ポイントが貯めやすいクレジットカード!条件合えばポイントが超貯まる!

 

「ポイントが1番貯めやすいクレジットカードってどれ?」

「ポイントが貯めやすい条件ってあるの?」

 

クレジットカードを利用するうえでは、カードの利用でどの程度のポイントを貯めることができるのか?と言う点は大きな判断基準のひとつにもなっています。

 

クレジットカードでのポイントを大量に貯めるためには、ポイントを貯めるための条件を満たしておくことが必要となっています。

 

逆に言うと、ポイントが貯めやすい条件を満たしていれば、適したクレジットカードを利用することで大量のポイントを貯めることも可能となってくるのですね。

 

今回は、ポイントが貯めやすい条件と、ポイントを貯めやすいクレジットカード選びのコツをご紹介していきましょう。

 

クレジットカード診断テスト

ポイントが貯めやすい人の条件

クレジットカード選びの大きな判断基準となっているのが、ポイント還元率の違いです。

 

しかし、クレジットカードで大量にポイントを貯めることができる方には、共通した条件が存在します。

 

ここでは、ポイントが貯めやすい方の条件となる部分を解説していきましょう。

大前提!クレジットカードの利用額が大きい

言うまでもありませんが、クレジットカードの利用で大量のポイントを貯めることができるのは、クレジットカードの利用金額の大きい方となっています。

 

どれほど還元率の高いクレジットカードの場合でも、利用金額が少なければ大量のポイントを貯めることはできませんので、分母となる利用金額は大きな方が良いのですね。

 

とは言え、無駄遣いをしてクレジットカードの利用金額を増やしたのではなんの意味もありません。

 

ポイントを貯める為に重要となってくるのが、日常での出費を出来る限りクレジットカードでの支払いに切り替えていくことです。

 

毎日のお買い物はもちろんのこと、公共料金や携帯電話料金、不動産屋によっては家賃をクレジットカード払いできる会社もあります。

 

また、クレジットカードと電子マネーを上手に併用することで、少額の出費も全てクレジットカードでのポイント還元をうけることが重要となってきます。

 

今まで現金や口座振替で支払っていたものを、クレジットカード払いに切り替えることで、毎月相当数のポイントを貯めることが可能となってくるのですね。

専門学生や大学生

ポイントが貯めやすい条件を満たしているのが、専門学生や大学生の方です。

 

各クレジットカード会社では、学生・若者向けのクレジットカードを発行しており、カード特典として一般カードよりもポイントの還元率が有利になっているカードもあります。

 

ですので、学生の内と言うのはクレジットカードでのポイントを貯めやすい、特権のような期間であると言うことができるのですね。

 

学生向けのクレジットカードの場合、アルバイトをしていない専門学生や大学生の方でも審査に通過しやすくなっています。

 

まだクレジットカードを作っていない学生の方は、今すぐクレジットカードを作ってポイントライフを送っちゃいましょう。

docomoやソフトバンクユーザー

利用している携帯のキャリアと言うのも、ポイントを貯めやすい条件のひとつとなってきます。

 

docomoではdカード GOLDでケータイ料金の10%がポイントバックされる特典があります。

 

また、ソフトバンクではヤフーカードでYahoo!ショッピングを利用すると、いつでもポイント10倍でお買い物をすることができます。

 

このように、利用している携帯キャリアとクレジットカードの組み合わせで、大量のポイントを貯めることができるのですね。

 

もし、他のキャリアをお使いの場合には、ポイント還元の為にキャリアを乗り換えても良いかも知れませんね。

電子マネーチャージなど頻繁に利用する

上記でも触れましたが、クレジットカードのポイントを効率的に貯めるには、電子マネーとの併用が大切な条件となってきます。

 

各クレジットカードでは、電子マネーへのチャージでポイントが付与される組み合わせがあります。

 

また、電子マネーの利用でも利用ポイントを貯めることができれば、ポイントの2重取りが可能となり、よりお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

電子マネーを利用していれば、クレジットカードで決済ができない自動販売機などでも電子マネーを利用して、間接的にクレジットカードのポイントを貯めることができます。

 

また、iD/QUICPayの加盟店で利用することができるApple Payにクレジットカードを登録して利用するのも有効となっています。

ネット通販を利用している

クレジットカードによっては、ネット通販の利用でお得にポイントを貯めることができるカードもあります。

 

カード特典として通常の数倍のポイントを貯めることが可能となりますので、ネット通販を良く利用している方と言うのはポイントをお得に貯めることができる条件を満たしています。

 

クレジットカードとネット通販には相性があり、どのネット通販をよく利用するかによって、お得にポイントが貯められるクレジットカードも変わってきます。

 

また、ネット通販ではカード会員向けのポイント優待セールも頻繁に開催しており、大量ポイントを一気に獲得することも夢ではないのですね。

ポイントが貯めやすいクレジットカード特集

上記では、ポイントが貯めやすい方の条件を解説してきました。

 

ポイントが貯めやすい方の条件をもとに、最も相性が良いクレジットカードでは、実際にどの程度有利にポイントを貯めることができるのでしょうか。

 

ここでは、条件ごとにポイントが貯めやすいクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

ソフトバンクユーザーならヤフーカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外
国内

カードの詳細を見る

現在、受付停止中です

 

ソフトバンクユーザーはYahoo!ショッピングでポイント10倍
Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍
人気の共通ポイント・Tポイントを貯められる

 

ソフトバンクユーザーの方であれば必ず利用して欲しいクレジットカードが「ヤフーカード」です。

 

ソフトバンクユーザーの方は、ヤフーカードを利用したYahoo!ショッピングでのお買い物でいつでもポイントが10倍になる特典があり、10%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

また、ヤフーカードではソフトバンク携帯料金の0.5%が毎月還元されますので、ヤフーカードで支払えば合計1.5%のポイントを貯めることができます。

 

ヤフーカードでは、ソフトバンクユーザー以外の方でもYahoo!ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍になる特典があります。

 

カードの利用で貯まるポイントも、人気の共通ポイント・Tポイントとなっていますので、貯まったポイントの使い勝手も良いのですね。

 

docomoユーザーならdカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

 

docomo携帯料金の10%がポイントバック
夫婦でお使いの場合は夫婦の携帯料金で10%バック
最高10万円のドコモケータイ補償

 

docomoユーザーの方であれば、クレジットカードは「dカード GOLD」で間違いありません。

 

dカード GOLDでは、docomo携帯料金の10%がポイントバックされる特典があり、毎月カードを保有しているだけで大量のポイントを貯めることができます。

 

dカード GOLDでのdocomo携帯料金の支払いではポイントが付与されませんが、ポイント高還元のクレジットカードでdocomo携帯料金を支払うことで11%以上のポイントバックも可能です。

 

夫婦でdocomoケータイをお使いの場合には、無料で発行できる家族カードに配偶者のdocomoケータイを登録して10%還元の特典をうけることもできます。

 

最高10万円のドコモケータイ補償も夫婦のdocomoケータイどちらにも付帯されますので、docomoユーザーの方には必携のクレジットカードとなっているのですね。

 

 

学生なら三井住友VISAデビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費540円(年間で1回でも利用があれば無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内

 

ポイント還元率がいつでも通常の2倍
入会後3か月間はポイント5倍
26歳を超えるとプライムゴールドにアップグレード

 

学生の方であれば三井住友カードが発行する「三井住友VISAデビュープラス」がおすすめとなっています。

 

三井住友VISAデビュープラスでは、学生向けカードの特典としてポイント還元率がいつでも通常カードの2倍になる特典があり、還元率1.0%で利用することができます。

 

入会後3か月間はポイントが5倍になる特典もありますので、3か月間は2.5%還元の超高還元率カードとして利用することができるのですね。

 

また、2年目以降は税別1,250円の年会費が設定されていますが、年間1回でもカードの利用があれば無料となりますので、コスト0円で利用できるのも学生には嬉しいですよね。

 

三井住友VISAデビュープラスでは、26歳の誕生日を超えた最初の更新で、三井住友VISAプライムゴールドカードにアップグレードする特典もあります。

 

Apple PayヘビーユーザーならOrico Card THE POINT PREMIUM GOLD

5.0

年会費(税抜)1,986円(税込)
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard、JCB
還元率1.0〜2.5%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円(自動付帯)
国内最高1,000万円(利用付帯)

カードの詳細を見る

現在、受付停止中です

 

iD/QUICPayで1.5%還元なのでApple Payもお得
入会後6か月間はさらにポイントが+1.0%
オリコモール経由でネット通販もお得

 

Apple Payを活用しているヘビーユーザーの方であれば「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」で大量ポイントを獲得することができます。

 

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDでは、iD/QUICPayの利用で0.5%のボーナスポイントが加算され、通常還元率1.0%と合わせて1.5%でポイントを貯めることができます。

 

Apple Payにカードを登録すると、QUICPayとして割り当てされますので、Apple Payの利用でいつでも1.5%還元でポイントが貯まるのですね。

 

また、入会後6か月間はさらにポイントが+1.0%加算される特典があり、6か月間はApple Payを2.5%還元で利用することができます。

 

それだけではなく、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDではオリコモール経由でのネット通販で、Amazonなどの人気のネット通販を2.5%以上の高還元で利用することができます。

 

電子マネーチャージならリクルートカード

4.8

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
新規発行手数料1,000円+税(JCB無料)
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.2〜4.2%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高1,000万円

 

電子マネーとの相性抜群のクレジットカード
年会費無料最高クラスのポイント還元率
貯まったポイントはPontaポイントに相互交換可能

 

電子マネーチャージでお得にポイントを貯めたい方には「リクルートカード」がおすすめです。

 

リクルートカードの最も大きなメリットとなっているのは、通常還元率1.2%と言う業界最高水準の高還元でポイントを貯めることができる点です。

 

リクルートカードでは、国際ブランドにVISAまたはMastercardを選択すると、非常に幅広い電子マネーへのチャージで1.2%還元でポイントを貯めることができます。

 

楽天Edy・nanaco・Suica・SMART ICOCAと言った様々な電子マネーへのチャージでポイントを貯めることができますので、電子マネーでのポイントの2重取りにも最適となっています。

 

貯まったリクルートポイントはPontaポイントと相互交換が可能となっており、幅広い加盟店で1ポイント=1円として現金同様に利用できるのもメリットとなっています。

 

クレジットカードのポイント還元率は最低でも1.0%以上を選ぼう!

クレジットカードの利用でポイントを大量に貯めるには、ポイント高還元のクレジットカードを選択することが重要な条件となってきます。

 

それでは、どの程度のポイント還元率のカードであれば、ポイント高還元のクレジットカードと言えるのでしょうか?

 

クレジットカードの平均的なポイント還元率は0.5%となっていますが、近年では1.0%を超える還元率のクレジットカードも珍しくありません。

 

最低でも通常還元率が1.0%以上のクレジットカードでないと、お得にポイントを貯めることはできないのですね。

 

実際に月間10万円を利用した場合に0.5%還元と1.0%還元では、毎月貯まるポイントに500ポイントの差が出来てしまいます。

 

0.5%還元 500ポイント
1.0%還元 1,000ポイント

 

1ポイント=1円で利用できるポイントであれば、一ヶ月で500円分、年間にすると6,000円分も貯まるポイントが変わってくるのですね。

 

また、クレジットカードの中には入会後数か月、または利用する店舗でポイント優遇の特典をうけることができるクレジットカードも多くなっています。

 

こうした条件も理解してクレジットカードを利用することで、さらにお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

もし、現在0.5%の還元率のクレジットカードを利用しているのであれば、今すぐ1.0%以上の還元率のクレジットカードに切り替えた方がお得なのですね。

ポイントの使い道や有効期限は事前にチェック!

ポイント還元率でクレジットカードを選択する場合には、ポイントの使い道・有効期限は前もって確認しておく必要があります。

 

いくら高還元でポイントを貯めても、ポイントの使い道が無かったり、有効期限が短く失効してしまったりしてはもったいないですよね。

 

クレジットカードのポイント有効期限の平均は1年間程度となっていますが、中には年間1回以上のポイント加算で期限が延長され、実質無期限で利用できるポイントもあります。

 

また、使い勝手の良いポイントの条件としては、

 

共通ポイントに交換可能
マイルに交換可能
電子マネーにチャージ可能

 

このような使い道のあるポイントであれば、ポイントの使い道に悩んで失効してしまう心配もないでしょう。

 

 

ポイントをTポイント・楽天スーパーポイント・Pontaポイントのような共通ポイントに交換できれば、ポイント加盟店で1ポイント=1円として利用できます。

 

より幅広い店舗・サービスでポイントを活用することが可能となりますので、非常に有効な使い道と言えるでしょう。

 

 

また、JAL/ANAなどの航空マイルは、特典航空券に交換する事が可能となっており、1マイルあたり2円〜5円の価値になってきます。

 

大量に貯めたポイントをマイルに交換して特典航空券でのタダ旅行に出かけると言うのも、非常に素敵なポイントの使い道と言えるのですね。

 

有効期限無期限のポイントの場合、特典航空券の交換に必要なポイント数まで貯めて交換することで、実質無期限でマイルを貯めることも可能となっています。

 

 

貯まったポイントを電子マネーへのチャージに利用できるポイントも、非常に使い勝手の良いポイントとなっています。

 

電子マネーは現金同様に利用することが可能となっていますので、キャッシュバック感覚でポイントを利用することができるのですね。

 

このように、ポイントの有効期限・使い道もしっかりと考えて利用することで、よりお得にポイントを活用することができるのですね。

ポイントの貯めやすさには条件がある!条件に合うクレジットカードで大量ポイントゲット

今回は、よりポイントをお得に貯めることができるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

クレジットカードでポイントを貯めやすい方には条件があり、その条件に合ったクレジットカードを利用することで大量のポイントを貯めることが可能となっています。

 

大前提として、カードの利用金額を増やすのが近道となりますので、現金で支払っている支払いを可能な限りクレジットカードに移行していきましょう。

 

ポイント還元率でクレジットカードを選ぶなら、最低でも1.0%以上の還元率のカードを利用したいところです。

 

還元率だけではなくポイントの使い道もしっかり考えてクレジットカードを選べば、失敗の無いカード選びをすることができるのですね。