楽天カードはランク違いで2枚持ちが可能?カード追加でますますお得!

 

「もう1枚、楽天カードが欲しい」

「国際ブランドでカードを使い分けたい」

「生活費用と遊び用にカードを分けたい」

 

既に楽天カードをお持ちの方の中にも、このような要望をお持ちの方は多いのではないでしょうか。

 

楽天カードでは、VISAブランドをお使いの方に限り、異なった国際ブランドのカードを追加する、カードの2枚持ちが可能となりました。

 

通常、異なった楽天カードを保有するためには、一度退会して再入会する必要がありましたが、今お持ちのカードに追加して利用することが可能となったのですね。

 

今回は、よりお得に楽天カードを利用することができる、楽天カードの2枚持ちについて解説していきましょう。

 

楽天カードVISAは楽天カードの2枚持ちが可能!

 

楽天カードでは、国際ブランドをVISAでお使いの方に限り、もう1枚異なる楽天カードを追加して利用することが可能となっています。

 

通常、クレジットカードでは同一のカード会社が発行するカードは、複数のカードを保有することはできません。

 

楽天カードVISAでは今回、カードの追加が可能となりましたので、用途によってカードを使い分けすることが可能となります。

 

 

国際ブランド違いのカードを持つことができるカードとしては、三井住友カードのデュアル発行があります。

 

三井住友カードでは、

 

VISA
Mastercard

 

の国際ブランド違いでカードを発行し、使い分けをすることができるのですね。

 

ただし、三井住友カードのデュアル発行の場合には、同一のカードの国際ブランド違いでの発行に限定されています。

 

 

楽天カードでは、国際ブランド違いだけではなく、ランク・ラインナップの違うカードでも追加が可能となっていますので、より幅広くカードを使い分けすることができます。

楽天カードの2枚持ちでどんなスタイルが楽しめる?

楽天カードVISAでは、国際ブランド違いだけではなく、様々な組み合わせでカードを追加して利用することができます。

 

ランクの違ったカードや、メリットの異なるカードを追加することができますので、自分に合ったスタイルでカードを持つことができるのですね。

 

ここでは、楽天カードの2枚持ちのスタイルを提案します。

デザインでサブカードを選ぼう

楽天カードでは、国際ブランドをJCB・Mastercardに選択した時にのみ、限定デザインのカードを発行することができます。

 

お買い物パンダデザイン

 

FCバルセロナデザイン

 

楽天イーグルスデザイン

 

楽天カードでは、上記のようなデザインカードも発行手数料無料で追加することができます。

 

デザインカードを追加することができるのはJCB・Mastercardのみとなっていますので、楽天カードVISAをお使いの方の中には悔しい思いをされていた方も多いのではないでしょうか。

 

2枚持ちが可能になったことで、楽天カードVISAを解約することなく、デザインカードをサブカードとして追加することができるのですね。

女性向けの特典を追加しよう

楽天カードには女性向けの特典が豊富に用意された「楽天PINKカード」がラインナップされています。

 

楽天PINKカード

 

楽天PINKカードでは、

 

女性のための選べる補償「楽天PINKサポート」
楽天グループ優待サービス
RAKUTEN PINKY LIFE

 

など、女性に嬉しい補償が豊富に用意されています。

 

特に大きなメリットとなるのは、月額30円からの低コストで女性に嬉しい補償を追加することができる「楽天PINKサポート」です。

 

女性特有がんなどの疾病に備える補償をうけることができますので、女性のライフスタイルを安心して送ることができるのですね。

 

既に、通常の楽天カードVISAをお持ちの方の場合も、サブカードを利用して女性向けの特典を追加してみるのも良いのではないでしょうか。

ワンランク上のカードを追加しよう

楽天カードVISAでは、国際ブランド違いだけではなく、ランク違いのカードを追加することができるのも大きなメリットとなります。

 

楽天ゴールドカード

 

楽天プレミアムカード

 

楽天ゴールドカードでは、税別2,000円の格安年会費でありながら、空港ラウンジサービスも付帯したコスパ最強のカードとなっています。

 

通常、上位カードを追加する場合には、既にお持ちのカードからの切替えとなってしまいますが、楽天VISAを保有したまま上位カードを追加することができます。

 

コストを最小限に抑えて国際ブランド違いのカードを維持することができるのは嬉しいですよね。

切り替えとカード追加の違い

 

楽天VISAでは、既にお持ちのVISAブランドのカードを保有したまま、他の楽天カードを追加することができます。

 

カードの切り替えの場合には、既にお持ちのカードを一時退会して、改めてカードを申込みする必要があります。

 

一度退会してしまうと、カード番号も切り替わってしまいますので、公共料金の支払いなどに登録しているカード番号を登録しなおす必要があります。

 

カードの追加の場合には、既にお持ちのカードはそのままで新しいカードを追加することができますので、手間なくカードを利用することができます。

 

公共料金の支払い用
お買い物用

 

など、簡単にカードを使い分けすることができます。

 

さらに、支払いに利用している引き落とし口座も、追加カードは別の口座に変更できますので、より柔軟なカードの使い分けが可能になりますね。

カードの追加の方が手続きも楽

楽天カードVISAを既にお持ちの場合には、会員ページ「楽天e-NAVI」から簡単に追加の手続きをすることができます。

 

切り替えの場合には、既にお持ちのカードを解約して再契約をすることになりますので、再度楽天カードの審査を受ける必要があります。

 

楽天カードの利用状況などによっては、最悪審査落ちになってしまう可能性もありますので、必ずしも切り替えができると言う訳ではありません。

 

当然、追加の場合でも新たに申込みをしたカードに対する審査はありますが、万一審査落ちしてしまった場合でも既存のカードはそのまま利用することができます。

 

リスクなく手続きをすることができると言う点も、カード追加の際のメリットと言っても良いのではないでしょうか。

 

楽天カード2枚持ちするメリット!

楽天カードを2枚持ちすることで、より便利に楽天カードを利用することができます。

 

他社のクレジットカードを新たに申込みすることなく、異なったカードのメリットを享受することができるのは嬉しいですよね。

 

ここでは、楽天カードを2枚持ちすることでの、メリットとなる部分を解説していきましょう。

カードによって用途を切り替えられる

クレジットカードを2枚持つことで、用途によってカードを切り替えることができます。

 

生活費用
プライベート用

 

など、自分の用途に合わせてカードを使い分けすることで、カードの管理がしやすくなってくるのですね。

 

引き落とし口座もそれぞれのカードごとに設定できますので、用途別に口座が複数ある場合も管理がとても楽になりますね。

 

楽天カードを2枚持ちする場合でも、それぞれのカードでWeb明細を確認することができます。

 

カードごとに明細を分けることができるので、家計の管理にも非常にメリットがあります。

国際ブランド違いのカードを持てる

楽天カードVISAに追加する場合には、JCB・Mastercardの国際ブランドのカードを追加することができます。

 

やはり日本国内では、国産の国際ブランドであるJCBの加盟店が圧倒的に多くなっています。

 

VISAが非対応の店舗でもJCBだけなら使える、と言う店舗も多くなっていますので、VISAとJCBを2枚持ちすると最強です。

 

楽天カードでは国際ブランド違いの上位カードを追加することも可能ですので、プラスアルファの機能を持つ楽天ゴールドカードなどを追加するのも良いのではないでしょうか。

既に利用中のカードをそのまま利用できる

カードを追加して利用する場合の大きなメリットとなるのが、既に持っているカードをそのまま利用することができる点でしょう。

 

公共料金
ネット通販
オンラインサービス

 

など、カード番号を登録して利用するサービスは多くなっています。

 

カードの切り替えの場合はカード番号が変わってしまいますが、カードの追加では既存のカードをそのまま利用できますので、手続きの手間も少なくて済むのですね。

2枚の楽天カードのポイントはひとつに貯められる

楽天カードを2枚持ちする場合でも、カードの利用で貯めたポイントは1か所にまとめて貯めることが可能です。

 

2枚のカードの利用で貯めたポイントを合算して利用することができるので、お得にポイントを活用することができるのですね。

 

楽天ポイントクラブのポイント明細には、それぞれのカードでの獲得ポイントが分かれて表示されますので、どのカードの利用でポイントが貯まったのかも分かりやすくなっています。

 

また、楽天ポイントクラブには複数の楽天ポイントカードを登録することができますので、2枚の楽天カードに付帯した楽天ポイントカードを登録することができます。

 

どちらのカードの楽天ポイントカードでも、楽天IDに貯まったポイントを利用できますので、リアル店舗でポイントを利用する場合でも便利です。

SPUでのポイントアップはカードによって異なるので注意

異なったランクの楽天カードを2枚持ちする場合、楽天市場での利用ではポイント獲得率が変わってきますので注意が必要です。

 

楽天市場の「スーパーポイントアッププログラム(SPU)」では、お持ちの楽天カードの種類によってポイント還元率がアップします。

 

楽天カード +3倍
楽天ゴールドカード +4倍
楽天プレミアムカード +4倍

 

このように、楽天カードよりも楽天ゴールドカード/プレミアムカードの方が、+1倍ポイント還元率が有利になっています。

 

楽天カードの2枚持ちで、通常カードとゴールド/プレミアムとランクの異なったカードをお持ちの場合には、楽天市場ではSPUの有利なカードを利用するようにしましょう。

 

WEB明細も1か所で確認可能

楽天カードを2枚持ちする場合でも、楽天e-NAVIでのWeb明細は1か所で確認をすることができます。

 

楽天e-NAVIのトップページで「カードの追加」をクリックすることで、新たに追加した楽天カードの情報を入力することができます。

 

カードを追加すると、楽天e-NAVIのトップページで、プルダウンでカードを選択することが可能となっています。

 

それぞれのカードごとの利用明細を確認することができますので、用途でカードを分けている場合でもカードの管理が楽になるのですね。

利用限度額は高い方の限度額が適用

楽天カードを2枚持ちする場合でも、利用限度額が2倍になるわけではないと言うのは注意が必要です。

 

楽天カードを2枚持ちする場合には、利用限度額はより高い方のカードの限度額が適用されます。

 

2枚のカードは、高い方の限度額の枠内でしか利用することができません。

 

具体的には、限度額の大きいカードの限度額が50万円であった場合、

 

1枚目のカードで30万円
2枚目のカードで10万円

 

上記のように合計40万円利用した場合には、2枚のカードで残り10万円の枠しか利用できないことになります。

 

あくまでも、カードを追加しても限度額が増えるわけではない、と言う点は理解しておく必要がありますね。

2枚持ちにおすすめの楽天カードラインナップ

楽天カードVISAをお持ちの場合には、カードを追加してより柔軟に楽天カードを利用することができます。

 

楽天カードにはメリットの違う様々なカードがラインナップされており、自分に合ったスタイルでカードを利用することができるのですね。

 

ここでは、2枚持ちにおすすめの、楽天カードのラインナップを解説します。

楽天カード(VISA)

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
還元率1.0〜3.0%
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内

 

2枚持ちの基本となるカード
楽天市場でいつでもポイント3倍還元
ENEOSでポイント2倍など街の特約店でも貯まる

 

楽天カード2枚持ちの基本となるカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、通常100円に1ポイントの楽天スーパーポイントを貯めることができますが、楽天市場ではいつでもポイント3倍でのお買い物が可能です。

 

貯まった楽天スーパーポイントは、楽天のサービスはもちろんのこと、楽天ポイント加盟店のリアル店舗でも1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。

 

楽天市場だけではなく、ENEOSをはじめとした街の特約店ではポイント2倍でお買い物をすることができますので、普段の生活でお得にポイントを貯めることができます。

 

年会費無料のカードでありながら、最高2,000万円の旅行保険やハワイ・ホノルルのラウンジを利用できる、コスパ最強のカードとなっているのですね。

 

楽天PINKカード

 

公式サイトを見る

年会費 無料
家族会員 無料
ETC 税別500円
還元率 1.0%
旅行保険 最高2,000万円

 

楽天市場でいつでもポイント3倍
女性に嬉しい選べる補償の「楽天PINKサポート」
楽天グループ優待サービスを利用可能

 

女性の方の2枚目の楽天カードとしておすすめなのが「楽天PINKカード」です。

 

楽天PINKカードは、楽天カードのサービス・機能はそのままに、女性に嬉しい特典や機能が追加されたお得なカードとなっています。

 

特に大きなメリットとなるのは、月額30円〜の低価格で付帯させることができる、選べる補償の「楽天PINKサポート」でしょう。

 

また、月額300円で楽天グループ優待サービスを利用することも可能となっており、割引クーポンやポイントの優遇をうけることが可能となっています。

 

カードデザインも淡いピンクの女性らしいデザインとなっており、デザインでカードを選びたい方にも最適のカードです。

 

楽天ゴールドカード

4.5

年会費(税抜)2,000円+税
家族カード(税抜)500円+税
ETCカード年会費無料
還元率1.0〜5.0%
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

楽天市場でいつでもポイント5倍
楽天トラベルでポイント2倍
空港ラウンジサービスが付帯

 

ワンランク上のカードを追加して利用したい方には「楽天ゴールドカード」がおすすめです。

 

楽天ゴールドカードは、税別2,000円の格安年会費のカードでありながら、空港ラウンジサービスの付帯したコスパ最強のカードとなっています。

 

ラウンジではフリードリンクなどの提供をうけることができますので、飛行機の搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 

さらに、楽天ゴールドカードでは楽天市場でいつでもポイント5倍の特典があり、楽天のサービスを利用する方には大きなメリットのあるカードとなっています。

 

楽天トラベルでポイント2倍の特典もありますので、海外旅行用のカードとしてもおすすめできるカードです。

 

楽天プレミアムカード

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)5000円+税
ETCカード年会費無料
還元率1.0〜6.0%
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円

 

楽天市場でいつでもポイント5倍
プライオリティが付帯
楽天プレミアムが1年間無料

 

申込みで取得可能な、楽天カードの最上位カードとなるのが「楽天プレミアムカード」です。

 

楽天プレミアムカードでは、楽天市場でいつでもポイント5倍になるほか、選べる特典で楽天市場・楽天トラベルをさらにお得に利用することができます。

 

カード特典として、通常年会費税込3900円の「楽天プレミアム」が1年間無料になりますので、楽天市場での送料分のポイント還元などの特典をうけることができます。

 

楽天プレミアムカードでは、世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパス・プレステージ会員を無料で利用することができます。

 

プライオリティパス・プレステージ会員は通常年会費399$のサービスとなっていますので、それだけで年会費の4倍近い価値のあるサービスとなっているのですね。

 

楽天カードの2枚持ちで自分だけのスタイルを楽しもう

楽天カードVISAでは、楽天カードを追加しての2枚持ちが可能となりました!

 

国際ブランド違いのカードを使い分ける
ワンランク上のカードでプラスアルファのサービスをうける
利用目的ごとにカードを使い分ける

 

このように、自分なりのカードの使い方を楽しむことができます。

 

最も基本的な使い方となる国際ブランド違いのカードを使い分けることで、より幅広い加盟店でカードを利用することができます。

 

2枚のカードのどちらを利用しても、ポイントは1か所に貯めることができますので、ポイントも効率的に利用できるのですね。

 

楽天カードVISAをお持ちでない方も、楽天カードVISAを手にいれてデュアルスタイルでのカード利用を楽しんでみてはいかがでしょうか。