エポスゴールドカードは選べるポイントアップショップでポイント3倍還元!

 

「エポスポイントをもっとお得に貯めたい」

「エポスゴールドカードって年会費分の価値はあるの?」

 

丸井をはじめとした様々な店舗でお得に利用できる、エポスカードの上位カードとして発行されているのが「エポスゴールドカード」です。

 

エポスゴールドカードでは「選べるポイントアップショップ」を利用することが可能となっており、自分の好きな店舗でポイント3倍還元をうけることができます。

 

エポスゴールドカードの年会費は税込5,000円となっていますが、インビテーションでカードを取得すれば年会費無料での利用も可能なお得なカードとなっています。

 

今回は、エポスポイントをガンガン貯めることができる、エポスゴールドカードについて特集します。

 

エポスゴールドカードは選べるポイントアップショップでポイント3倍!

 

エポスゴールドカードでは、自分の好きな店舗を選択してポイントアップできる「選べるポイントアップショップ」の特典を利用できます。

 

300種類以上の様々な店舗の中から、自分がよく利用するショップを最大3つまで選択することができます。

 

エポスゴールドカードの通常還元率は0.5%となっていますが、選べるポイントアップショップに選択するとポイント3倍・1.5%還元で利用することができます。

 

選べるポイントアップショップでは、

 

  • スーパー
  • コンビニ
  • ドラッグストア
  • ガソリンスタンド
  • レストラン
  • 家電量販店

 

など、様々な店舗を選択することができます。

 

豊富な店舗の中から、ポイントアップショップを選択することができますので、自分の良く利用する店舗を見つけることができるでしょう。

 

選べるポイントアップショップの登録は、エポスゴールドカードの会員ページ「エポスNet」にログインして、簡単に登録することができます。

 

エポスゴールドカードでは、リボ払いでポイントが2倍になる特典があり、選べるポイントアップショップでさらにお得にポイントを貯めることができます。

 

  通常ポイント 登録ショップ
1回、2回払い
ボーナス払い
0.5% 1.5%
リボ払い 1.0% 2.0%

 

リボ払いの場合には、ポイント2倍+2倍で、合計4倍の2.0%還元でポイントを貯めることが可能となっています。

 

選べるポイントアップショップにどの店舗を登録するかで、エポスゴールドカードでのポイント獲得の効率が変わってきます。

 

おすすめは、頻繁に利用するコンビニ・スーパーと、公共料金の支払いを登録しておくことです。

 

日常的に利用する店舗で3倍ポイントを獲得できれば、よりお得にポイントを貯めることができますよね!

マルイ・モディではポイント2倍還元も!

エポスゴールドカードでは、マルイ・モディをはじめとした特約店で、いつでもポイントが2倍になる特典があります。

 

ポイントが2倍になるのは、

 

  • マルイ
  • モディ
  • ENEOSでんき
  • MONA新浦安
  • IDC大塚家具

 

となり、上記の店舗を選べるポイントアップショップに登録した場合、さらにお得にポイントを貯めることができます。

 

マルイ・モディなどでは、いつでもポイントが2倍になる特典がありますので、合計4倍の2.0%のポイントを貯められます。

 

リボ払いでの利用では5倍ポイントを貯めることができますので、超高還元でポイントを貯めることができるのですね。

ボーナスポイントで最大1.5%のポイント還元が可能

エポスゴールドカードでは、年間の利用金額に応じてボーナスポイントが付与され、最大1.5%のポイント還元をうけることができます。

 

選べるポイントアップショップだけではなく、通常加盟店での利用分も1.5%還元相当となりますので、非常にお得にポイントを貯めることができます。

 

ボーナスポイントは年間の利用金額に応じて付与されます。

 

年間50万円以上 2,500ポイント
年間100万円以上 10,000ポイント

 

年間100万円を利用した場合の通常獲得ポイントは5,000ポイントとなっていますので、合計で1.5%還元相当のポイントを獲得することができます。

 

さらに、マルイ・モディなどのポイントアップ店、選べるポイントアップショップの利用などを含めると、1.5%以上の超高還元でポイントを貯めることが可能です。

ゴールドカードならポイントの有効期限も無し

エポスゴールドカードの大きなメリットのひとつとなるのが、ポイントの有効期限が無期限となる点です。

 

一般カードのエポスカードのポイント有効期限は2年間となっていますが、エポスゴールドカードではカード特典としてポイントの有効期限が無期限となっています。

 

また、エポスカードからエポスゴールドカードへの切り替えの場合、エポスカードで貯めていたポイントも有効期限が無期限になる特典があります。

 

既に貯めていたポイントも含めて有効期限が無期限になるというのは、大きなメリットとなりますよね。

エポスゴールドカードの損益分岐点

エポスゴールドカードは税込5,000円の年会費で利用することができますが、エポスカードとの損益分岐点はいくらになっているのでしょうか?

 

エポスゴールドカードでは、年間100万円以上のカードの利用で10,000ポイントのボーナスポイントを獲得することができます。

 

1ポイント=1円となっていますので、年間100万円以上カードを利用する方の場合は問答無用でエポスゴールドカードがお得です。

 

さらに、エポスゴールドカードでは選べるポイントアップショップで、最大3つの店舗でのポイント3倍の特典をうけることができます。

 

エポスカードとのポイント差はちょうど1.0%となりますので、

 

5,000円 ÷ 1.0% = 50万円

 

となり、選べるポイントアップショップでの年間50万円以上の利用が損益分岐点となります。

 

年間50万円利用すると2,500ポイントのボーナスポイントも付与されますので、さらに獲得ポイントの差は開きます。

 

また、エポスゴールドカードではカード特典として、国内主要空港のラウンジサービスが付帯します。

 

空港ラウンジの利用料金は1回1,000円程度となっていますので、飛行機での旅を楽しまれる方の場合には損益分岐点はさらに少なくなります。

選べるポイントアップショップの一覧

選べるポイントアップショップは、300店舗を超える様々な店舗が用意されています。

 

自分の身近な店舗を選択することができますので、毎日の生活でお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

ここでは、選べるポイントアップショップの一例をご紹介します。

 

コンビニ セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
スーパー イトーヨーカドー
イオン
アピタ
西友
ダイエー
公共料金 朝日新聞
NHK受信料
ENEOSでんき
東京電力
東京ガス
ホテル ANAホテルズ
京王プラザホテル
帝国ホテル

 

上記の例以外にも、選べるポイントアップショップではエリアごとのショップなど、全国の様々な店舗が用意されています。

 

毎日利用する店舗と、公共料金などのランニングコストとして必要な店舗を登録すれば、最大限お得にポイントを貯めることができます。

選べるポイントアップショップ利用の際の注意点

選べるポイントアップショップの利用には、いくつか知っておいた方が良い注意点があります。

 

最も注意が必要な点としては、1度登録した店舗を登録後3か月は変更ができないと言う点です。

 

店舗を変更するためには3か月待つ必要がありますので、選べるポイントアップショップを選択する際には熟考して選択するようにしましょう。

 

また、選べるポイントアップショップでは、一部ポイントアップの対象外となるケースがあります。

 

  • ショッピングモール・百貨店内の店舗などの場合
  • クレジットカード払いが利用できない店舗の場合
  • エポスVisaプリペイドカードの利用分
  • ボーナスポイントの付与前にエポスゴールドカードを退会した場合

 

このうち、注意が必要になるのは、ショッピングモール・百貨店内の店舗ではポイントアップの対象とならない点でしょう。

 

具体的には、ファミリーマートをポイントアップショップに登録している場合でも、マルイ内の店舗は対象外となります。

 

また、ポイントアップのボーナスポイントは通常ポイントと付与タイミングが変わり、翌月20日頃の付与となります。

 

一部のショップなどではポイント付与タイミングが遅れることがありますので、ボーナスポイントが付与されるまではカードを解約しないようにしましょう。

エポスバーチャルカードの利用分は対象外

選べるポイントアップショップでは、エポスバーチャルカードの利用分は対象外となっています。

 

エポスバーチャルカードは、ネット通販などで利用することができる、カード番号のみが発行される仮想のクレジットカードです。

 

実際のクレジットカード番号を入力することなくネット通販を利用できますので、ネット通販を安全に利用することができます。

 

選べるポイントアップショップでは、登録したショップのネットショップでの利用分も一部ボーナスポイントが付与されることがあります。

 

ただし、エポスバーチャルカードでの利用分は選べるポイントアップショップの3倍ポイントの対象とはなりません。

 

安全にネット通販を利用できるエポスバーチャルカードで、ポイントアップの対象にならないのは少し残念ですよね。

エポスポイントの交換先・お得な使い道

エポスゴールドカードでは、選べるポイントアップショップで1.5%還元でお得にエポスポイントを貯めることができます。

 

エポスポイントの最も手軽な利用方法としては、マルイ店舗でのポイント利用です。

 

エポスポイントはマルイで1ポイント=1円として利用することができますので、現金同様に活用することができます。

 

さらに、エポスポイントは「エポスVisaプリペイドカード」に1ポイント=1円としてチャージすることができます。

 

エポスVisaプリペイドカードは、VISA加盟店でクレジットカード同様に利用できますので、貯まったポイントを幅広い店舗で活用することができます。

 

また、エポスポイントは各種ギフト券・共通ポイントに交換して利用することができます。

 

  必要ポイント 交換先
マルイ商品券 1,000ポイント 1,000円分
iTunesギフトカード 1,000ポイント 1,000円分
VJAギフトカード 1,000ポイント 1,000円分
クオカード 1,000ポイント 1,000円分
モンテローザお食事券 800ポイント 1,000円分
dポイント 1,000ポイント 1,000ポイント
au WALLETポイント 1,000ポイント 1,000ポイント

 

エポスポイントはこのように、1ポイント=1円相当として各種ギフト券・共通ポイントに交換できます。

 

中でも、お得な交換レートで交換できるモンテローザお食事券では、800ポイントで1,000円分のお食事券を交換できます。

 

モンテローザのお店では、

 

  • 白木屋
  • 魚民
  • 笑笑
  • 千年の宴
  • カラオケ歌之助

 

など、居酒屋を中心とした店舗で利用することができます。

 

エポスゴールドカードの利用でお得に貯めたポイントで、お得に食事を楽しむのも良いのではないでしょうか。

JAL/ANAのマイル交換がお得!

エポスポイントの交換先としては、JAL/ANAのマイルへの交換もお得です。

 

エポスポイントは、1,000ポイント=500マイルとして、JAL/ANAのマイルに交換することができます。

 

さらに、ANAマイルへの交換では、エポスゴールドカードで貯めたポイントは優遇され、1,000ポイント=600マイルとして交換することができます。

 

通常0.3%のマイル還元率となっていますが、選べるポイントアップショップで貯めた3倍ポイントの交換の場合、0.9%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

1マイルあたりの価値は2円〜5円程度になりますので、ポイントの交換先としては最もお得と言って良いでしょう。

エポスゴールドカードはインビテーションで年会費が無料に!

エポスゴールドカードは税込5,000円の年会費が必要ですが、エポスカードからのインビテーションを受ければ年会費無料で利用できる特典があります。

 

通常、クレジットカードのインビテーションの基準は高いものとなっていますが、エポスゴールドカードでは比較的低いハードルでインビテーションをうけることができます。

 

エポスゴールドカードのインビテーションの基準としては、

 

  • 1年以上の継続したエポスカードの利用
  • 年間50万円以上のカードの利用

 

このように、1年間で50万円以上エポスカードを利用することがインビテーションの基準となっています。

 

ただし、半年で30万円程度利用した段階でインビテーションが届いた実例もあり、実際には上記の目安よりもインビテーションの基準は低いのではないでしょうか。

 

インビテーション経由でエポスゴールドカードを手に入れる最も大きなメリットは、通常税込5,000円の年会費が無料になる点です。

 

毎年5,000円がお得になりますので、エポスゴールドカードを取得する際にはインビテーションでの取得を目指しましょう。

エポスカード/ゴールドカードの基本情報

選べるポイントアップショップ・ボーナスポイントで、お得にエポスポイントを貯めることができるエポスゴールドカード。

 

エポスゴールドカードでは、インビテーションでカードを取得すれば年会費が無料になる特典があります。

 

エポスゴールドカードのインビテーションをうけるためには、前提としてエポスカードの利用が必須となっています。

エポスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 発行無し
ETC 無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド VISA
還元率 0.5%
旅行保険 最高500万円

 

幅広い店舗やサービスでの優待
マルイカードカウンターでの即日発行が可能

 

エポスゴールドカードのインビテーションに必要となってくるカードが「エポスカード」です。

 

エポスカードは年会費無料で利用することが可能となっており、シダックス・モンテローザの利用でポイント5倍など、様々な優待をうけることができます。

 

また、エポスカードはマルイカードカウンターで即日発行が可能となっており、申込みをしたその日から特典を利用することができます。

 

年会費無料でありながら、自動付帯の海外旅行保険では傷害治療200万円・疾病治療270万円が用意されており、補償の上乗せ用のカードとしても最適です。

 

エポスゴールドカード

 

公式サイトを見る

年会費 税込5,000円
家族会員 発行無し
ETC 無料
申込資格 20歳以上で安定した収入のある方
国際ブランド VISA
還元率 0.5%
旅行保険 最高1,000万円

 

選べるポイントアップショップで1.5%還元
年間の利用金額に応じたボーナスポイント有り
インビテーションでの取得では年会費無料

 

エポスカードの上位カードとして発行されているのが「エポスゴールドカード」です。

 

エポスゴールドカードでは、選べるポイントアップショップで自分の好きな3つの店舗を登録し、ポイント3倍還元で利用することができます。

 

年間の利用金額に応じたボーナスポイントもあり、選べるポイントアップショップ以外でも最高1.5%還元で利用することができます。

 

エポスゴールドカードには空港ラウンジサービスも付帯しており、海外旅行に出かける機会のある方にもおすすめです。

 

インビテーション経由での取得では年会費が無料になる特典もありますので、エポスゴールドカードのインビテーションを目指してみてはいかがでしょうか。

エポスゴールドカードではエポスポイントがガンガン貯まる!

今回は、エポスカードの上位カードとして発行されている「エポスゴールドカード」を特集してご紹介してきました。

 

  • 選べるポイントアップショップでポイント3倍
  • 年間100万円以上の利用で10,000ポイントのボーナスポイント
  • 空港ラウンジサービスも付帯したコストパフォーマンス

 

このように、カードの利用でガンガンエポスポイントが貯まるカードとなっています。

 

エポスゴールドカードでは、コンビニや公共料金の支払いなど、生活に密着した店舗を選べるポイントアップショップに登録することで、3倍でポイントを貯めることができます。

 

さらに、年間100万円の利用で10,000円分のボーナスポイントが付与されますので、年間100万円以上利用する方であれば迷わずゴールドカードを選択すべきです。

 

空港ラウンジサービスのほか、傷害・疾病治療の補償が最高300万円まで付帯した海外旅行保険も用意されており、コストパフォーマンスに優れたゴールドカードとなっています。