クレジットカードは見直しが大事!見直すべきポイントとタイミングを解説

 

「年会費もったいないからクレジットカード見直そうかな」

「もっとポイント貯まるクレカがないか調べよう」

「やっぱりVISAがないと困る…。」

 

今や、1人に1枚以上のクレジットカードの保有は当たり前となっており、1人あたり2枚〜3枚のクレジットカードを保有している方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、保有しているクレジットカードを全て利用できているかと言うと疑問点もあり、財布の中に使っていないカードが眠っている方も少なくないでしょう。

 

クレジットカードを有利に利用する為には、作って終わりではなく、定期的にカードの見直しをしていく必要があります。

 

今回は、クレジットカードを見直すべきポイントと、クレジットカードの見直しをするタイミングをしっかり解説していきましょう!

 

クレジットカードを見直すポイント

クレジットカードを利用する際には、作ったカードをそのまま使い続けて行くだけではなく、定期的にカードを見直しする必要があります。

 

ここでは、クレジットカードの見直しをする際のポイントと対処法を詳しく解説していきましょう。

 

皆さんも、これを機会に財布の中に入れっぱなしになっているクレジットカードの見直しをされてみてはいかがでしょうか。

無駄な年会費を払っている

クレジットカードを早急に見直さなければならない、最も大きなポイントとなるのが、無駄な年会費を支払っているパターンです。

 

近年では、1人が複数枚のカードを持っていることが多く、財布の中に使っていないカードが眠っていることも多くなっているのではないでしょうか。

 

使っていないカードの場合でも、口座振替で毎年知らず知らずに無駄な年会費を支払ってしまっているケースは少なくありません。

 

特に、初年度無料のカードや、条件付きで年会費が無料になるカードの場合、自分では無料のつもりでカードを保有していても年会費が発生してしまっているパターンもあります。

 

使っていないカードで無駄な年会費を支払うのは、勿体ないことこのうえないので、早急なカードの見直しが必要となってきます。

 

使っていないカードで無駄な年会費を支払っている場合には、カードのリストラが必要です。

 

カードの解約は、カードデスクなどで行うことができますので、1年以上使っていないカードの場合には思い切ってリストラをしちゃいましょう。

還元率が0.5%

クレジットカードを選択する際の大きな判断基準となってくる、ポイント還元率はクレジットカードを見直しする際にも着目が必要なポイントのひとつとなってきます。

 

平均的なクレジットカードの還元率は0.5%程度となっていますが、年会費無料のクレジットカードでも還元率が1.0%を超えるカードも少なくありません。

 

現状で還元率が0.5%のクレジットカードをお使いの方の場合、還元率1.0%のカードに切り替えると単純に倍のペースでポイントを貯めることができます。

 

自分の利用しているクレジットカードの還元率がお得な還元率なのか、一度確認をしておくことも必要なのでは無いでしょうか。

マイルの有効期限が足りなかった

クレジットカードを利用している方の中には、カードを利用して貯めたポイントで、各種航空会社のマイルを貯めている方も少なくないでしょう。

 

ただし、マイルに交換する場合には、特典航空券に必要なマイル数に交換できるポイントを貯める必要があり、ポイントの有効期限にも注意が必要となります。

 

マイルに交換する際には、最小の交換単位が大きくなっているカードも多くなっていますので、ポイントが足りずに失効させてしまったら勿体ないですよね。

 

また、ポイントをマイルに交換する際のレートは、各クレジットカードによって大きな違いがあります。

 

クレジットカードを利用してマイルを貯めている方の場合、ポイントの有効期限・マイル還元率は大きな判断基準となってくるのですね。

貯めるポイントの使い道

クレジットカードを選択する際の基準として、よりポイント還元率の高いクレジットカードを選択することは重要な基準となってきます。

 

ただし、クレジットカードを見直しする際には、カードの利用で貯まるポイントの使い道もよく考える必要があります。

 

ポイントの使い道が限定されてしまっているクレジットカードの場合、せっかく貯まったポイントの使い道で悩んでしまったり、ポイントを使わずに有効期限が切れてしまうケースがあります。

 

クレジットカードを見直しする際には、他社の共通ポイントやマイルに交換することができる、ポイントの使い道が豊富なクレジットカードを選択することが重要です。

国際ブランド

クレジットカードを選択する際には、国際ブランド選びが大切な基準になってくるケースがあります。

 

国際ブランドによって利用できる加盟店が変わってきますので、国際ブランド選びは重要な判断基準となってくるのですね。

 

また、加盟店によっては、利用できる国際ブランドが変更になってしまうケースも少なくありません。

 

以前では、コストコではアメリカン・エキスプレスのみが利用できるブランドとなっていましたが、2018年2月からはアメックスからMastercardに、利用できる国際ブランドが変更となります。

 

コストコ用にアメックスのクレジットカードを作っていた方の場合には、2018年2月までにMastercardブランドのクレジットカードに切り替える必要があるのですね。

 

 

また、仕事などの都合などにより、海外でのクレジットカードの利用が増えてしまうなど、自分自身のカードの利用条件が変わってくることも少なくないでしょう。

 

海外利用が増えた場合には、やはりJCBよりもVISA、Mastercardの方が有利になってきますので、クレジットカードの見直しを検討する必要があります。

電子マネーチャージ

クレジットカードを利用した電子マネーのチャージでは、ポイントの2重取りが可能となっており、効率的にポイントを貯めることが可能となっています。

 

特に、セブンイレブンでの税金の支払いに便利に利用することができるnanacoは、税金の支払いで間接的にポイントを貯めることができる人気の電子マネーとなっています。

 

年会費無料のクレジットカードの中でも特に人気の「楽天カード」では、国際ブランドをJCBに選択した場合にのみ、nanacoチャージでポイント付与がありましたが、改悪によってnanacoチャージでのポイント付与は廃止されてしまいました。

 

今まで楽天カードでnanacoチャージをしていた方の場合には、代替としてnanacoチャージ用のカードに切り替える必要があるのですね。

 

また、Yahoo! JAPANカードも国際ブランドをJCBに選択した場合にのみ、nanacoチャージで1.0%還元のポイント付与でしたが、JCB・VISA・Mastercard全ての国際ブランドで0.5%還元のポイント付与に変更となり、JCBブランドでの1.0%還元はできなくなりました。

 

 

こうした、クレジットカードの改悪による電子マネーチャージのポイント付与の変更にも気を付けて、クレジットカードの見直しをしましょう。

クレジットカードを見直すタイミング・時期

いつの間にか財布の肥やしと化してしまっていることも多いクレジットカード。

 

クレジットカードは作って終わりではなく、時々は見直しをしてクレジットカードの最適化をすることも必要です。

 

それでは、クレジットカードを見直しするタイミングとしては、どのようなタイミングが最適な時期となるのでしょうか?

 

結婚
引っ越し
ボーナス
ケータイのキャリア変更

 

このようなタイミングでクレジットカードの見直しをすれば、無駄のないクレジットカードのスタメンを選択することができるでしょう。

 

 

クレジットカードの整理が必要な、最も大きなタイミングとなってくるのが結婚をするタイミングとなっています。

 

独身時代にはそれぞれで利用していたクレジットカードを、夫婦で必要なカードだけを残して整理する必要があるのですね。

 

特に同じクレジットカードが被っていた場合には、国際ブランドを変更する、家族カードに切り替えるなど、最も整理が捗るタイミングであると言えます。

 

また、生活パターンが変更になった際と言うのも、クレジットカードの見直しを検討する良いタイミングとなります。

 

引っ越し先で利用する店舗や、逆に近くに無くなった店舗のクレジットカードなどを解約する必要があるのですね。

 

 

クレジットカードの見直しをした結果、よりハイステータスのクレジットカードを利用する場合にはボーナス時期での切り替えがおすすめです。

 

ハイステータスのクレジットカードの場合は高額な年会費が必要となってきますので、ボーナス時期を年会費支払いのタイミングにしておけば、負担も少なく利用することができるのですね。

 

 

クレジットカードによっては、特定の携帯のキャリアでの特典が用意されているカードも少なくありません。

 

携帯のキャリアを変更した際には、変更後のキャリアでお得に利用することができるクレジットカードへの見直しを検討するタイミングとなるのですね。

 

 

また、上記以外のタイミングでも、年に1回はクレジットカードの大掃除をすることが、お得にクレジットカードを使いこなすコツとなってくるのですね。

年会費のかかるクレジットカードを解約する時の注意点

クレジットカードの見直しをする際に、年会費のかかるクレジットカードを使っていない場合には解約をする必要があります。

 

ただし、年会費のかかるクレジットカードを解約する場合には注意が必要となってくる点があります。

 

既に今年分の年会費を支払っている場合には、クレジットカードを解約しても多くの場合には年会費の返金などをうけることができません。

 

年会費を支払った直後にクレジットカードを解約すると、1年分の年会費が無駄になってしまうのですね。

 

年会費が必要なクレジットカードの場合、付帯サービスなどの特典がある場合がありますので、年会費を支払ってしまった場合には、次回の更新の直前まで利用するのがおすすめです。

 

また、カードを解約する際には、貯まったポイントも失効してしまうことが多くなっていますので、ポイントを使い切ってから解約をするようにしましょう。

クレジットカード見直しで得するクレジットカード

クレジットカードを利用する際には、定期的に財布の中のクレジットカードを見直しする必要があります。

 

見直しの結果、よりお得に利用することができるクレジットカードに切り替えることで、毎日の生活でよりお得にクレジットカードを利用することができるのですね。

 

ここでは、クレジットカードの見直しで得することができるクレジットカードを特集してご紹介していきましょう。

Yahoo! JAPANカード

5.0

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
旅行
傷害保険
海外
国内
ショッピング保険最高100万円

 

こんな方におすすめ
ソフトバンクにキャリア変更した方
コストコ用のクレジットカードをお探しの方
nanacoチャージ用のカードをお探しの方

 

インターネット大手のYahoo! JAPANが発行するクレジットカードが「Yahoo! JAPANカード」です。

 

Yahoo! JAPANカードでは、100円に1ポイントのTポイントを貯めることが可能となっており、Yahoo!ショッピング・LOHACOの利用でポイントが3倍になる特典があります。

 

さらに、ソフトバンクユーザーの方は、Yahoo!ショッピング・LOHACOでいつでもポイントが10倍になる特典がありますので、ソフトバンクにキャリア変更された方にもおすすめです。

 

また、Yahoo! JAPANカードでは、年会費無料でJCB・VISA・Mastercardの主要3ブランドの国際ブランドのいずれかを選択することができます。

 

Mastercardの場合は2018年2月からコストコで利用することができますし、国際ブランドを問わずnanacoチャージでポイントを貯めることが可能となっており、柔軟に利用することができます。

 

 

JCB一般カード

4.5

年会費
(税抜)
初年度無料
2年目〜1,250円+税
家族カード(税抜)400円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5〜2.5%
旅行
傷害保険
海外最高3,000万円
国内最高3,000万円
ショッピング保険最高100万円

 

こんな方におすすめ
バランスの取れたクレジットカードに切り替えたい方
セブンイレブン・スターバックスの近所に引っ越しをされた方
ポイントの使い道を豊富に選択したい方

 

国産唯一の国際ブランドとなっている、JCBのプロパーカードとして発行されているのが「JCB一般カード」です。

 

JCB一般カードでは、最高3,000万円の旅行保険をはじめとしたバランスの良い付帯サービスが魅力となっており、バランスの良い上質なクレジットカードに切り替えたい方にはおすすめです。

 

また、JCB一般カードの年会費は税別1,250円となっていますが、年間50万円以上のカードの利用があれば年会費が無料となりますので、実質年会費無料のカードとして利用することができます。

 

JCB一般カードでは、セブンイレブンでポイント3倍・スターバックスでポイント5倍と、ポイントがお得になる「JCB ORIGINALシリーズパートナー店」が豊富に用意されています。

 

貯まったポイントも各種ギフト券・他社共通ポイントにお得に交換することができますので、ポイントの使い道を柔軟に選択したい方にもおすすめとなっています。

 

SPGアメリカン・エキスプレスカード

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
ショッピング保険最高500万円

 

こんな方におすすめ
よりハイステータスのクレジットカードに切り替えたい方
マイルをお得に貯められるカードに切り替えたい方
高級ホテルの無料宿泊券をゲットしたい方

 

世界的ホテルチェーンのスターウッドホテルと、アメリカン・エキスプレスが提携して発行するクレジットカードが「SPGアメリカン・エキスプレスカード」です。

 

SPGアメリカン・エキスプレスカードの最も大きなメリットとなっているのが、スターウッドホテルの上級会員資格「ゴールド会員資格」を取得することができる点です。

 

ゴールド会員資格では、スターウッドグループのホテルに宿泊の際に、客室の無料アップグレードなどの特典をうけることが可能となっており、ステータスとしては申し分ないカードとなっています。

 

また、SPGアメリカン・エキスプレスカードの利用で貯めたポイントは、1対1の等価でお得に各種航空会社のマイルに交換することができます。

 

SPGアメリカン・エキスプレスカードの更新時には、スターウッドグループで利用できる無料宿泊券がプレゼントされる特典もあり、それだけで年会費の元を取れるお得な特典が用意されています。

 

dカード GOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
ショッピング保険最高300万円

 

こんな方におすすめ
ドコモにキャリア変更した方
結婚をされた方
海外に行く機会が増えた方

 

携帯キャリア大手のドコモが発行するクレジットカードが「dカード GOLD」です。

 

dカード GOLDでは、ドコモケータイ料金の10%のポイント還元・最高10万円のドコモケータイ補償などを利用することができますので、キャリアをドコモに変更した方にはおすすめです。

 

また、dカード GOLDでは家族カードでも本カードのほぼ全ての機能を利用することができますので、結婚をされて家族カードを利用する予定の方にもおすすめとなっています。

 

dカード GOLDの海外旅行保険は最高1億円の補償に加え、家族特約・航空便遅延費用まで補償された手厚い内容となっており、海外に行く機会の増えた方にも安心です。

 

dカード GOLDでは、ユニバーサルスタジオジャパン内のドコモラウンジを利用できる特典もありますので、関西圏に引っ越しをされた方にもおすすめのカードとなっています。

 

定期的なカードの見直しで無駄をなくしてお得にクレジットカードを使おう

今回は、クレジットカードの見直しをするべきポイントと、見直しをするおすすめのタイミングをご紹介してきました。

 

クレジットカードの見直しの際には、年会費・還元率・ポイントの使い道などを整理して、よりスリムにできるように見直しをすることが重要です。

 

また、カードの改悪などによってサービスが変更になってしまった際にも、カードの見直しをして、よりお得に利用できるカードに切り替えをする必要があります。

 

クレジットカードの見直しのタイミングとしては、結婚や引っ越しなどのライフスタイルが変更になるタイミングがベストでしょう。

 

年に1回は定期的にクレジットカードの見直しをすることで、無駄をなくしたクレジットカードのスタメンを組むことができるのですね。