スカイチームの上級会員資格を取得して国内VIPラウンジを使い倒そう!

 

「スカイチームの上級会員の特典は?」

「スカイチームの上級会員にはどうやってなるの?」

 

3大航空アライアンスの中で、日本国内便の航空会社の加盟が無いためか、日本ではあまり馴染みのないのが「スカイチーム」です。

 

しかし、スカイチームの上級会員資格を取得すると、国内での航空会社VIPラウンジを利用することが可能となり、日本国内での航空便搭乗の際にもメリットをうけることができます。

 

スカイチームの上級会員資格を取得するのは、実は非常に簡単となっており、実際のフライト0回で上級会員資格を取得することが可能となっています。

 

今回は、スカイチームの上級会員資格で得られるメリット、そしてスカイチームの上級会員資格の取得方法を特集して解説していきましょう。

 

スカイチーム上級会員資格とは

スカイチームの上級会員資格は2つのランクに分かれていますが、航空会社のVIPラウンジを利用することができるのは上位ランクのみとなっています。

 

スカイチーム・エリート
スカイチーム・エリート・プラス

 

3大航空アライアンスの1つで、世界2位の規模を誇る航空アライアンスが「スカイチーム」です。

 

スカイチームの上級会員資格であるエリート/エリート・プラスの会員資格を取得することで、スカイチーム加盟の航空会社を利用する際の様々なメリットをうけることができます。

 

エリート・プラスの方が上位の資格となっており、航空会社のVIPラウンジの利用をはじめ、より豊富な特典が用意されています。

スカイチームの上級会員資格の特典とは?

ここでは、スカイチームの上級会員資格でうけることができる特典をご紹介していきましょう。

 

スカイチーム・エリート会員の特典では、

 

予約時の優先空席待ち
座席の優先指定
優先チェックインカウンター
優先搭乗・都合に合わせた搭乗
手荷物制限の追加

 

など、様々な手続きでの優先手続きをすることが可能となっています。

 

エリート・プラス会員では上記の特典に加えて、

 

スカイプライオリティ
出発24時間前までの長距離便満席時に、正規運賃でのエコノミークラス席の確保
世界各国の空港ラウンジの利用
優先手荷物取り扱いサービス

 

などの特典が付加されます。

 

特に、様々な優先手続きを利用することができるスカイプライオリティや、空港ラウンジサービスの利用はエリート・プラス会員のみの特典となっています。

 

スカイチームの上級会員資格を目指すのであれば、より特典の充実したエリート・プラス会員資格を取得したいですよね。

エリート・プラスは国内VIPラウンジ・KALラウンジを利用できる

スカイチームの上級会員資格、エリート・プラスを取得することでの大きなメリットとなるのが、スカイチーム各社のVIPラウンジを利用することができる点でしょう。

 

空港での待ち時間を有意義に過ごすことができる空港ラウンジは、

 

クレジットカード会社のカードラウンジ
航空会社が提供するVIPラウンジ

 

の2種類のラウンジがありますが、VIPラウンジはセキュリティゲート後に設置されていることが多く、搭乗時間ギリギリまで空港での待ち時間を過ごすことができます。

 

また、シートなどの設備や食事などのサービスも、カードラウンジよりも上質なものになっており、より上質な待ち時間を過ごすことができます。

 

エリート・プラス特典で利用することができる国内ラウンジ

エリート・プラス会員では、国内各空港に設置されたスカイチーム加盟航空会社の空港ラウンジを利用することができます。

 

空港 航空会社 ラウンジ
成田空港 デルタ航空 デルタスカイクラブ
大韓航空 KALラウンジ
チャイナエアライン ダイナスティラウンジ
関西国際空港 大韓航空 KALラウンジ
共用ラウンジ 飛鳥ラウンジ
共用ラウンジ KIXラウンジ
中部国際空港 大韓航空 KALラウンジ
中国東方航空、デルタ航空、
チャイナエアライン
セントレア・グローバル・ラウンジ
福岡空港 大韓航空 KALラウンジ
沖縄那覇空港 大韓航空 KALラウンジ
チャイナエアライン 琉輪ラウンジ
羽田空港 共用ラウンジ TIATラウンジ
新千歳国際空港 共用ラウンジ ロイヤルラウンジ

 

このように、幅広い国内空港での搭乗の際に、空港VIPラウンジを利用することができるのが大きなメリットとなっています。

 

空港VIPラウンジを利用することができるサービスとしては、世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスが有名です。

 

KALラウンジはプライオリティパスでも利用することができますが、チャイナエアライン・デルタ航空のラウンジではプライオリティパスは不可となっています。

 

エリート・プラス会員では、エコノミー運賃での搭乗でもVIPラウンジを利用することができますので、お得に空港VIPラウンジを使い倒すことができるのですね。

 

ここに注目!

関西国際空港の飛鳥ラウンジ、羽田空港のTIATラウンジなどは航空会社のVIPラウンジではなく、共用ラウンジとなっています。

 

クレジットカードの付帯サービスでも利用することができる共用ラウンジと言うと、混み合って落ち着けないと思ってしまう方もいるかも知れません。

 

共用ラウンジと言っても、ラウンジ内は航空会社ラウンジとカードラウンジに分けられており、エリート・プラスでは航空会社ラウンジを利用可能となっています。

 

カードラウンジを利用する方よりも絶対数は少なくなっていますので、共用ラウンジと言っても落ち着いて航空便の到着を待つことができるのですね。

 

また、スカイチームの空港ラウンジでは、エリート・プラス会員本人はもちろんのこと、同伴者1名まで無料でラウンジを利用することが可能となっています。

 

家族や恋人との旅行、友達との旅行の際にも、同行の方と一緒にラウンジでの時間を過ごすことができるのですね。

国内で利用できる代表的なVIPラウンジ・KALラウンジ

プライオリティパスで利用することができるKALラウンジは、国内で利用することができるVIPラウンジとして知られているラウンジのひとつです。

 

KALラウンジでは、軽食やフリードリンクのサービスはもちろんのこと、アルコール類も飲み放題となっておりVIPラウンジとしてのサービスを堪能することができます。

 

セキュリティゲート後に設置されている空港も多く、搭乗時間のギリギリまでラウンジでくつろぐことができるのも嬉しいですよね。

 

プライオリティパスで唯一利用することができる国内VIPラウンジの、KALラウンジを利用することができることから、エリート・プラス資格を取得したらプライオリティパスいらずとも言えるのではないでしょうか。

 

ここに注目!

成田空港の第一ターミナルを利用する場合には、KALラウンジとデルタスカイクラブのいずれかのラウンジを利用することができます。

 

エリート・プラス会員のラウンジの利用規定は、

 

スカイチームの運航する国際便搭乗の当日、当該空港のスカイチーム・ラウンジを利用できる

 

となっており、大韓航空に搭乗する場合でもデルタスカイクラブを利用することができます。

 

それでは、成田空港を利用する際にはどちらのラウンジを利用するべきかと言うと、結論としてはデルタスカイクラブがおすすめとなります。

 

ラウンジの広さ・高級感、飲食の充実度を比較してもデルタスカイクラブの方が充実しており、より充実した待ち時間を過ごすことができます。

 

KALラウンジはプライオリティパスでも利用できますので、混み合ってしまうのも難点のひとつと言えます。

 

このように、利用するラウンジをアライアンスで選択することができるのも、エリート・プラス会員の特権と言えるのですね。

海外で利用できるラウンジ

基本的には、国内で利用することができる空港ラウンジよりも、海外空港のラウンジの方がよりラグジュアリーな作りになっています。

 

エリート・プラス会員では、

 

北京
ドバイ
香港
シドニー
イスタンブール
ロンドン

 

など、世界の重要な空港のスカイチーム・ラウンジを利用することができます。

 

海外のスカイチーム・ラウンジでは、ワインバーやビュッフェ・バーカウンターなどが用意されており、空港とは思えないラグジュアリーな時間を過ごすことができます。

 

特に、スカイチームの共用ラウンジの第1号として設置された、ロンドン・ヒースロー空港のスカイチーム・ラウンジでは、フライト前にトリートメントをうけることができるスパも設置されています。

 

海外の上質な空港ラウンジを利用するのも、海外旅行の際の楽しみのひとつになると言えるのではないでしょうか。

様々な優先手続きをすることができるスカイプライオリティとは?

スカイチームのエリート・プラス会員では、スカイチーム所属の航空会社搭乗の際に様々な手続きが優先される「スカイプライオリティ」を利用することができます。

 

スカイプライオリティを利用することができるのは、

 

ファーストクラス・ビジネスクラス利用客
エリート・プラス会員

 

のみとなっており、エリート・プラス会員の特典としても目玉の特典と言えるサービスであると言えるでしょう。

 

スカイプライオリティでは、

 

優先チェックイン
優先受託手荷物カウンター
優先保安検査レーン
優先搭乗
優先乗継デスク
受託手荷物の優先的な取り扱い
優先パスポート審査
優先チケットオフィス

 

などのサービスが用意されており、スカイチームの所属の航空会社でのフライトの際の優先サービスを利用することができます。

 

フライトの際の様々な手続きを優先的に行うことができますので、非常にスムーズにスカイチームの航空会社のフライトを利用することができます。

 

優先チェックインではスカイプライオリティ専用レーンを利用可能

スカイチームでは、優先チェックインカウンターとして、各空港にスカイプライオリティ専用のチェックインカウンターを設置しています。

 

日本国内でも成田空港にスカイプライオリティ専用レーンがオープンしており、スカイチーム加盟の航空便のフライトの際にスムーズなチェックインをすることができます。

 

世界的にも、スカイチームでは航空アライアンス単位での専用レーンを提供しているのが特徴のひとつとなっています。

 

アライアンスの上級会員資格を保有した方のメリットを積極的に作っているのも、スカイチームの方針となっているのですね。

エリート・プラス会員取得条件

空港VIPラウンジの利用などの特典をうけることができる、スカイチームの上級会員・エリート・プラス。

 

エリート・プラス会員資格を取得するためには、エリート・プラス単体での搭乗回数・獲得マイル数などは設定されていません。

 

スカイチームの上級会員資格の判定条件は、スカイチーム加盟航空会社でのエリート会員プログラムによって、エリートまたはエリート・プラスにランクが設定されます。

 

つまり、スカイチームに加盟している、いずれかの航空会社の上級会員資格を取得すれば、スカイチームの上級会員資格も付帯すると言うことになります。

 

エリート・またはエリート・プラスのどちらのランクが設定されるかは、航空会社で取得した上級会員資格に準じます。

 

国内でも利用者の多いデルタ航空の上級会員資格では、

 

デルタ航空 スカイチーム
シルバーメダリオン エリート
ゴールドメダリオン エリート・プラス
プラチナメダリオン エリート・プラス
ダイヤモンドメダリオン エリート・プラス

 

このように、より特典の多いエリート・プラスの資格を取得するためには、デルタ航空のゴールドメダリオン以上の資格が必要と言うことになります。

 

スカイチーム加盟各社の上級会員資格を目指す際には、どのランクまでアップすればエリート・プラス会員を取得できるのかを確認しておくようにしましょう。

デルタアメックスゴールドならエリート・プラス会員資格も取得可能

最も手軽にエリート・プラス会員資格を取得する方法となるのが「デルタアメックスゴールド」を取得することです。

 

スカイチーム所属のデルタ航空とアメックスが提携して発行するデルタアメックスゴールドでは、カード特典としてデルタ航空のゴールドメダリオン資格を取得可能です。

 

ゴールドメダリオン資格を取得すれば、自動的にスカイチームのエリート・プラス会員の資格を取得することが可能となっています。

 

ですので、デルタアメックスゴールドを取得すればフライト回数0回で、

 

デルタ航空の上級会員資格
スカイチームの上級会員資格

 

と、2つのエリートステータスを取得することが可能となっているのですね。

ゴールドメダリオン特典

デルタ航空の上級会員資格・ゴールドメダリオンでは、スカイプライオリティでの優先サービスに加え、デルタ航空利用の際の様々な特典をうけることができます。

 

その中でも、特に大きなメリットと言えるのが「デルタ・コンフォートプラス」の特典ではないでしょうか。

 

ゴールドメダリオン特典では、エコノミー運賃での利用の際に、プレミアムエコノミーとなるデルタ・コンフォートプラスに無料でアップグレードされる特典があります。

 

通常のエコノミーのシートに比べ、足元のスペース・リクライニング角度が大きく取られており、よりゆったりとした空の旅を楽しむことができます。

 

ここに注目!

ゴールドメダリオン特典の脅威の特典として、ファーストクラスへの無制限・無償アップグレード、と言う特典があります。

 

エコノミー運賃での利用の場合でも、ビジネス・ファーストクラスに無償でアップグレードされる、激熱の特典となっているのですね。

 

ただし、日本発着便では無制限・無償アップグレードは対象外となっており、利用することができるのは米国内線のみとなっています。

 

とはいえ、エコノミー運賃でファーストクラスに乗るチャンスがある、と言うだけでもワクワクするようなサービスですよね!

デルタアメックスゴールドの基本情報

5.0

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円

 

デルタ航空のゴールドメダリオン資格を取得可能
スカイチームのエリート・プラス会員資格を取得
デルタ・スカイマイルがガンガン貯まる

 

米国最大級の航空会社であるデルタ航空とアメックスが提携して発行するゴールドカードが「デルタアメックスゴールド」です。

 

デルタアメックスゴールドの最も大きなメリットとなっているのが、デルタ航空の上級会員資格・ゴールドメダリオンを取得することができる点でしょう。

 

同時に、フライト0回でスカイチームのエリート・プラス会員資格も取得可能となっており、KALラウンジをはじめとしたスカイチームのラウンジを利用することができます。

 

デルタアメックスゴールドは、カードの利用でデルタ・スカイマイルをガンガン貯めることができるカードです。

 

さらに、デルタ航空便のチケット購入などでは、獲得マイルが3倍になる特典もあり、デルタ航空を利用する方には必携のゴールドカードとなっています。

 

スカイチームの上級会員資格をお得に取得して、VIPラウンジを使い倒そう

今回は、3大アライアンスのひとつ「スカイチーム」の上級会員資格について特集してご紹介してきました。

 

スカイチームの上級会員資格には2つのランクがありますが、上位ランクとなるエリート・プラス会員ではスカイチーム加盟各社の空港VIPラウンジを利用することができます。

 

プライオリティパスでも利用できない、デルタ航空・チャイナエアラインのラウンジも利用可能となりますので、国内のVIPラウンジを使い倒すことができるのですね。

 

スカイチームの上級会員になるには、スカイチーム加盟の航空会社での上級会員になる必要があります。

 

デルタアメックスを取得すれば、フライト0回でスカイチームの上級会員資格を取得することが可能となっているのですね。