アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールド比較!特典の差は?

 

ビジネスカードにも上質なサービスを求めたい方には、アメリカン・エキスプレスのビジネスカードが最適です。

 

アメックスのビジネスカードには、アメックスビジネスグリーンと、上位カードとなるビジネスゴールドの2種類のカードがあります。

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、年会費に倍以上の違いがあり、どちらのカードを選択すべきか悩んでいると言う方も多いのではないでしょうか。

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドには、年会費の差ほどの特典の差があるのか?と疑問に思っている方も多いでしょう。

 

今回は、そうした疑問を埋めるために、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの年会費の差で、どれほど特典に違いがあるのか検証していきましょう。

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの基本情報を比較

まずは、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの基本情報から比較していきましょう。

 

  ビジネスグリーン ビジネスゴールド
年会費 税別12,000円 税別31,000円
追加カード 税別6,000円 税別12,000円
ETC 税別500円 税別500円
申込資格 20歳以上の法人・
または個人事業主の方
25歳以上の法人・
または個人事業主の方

 

このように、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、年会費に約2.6倍の差があります。

 

追加カードに関しても、年会費に倍の違いがありますので、使用者が増えるほどコストの差は大きくなってきます。

 

また、両者のカードの違いとして、申込み資格の年齢条件に違いがありますので、25歳未満の方の場合にはアメックスビジネスゴールドを申込みすることができません。

付帯保険はほぼ同等!国内旅行保険はビジネスゴールドが有利

特に、海外出張の多い法人の場合には、海外旅行保険の補償内容もカード選択の大きな判断基準のひとつとなります。

 

  ビジネスグリーン ビジネスゴールド
海外旅行保険付帯条件 利用付帯 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円 最高1億円
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
携行品損害 最高50万円 最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高400万円
賠償責任 最高5,000万円 最高1億円

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの付帯保険を比べると、利用付帯と自動付帯で付帯条件に違いがあるものの、補償内容はほぼ同等のものとなっています。

 

補償の最高金額には倍の差がありますが、海外出張の際に実際に利用する頻度の高くなる、傷害・疾病治療の補償は最高300万円と同額になっています。

 

ただし、国内旅行保険ではともに利用付帯で最高5,000万円の補償となっていますが、アメックスビジネスゴールドにのみ航空便遅延費用が付帯しています。

 

乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能 2万円
受託手荷物遅延 2万円
受託手荷物紛失 4万円

 

アメックスビジネスゴールドでは、国内航空便遅延費用が付帯していますので、国内出張の際に万が一航空便に遅延が発生した場合でも安心です。

 

国内での航空便を利用した出張の多い法人の場合には、アメックスビジネスゴールドを選択した方が安心です。

 

また、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、双方ともに年間500万円までのショッピング保険が付帯しています。

 

パワフルな補償金額が用意されていますので、ビジネスで購入した品物の破損や盗難にも安心を備えることができますね。

多彩なプロテクションも

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、国内外の旅行保険だけではなく様々なプロテクションも利用することができます。

 

不正プロテクション
オンラインプロテクション
ショッピングプロテクション
リターンプロテクション

 

など、カード利用に関する様々なトラブルに備えることができます。

 

特に、アメックス独自のユニークなセキュリティ機能となるのがリターンプロテクションです。

 

リターンプロテクションでは、購入店が返品を受け付けてくれない場合に、アメックスが返品・返金を行ってくれるサービスとなっています。

 

他のカードにはない、特別なセキュリティサービスが付帯しているのも、アメックスのビジネスカードならではの特典です。

ポイント還元率は同等

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、双方のカードともに100円に1ポイント「メンバーシップリワード」を貯めることができます。

 

メンバーシップリワードは2対1のレートで各種航空マイルに交換することができますが、年会費税別3,000円のメンバーシップリワードプラスに登録すると交換レートがアップします。

 

メンバーシップリワードプラスに登録することで、1対1の等価でマイルに交換可能になるほか、通常3年間のポイント有効期限が無期限になる特典があります。

 

メンバーシップリワードでは、

 

スターアライアンス ANA
シンガポール航空
スカンジナビア航空
タイ国際航空
ワンワールド キャセイパシフィック航空
フィンランド航空
ブリティッシュ・エアウェイズ
カタール航空プリヴィレッジクラブ
スカイチーム デルタ航空
フライング・ブルー
アリタリア-イタリア航空
チャイナエアライン
所属無し ヴァージン・アトランティック航空
エティハド航空
エミレーツ航空

 

このように、非常に幅広い航空会社のマイルに交換してポイントを利用することができます。

 

経費の支払いで貯めたポイントで、お得な特典航空券をゲットしてみるのも良いのではないでしょうか。

 

メンバーシップリワードプラスに登録するとポイントの有効期限が無期限になりますので、実質無期限でマイルを貯めることができるのも嬉しいですよね。

空港サービスも同等、ただし一部ゴールドカード限定サービスも!

アメックスビジネスグリーンとゴールドでは、海外出張の際に役立つ手厚い空港サービスを利用することができます。

 

空港ラウンジサービス
手荷物宅配サービス
空港パーキング
無料ポーターサービス
海外用レンタル携帯電話

 

など、充実した空港サービスが用意されていますので、出張の多い法人には最適なビジネスカードとなっています。

 

特に利用頻度の高くなるサービスとしては、空港ラウンジサービスが挙げられるのではないでしょうか。

 

フリードリンクや空港での待ち時間を有意義に過ごすことができますので、出張の際の空港での待ち時間でのストレスを軽減することができます。

 

本カード会員だけではなく、追加カードでも空港サービスをうけることができますので、社員だけでの出張の際にも便利に活用することができます。

アメックスビジネスゴールドだけの空港サービス

アメックスビジネスゴールドだけの空港サービスとして利用できるのが「エアポート送迎サービス」です。

 

エアポート送迎サービスは、

 

成田国際空港
中部国際空港
関西国際空港

 

を利用した海外出張の出国・帰国時に、提携タクシー会社でのチャーター便をお得な定額料金で利用することができるサービスです。

 

指定場所から空港までの送迎を行ってくれますので、出張の際に活用できる便利なサービスとなっているのですね。

ビジネスサポートは一部ゴールド会員限定サービスがある

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、手厚いビジネスサポートも魅力となっていますが、一部ゴールド会員限定のサービスがあります。

 

共通して利用することができるサービスとして、

 

ビジネス・コンサルティング・サービス
ビジネス情報サービス・ジーサーチ
ビジネス調査代行サービス
クラブオフ

 

など、豊富なビジネスサポートが用意されています。

 

特に、ビジネスを成功に導くために有効なサポートとなるのが、ビジネス・コンサルティング・サービスでしょう。

 

業務改善などの相談を専門の経営コンサルタントに相談できるだけではなく、セミナーなどの優待割引もありますので、ビジネスに行き詰まりを感じている方にもおすすめです。

 

さらに、クラブオフではレジャー・宿泊施設などでのお得な優待プログラムを利用することが可能となっています。

 

社員の福利厚生にも利用できますので、社員のモチベーションアップに役立ててみるのも良いのではないでしょうか。

アメックスビジネスゴールドだけのビジネスサポート

アメックスビジネスゴールドでは、上記の豊富なビジネスサポートに加えて「ヘルスケア無料電話相談」のサービスを利用することができます。

 

食事や運動・健康維持などに関する相談を、24時間365日対応で受け付けしてもらうことができます。

 

健康維持に関する相談だけではなく、体調不良の際の医療機関の紹介も行ってくれますので、急な身体の異変の際にも便利に活用することができます。

 

ビジネスには健康が資本となっており、特に個人事業主の方の場合には体調を崩すと収入に直結してしまいます。

 

こうした、健康に関する相談窓口が用意されている点も、アメックスビジネスゴールドの優秀なポイントと言えるのではないでしょうか。

2017年2月から追加されたビジネスゴールドだけのサービス

アメックスビジネスゴールドは、2017年2月に年会費が税別29,000円に値上げされ、独自のサービスが追加されました。

 

他のビジネスカードにはない、ユニークな特典が豊富に用意されており、最強のビジネスサポートをうけることが可能となっています。

 

ここでは、アメックスビジネスゴールドだけのサービスを特集して解説します。

ミーティング・スクエア

アメックスビジネスゴールドでは、帝国ホテル内に設置された会員専用のビジネスラウンジを利用することができます。

 

ラウンジでは、無料のコーヒーサービス・Wi-Fi・新聞・雑誌などが用意されており、取引先との商談や打ち合わせの際にサブオフィスとして利用することができます。

 

打ち合わせの際に帝国ホテルのビジネスラウンジを指定すれば、取引先からの信頼感も絶大なものとなるのではないでしょうか。

 

ミーティング・スクエアの利用には、税別20,000円の月会費が必要となっていますが、確実に会費以上の価値があるサービスと言えるでしょう。

ビジネス・ダイニングbyぐるなび

ビジネス・ダイニングbyぐるなびは、ダイニングの予約をコンシェルジュに依頼することができるサービスとなっています。

 

アメックスビジネスゴールドには、コンシェルジュサービスは付帯していませんが、ダイニングの予約・手配のみの機能を利用することが可能です。

 

ビジネス・ダイニングbyぐるなびでは、予算や人数をコンシェルジュに伝えることで、最適なダイニングを提案してもらうことができます。

 

取引先との接待などの際に、コンシェルジュへの電話1本でダイニングを手配してもらえるのは大きな魅力となっていますよね。

東京駅から23区内ホテルへの手荷物宅配サービス

アメックスビジネスゴールドのユニークなサービスとして利用できるのが、東京駅から23区内ホテルへの手荷物無料宅配サービスです。

 

東京駅構内で手荷物を預けて、23区内のホテルに直接手荷物を無料で宅配してくれますので、出張などの際に東京駅から商談に直行することができます。

 

特に、地方から東京に出張の多い法人の方には、非常に嬉しい付帯サービスとなってくるのではないでしょうか。

 

東京駅から直接手荷物を宅配してくれるサービスは、他のカードにはない、アメックスビジネスゴールド独自のサービスとなっています。

審査内容には違いはない!

結論から言うと、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドで、審査内容に違いはありません。

 

通常、一般カードよりもゴールドカードの方が、審査のハードルは高くなっているのが一般的です。

 

ただし、アメックス場合にはビジネスグリーンでも、通常のゴールドカード並みのステータスのカードとなっており、ビジネスゴールドとの審査基準の差はありません。

 

審査基準を気にしてアメックスビジネスグリーンを選択しようと思っていた方の場合でも、自分の本当に必要なカードを選択できるのは嬉しいですよね。

アメックスの審査は甘い??

そもそも、アメックスの審査は厳しくて、通過しにくいのではないかと心配な方もいるかも知れません。

 

アメックスの審査では、過去の信用情報よりも現在の支払い状況が審査の基準とされる傾向があります。

 

また、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの申込みの際には、決算書の提出は不要となっています。

 

アメックスビジネスグリーン・ビジネスゴールドの申込みの際には、

 

本人確認書類
商業登記簿謄本または登記事項証明書

 

のみの提出で申込みが可能となっており、個人事業主の方の場合には本人確認書類の提出のみで申込みをすることが可能となっています。

 

アメックスビジネスグリーン・ビジネスゴールドの審査では、代表者個人の信用情報が重視される傾向にあります。

 

ですので、スタートアップ企業や、独立したばかりの個人事業主の方の場合でも、作りやすいカードであると言えるのですね。

特典の差は?どっちのカードがお得?

ここまで、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの特典の差を比較してきました。

 

両者のカードでは、2倍〜3倍近い年会費の差がありますが、年会費の差分の特典の差はあるのでしょうか?

 

ここでは、まとめとして、どちらのカードが結局お得になるのかを解説します。

コスパで選ぶならビジネスグリーン

 

コスパでビジネスカードを選択するなら、アメックスビジネスグリーンを選択するのがおすすめです。

 

アメックスビジネスグリーンでは、税別12,000円の低コストでありながら、他のゴールドカードには無い特別なサービスが充実したビジネスゴールドカードとなっています。

 

空港サービスやビジネスサポートなど、アメックスビジネスゴールドと共通のサービスも多く、コスパ◎のビジネスカードと言って良いでしょう。

 

海外旅行保険では、傷害・疾病治療で最高300万円の補償が用意されており、海外出張の多い法人にもおすすめのカードです。

 

アメックスのステータス性もありますので、上質なビジネスカードで、かつコスパに優れたカードを利用したい方には最適です。

 

特典で選ぶなら迷わずビジネスゴールドを

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは、共通のサービスも多くなっていますが、やはり充実度ではアメックスビジネスゴールドが圧倒的です。

 

さらに、アメックスビジネスゴールドでは、2017年2月に追加された特典で、最強のビジネスカードと言っても良い進化をしました。

 

東京駅構内からの手荷物無料宅配サービスや、コンシェルジュでのダイニング予約のサービスなど、他のビジネスゴールドカードにはない特別なサービスが豊富に用意されています。

 

特典を利用することで、年会費の差を充分に埋めることが可能となっているでしょう。

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは審査基準の差はありませんので、より充実した特典をお求めの方はアメックスビジネスゴールドを選択しても良いでしょう。

 

アメックスビジネスゴールドは年会費以上の価値あり!ビジネスグリーンもコスパ◎

今回は、アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドの特典の差について、詳しく解説してきました。

 

共通のサービスが多くアメックスビジネスグリーンはコスパ◎
アメックスビジネスゴールドだけの特典も多数ある
2017年2月に追加されたアメックスビジネスゴールドの特典は最強

 

このように、年会費の差分の特典の差は充分に感じられる結果となりました。

 

アメックスビジネスグリーンとビジネスゴールドでは共通のサービスも多く、年会費税別12,000円のビジネスグリーンはコスパ◎となっています。

 

ただし、アメックスビジネスゴールド独自のサービスも多く、特に2017年2月に拡充されたサービスは独自性の高い特典となっています。

 

より上質なビジネスカードを求める方は、アメックスビジネスゴールドを検討しても良いのではないでしょうか。