Amazonギフト券をクレジットカード購入すべき理由!メリット・注意点徹底解説

 

「Amazonギフト券ってクレジットカードで買えるの?」

「Amazonでもっとお得にお買い物をしたい!」

 

先日終了したばかりの「サイバーマンデーセール」も好調だった「Amazon」。

 

Amazonでのお買い物では、様々な支払い方法で支払いをすることができますが「Amazonギフト券」でのお買い物は、やはり便利な支払い方法のひとつです。

 

Amazonギフト券を利用するのであれば、クレジットカードを利用してギフト券を購入するべきです!

 

今回は、Amazonギフト券をクレジットカードで購入すべき理由について解説します。

 

Amazonギフト券はクレジットカードで購入するべき

Amazonギフト券を利用する場合には、クレジットカードで購入するのがおすすめです。

 

多くの金券やギフト券は、クレジットカードでの購入が不可になっているものも多くなっていますので、Amazonギフト券をクレジットカードで買えるの?と疑問な方も多いでしょう。

 

Amazonギフト券は、クレジットカードでの購入が可能となっており、中にはクレジットカードのみでの決済しか受付をしていないAmazonギフト券もあります。

 

Amazonで購入できるAmazonギフト券には6種類ギフト券があります。

 

 

  支払い方法
チャージタイプ クレジットカード・コンビニ・ネットバンキング・電子マネー
Eメールタイプ クレジットカード
印刷タイプ クレジットカード
封筒タイプ クレジットカード
グリーティングカードタイプ クレジットカード・コンビニ・ネットバンキング・電子マネー・代金引換
ボックスタイプ クレジットカード・コンビニ・ネットバンキング・電子マネー・代金引換

 

このように、全ての種類のAmazonギフト券をクレジットカードで購入することが可能です。

 

Amazonギフト券は、むしろクレジットカードでの購入が推奨されていると言っても良いでしょう。

クレジットカードポイントとのダブルポイントでお得

Amazonギフト券をクレジットカードで購入する際のメリットとなる点は、クレジットカードのポイントを貯めることができる点です。

 

Amazonでは、独自のポイントプログラムとして「Amazonポイント」を提供していますが、全ての商品が対象となっているわけではありません。

 

クレジットカードでAmazonギフト券を購入すれば、クレジットポイントを貯めることが可能です。

 

さらに、購入したAmazonギフト券でAmazonポイント対象商品を購入することで、

 

クレジットポイント
Amazonポイント

 

ダブルでポイントを貯めることができるのですね。

 

より、お得にAmazonのお買い物で還元を受けたいという方には、最適な購入方法と言えるのではないでしょうか。

Amazonギフト券をクレジットカードで購入する方法

クレジットカードでAmazonギフト券を購入する場合には、Amazonでのオンライン購入が必須となっています。

 

コンビニなどで販売されているAmazonギフトカードは、クレジットカード購入が不可となっていますので注意が必要です。

 

オンラインでAmazonギフト券を購入する場合には、

 

金額
受取人
送り主
メッセージ
数量
送信日

 

などの情報を入力する必要があります。

 

購入したギフト券を自分で利用する場合には、受取人と送り主は同一で構いません。

 

また、クレジットカードでの購入の場合、事前にAmazonアカウントにクレジットカード情報を登録しておくようにしましょう。

Amazonギフト券利用の際の疑問点を解消!

中には、Amazonギフト券を利用すること自体が初めて、と言う方もいるかも知れません。

 

ギフト券と言うと、現金に比べて使い勝手が悪いイメージがありますが、Amazonギフト券は現金同様に便利に利用することができます。

 

ここでは、Amazonギフト券を利用する際に、疑問に思ってしまいがちな点をQ&A形式で解消していきます。

 

Q.Amazonギフト券とクレジットカードは併用してお買い物できるの?

 

A.Amazonギフト券は様々な支払い方法と併用して利用することができます。

 

Amazonギフト券は、通常のギフト券での支払いとは違い、お釣りの出るギフト券となっています。

 

利用残高はそのまま次回のお買い物に利用できますが、少額の端数が残ってしまった場合には様々な支払い方法と併用することができます。

 

コンビニ・ATM・ネットバンキング・Edy払い(先払い)
クレジットカード
代金引換
amazonギフト券

 

このように、通常のお買い物で選択できる様々な支払い方法と併用することができますので、Amazonギフト券に少額の端数が残ってしまった場合でも安心です。

 

Q.複数のAmazonギフト券はどのように使えばいい?

 

A.Amazonアカウントに複数のAmazonギフト券をまとめられる

 

中には、少額が残ってしまったAmazonギフト券を複数枚持っている、と言う方もいらっしゃるかも知れません。

 

そうした場合には、Amazonアカウントに複数枚のAmazonギフト券をまとめて利用することができます。

 

AmazonギフトカードとEメールタイプ、と言ったように異なるタイプのAmazonギフト券でもまとめて利用することが可能です。

 

少額のAmazonギフト券をまとめることで、より便利にAmazonギフト券を利用できるのですね。

Amazonギフト券をカードで購入する際の注意点!

Amazonギフト券をクレジットカードで購入する場合には、1点のみ注意が必要となるポイントがあります。

 

Amazonギフト券は、クレジットカードの現金化の温床となっています。

 

クレジットカードでAmazonギフト券を購入
Amazonギフト券を換金

 

このように、クレジットカードで購入したAmazonギフト券を換金することで、ショッピング枠を現金化することができるのですね。

 

当然、クレジットカードのショッピング枠を現金化するのは、クレジットカード会社としてはタブーとなっており、最悪の場合カードが停止されてしまうこともあります。

 

ただし、購入したAmazonギフト券をどのように利用したかと言うのは、クレジットカード会社には知ることができません。

 

ですので、カードの利用状況などで、現金化をしているのでは?と判断し、カードを停止してしまうことがあります。

 

キャッシング枠がいっぱいの方
限度額ギリギリまでAmazonギフト券を一気に購入した方
ACマスタカードなどの審査条件の甘いクレジットカードをお使いの方

 

このような場合には、現金化を疑われてしまい、最悪カードが停止してしまうこともあります。

キャッシング用とショッピング用でカードを分ける

現金化を疑われてしまい、カード停止に陥ってしまう可能性が最も高いのは、キャッシング枠がいっぱいになってしまっている方のケースです。

 

キャッシング枠をギリギリまで利用して、なおかつショッピング枠いっぱいまでAmazonギフト券を購入したのでは、怪しまれてしまうのも無理はありませんよね。

 

Amazonギフト券購入での利用停止を防ぐためには、キャッシング枠を利用していないカードで購入するのがベターです。

 

万が一、既に利用しているクレジットカードのショッピング枠がいっぱいの場合には、Amazonギフト券購入用のクレジットカードを用意するのも良いかも知れませんね。

JCBのクレジットカードはパートナーポイントプログラムでお得

JCBのクレジットカードをお使いの方の場合は、パートナーポイントプログラムの登録でさらにお得にAmazonギフト券を購入することができます。

 

AmazonアカウントにOkiDokiポイントプログラム対象のJCBのクレジットカードを登録すると、OkiDokiポイント1ポイント=3.5円でAmazonでのお買い物に利用できます。

 

JCBのクレジットカードをお持ちの方の場合は、お得にAmazonギフト券を購入することができますので、パートナーポイントプログラムに登録しておくようにしましょう。

 

通常では、OkiDokiポイントはAmazonギフト券に交換して利用することはできません。

 

Amazonパートナープログラムに登録することで、JCBカードで貯めたポイントをAmazonでの支払いに利用することが可能となるのですね。

OkiDokiポイントでの一部支払いも可能

パートナーポイントプログラムに登録すると、OkiDokiポイントと現金・クレジットカード・Amazonギフト券などとの併用が可能となっています。

 

パートナーポイントプログラムではOkiDokiポイント1ポイント=3.5円として利用することができますが、一部支払いも可能となっているのですね。

 

OkiDokiポイントは1ポイント=5円として各種ギフト券などに交換できますので、Amazonでの利用は決してレートが高いとは言えません。

 

ただし、一部支払いが可能となっていることで、端数のポイントを効率的に活用することができるのは嬉しいですよね。

Amazonギフト券をお得に買えるおすすめクレジットカード!

Amazonギフト券を購入する際には、クレジットカードでの支払いが有利となっています。

 

ただし、Amazonでの支払いに利用するカードには相性があり、利用するカードによってどの程度お得になるのかも変わってきます。

 

ここでは、Amazonギフト券をお得に購入することができる、おすすめクレジットカードを解説します。

JCB CARD W

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率1.0%
申込資格高校生を除く18歳〜39歳までの方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

通常還元率がいつでも2倍
Amazonパートナープログラムでお得にポイントを利用できる
Amazonでの2.0%還元が可能

 

JCBの新しいスタンダードのカードと言っても良いのが「JCB CARD W」です。

 

JCB CARD Wは、いつでも通常のJCBのクレジットカードの2倍の還元率で利用することが可能となっており、常時1.0%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

また、Amazonはポイントアップ店のOkiDokiポイントパートナーとなっていますので、ショップ特典の3倍と合わせて2.0%の還元率でお買い物ができます。

 

カード特典として年会費無料で利用することができますので、Amazonギフト券の購入用に持っておいても無駄のないカードと言えるでしょう。

 

最高2,000万円の旅行保険も付帯しており、コストをかけずにバランスの良いカードを持ちたいと言う方にも最適です。

 

JCB CARD EXTAGE

4.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜29歳まで無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.50〜0.75%
申込資格高校生を除く18歳〜29歳の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内-

 

Amazonで最高2.5%のポイント還元が可能
学生・29歳までの方は年会費無料で利用できる
Amazonパートナープログラムでお得にポイントを利用できる

 

JCBの若者向けカードとして発行されているのが「JCB CARD EXTAGE」です。

 

JCB CARD EXTAGEでは、入会後3か月間はいつでもポイントが3倍になる特典があり、1.5%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

Amazonはポイントアップ店のOkiDokiポイントパートナーとなっていますので、入会後3か月間は、ショップ特典の3倍と合わせて2.5%の還元率でお買い物ができます。

 

また、年間のショッピング利用金額が20万円以上の場合、翌年以降もポイント1.5倍でカードを利用することができます。

 

学生の方、29歳未満の方は年会費無料で利用することができますので、大学生の方のファーストカードとしてもおすすめできるカードとなっています。

 

Amazon Mastercardクラシック

 

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別1250円
家族会員
ETC 初年度:無料
2年目以降:条件付き無料
申込資格 高校生を除く18歳以上の方
国際ブランド Mastercard
還元率 1.0%
旅行保険

 

プライム会員ならAmazonで2.0%還元でのお買い物が可能
Amazonポイントが貯まるのでAmazonでのお買い物に便利
マイ・ペイすリボの利用で年会費無料

 

Amazonと三井住友カードが提携して発行するクレジットカードが「Amazon Mastercardクラシック」です。

 

Amazon Mastercardクラシックでは、カード特典としてAmazonでのお買い物が1.5%還元に優遇されていますので、Amazonギフト券をお得に購入することができます。

 

さらに、プライム会員の方の場合にはAmazonでの還元率が2.0%になりますので、よりお得にAmazonでのお買い物に利用できます。

 

カードの利用で貯めることができるのはAmazonポイントとなっていますので、貯まったポイントをAmazonでのお買い物に現金同様に利用できるのも嬉しいですよね。

 

マイ・ペイすリボの利用で2年目以降の年会費も無料にある特典がありますので、実質年会費無料でカードを利用できるのも大きなメリットとなっています。

 

三井住友VISAデビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費540円(年間で1回でも利用があれば無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内

 

Amazonで1.5%還元でのお買い物が可能
年間1回以上の利用で年会費無料
25歳を超えるとプライムゴールドにランクアップ

 

三井住友カードの、学生・若者用のカードとして発行されているのが「三井住友VISAデビュープラス」です。

 

三井住友VISAデビュープラスでは、カード特典として通常の三井住友カードの2倍の還元率で利用することが可能となっており、いつでも1.0%還元でカードを利用できます。

 

さらに、ポイントが優遇される「ポイントアップモール」経由での利用で、Amazonはポイント2倍となりますので、合計1.5%還元でAmazonギフト券を購入することができます。

 

年間1回以上のカードの利用で年会費が無料になる、実質年会費無料のカードとなっていますので、学生の方のファーストカードとしても最適です。

 

25歳を超えた最初の更新でプライムゴールドにランクアップする特典があり、ゴールドカードへのランクアップが約束されたカードとなっているのですね。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

5.0

年会費(税抜)1,950円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard、JCB
還元率1.0〜2.5%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)

 

オリコモール経由でAmazonでいつでも2.5%還元
入会後6か月間はさらにポイント+1倍
iD/QUICPayの利用でいつでも1.5%還元

 

ポイント高還元のオリコカードのゴールドカードとして発行されているのが「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」です。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでは、オリコモール経由でのAmazonの利用で、いつでもポイント2.5%還元で利用できますので、Amazonギフト券用のカードとしては最適です。

 

さらに、入会後6か月間はポイントが2倍になる特典もありますので、入会後6か月間は3.5%還元と言う超高還元率でAmazonを利用することができます。

 

iD/QUICPayの利用でポイント1.5%還元になる特典もありますので、Apple Payの登録用のカードとしてもおすすめです。

 

格安年会費のゴールドカードでありながら、最高2,000万円の海外旅行保険が用意されているのも嬉しいですよね。

 

リクルートカード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
VISA・Mastercard:新規発行手数料1,000円+税 JCB:無料
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格学生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

 

年会費無料最高クラスの1.2%還元
貯まったポイントはPontaポイントと相互交換可能
リクルートのサービス利用でお得にポイント還元

 

年会費無料のクレジットカードで最高峰のポイント還元率を誇るカードが「リクルートカード」です。

 

リクルートカードでは、いつでも1.2%還元でカードを利用することができますので、Amazonギフト券の購入でも1.2%還元の高還元でポイントを貯めることができます。

 

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに相互交換することができますので、Loppiお試し引換券の利用で1ポイント2円〜3円で利用することができます。

 

じゃらん.netなどのリクルートのサービスでは、さらにお得にポイントを貯めることが可能となっており、女性の方にも嬉しいサービスが豊富に用意されています。

 

リクルートカードは年会費無料で利用できるカードとなっていますので、Amazonギフト券の購入用に保有しておいても無駄はありませんよね。

 

Amazonギフト券はクレジットカードでの購入がマスト!

今回は、Amazonギフト券をクレジットカードで購入する際のメリットについて、詳しく解説してきました。

 

クレジットポイントとAmazonポイントのダブルポイントを獲得
6種類のギフトカード全てをクレジットカードで購入可能
クレジットカードによってポイント還元率が大きく変わる

 

このような点がAmazonギフト券をクレジットカードで購入する際のポイントとなってくる点と言えるでしょう。

 

Amazonギフト券をクレジットカード払いで購入する際の最も大きなメリットとなってくるのが、Amazonギフト券の購入でクレジットポイントを獲得することができる点です。

 

クレジットポイントは、利用するカードによって大きく変わってきますので、カード選ぶがお得にAmazonギフト券を購入するコツとなってくるのですね。