審査が甘い・通りやすいプラチナカード?目指せ若年プラチナホルダー

 

「審査が甘いプラチナカードってあるの?」

「20代だけどプラチナカードって作れる?」

「ほかの人にプラチナカードで差をつけたい!」

 

プラチナカードと言うと、社長や役員などの出世をした人しか持てないカードと言う印象を持っている方も多いのではないでしょうか?

 

しかし、プラチナカードの中にも、20代の若手のうちから作ることができる、審査の甘いプラチナカードも存在します。

 

若手のうちから上質なプラチナカードを持つことで、自分自身のランクアップにも繋がるのですね。

 

今回は、審査に通過しやすく、若年プラチナホルダーを目指しやすいプラチナカードを特集してご紹介していきましょう。

ゴールドと差がない?審査が甘い・通りやすいプラチナカードの特徴

プラチナカードと言うと、非常に審査難易度が高く、20代のうちでは作ることができないと思っている方も多いでしょう。

 

しかし、実際にはゴールドカードとそれほど差の無い審査基準で取得することができる、審査の甘いプラチナカードは存在します。

 

ここでは、審査が甘い・通りやすいプラチナカードの特徴を解説していきましょう。

インビテーション不要で自分で申し込める

プラチナカードの場合には、そのステータスからインビテーションが必要な招待制のカードが多くなっています。

 

インビテーションが必要なプラチナカードの場合、申込みでは取得することができず、一般・ゴールドカードを利用してインビテーションを待つ必要があります。

 

逆に言うと、インビテーションが不要で自分で申込みをすることができるプラチナカードの場合、比較的取得難易度が低くなっていると言えるでしょう。

 

審査に通過しやすいプラチナカードを探すには、前提として申込みで取得可能なプラチナカードを選択する必要があるのですね。

申込資格が20歳から

プラチナカードの場合、申込資格が30歳以上と設定されていることも少なくありません。

 

そうしたプラチナカードの場合には、年齢に見合った収入が必要になってくるケースが多く、審査難易度も高くなってくる傾向があります。

 

審査の甘いプラチナカードを探す基準となるのが、申込資格が20歳からと若年者の方でも申込みが可能なプラチナカードを選択することです。

 

20歳から申込可能なプラチナカードの場合、新卒の方でも申込みが可能となっていますので、若年者の方でも取得しやすい審査基準が設定されていると考察できるのですね。

セゾン系の会社が発行している

審査が甘い・通りやすいプラチナカードを選択する場合には、クレジットカード会社選びも大切な基準となってきます。

 

特に、セゾン系のカード会社が発行しているプラチナカードは、信販系のクレジットカード会社でもあることから審査に通過しやすくなっています。

 

セゾン系のプラチナカードの場合、年収などよりも現在の支払い能力が重視される傾向にあり、平均的な年収の方でも取得しやすくなっているのですね。

 

たとえば、アメックスのプロパープラチナの場合には審査のハードルは高くなりますが、セゾンカードと提携するセゾンプラチナアメックスなどは取得しやすいカードとなっています。

年会費が20,000円前後

審査の甘い・通過しやすいプラチナカードを選択する際には、プラチナカードの年会費を比較してみるのも大切な判断基準となります。

 

プラチナカードの場合は、税別50,000円前後の年会費が必要なカードも多く、そうしたカードの場合には年会費に見合った年収が無いと取得は難しくなってきます。

 

プラチナカードの中でも、年会費が20,000円前後の格安プラチナカードと言われるカードであれば、比較的審査も甘いカードとなっているのですね。

 

プラチナカードの中には、ゴールドカードと変わらない審査基準となっており、年会費が支払えるかどうかが基準となっているカードもあります。

 

そうした背景から、審査の甘いプラチナカードを選択する際には、年会費の安いプラチナカードを選択することも重要です。

プラチナカードの審査を通すために最低限必要な条件

プラチナカードの中には、審査の甘いプラチナカードもあり、ゴールドカードとほぼ変わらない審査基準で取得できるカードがあります。

 

しかし、審査に通過しやすいプラチナカードの場合でも、審査を通すためには最低限必要な条件があります。

 

前提として、毎年20,000円前後の年会費を支払うことができる年収として、最低でも300万円以上の年収は欲しいところです。

 

また、プラチナカードの審査の際には、一般カードの審査の際よりも過去の信用情報などが重視される傾向にあります。

 

過去1年間に他社クレジットカードなどでの支払いに遅延が無いことはもちろん、消費者金融やカードローンでの借入が無い方が審査通過の条件となります。

 

加えて、直近1年間でのクレジットカードの利用額が60万円以上の方の場合、クレジットヒストリーの面でもプラチナカードの審査に望ましいと言えます。

 

このような最低限の条件を満たしていれば、若年プラチナホルダーになるのも決して難しくはないのですね。

審査が通りやすいと思われるプラチナカード

プラチナカードの中には、審査に通過しやすい条件を満たしたプラチナカードも数多く存在します。

 

ここでは、特に審査が通りやすい条件を満たした、おすすめのプラチナカードを特集してご紹介していきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

4.8

年会費(税抜)20000円+税
追加カード(税抜)3000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格学生を除く20歳以上の個人・法人の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

個人の方でも申込み可能なビジネスプラチナカード
ラグジュアリーホテルの優待サービスが利用可能
年間利用額で年会費半額のサービス

 

セゾンカードとアメックスが提携して発行するビジネスプラチナカードが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」です。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードは、ビジネスプラチナカードとなっているものの個人の方でも申込みが可能となっています。

 

また、年間のカード利用金額が200万円を超えた場合、年会費が半額になる特典があり、年会費税別10,000円でカードを維持することもできます。

 

セゾンカード発行のプラチナカードであることと、年会費の安さから審査にも通過しやすいカードであると言えるでしょう。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードでは、プラチナカードにふさわしい最高1億円の手厚い旅行保険を利用することができます。

 

また、プラチナ特典となる「スモール・ラクシャリー・ホテルズ・オブ・ザ・ワールド」では、古城ホテルなどの通常では予約困難なホテルを予約することが可能となっています。

 

MileagePlusセゾン プラチナカード

4.5

年会費(税抜)36,000+税
家族カード(税抜)9,000+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA
還元率1.5%
申込資格学生を除く20歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

有効期限実質無期限で1.5%還元でマイルを貯められる
VISAプラチナ特典を利用可能
貯まったマイルをANAの特典航空券に交換可能

 

アメリカ最大級の航空会社「ユナイテッド航空」とセゾンカードが提携して発行するプラチナカードが「MileagePlusセゾン プラチナカード」です。

 

年会費は高額となっていますが、セゾンカード発行で18歳から申込み可能なことから審査にも通過しやすいと考えられます。

 

MileagePlusセゾン プラチナカードの最も大きなメリットとなっているのは、カードの利用で1.5%の還元率でユナイテッド航空のマイルを貯めることができる点です。

 

ユナイテッド航空のマイルは実質無期限で貯めることが可能となっており、同じスターアライアンス所属のANAの特典航空券にも交換することができます。

 

MileagePlusセゾン プラチナカードでは、VISAプラチナ特典を利用することが可能となっており、特別なベネフィットをうけることができます。

 

特に、VISAプラチナグルメでは厳選されたレストランで、シェフこだわりの一皿や個室サービスなどをうけることができ、大切な方との食事の際にも安心です。

 

Orico Card THE PLATINUM

5.0

年会費(税抜)20,000円(税込)
家族カード(税抜)3名まで無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.0〜2.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

24時間365日対応のコンシェルジュサービス
世界の空港ラウンジを利用できるLoungeKey
コース料理1名分無料のサービス

 

オリコカードの発行する最上位カードとして利用できるのが「Orico Card THE PLATINUM」です。

 

その特徴となるのが税込20,000円と言う低コストとなっており、審査に通過しやすい条件を満たしています。

 

Orico Card THE PLATINUMでは、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯しており、ホテルや航空券の予約・手配を電話1本で依頼することができます。

 

また、人数・予算に応じてレストランの予約なども行ってくれますので、優秀な個人秘書感覚でコンシェルジュサービスを利用することができます。

 

Orico Card THE PLATINUMでは、特に空港特典に優れており、中でも世界の空港ラウンジを利用できる「LoungeKey」の付帯は大きなメリットと言えるでしょう。

 

2名以上のコース料理の利用で1名分無料が無料になるダイニング特典も付帯しており、コストパフォーマンス最強のプラチナカードと言えるカードとなっています。

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード

4.7

年会費(税抜)20000円+税
家族カード(税抜)3000円+税(1人目無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.4〜1.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

初年度ポイント還元率1.5倍
コンシェルジェ・プライオリティパスの付帯
コース料理1名分無料のサービス

 

三菱UFJニコスが発行するプラチナカードが「MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカード」です。

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードでは、税別20,000円と言う格安プラチナカードでありながら、プラチナカードに求められる特典が全て用意されたコストパフォーマンス最強のプラチナカードとなっています。

 

年会費の安さ、申込窓口の広さを考えても、審査に通過しやすいプラチナカードであると考えることができますよね。

 

また、入会初年度は1年間ポイント還元率が通常の1.5倍の0.75%になる特典もあり、ポイントもお得に貯めることができるカードとなっています。

 

MUFGカード・プラチナ・アメリカンエキスプレスカードでは、プラチナコンシェルジュ・プライオリティパスが付帯しており、プラチナカードに相応しいベネフィットをうけることができます。

 

プラチナグルメセレクションでは2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典もあり、その特典だけで年会費のもとを取ることも充分に可能となっています。

 

JCBプラチナ

4.5

年会費(税抜)25,000円+税
家族カード(税抜)1名分無料、2枚目以降3,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5%
申込資格25歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

申込みで取得可能なJCBの最上位カード
JCBザクラスと共通のコンシェルジュを利用可能
豊富なダイニングサービス

 

JCBのプロパープラチナカードとして新しく発行された「JCBプラチナ」は、申込みで取得可能なJCBの最上位のカードとなっています。

 

税別25,000円と低コストで利用できる点と、25歳から申込可能な点で、比較的審査に通過しやすいカードであると言えるでしょう。

 

JCBプラチナではコンシェルジェサービスを利用することができますが、コンシェルジェサービスはJCBザクラスと共通となっており、最上のサービスをうけることができます。

 

また、世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスも付帯しており、海外旅行によく出かける方でもお得に利用することができます。

 

JCBプラチナでは、2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になるグルメベネフィットの特典をはじめ、ダイニング特典もお得に利用できるカードとなっています。

 

ダイニング30では、提携レストランでの飲食代金を30%オフで利用することができますので、非常にお得にダイニングを利用することができます。

 

要インビでも突撃でプラチナカードが取得できるケースも

通常では、インビテーションが必要な招待制のカードは、最低1年間以上は利用しないとインビテーションを受けることができません。

 

それだけに、インビテーションが必要なプラチナカードはステータス性も高く、取得難易度の高いカードとなっているのですね。

 

ただし、インビテーションを待たずに「突撃」でプラチナカードを獲得することができるケースもあります。

 

突撃とは、インビテーションを待たずにコールセンターに電話をかけ、プラチナカードを利用したいと利用者から申し出る方法です。

 

アメックスプラチナ・ダイナースプレミアムなどのハイステータスカードの場合でも、インビテーションを待たずにコールセンターへの突撃でプラチナカードを取得できた実例があります。

 

 

アメックスプラチナ・ダイナースプレミアムのいずれのケースでも、年間で250万円〜400万円カードを利用していれば、突撃でプラチナカードを取得できる可能性があります。

 

何年もインビテーションを待って我慢をしていなくても、コールセンターに電話をすればあっさりプラチナカードを取得できるケースもあるのですね。

 

ここでは、アメックスプラチナ・ダイナースプレミアムを突撃で取得するために必要なゴールドカードをご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

4.6

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

アメックスプラチナを突撃で取得可能
圧倒的なステータス性
プライオリティパス・メンバーシップが付帯

 

アメリカン・エキスプレスのプロパーゴールドカードとして発行されているのが「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、年間250万円〜400万円を利用したうえで突撃をすれば、インビテーションを待たずにアメックスプラチナを取得できる可能性があります。

 

圧倒的なステータスを誇るアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、ゴールドカードとは言え格安プラチナカード以上のステータス性をもっています。

 

T&E系の代表格となっているアメックスのゴールドカードであるアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、空港関連のベネフィットが豊富に用意されています。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパス・メンバーシップ会員資格も付帯しており、海外旅行・出張の多い方にも最適のゴールドカードとなっています。

 

ダイナースクラブカード

4.5

年会費(税抜)22,000円+税
家族カード(税抜)5,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドダイナースクラブ
還元率0.4〜1.0%
申込資格年齢27歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

ダイナースプレミアムを突撃で取得可能
最強のダイニング特典
貯まったポイントを各航空会社のマイルに交換可能

 

ハイブランドの代名詞とも言えるクレジットカードが「ダイナースクラブカード」です。

 

ダイナースクラブカードでは、年間250万円〜400万円の利用で突撃でダイナースプレミアムを取得できる可能性があります。

 

ダイナースクラブカードの利用で貯めたポイントは、1対1の等価で各航空会社のマイルに交換することが可能となっており、カードの利用でお得にマイルを貯めることができます。

 

ダイナースクラブカードの最も大きなメリットと言えるのが、カード名称にもなっているダイニング関連の特典です。

 

2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になるエグゼクティブダイニングをはじめ、最強のダイニング特典が用意されているのですね。

 

プラチナカードの取得は難しくない?審査の甘いプラチナカードで若年プラチナホルダーを目指そう

今回は、審査が甘い・通りやすいと言われているプラチナカードを特集してご紹介してきました。

 

審査の甘いプラチナカードの条件として、申込で取得可能なこと、年会費が安いことなどの条件を満たしたカードであることが挙げられます。

 

ただし、審査の甘いカードでも、直近1年間に支払いの遅延が無いなどの最低限の基準は満たしておかなければなりません。

 

また、インビテーションの必要なカードの場合でも、充分な利用条件を満たして突撃をすればインビテーションを待たずにプラチナカードを取得することができます。

 

審査の甘い・通りやすいプラチナカードで、あなたも若年プラチナホルダーを目指してみてはいかがでしょうか。