外国人におすすめのクレジットカード特集!日本在住の留学生も必見!

 

「外国人でも作れる日本のクレジットカードってあるの?」

「外国人が日本でクレジットカードを作るのは難しい?」 

 

日本に仕事や留学で訪れている外国人の方は年々増えており、普段の生活でクレジットカードを利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

 

自分の国で作ったクレジットカードを利用している方も多いかと思いますが、日本国内では海外製のカードが非対応となっている店舗も少なくありません。

 

外国人の方の場合でも、日本人がカードを作るのと同じく、手軽にクレジットカードを申込みすることができます。

 

今回は、日本在住の外国人・留学生の方が、日本でお得に利用できるクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

 

クレジットカード診断テスト

外国人でも日本人同様にクレジットカードは作れる

外国人の方がクレジットカードを申込む際には、むずかしい手続きが必要と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

三井住友カードのホームページで公式にも案内しているとおり、外国人の方の場合でも日本人同様に日本国内のクレジットカードを作ることができます。

 

外国人が日本でクレジットカードを作るにはどうすればよい?(三井住友カードホームページ)

 

申込み方法も日本人の申込みの場合と同一となっており、スマートフォン・パソコンからのインターネット操作のみで申込みを完了することも可能です。

 

インターネットからの申込みの際には、

 

名前・住所・電話番号・年齢
勤務先・または学校の住所や電話番号
税込年収

 

などを記入するだけで簡単に申込みをすることが可能となっています。

 

また、日本国内にお住まいの外国人の方がクレジットカードを申込みしようと思う際に不安に思うのが、外国人ではクレジットカードの審査で不利になってしまうのではないかと言う点でしょう。

 

実際には、外国人の方と日本人の場合で審査の基準が変わると言うことはありませんので、安心してクレジットカードの申込みにチャレンジしてみましょう。

外国人が日本でクレジットカードを作るための条件・必要書類

外国人の方がクレジットカードを申込みする際に、日本人が申込みをするよりも審査が厳しくなると言うことはありません。

 

外国人の方の場合でも、充分な支払能力があり、申込から帰国までに充分な期間がある場合には、日本人と同様に日本のクレジットカードを発行することができます。

 

帰国までに充分な期間の無い、観光などでの滞在の場合にはクレジットカードの申込みをすることはできないと言うことになります。

 

一般的には、日本国内で勤務・または通学する、在留カードをお持ちの方であれば、問題なく申込みすることができます。

 

外国人の方の場合でも基本的なクレジットカードの申込み方法は日本人と同じですが、外国人の方の申込みの場合は必要となる書類に違いがあります。

 

クレジットカードの申込時に必要な書類は各クレジットカード会社によって異なりますが、

 

在留カード
特別永住者証明書

 

などのコピーが必要となってきます。

 

また、留学生の方の申込みの際には、上記の書類のほかに学生証が必要となってくるケースがあります。

 

必要書類の提出は、コピーを郵送で送ることもできますが、スマホアプリで携帯で写真を撮るだけで簡単にアップロードすることもできます。

 

書類の提出方法・必要書類は各クレジットカード会社によって異なりますので、申込みの際に確認しておくようにしましょう。

外国人におすすめのクレジットカード

外国人の方の場合でも、日本人と同様にクレジットカードを作り、便利にお買い物に利用することができます。

 

しかし、外国人の方の場合には、日本人とはお得になるポイントが変わってくることもあります。

 

ここでは、特に外国人の方におすすめできるクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

外国人の方でも安心の外資系クレジットカード
専用のゴールド・デスクでのホテルや航空券の予約が可能
プライオリティパスが付帯しているので海外空港の利用の際も便利

 

アメリカ発の外資系クレジットカード会社として、日本国内でも会員を募集しているアメリカン・エキスプレスのゴールドカードが「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、もともとアメリカのクレジットカード会社ですので、特にアメリカ圏の方には便利に使えるカードとなるのではないでしょうか。

 

日本国内では、アメックスのクレジットカードはJCBの加盟店でも利用可能となっており、外国人の方が本国に一時帰国した際などにも便利に利用できます。

 

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードでは、専用のゴールド・デスクにホテルや航空券の手配を依頼することができ、面倒なチケットの手配などを代行してもらえます。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスも付帯しており、海外空港の利用の際にも特典を活用することが可能です。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カード

4.7

年会費(税抜)7000円+税
家族カード(税抜)2500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.5%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高3000万円
国内最高2000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

カード利用で貯めたポイントをANAのマイルに交換可能
ANA航空便のフライトで有利にマイルが貯まる
日本国内の空港ラウンジを利用可能

 

日本の航空会社「ANA」とアメリカン・エキスプレスが提携して発行するクレジットカードが「ANAアメリカン・エキスプレス・カード」です。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの最も大きなメリットとなっているのが、カードの利用で貯めたポイントを1ポイント=1マイルとしてANAマイルに交換することができる点です。

 

ANAマイルへのポイント移行には、カード年会費に加えて税別6,000円のマイル移行手数料が必要となりますが、ポイントをお得にANAマイルに交換できるのは嬉しいですよね。

 

また、ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、カードの利用だけではなく、ANA航空便の利用でも通常よりも10%有利にマイルを貯めることができます。

 

ANAアメリカン・エキスプレス・カードでは、日本国内の主要空港のラウンジが無料になる特典もありますので、本国に出国する際などにも便利に利用できます。

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

4.8

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

デルタ航空のエリートステータスを取得可能
カードの利用でデルタスカイマイルを最大1.0%還元
デルタ航空券の購入などでマイル3倍

 

アメリカ最大級の航空会社「デルタ航空」とアメリカン・エキスプレスが提携して発行するゴールドカードが「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」です。

 

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの最も大きなメリットとなるのが、カードの取得でデルタ航空のエリートステータス「ゴールドメダリオン」を取得できる点です。

 

ゴールドメダリオン資格では、シートの無料アップグレードや優先搭乗などの特典のほか、デルタスカイラウンジを利用できる特典があります。

 

それだけではなく、デルタ航空の航空券の購入ではマイルが3倍になる特典もあり、デルタ航空を良く利用している方にはメリットの多いカードとなっています。

 

三井住友カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1250円+税
家族カード
(税抜)
初年度1人目無料 2人目以降400円+税
2年目〜400円+税
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 500円+税(年1回以上ETC利用で翌年無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

エアライン&ホテルデスクで航空券・ホテルの予約が便利
VJトラベルデスクでツアー旅行がお得

 

公式ホームページにも記載があるように、外国人の方の利用を歓迎している三井住友カードの、ベーシックなクレジットカードが「三井住友カード」です。

 

また、カードの利用で貯めたポイントは、各種のギフト券やポイント・マイルに交換して利用できる使い勝手の良いポイントとなっています。

 

三井住友カードでは、グローバルな特典を利用することができるのが魅力ともなっており、エアライン&ホテルデスクでは電話1本で旅行の手配をすることができます。

 

VJトラベルデスクでは、日本国内・海外のパッケージツアーが最大5%オフになる特典があり、日本の観光や自国への一時帰国の際にお得に利用することができます。

 

三井住友カード デビュープラス

5.0

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
家族カード
(税抜)
初年度無料
2年目〜400円+税 ※年1回の利用で翌年度無料
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降年会費500円+税(年1回以上の利用で翌年度無料)
国際ブランドVISA
還元率1.0〜2.5%
申込資格高校生を除く満18歳以上25歳以下の方
旅行
傷害保険
海外
国内
空港
サービス
空港ラウンジ
プライオリティ

 

留学生の方におすすめの学生向けカード
年間1回以上の利用で実質年会費無料
常時ポイント2倍・入会後3か月間はポイント5倍

 

三井住友カードの学生・若者向けのクレジットカードとして発行されているのが「三井住友カード デビュープラス」です。

 

三井住友カード デビュープラスの年会費は、初年度無料・2年目以降税別1,250円となっていますが、年間1回以上のカードの利用で年会費が無料になる実質年会費無料のカードとして利用できます。

 

26歳を過ぎても日本で三井住友カード デビュープラスを利用する場合には、自動的にワンランクアップし「三井住友カード プライムゴールド」を利用することができます。

 

また、カード特典としていつでも通常の三井住友カードの2倍の還元率1.0%で利用することができるほか、入会後3か月間はポイントが5倍になるウェルカム特典もあります。

 

エアライン&ホテルデスクなどの三井住友カードの基本の特典も利用することができますので、特に学生・若者の方にはメリットの大きいクレジットカードとなっています。

 

こんな方は注意!審査落ちしてしまうケース

外国人の方の場合でも、返済能力があり、申込みから帰国までに充分な期間がある場合には、日本人と同様にクレジットカードを申込みすることが可能です。

 

申込みの際も、スマートフォンやパソコンを利用して簡単に申込みをすることができますので、外国人だからと言って申込みに苦労してしまうことは無いでしょう。

 

ただし、外国人の方の場合、申込みの際に注意をしておかないと審査に落ちてしまうケースもあります。

 

滞在期間が短い
キャッシング枠を申込んでいる

 

まず、外国人の方が審査に落ちてしまいがちなポイントとなってくるのが、滞在期間の短さによるものです。

 

外国人の方が日本国内のクレジットカードを申込みする際には、申込みから帰国までに充分な期間が必要となっています。

 

目安としては、3か月・1年・3年・5年となっており、最も短いケースでも3か月以上の日本への滞在が条件となっています。

 

観光で来日された方はもちろんのこと、短期の出張や短期留学の方などの場合でも審査通過は難しくなってくるかも知れませんね。

 

 

また、外国人の方で審査落ちをしてしまう方の共通の傾向としては「キャッシング枠」を申込んでいる点でしょう。

 

クレジットカードのショッピングだけではなく、現金を借りることができるキャッシング枠の利用には、充分な「クレジットヒストリー」が必要となります。

 

外国人の方の場合は、日本国内でのクレジットヒストリーはゼロ、と言う方が多いでしょうから、キャッシング枠は「無し」または「0円」で申込みをした方が無難です。

 

 

以上の2点を気を付けておけば、外国人の方の場合でもほぼ問題なくクレジットカードの発行に繋がるのではないでしょうか。

アメックスが外国人でも作りやすい理由!

外国人の方が最も作りやすいクレジットカードとなっているのがアメックスの発行するクレジットカードです。

 

 

アメリカ発のクレジットカード会社であるアメリカン・エキスプレスは、日本国内で唯一となる外資系のクレジットカード会社となっています。

 

ですので、外国人の方の申込みにも配慮がされており、申込画面でも外国籍の方が申込みがしやすいようになっています。

 

ゴールドカードなどのハイステータスのカードを外国籍の方が申込みをする場合でも、有利にカードを発行することができるのでは無いでしょうか。

 

アメリカン・エキスプレスと言うと、日本国内では加盟店が少なく、使い勝手が悪いのではないかと心配になってしまう方も居るかも知れません。

 

アメックスは日本国内では、日本の国際ブランドJCBと提携をしており、JCBの加盟店で利用することができますので、日本国内の利用で困ることは少ないでしょう。

 

また、アメックスでは空港サービスにも優れており、本国への一時帰国などの際にも便利な付帯サービスを利用することができます。

 

日本国内で働く外国人ビジネスマンの方にとっては、最適なクレジットカードであると言えるのではないでしょうか。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの申込みはこちら

留学生なら三井住友カード デビュープラスカード一択!

日本に留学で訪れている外国籍の方の場合は、三井住友カード デビュープラスをお得に利用することができます。

 

 

公式ホームページにも、外国人の方の申込みについて明記してあるように、外国人の方の申込みを歓迎しているクレジットカード会社が三井住友カードです。

 

三井住友カード デビュープラスは、18歳〜25歳までの方が申込みをすることができる三井住友カードの学生・若者向けのカードとなっています。

 

三井住友カード デビュープラスでは、若者向けに特化した特典やサービスが魅力となっています。

 

年間1回以上の利用で年会費が無料になる特典のほか、カード特典としていつでも通常の三井住友カードの2倍の還元率でカードを利用することができます。

 

貯まったポイントは、各種のギフト券やポイント・マイルに交換することができますので、カードの利用で貯まったポイントをお得に活用できます。

 

三井住友カード デビュープラスでは、グローバルな特典が豊富な三井住友カードの基本の付帯サービスを利用することができます。

 

日本国内のVISAのプロパーカードとも言える、三井住友カードの学生向けのカードで、留学期間をお得に利用すると言うのも良いのではないでしょうか。

 

三井住友カード デビュープラスカードの申込みはこちら

日本在住の外国人・留学生の方でも日本のクレジットカードをお得に利用できる

今回は、日本在住の外国人・留学生の方がお得に利用することができるクレジットカードを特集してご紹介してきました。

 

外国人の方でも、返済能力と帰国までの一定の期間が有る方の場合には、日本人と同様に日本のクレジットカードを申込みすることができます。

 

在留カードや特別永住者証明書など、必要な書類は日本人と異なるものの、申込み自体は非常に手軽におこなうことができるのですね。

 

また、外国人の方だからと言って、審査が厳しくなってしまうこともなく、通常の審査基準でクレジットカードを作成することができます。

 

日本産のクレジットカードならではの「おもてなし」の詰まったクレジットカードを便利に利用してみてはいかがでしょうか。