるのではないでしょうか。

 

Origamiアプリのインストールはこちらから

 

Origami Pay(オリガミペイ)利用のうえでの注意点

Origami Payを利用する際には、支払い用のクレジットカードを登録して利用することができます。

 

登録をすることができるクレジットカードは、

 

  • VISA
  • Mastercard

 

に限定されており、国際ブランドがJCB、アメックス、ダイナースのクレジットカードは登録できませんので注意が必要です。

 

また、Origami Payで利用したクレジットカードの支払いは、登録した各クレジットカードの締め日・支払日に準じます。

 

ただし、Origami Payの決済でクレジットカードを利用した場合には一括払いのみが選択可能となっており、分割・リボ払いでの利用はできませんので注意が必要です。

Origami Pay(オリガミペイ)が利用できる場所

Origami Payは現在、大手ショップを含めた全国20,000店舗以上で利用することが可能となっています。

 

代表的な店舗の例としては、

 

  • ローソン
  • ロフト
  • PARCO
  • ケンタッキー・フライド・チキン
  • AOKI
  • 靴下屋

 

など、大手ショップのほか、エリアごとの小規模な店舗も加盟しているのが大きな特徴となっています。

 

 

その背景としては、加盟店が専用の端末などを用意せずにiPadやスマホ・パソコンのみで、手軽にOrigami Payを導入できると言う点が挙げられます。

 

店舗としては安価に決済システムを導入できるメリット、ユーザーにとっては小規模な店舗でもスマートなモバイル決済が可能となる、Win-Winの仕組みなのですね。

Origami Pay(オリガミペイ)はセキュリティ強固!その他メリットは?

Origami Payの最も大きなメリットとなるのが、その強固なセキュリティ性能です。

 

Origami Payの決済では、自分でQRコードをスマホで読み取る仕組みとなっていますので、クレジットカードをスタッフに渡す必要がありません。

 

取引はインターネット上で暗号化された情報で行われますので、クレジットカードを利用するよりも高いセキュリティ性を持っています。

 

また、より安全に利用したい場合には、スマホでセキュリティを強化することができます。

 

  • iPhoneのTouch ID/Face ID
  • Androidでのパスワード設定

 

など、万が一の紛失などでスマホが第3者に拾得された場合でも、認証を行わないとOrigami Payを利用できない設定をすることが可能です。

 

高いセキュリティ性で安心して支払いをすることができるのが、これからのモバイル決済サービスでは重要なポイントとなってくるのですね。

 

それだけではなく、Origami Payでは他のモバイル決済サービスには無い、独自のメリットが用意されています。

 

ここでは、Origami Payのセキュリティ面以外でのメリットを解説します。

Origami Pay(オリガミペイ)だけでの割引もお得

数多くのモバイル決済サービスの中でOrigami Payが特に注目を集めているのが、店舗でのお得な割引サービスです。

 

Origami Payでは、店舗が行っている割引サービスに加え、Origami Payだけの割引やプレゼントキャンペーンを開催しています。

 

店舗での特典とOrigami Payの特典をダブルで受けることができるので、よりお得にお買い物をすることができるのですね。

 

スマートにお買い物ができるだけではなく、お得な割引や優待が充実しているのもOrigami Payの大きなメリットとなっています。

 

お得な優待サービスの一例をあげると、

 

  • はじめて行くケンタッキーの店舗で50%オフ
  • 対象店舗でのはじめての利用で5%オフ
  • 毎週金曜日にOrigami Payの利用で10%オフ

 

このように、対象店舗でのお得な割引サービスが用意されています。

 

最新のキャンペーンなどは、Origami Payのアプリからも確認することができますので、チェックしておきましょう。

今後のクレジットカード以外の決済方法の導入にも期待

Origami Payでは現在、クレジットカードを登録して利用する必要があります。

 

今後のOrigami Payの展望としては、銀行口座を登録した利用など、クレジットカード以外での支払い方法の導入も検討されています。

 

クレジットカード・電子マネー・銀行口座と言った支払い方法にこだわらずに、財布のようにさっと取りだして利用できるシームレスな決済サービスがOrigami Payの目的なのですね。

 

モバイル決済サービスの新しいスタンダードとして、Origami Payの今後の展望にも期待を持ちたいですよね。

Origami Pay(オリガミペイ)登録におすすめのクレジットカード

Origami Payを利用するためには、決済用のクレジットカードを登録する必要があります。

 

Origami Payでの決済では、クレジットカードのポイントを貯めることができますので、より使い勝手の良いポイントプログラムがあるクレジットカードが有利となります。

 

ここでは、Origami Payの登録におすすめのクレジットカードを特集します。

オリコカードザポイント

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜2.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外-
国内-

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
還元率 1.0%
旅行保険

 

  • 入会後6か月間はポイント2倍
  • 貯まったポイントを高レートでANAマイルに交換可能
  • ネット通販では2.0%還元でお買い物が可能

 

Origami Payの登録で高還元でポイントを貯めたい方には「オリコカードザポイント」がおすすめです。

 

オリコカードザポイントでは、通常1.0%の還元率でオリコポイントを貯めることができますが、入会後6か月間はポイントが2倍になり、2.0%還元で利用することができます。

 

Origami Payの決済でも入会後6か月間は2倍還元でポイントを貯めることができますので、非常にお得にお買い物を楽しむことができます。

 

貯まったオリコポイントは1対0.6の高レートでANAマイルに交換することができますので、ANA陸マイラーにもおすすめできるカードとなっています。

 

また、会員向けインターネットモール「オリコモール」経由でのネット通販では、Amazonや楽天市場などの人気のネット通販を2.0%還元で利用することも可能です。

Yahoo! JAPANカード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
還元率 1.0%
旅行保険

 

  • カードの利用でTポイントを貯めることができる
  • Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでも3倍還元
  • TSUTAYAのレンタルサービスが追加可能

 

ポイントの使い勝手でOrigami Pay用のカードを選択するのであれば「Yahoo! JAPANカード」がおすすめです。

 

Yahoo! JAPANカードの最も大きなメリットとなるのが、カードの利用で100円に1ポイントのTポイントを貯めることができる点です。

 

Tポイントは、Yahoo! JAPANのサービスはもちろんのこと、ファミリーマートやTSUTAYAと言ったリアル店舗で1ポイント=1円として便利に利用することができます。

 

また、Yahoo! JAPANカードでは、Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用でいつでも3倍還元になる特典があり、効率的にTポイントを貯めることができます。

 

カードにTSUTAYAのレンタル会員証を追加することも可能となっていますので、TSUTAYAを利用している方にもおすすめできるカードとなっているのですね。

楽天カード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜4.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

  • VISAとJCBの2枚持ちが可能
  • カードの利用で楽天スーパーポイントを貯められる
  • 楽天市場ではいつでもポイント4倍

 

Origami Payは利用したいけど、やはりJCBのクレジットカードを持ちたいと言う方には「楽天カード」がおすすめです。

 

楽天カードでは、VISAブランドでカードを発行した場合、JCB/Mastercardブランドの楽天カードを追加で発行することが可能となっています。

 

Origami Pay用のVISAカードと、普段の使い勝手の良いJCBブランドのカードを2枚持ちすることができますので、非常に使い勝手が良いのではないでしょうか。

 

楽天カードの利用では、100円に1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができますので、Origami Payの決済用のカードとしてもお得に利用できます。

 

また、楽天市場の利用ではいつでもポイント4倍になる特典がありますので、楽天スーパーポイントをガンガン貯めたい方にも最適のカードとなっているのですね。

リクルートカード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
VISA・Mastercard:新規発行手数料1,000円+税 JCB:無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格学生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
還元率 1.2%
旅行保険 最高2,000万円

 

  • 最高クラスの還元率1.2%
  • 貯まったポイントをPontaポイントに相互交換
  • リクルートのサービス利用でポイントアップ

 

ポイント還元率でカードを選択するのであれば「リクルートカード」一択で構わないのではないでしょうか。

 

リクルートカードの還元率は1.2%となっており、クレジットカードの還元率としては最高クラスの水準を誇っています。

 

貯まったリクルートポイントは、じゃらん.netなどのリクルートのサービスでの利用はもちろんのこと、人気の共通ポイントPontaに相互交換が可能です。

 

Pontaは、ローソンのLoppiお試し引換券の利用で1ポイント=2円〜3円で利用することが可能となっており、還元率2%〜3%以上で利用することも可能です。

 

 

また、ホットペッパービューティーなどのリクルートのサービスではポイント還元率が優遇される特典もあり、特に女性にもおすすめのカードとなっています。

VIASOカード

4.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1,000円+税
国際ブランドMastercard
還元率0.5〜1.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド Mastercard
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円

 

  • ポイントはオートキャッシュバックで手間なし
  • ETC・携帯電話料金はポイント2倍
  • VIASO eショップでネット通販もお得に

 

ポイントの有効期限を気にせずに利用したい方には「VIASOカード」がおすすめです。

 

VIASOカードで貯めたポイントは、年間1回自動的にキャッシュバック還元される、オートキャッシュバックのポイントとなっています。

 

ポイントが自動的にキャッシュバック還元されますので、ポイントの有効期限を気にせずに利用したい方には最適のカードとなっています。

 

VIASOカードでは、ETC・携帯電話料金の支払いではポイントが2倍になる特典があり、車を運転される方にもおすすめのクレジットカードとなっています。

 

また、会員向けインターネットモール「VIASO eショップ」では最高ポイント20倍も可能となっており、ネット通販好きの方にもおすすめです。

Apple Payと使い勝手の差・違い

既にモバイル決済のスタンダードとして認識されているApple PayとOrigami Payには、どのような違いがあるのでしょうか?

 

ここでは、Apple PayとOrigami Payの使い勝手の差や、違いとなる部分を解説します。

使い勝手ではApple Payの方がスマート

Apple Payの大きなメリットとなるのが、iPhoneをタッチするだけで決済が完了するスマートな決済方法でしょう。

 

Origami Payでは、QRコードを読み取る必要があるので、アプリを起動する手間があり、Apple Payよりは決済動作がワンステップ多くなってしまいます。

 

また、Origami Payの加盟店が増加の傾向にあると言っても、やはりQUICPay/ID加盟店の数に比べると認知度は低いでしょう。

 

より使い勝手の良いモバイル決済サービスはどちらか?と選択を迫られれば、Apple Payとなってしまうのではないでしょうか。

Origami Payは利用するスマホを選ばない

Origami Payは、Apple Payに採用されているFeliCa決済ではなく、QRコード決済を採用しています。

 

実際に店舗で決済をする際には、店舗のiPadなどの端末で表示されたQRコードを読み取ることで決済をすることができます。

 

QRコード決済が採用されていることでのメリットとなっているのは、決済に使用するスマホを選ばない点でしょう。

 

Apple Payの利用ではiPhone7以降のiPhone等の端末が必要となっており、Androidのスマートフォンでは利用することができません。

 

Origami Pay のQRコード決済の場合は、カメラ機能のあるスマホであれば利用可能となっていますので、スマホの機種を選ばずに利用することができるのですね。

2018年はモバイル決済がさらに進む。よりスマートに、より早く

今回は、新しいモバイル決済サービスのスタンダードとして期待される「Origami Pay(オリガミペイ)」を特集してきました。

 

  • QRコード決済でセキュリティ性が高くスピーディ
  • 独自の優待サービスなどでメリットが高まる
  • カメラさえあればスマホの機種を選ばない

 

Origami Payでは、QRコード決済でお買い物をすることが可能となっており、財布からクレジットカードを出すことなくスピーディな決済が可能です。

 

Origami Payだけの独自の優待サービスも多く用意されており、ユーザー目線からもメリットの多い決済サービスであることは間違いありません。

 

Apple Payのようにスマホを選ばず、iPhone・Androidのどちらでも利用できるハードルの低さも大きな魅力です。

 

お得にポイントを貯めることができるクレジットカードを登録して、Origami Payでスマートなお買い物をしてみてはいかがでしょうか。

 

Pocket