アメックスの審査は甘い!?ハイクラスなのに作りやすい憧れのカード

 

「アメックスの審査って厳しいの?」

「アメックスはお金持ちしか持つことができないの?」

 

アメックスのデザインに憧れを持つ方は多いですが、審査が厳しそうというイメージで躊躇して居る方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言うと、アメックスの審査基準は一般的なクレジットカードの審査基準と比較しても、作りやすい基準であると言えます。

 

実際に、他社のクレジットカードの審査には落ちたけど、アメックスは作ることができたという例も多くなっていますよ!

 

今回は、アメックスの審査が甘いと考える根拠を、多角度から解説します。

 

最後まで読めば、憧れのアメックスのクレジットカードを安心して申し込みすることができますよ!

 

クレジットカード診断テスト

アメックスは作りやすい!?審査基準を徹底分析

 

アメックスと言えば、お金持ちが持つカードというイメージが強く、審査も厳しいのではと思っている方も多いでしょう。

 

実際、アメックスゴールドが日本に初上陸したバブル期は、富裕層向けのクレジットカードとして、アメックスを持つことがひとつのステータスでもありました。

 

しかし、その後「アメックスプラチナ」「アメックスセンチュリオン」といった、ゴールドカードよりもさらに上位のカードが発行開始されました。

 

インビテーション制の上位カードの登場によって、グリーン・ゴールドはむしろ審査基準の甘い、作りやすいカードになったのです。

 

ここからは、さらに多角度から分析して、アメックスの審査が甘いと考える裏付けを取っていきましょう!

外資系独自の審査基準

 

アメックスの審査が甘いと考えられる最大の理由が、「アメリカン・エキスプレス」が外資系のクレジットカード会社である点です。

 

通常、国内のクレジットカード会社の審査基準では、個人信用情報機関に記録された信用情報「クレジットヒストリー(クレヒス)」が最重要視されます。

 

クレジットカードの利用・返済などの履歴は、

 

  • CIC
  • JICC
  • 全銀連

 

などの個人信用情報機関に記録され、審査の際に参照されます。

 

つまり、一般的なクレジットカードの審査では、これまでクレジットカードをどのような使い方をしてきたのか?というクレヒスがもっとも大きな判断基準です。

 

ですので、過去にクレジットカードの審査落ちの履歴などがあると、その履歴が問題視され、どんどん審査に通過しにくくなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

しかし、アメックスの審査基準では、過去の信用情報よりも現在の返済能力が重視される傾向があります。

 

実際にほかのクレジットカードの審査には落ちてしまったけど、アメックスのみ審査に通過したという例は枚挙にいとまがありません。

 

アメックスが外資系のクレジットカード会社であることこそ、審査基準の甘いと考える最大の理由です!

 

ヤフーカードの審査に落ちた私も作れた

実際に、私もアメックスゴールドを利用していますが、アメックスの審査をうける1か月ほど前にヤフーカードの審査に落ちています。

 

アメックスの記事を書くために申込フォームの確認をしたついでに、ダメ元で送信ボタンを押したら即可決が表示され驚いたほどです。

 

このように、私の実体験からも、アメックスの審査基準が甘いというのは声を大にして伝えたい真実です!

個人事業主でも作れる

 

アメックスでは、1年目の個人事業主でも審査通過の実例は多くなっています。

 

一般的には、サラリーマンに比べて個人事業主の方はクレジットカードの審査で不利な属性です。

 

脱サラをするなら、退職する前に作れるだけクレジットカードを作っておけ!とは昔から良く言われていますよね。

 

アメックスでは、一般的には審査に不利と言われる個人事業主でも問題なく作れる点からも、審査基準の甘いクレジットカードと言っていいでしょう。

パート・アルバイトの申し込みは不可

審査基準が甘いと考えられるアメックスですが、パート・アルバイトの方の申し込みは不可となっています。

 

アメックスの申込資格は、20歳以上の安定した収入のある方です。

 

一般的なクレジットカードでは、パート・アルバイトでも安定した収入とみなされることがありますが、アメックスでは申込不可と明言されています。

 

同様に、アメックスでは学生の方も申し込みすることができませんので、原則としては正社員として働く方が対象です。

 

ただし、

 

  • 個人事業主
  • 派遣社員
  • 契約社員

 

など、一般的には審査に不利と言われるような属性の方でも審査通過の実績は多くなっています。

 

また、パート主婦の申し込みはNGとなっているものの、専業主婦の方は年収欄に世帯収入を記入することで申し込みすることが可能です。

 

パート主婦の方が申し込みする場合には、パート収入を書かずに専業主婦として申告すれば、審査に通過できる可能性がありますね!

 

申込時の利用限度額は低めの傾向

アメックスでは、申込時の「与信枠」が少なめに設定されているのも、審査基準の甘さを物語るポイントと言えます。

 

ご存知の方も多いと思いますが、アメックスの利用限度額は「一律の制限無し」となっており、カード一律の最高限度額は定められていません。

 

しかし、申込者個別に与信枠は設定されており、年収の少ない方やクレヒスのしっかりしていない方は、10万円程度に与信枠が設定されるケースが多くなっています。

 

せっかくアメックスを作ったのに限度額10万円…とがっかりされる方も多いかも知れませんが、限度額を抑えることで審査の通過率が高くなっているとも考えられますね。

 

アメックスでは、たとえ初期の与信枠が少なく設定されても、利用実績を積むことで与信枠も上がりやすくなっています。

 

また、事前にデポジットを入金しておくことで、与信枠を超えたカードの利用も可能となっていますので、限度額オーバーでのポイントの取りこぼしも防ぐことができますよ!

 

審査はスピーディ!最短数秒での審査通過も可能

アメックスの審査は非常にスピーディで、最短10秒程度で審査結果が表示されるケースもあります。

 

アメックスの審査は、入力した情報を元に瞬時にAIが審査を行う機械審査です。

 

私が審査を受けた時もそうでしたが、入力内容を送信して画面が切り替わると「発行手続きを開始致します」と、即時審査通過に繋がった事例も多くなっています。

 

申込時の状況によっては翌日以降に審査が繰り越されてしまうこともありますが、遅くとも翌日〜数日中には審査の結果が出ているようです。

 

発行期間も短く、最短1週間程度でカードを受け取ることができますよ!

申込時の電話連絡は無しのケースが多い

クレジットカードの申込時に気になってしまうのが、在籍確認の電話があるかどうか?という点ではないでしょうか?

 

アメックスの審査では、在籍確認の電話は無しというケースが多くなっていますので、完全にWeb完結でクレジットカードを作ることができます。

 

自宅や会社に電話がかかってくるのはちょっと嫌だなという方も、在籍確認無しで手軽に申し込みすることができますね。

 

ただし、入力に不備があった場合など、確認事項がある場合には在籍確認の電話があるケースもありますので、電話があった場合には速やかに対応するようにしましょう。

審査落ちの理由

審査通過率が極めて高いアメックスですが、当然のことながら100%審査に通過することができる訳ではありません。

 

一部のブログなどでは、アメックスは「ブラックリスト」でも通過するといった、事実と異なる記載がされているケースが在ります。

 

たしかに、アメックスでは外資系独自の審査基準によって、過去のクレヒスよりも現在の信用情報が重視されるのは間違いありません。

 

しかし、クレヒスがまったく関係ないわけではなく、過去に未払いや延滞などの履歴がある方など、いわゆるブラックリストの方は普通に審査落ちしてしまいます。

 

審査が甘いカードと言っても、審査なしで作れるクレジットカードは無い、ということは肝に銘じておかなければなりませんね。

 

個人カードよりビジネスカードの方が審査に通りやすい

アメックスの特徴として、個人カードよりもビジネスカードの方が審査に通りやすくなっている点が挙げられます。

 

 

一般的なクレジットカードでは、個人カードよりもビジネスカードの方が審査基準は厳しめになっており、登記後何年・黒字決算のみと申込資格が制限されているケースも多いです。

 

アメックスのビジネスカードの審査の際には、決算書の提出は不要となっており、代表者本人の信用情報で審査が行われます。

 

個人事業主の場合は、免許証1枚で申し込みすることが可能となっており、独立後1年未満の法人でも余裕で審査に通過することが可能です。

 

アメックスビジネスカードで半年〜1年程度の利用実績を積めば、ほぼ100%の確率で個人カード作ることができますので、審査に自信が無い方はビジネスカードも狙い目です!

 

ゴールドカードの方が審査基準は厳しい?

結論からいうと、アメックスでは一般カードのグリーンでもゴールドでも審査基準は同一となっています。

 

一般的なクレジットカードでは、当然ですが上位カードとなるゴールドカードの方が審査基準は厳しめになっています。

 

ですので、審査に自信が無い方は、一般カードから利用実績を積んで、アップグレードでゴールドカードを作るというのが定石です。

 

ただし、アメックスでは、グリーン・ゴールドの審査基準が同一となっていますので、自分が欲しいランクのカードを選択することができます。

 

アメックスゴールドは、もっとも作りやすい審査基準のゴールドカードとも言われていますので、ゴールドカードが欲しい方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

提携アメックスの審査基準は?

提携アメックスには、次の2つの発行タイプがあります。

 

SPGアメックスやデルタアメックスなど、アメリカン・エキスプレスが発行する提携カード

 

セゾンカードなどが発行する、アメックスブランドのクレジットカード

 

セゾンアメックスなどの提携カードは発行会社の審査基準に準じますが、アメックスの発行する提携カードは、プロパーカードのアメックスと審査基準は同等です。

 

ですので、提携カードだから審査が厳しいこともなければ、逆にプロパーアメックス以上に審査が甘いということもありません。

 

いずれにしても、アメックスの審査基準は甘くなっていますので、作りやすいカードであることに変わりはありませんね!

 

審査基準は恐れる必要なし!アメックスのおすすめカード

ハイクラスなイメージの大きいアメックスですが、審査基準は甘く、審査に恐れを持つ必要はありません。

 

また、アメリカン・エキスプレスが発行する提携カードも審査基準は同等となっていますので、非常に幅広い特典を持ったカードを選択します。

 

ここでは、作りやすいだけではなく、ほかのカードには無い特別な魅力を持ったアメックスのおすすめカードをご紹介します。

アメックスグリーン

4.2

年会費(税抜)12000円+税
家族カード(税抜)6000円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
旅行
傷害保険
海外最高5000万円
国内最高5000万円
  • アメックスでもっともコスパに優れたカード
  • ゴールドカードとほぼ同等の補償・特典が付帯

 

 

アメックスのもっともベーシックとなるクレジットカードが「アメックスグリーン」です。

 

年会費税別12,000円で持てる格安のアメックスですが、ゴールドカードとほぼ同等の補償・特典を利用することが可能となっており、もっともコスパに優れた1枚です。

 

世界的な大富豪ビル・ゲイツ氏もアメックスグリーンを利用していると言われており、ゴールドカードにこだわりの無い方はグリーンでも充分でしょう。

 

一般カードという枠組みでありながら、「プライオリティパス」のメンバーシップを無料で取得可能など、他社のゴールドカード以上の特典が付帯しています。

 

とにかく、審査に通過できるカードを探してアメックスを作りたい!という方には、ベストな選択になるのではないでしょうか。

 

 

アメックスゴールド

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 世界でもっとも知られているゴールドカード
  • コース料理1名分無料のプラチナ級の特典
  • 家族カードを年会費無料で発行可能

 

アメックスゴールドは、言わずと知れた世界でもっとも知られている「ザ・ゴールドカード」と言うべきゴールドカードです。

 

アメックスではグリーンもゴールドも審査基準に差がなく、アメックスゴールドも非常に作りやすい審査基準となっています。

 

アメックスゴールドでは、厳選されたダイニングでコース料理1名分が無料になるプラチナ級の特典も付帯しており、年会費以上の価値があるカードとなっています。

 

また、無料で発行できる家族カードでも、本カードとほぼ同等の特典を利用することができますので、家族で上質なゴールドカードを使いたい方にも最適です。

 

 

アメックスビジネスゴールド

4.7

年会費(税抜)31,000円+税
追加カード(税抜)12,000円+税
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の個人事業主もしくは法人の代表者
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 個人用アメックスよりも作りやすい審査基準
  • 駅構内からの手荷物無料宅配サービス
  • ダイニング予約でコンシェルジュを利用可能
  • 帝国ホテルのビジネスラウンジを利用可能

 

アメックスビジネスゴールドは、個人用アメックスよりも作りやすい審査基準となっており、もっとも作りやすい審査基準のアメックスとなっています。

 

アメックスビジネスゴールドは、個人・法人のどちらでも申し込みすることが可能となっていますので、個人事業主はもちろんサラリーマンでも申し込みすることが可能です。

 

ビジネスカードとしての卓越した特典も魅力となっており、東京駅・大阪駅・博多駅では、駅構内からホテルまでの手荷物無料宅配サービスも利用することができます。

 

さらに、「ビジネス・ダイニング by ぐるなび」では、ダイニング予約でコンシェルジュのサービスを利用することができますので、接待や会食の手配にも便利です。

 

アメックスビジネスゴールドでは、帝国ホテルのビジネスラウンジを利用することも可能となっていますので、取引先との打ち合わせでも信頼感がアップすることは間違いありませんね。

 

アメックスビジネスゴールドでは、初年度年会費無料に加え30,000ポイントがもらえる、61,000円相当の常識外れのキャンペーンも開催されています!

 

 

SPGアメックス

5.0

年会費(税抜)31000円+税
家族カード(税抜)15500円+税
ETCカード年会費無料
新規発行手数料850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0〜1.25%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • SPG・マリオットの上級会員を取得可能
  • 年間1回無料宿泊券がプレゼント
  • もっともマイルを貯めやすいアメックス

 

SPGアメックスは、世界的な高級ホテルチェーン「スターウッドホテル&リゾート」とアメリカン・エキスプレスが提携して発行するゴールドカードです。

 

最大のメリットとして、SPGのゴールド会員資格を取得することが可能となっており、マリオット・リッツカールトンと3つのホテルチェーンの上級会員を無条件で取得できます。

 

通常、ホテルの上級会員資格を取得するためには年間数十泊の宿泊実績が必要ですので、カードの入会で無条件で会員資格が付帯するのは驚異的なメリットです。

 

さらに、年間1回のカード更新時にSPG参加ホテルの無料宿泊券がプレゼントされる特典がありますので、それだけでも余裕で年会費の元を取ることができますよ!

 

SPGアメックスでは、ポイントをJAL/ANAをはじめとした50社のマイルに交換することができますので、もっともマイルを貯めやすいアメックスとなっています。

 

 

デルタアメックスゴールド

4.8

年会費(税抜)26,000円+税
家族カード(税抜)12,000円+税(1枚無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 1枚につき850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率1.0%
申込資格原則として20歳以上で定職のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • デルタゴールドメダリオンを取得可能
  • デルタ航空の航空券はマイル3倍
  • 海外利用分は還元率1.5%
  • 家族カードの年会費無料

 

デルタアメックスゴールドは、米国最大級の航空会社「デルタ航空」とアメリカン・エキスプレスが提携して発行するゴールドカードです。

 

デルタアメックスゴールドの入会初年度は、デルタ航空の上級会員資格「デルタゴールドメダリオン」が無条件で付帯し、シートの無償アップグレードなどの特典をうけられます。

 

さらに、2年目以降もカードの利用金額に応じてメダリオン特典を継続して利用することができます。

 

  • 年間100万円以上:シルバーメダリオン
  • 年間150万円以上:ゴールドメダリオン

 

デルタアメックスゴールドでは、デルタ航空の航空券の購入で還元率3.0%でデルタスカイマイルを貯めることができますので、デルタ航空を利用する機会の多い方には最強です!

 

さらに、海外利用分の還元率が1.5%にアップする特典もありますので、海外での食事・ショッピングでお得にマイルを貯めることができます。

 

デルタアメックスゴールドでは、家族カードを1枚まで無料で発行することができますので、夫婦で上質なゴールドカードを利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

作りやすい審査基準で憧れのアメックスを持てる!ゴールドもOK!

多角度からアメックスの審査基準を分析すると、アメックスのクレジットカードは作りやすい審査基準であると結論づけることができます。

 

  • 外資系独自の審査基準
  • グリーン・ゴールドの審査基準は同等
  • ビジネスカードはより作りやすい

 

アメックスでは、外資系独自の審査基準で、過去のクレヒスよりも現在の返済能力が重視されます。

 

また、グリーン・ゴールドの審査基準は同等となっていますので、審査の難易度を気にせずに作りたいランクのカードを選択することが可能です。

 

個人カードよりもビジネスカードの方が作りやすい審査基準になっていますので、審査に自信が無い方はビジネスカードで利用実績を積むのも良いでしょう。

 

アメックスの各カードではお得な入会キャンペーンも開催されていますので、お得に憧れのアメックスを手に入れてみてはいかがでしょうか!