審査が甘い法人カードはある?設立1年目の会社OK法人クレジットカード

 

「法人向けで審査が甘いクレカってある?」

「法人カードを作りたいけど、審査が厳しいイメージがある」

 

ビジネスを軌道に乗せるためには、経費コントロールを上手に行っていくことが何よりも重要なポイントとなってきます。

 

しかし、一般的に法人カードの審査は個人用のクレジットカードの審査よりも難しいと言われており、設立後間もないスタートアップ企業の方などの場合は審査が難しくなってくるケースもあります。

 

今回は、設立後間もない会社の方でも作れる、審査が甘いと言われてる法人カードを特集してご紹介していきましょう!

 

クレジットカード診断テスト

設立1年目でも法人カードは作れる!

法人カードを作る場合には、一般的には個人向けのクレジットカードよりも審査の基準が厳しく設定されていることが多くなっています。

 

特に、設立後間もない会社の場合には、倒産リスクも少なくないために法人カードの審査に通過することができないケースも多くなっているのですね。

 

法人カードの申込資格には、設立後2年間黒字経営を継続している法人、などの細かい審査基準が設定されていることも多く、スタートアップ企業の方では申込資格を満たすことができません。

 

それでは、設立後間もない会社の場合には法人カードを作ることができないのか?と言うと決してそのようなことはありません。

 

法人カードの中には、設立1年目でも作ることができるカードもあり、スタートアップ企業の方や独立したばかりの個人事業主の方でも法人カードを取得することが可能となっています。

 

そうした、設立1年目でも作れる法人カードの場合、通常の申込資格の法人カードと比べて機能が制限されてしまうのではないかと心配になる方も居るかも知れません。

 

当然、設立1年目で作ることができる法人カードの場合でも、ビジネスカードとしての機能に劣っていると言うことはなく、ビジネス経費の支払いに便利に利用することができます。

 

それでは、なぜそうした法人カードの場合には、設立1年目で法人カードを作ることができるのでしょうか?

 

その答えとなるのが、法人カードの審査方法の違いにあります。

 

通常の法人カードの場合には、会社の業績や決算報告書を基に、法人としての信用情報を審査してカードを発行しています。

 

ですので、設立後間もない会社の方や、赤字決算の法人の場合には審査の通過が難しくなってくるのですね。

 

設立1年目でも作ることができる法人カードの場合には、審査の対象となるのは法人代表者個人の信用情報となってきます。

 

代表者個人の信用情報に問題が無ければ審査に通過することができますので、設立1年目の方でも法人カードを作成することができるのですね。

 

今まで法人カードの審査に不安があり、法人カードを諦めていた方の場合でも、設立1年目から作れる法人カードに挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。

審査が甘いと言われている法人クレジットカードおすすめ5選

個人向けのクレジットカードに比べて、審査の難易度が高くなってくる法人クレジットカード。

 

しかし、法人カードの中には、設立1年目の会社でも作ることができる、審査のハードルが低いカードもあります。

 

ここでは、審査が甘いと言われている法人クレジットカードの中で、特におすすめすることができる5枚の法人カードをご紹介していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別31,000円
サブカード年会費 税別12,000円
ETC 税別500円
申込資格 25歳以上の法人経営者・もしくは個人事業主の方
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 1.0%
旅行保険 最高1億円
空港ラウンジ

 

圧倒的なステータス性の法人カード
豊富なビジネスサポートでビジネスのパートナーに
ビジネス経費の支払いでマイルをお得に貯められる

 

ハイステータスブランドのアメックスが発行するビジネスゴールドカードが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」です。

 

審査のハードルが高いイメージのあるアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードですが、設立1年目の会社でも発行が可能となっており、取得しやすい法人カードとなっています。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは申し分の無いステータス性を誇っており、法人カードとしての信頼を置くことができる上質なカードとなっています。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードでは、ビジネスコンサルティングサービスなどのビジネスサポートも充実しており、ビジネスのサポート役となってくれるカードとなっています。

 

また、カードの支払いで貯めたポイントを各航空会社のマイルに交換することができますので、経費支払いでお得にマイルを貯めることが可能となっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別1,250円
サブカード年会費 税別400円
ETC 初年度:無料
2年目以降:条件付き無料
申込資格 満20歳以上の法人経営者・または個人事業主の方
国際ブランド VISA、Mastercard
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円
空港ラウンジ

 

申込時に登記簿謄本・決算書不要
法人カードなのに分割払いOK!
キャッシングリボで事業資金の借入も可能

 

三井住友カードが発行するビジネスカードが「三井住友ビジネスカード forOwners」です。

 

三井住友カードが発行するビジネスカードとしては「三井住友ビジネスカード」もありますが、三井住友ビジネスカード forOwnersは、より入会窓口の広いカードとなっています。

 

申込時の登記簿謄本・決算書不要で申込みをすることができますので、設立1年目の会社でもカード取得のハードルが低くなっているのですね。

 

また、法人カードの場合には支払い方法が一括払いのみに限定されていることが多くなっていますが、三井住友ビジネスカード forOwnersでは分割・リボ払いも可能と、資金繰りに余裕を持つことができます。

 

低金利でのキャッシングリボも利用することができますので、個人事業主の方の事業資金の捻出などにも便利に利用することが可能となっています。

 

オリコエグゼクティブ ゴールド フォービズ

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 初年度:無料
2年目以降:税別2,000円
サブカード年会費 無料
ETC 無料
申込資格 18歳以上の法人経営者・または個人事業主の方
国際ブランド VISA、Mastercard
還元率 0.5%
旅行保険 最高2,000万円
空港ラウンジ

 

格安年会費で最上級のビジネスサポートが付帯
コース料理1名分無料のベネフィット
年間の利用金額に応じてポイントが最大2倍に!

 

オリコカードが発行する最上位のビジネスカードとなるのが「オリコエグゼクティブ ゴールド フォービズ」です。

 

オリコエグゼクティブ ゴールド フォービズは、格安年会費で維持できるカードでありながら各種のビジネスサポートが豊富な、コストパフォーマンス最強の法人カードとなっています。

 

国際ブランドをMastercardに選択した際には、対象レストランで2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典があり、プラチナカード級のベネフィットをうけることができます。

 

その他、オリコエグゼクティブ ゴールド フォービズ独自の福利厚生サービスも用意されており、食事や社員の福利厚生でお得に利用することが可能となっています。

 

年間のカード利用金額が200万円以上で、獲得ポイントが最大2倍になる特典もありますので、経費の利用でお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別20,000円
サブカード年会費 税別3,000円
ETC 無料
申込資格 18歳以上の法人経営者・個人事業主・個人の方
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
還元率 0.5%
旅行保険 最高1億円
空港ラウンジ

 

固定電話無し・設立1年目でも発行の実績あり
プラチナカードならではの豊富なビジネスベネフィット
年間の利用金額に応じて年会費半額も可能

 

セゾンカードとアメックスが提携して発行するビジネスプラチナカードが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」です。

 

当サイト管理人がセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードを取得した際には、設立1年目・固定電話無しでも発行になった実績があり、申込みの窓口は広くなっています。

 

法人経営者の方だけではなく、個人の方でも申込みをすることができますので、上質なプラチナカードを低コストで取得したい方にもおすすめできるカードとなっています。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードでは、経費削減に役立つ「ビジネス・アドバンテージ」や、高級レストラン予約サイト「LUXA RESERVE」などを利用することが可能となっており、ビジネスプラチナカードならではの豊富なビジネスサポートが用意されています。

 

年間200万円以上のカードの利用で年会費が半額になる特典もあり、コストを抑えて法人カードを持ちたい方にもおすすめのカードとなっています。

 

UC法人カード

 

カードの詳細を見る

公式サイトを見る

年会費 税別1,250円
サブカード年会費 税別1,250円
ETC 無料
申込資格 18歳以上の法人経営者・または個人事業主の方
国際ブランド VISA、Mastercard
還元率 0.5%
旅行保険
空港ラウンジ

 

豊富なビジネスサポートが付帯
支払いスパンが最大55日間と長期間
経費の支払いで永久不滅ポイントが貯まる

 

UCカードが発行するスタンダードな法人カードが「UC法人カード」です。

 

UC法人カードの申込みの際には決算書の提出が任意となっていますので、設立1年目で決算書が提出できない企業の方でも気軽に申込みをすることができる法人カードとなっています。

 

また、豊富なビジネスサポートやマイカーリースの優待割引などをうけることができますので、経費支払いの削減にも一役買ってくれるカードとなっています。

 

中小企業の方の場合には、経費の支払いの際のキャッシュフローに悩まれている方も多いかと思いますが、UC法人カードでは支払いのスパンが最長55日となっていますので安心です。

 

経費の支払いでは有効期限の無い永久不滅ポイントを貯めることができますので、経費支払いでゆっくりとポイントを貯めることが可能となっているのですね。

 

審査が甘いと言われている法人カードの特徴

今回は審査が甘いと言われている法人カードを特集してご紹介してきました。

 

しかし、法人カードの審査の甘いと言う基準はどのような点が裏付けとなってくるのでしょうか?

 

ここでは、審査が甘いと言われている法人カードの特徴となる点をご紹介していきましょう。

 

登記簿謄本・決算書不要
固定電話が無くても作れる

 

このような条件を満たした法人カードの場合は、比較的審査に通過しやすいカードであると言えるでしょう。

 

法人カードを取得する際に大きなハードルとなってくるのが、申込みの際に提出しなければならない書類の多さです。

 

特に設立1年目の会社などの場合には、決算書などを作成するのが難しい場合も多く、設立後間もない会社の場合には書類の提出で審査をはじかれてしまう場合もあります。

 

登記簿謄本・決算書不要で申込みをすることができる法人カードの場合、個人用カードと同じ感覚で申込みをすることができますので、手軽に取得することができるのですね。

 

また、審査の甘い法人カードの特徴として、固定電話が無くても申込みをすることができると言うのも条件となってきます。

 

近年では携帯電話のみで、固定電話を持たない法人や個人事業主の方も多いのではないでしょうか。

 

特に設立後間もない会社の場合には固定電話が無いケースも多く、固定電話が無くても作れる法人カードは貴重となってくるのですね。

決算内容が赤字でも作れる!

法人カードの中には、申込資格で登記後2年以上・黒字決算の法人のみとなっている場合も多くなっています。

 

しかし、設立間もない会社の場合には、黒字決算を続けると言うのが難しいケースもあり、節税の観点から初年度は赤字決算で計上する法人も多いのではないでしょうか。

 

決算書の提出が不要な法人カードが、審査が甘いと言われている法人カードとしての条件を満たす理由となっているのが、赤字決算でも法人カードを作ることができる点です。

 

申込みの際に決算書が不要な法人カードの場合は、決算内容で審査をすることができませんので、審査の際には代表者個人の個人信用情報が審査の基準となります。

 

ですので、決算書不要のクレジットカードを作る場合には、代表者の方が個人用のクレジットカードを作ることができる信用情報のある方であれば、問題なくカード発行に繋がるでしょう。

 

決算書の提出不要のクレジットカードの場合、申込みの際の書類の提出も少なくて済みますので、スムーズに申し込みをすることが可能となっています。

法人カードが困難なケース

今回は、比較的審査が甘いと言われている法人クレジットカードを解説しています。

 

しかし、当然のことではありますが、いくら審査の難易度が低めの法人カードとは言っても、申込みをした全ての人が審査に通過する訳ではありません。

 

ここでは、法人カードの取得が困難になってしまうケースについて解説していきましょう。

 

個人のクレジットカードで3ヶ月連続で滞納した
自己破産している
ローンを複数契約・消費者金融などの借入がある

 

このような条件に当てはまってしまう方の場合には、法人カードの取得が難しくなってしまいますので注意が必要です。

 

法人カードの場合でも、決算書不要のカードなどの場合では、審査の基準が法人経営者個人の信用情報が基準となってきます。

 

当然のことではありますが、個人用のクレジットカードで3か月以上連続での滞納がある場合などには、個人の信用情報としては非常に不利になってしまいます。

 

直近でクレジットカードの支払いでの遅延に心当たりのある方の場合には、少なくとも半年〜1年間はクリーンな支払いを続けて申込みをするようにしましょう。

 

そうした観点から、自己破産をしてしまっている方などの場合にも、やはり法人カードの取得は困難であると言えるでしょう。

 

自己破産をした方の場合には、個人信用情報の記録は消えますが、ある程度の年齢で個人信用情報の記録が無い方は自己破産者と判断され、クレジットカードの審査の際に敬遠されてしまいます。

 

また、支払い自体に遅延や未払いが無い方の場合でも、ローンの複数契約や消費者金融などでの借入がある方の場合には審査の際に不利になってしまうケースがあります。

 

多重債務状態になっている方の場合には、支払い状況がクリーンな方でも法人カードの取得は困難になってくると考えて良いでしょう。

 

申込みの際に複数枚の法人カードを同時に申込みをした場合にも、審査の際に不利になってしまいますので、申込みの際には1枚のカードに集中をするようにしましょう。

 

このように、法人カードを申込みする場合であっても、個人向けのクレジットカード申込みの際と同じような注意が必要となってくるのですね。

ビジネスのパートナーとなってくれる法人カードを設立後すぐに手に入れよう!

今回は、設立間もない会社の場合でも取得することが可能な、比較的審査が甘いと言われている法人カードを特集してご紹介してきました。

 

審査が甘いクレジットカードの条件となってくるのが、申込みの際に登記簿謄本・決算書の提出不要で申込みをすることができるカードとなっています。

 

決算書の提出不要で申込みをすることができる法人カードの場合、決算が赤字でも法人代表者個人の信用情報で審査に通過することが可能です。

 

法人カードの利用では、経費管理を一元化することができるだけではなく、経費の支払いでポイントを貯めることができると言う側面もあります。

 

設立1年目で法人カードの取得を後回しにしていた方も、今すぐ法人カードを手に入れてメリットを享受してみてはいかがでしょうか。