国内旅行保険が自動付帯のクレジットカード特集!申込前に知るべき注意点

 

国内旅行保険が自動付帯するクレジットカードが欲しいけど、どのカードを選べば良いのか悩んでいませんか?

 

やはり、海外旅行よりも頻度の多い国内旅行では、自動付帯で国内旅行保険が付帯するクレジットカードが活躍します。

 

この記事では、

 

  • 国内旅行保険付きのクレジットカードの選び方
  • 国内旅行保険の知っておくべき注意点
  • 国内旅行保険が自動付帯するおすすめクレカ

 

このような点を詳しく解説します。

 

最後まで読めば、国内旅行保険が自動付帯する優秀クレカを手に入れることができますよ!

 

クレジットカード診断テスト

国内旅行保険が自動付帯のクレジットカードを選ぼう

 

国内旅行保険でクレジットカードを選ぶ際には、補償の付帯条件が「自動付帯」のカードを選択しましょう。

 

クレジットカードの旅行保険には、2つの付帯条件があります。

 

  • 自動付帯
  • 利用付帯

 

利用付帯の国内旅行保険では、旅行代金などを対象となるクレジットカードで支払った場合にのみ、補償が適用されます。

 

国内旅行保険では、利用付帯の対象となるかどうかの判断も細かいので、利用付帯の国内旅行保険の場合は注意が必要です。

 

移動中の傷害 公共交通機関の支払いが必要
ホテル・旅館に宿泊中の傷害 ホテル・旅館の料金支払いが必要

 

このように、移動方法・宿泊費をそれぞれ、補償の付帯したクレジットカードで支払いをしていないと補償されません。

 

ですので、持っているだけで自動的に国内旅行保険が補償される、自動付帯のクレジットカードを選択した方が安心です。

 

ただし、国内旅行保険は利用付帯のクレジットカードが多く、自動付帯の国内旅行保険はゴールドカード以上のカードであることが多くなっています。

 

コストを抑えて国内旅行保険を利用したい方は、クレジットカード選びが重要ですね!

国内旅行保険は補償内容にも注目

 

国内旅行保険でクレジットカードを選ぶ際には、補償の付帯条件だけではなく、補償内容にも注目が必要です。

 

国内旅行保険には、下記のような補償があります。

 

  • 死亡・後遺障害
  • 入院日額
  • 通院日額
  • 手術費用

 

国内旅行保険では、死亡・後遺障害のみの補償となっていることが多くなっていますが、それでは重大な事故などでしか補償を受けられません。

 

国内旅行保険でクレジットカードを選ぶ際には、より利用頻度の高い、入院・通院・手術費用が補償される国内旅行保険を選ぶのが重要です。

 

たとえば、入院日額が5,000円付いた国内旅行保険なら、旅行中のケガで10日間入院した場合、最高5万円の入院費用が補償されます。

 

海外とは違い、健康保険の使える日本国内は医療費の負担は少ないとは言っても、入院・通院の費用が補償される方が嬉しいですよね!

 

家族特約付きならさらに安心

ゴールドカード以上のクレジットカードを選択する際には、国内旅行保険に家族特約の付いたカードなら、さらに安心です。

 

クレジットカードの付帯保険では、カードを持っている会員が補償の対象となり、家族カードでも本カードと同等の補償を受けられるクレジットカードが多くなっています。

 

ただし、家族カードは18歳以上でなければ発行できませんので、小さな子どもなどの場合は家族カードでの補償を受けることができません。

 

家族特約では、家族カードを持たない家族も補償の対象となりますので、カード1枚で家族全員の補償をカバーできます。

 

ですので、子ども連れで国内旅行する場合、国内旅行保険に家族特約の付帯したクレジットカードを選択するようにしましょう。

 

国内航空便遅延保険付きのクレカは優秀

飛行機で国内旅行される方は、国内航空便遅延保険付きのクレジットカードが優秀です。

 

航空便遅延保険では、搭乗便の欠航や遅延により、不意に発生してしまった宿泊費・食事代が補償されます。

 

また、手荷物の遅延や紛失の場合も、衣類や身の回り品の購入費用を補償してもらえます。

 

航空便や手荷物の遅延の場合、航空会社が補償してくれるケースは稀ですので、飛行機を利用する際には航空便遅延保険は安心に繋がりますね。

 

国内線でも、LCCなどを利用する場合、遅延・欠航はつきものですので、備えておいて損はありません!

 

国内旅行保険を備えるべきはこんな方

 

国内旅行保険を備えておくべきなのは、次のようなタイプの方です。

 

  • 高齢の方
  • 子ども連れで旅行される方
  • 旅行先でスポーツされる方 

 

高齢の方や子ども連れでの旅行の場合など、一般的にケガをするリスクが高い方の旅行の場合には、国内旅行保険は安心に繋がります。

 

小さな子ども連れでの旅行や、高齢の両親との旅行でも、家族特約の付帯した国内旅行保険ならカード1枚で補償をカバーできます。

 

また、旅行先でオプショナルツアーなどのアクティビティに参加される方など、行動的に旅行を楽しむ方もケガのリスクは高くなりますので、国内旅行保険を備えておくべきです。

 

ただし、一部、登山などの危険を前提とするスポーツ中のケガは、補償の対象外になってしまうことがありますので注意が必要です。

 

ゴルフ好きの方はゴルファー保険付きのカードを

 

旅行先でゴルフをされる方は、ゴルファー保険の付帯したクレジットカードを利用しましょう。

 

ゴルファー保険では、ゴルフのプレー中のケガはもちろん、高価なクラブの破損にも備える、ゴルフ用品補償なども付帯します。

 

また、ホールインワン保険なども付帯しますので、ご祝儀を気にせずにホールインワンを狙えますね!

 

国内旅行保険の注意点

クレジットカード付帯の国内旅行保険では、本人過失でのケガは補償の対象外となってしまいますので注意が必要です。

 

たとえば、ダイビングなどの危険を伴うスポーツでのケガの場合、補償が適用されないクレジットカードは多くなっています。

 

国内旅行保険付きのクレジットカードを申し込みする前に、旅行先でする予定のマリンスポーツ・ウィンタースポーツなどが補償されるかを確認しておきましょう。

 

また、クレジットカードの国内旅行保険では、マイカーやレンタカーでの旅行先への移動中の事故は対象外です。

 

車を運転中の事故によるケガは、自動車保険の範疇となりますので、搭乗者保険などの人に対する補償がしっかり付帯しているか見直しておきましょう。

疾病による入院・通院は補償対象外

国内旅行保険では、疾病による入院・通院は補償の対象外ですので注意が必要です。

 

クレジットカードの国内旅行保険は傷害保険のみとなっており、旅行中の急病による治療費は補償されません。

 

ただし、国内での病気による医療費は、健康保険の対象ですので、海外での急病ほど気を付ける心配はありませんね。

 

持病などで、疾病補償も備えておきたい場合、オプションの補償などで疾病補償を付加できるクレジットカードもあります。

国内旅行保険が手厚いおすすめクレジットカード5選

国内旅行の際には、自動付帯で国内旅行保険が付帯するクレジットカードがおすすめです。

 

ただし、国内旅行保険は利用付帯なカードが多く、国内旅行保険が付いても死亡・後遺障害の補償のみというカードも多くなっています。

 

ここでは、自動付帯で国内旅行保険が付帯するクレジットカードをはじめ、国内旅行保険が手厚いおすすめクレカをご紹介します。

dカードGOLD

5.0

年会費(税抜)10000円+税
家族カード(税抜)1000円+税(1人目は無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率1.0〜10.0%
申込資格学生を除く満20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円
  • 最高5,000万円の国内旅行保険が自動付帯
  • 国内線航空便遅延保険が付帯
  • ドコモケータイ料金の10%がポイントバック

 

国内旅行保険でゴールドカードを選ぶなら、もっともおすすめできるのが「dカードGOLD」です。

 

dカードGOLDの国内旅行保険では、日額5,000円の入院費用、日額3,000円の通院費用に加え、手術費用も付帯しています。

 

さらに、国内線にも航空便遅延保険が付帯しますので、飛行機での国内旅行の際にも安心の補償を受けられます。

 

dカードGOLDでは、無料で発行できる家族カードでも本カードと同様の補償を受けられますので、家族だけでの国内旅行の際にも補償をカバーできますね。

 

dカードGOLDでは、ドコモケータイ料金の10%がポイントバックされる特典がありますので、ドコモケータイをお使いの方は実質無料で利用できますよ!

 

 

三井住友VISAプライムゴールド

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜5,000円+税
家族カード(税抜)1,000円+税(1人目無料)
ETCカード年会費初年度無料
2年目以降 税抜500円+税(1年間に1回以上ETC利用の請求があれば無料)
国際ブランドVISA、Mastercard
還元率0.5〜0.8%
申込資格満20歳以上30歳未満で、ご本人に安定継続収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
  • 最高5,000万円の国内旅行保険が自動付帯
  • 初年度年会費無料で利用可能
  • 30歳を超えるとゴールドカードにアップグレード

 

20代の新卒社会人の方にもおすすめできるゴールドカードが「三井住友VISAプライムゴールド」です。

 

三井住友VISAプライムゴールドの国内旅行保険では、日額2,000円の通院費用、日額5,000円の入院費用に加え、最高20万円の手術費用も付帯します。

 

初年度年会費無料で発行できるほか、2年目以降もマイ・ペイすリボの利用で、年会費税別1,500円で利用できますので、コストを抑えて国内旅行保険を利用したい方にも最適です。

 

三井住友VISAプライムゴールドでは、マイ・ペイすリボの利用でポイントが2倍になる特典もありますので、旅行先でのショッピングでもお得にポイントを貯められますよ!

 

30歳を超えた最初の更新で、三井住友VISAゴールドカードにアップグレードする特典もありますので、将来的にゴールドカードを取得したい方にもおすすめです。

 

 

アメックスゴールド

4.6

年会費(税抜)29000円+税
家族カード(税抜)12000円+税(1枚まで無料)
ETCカード年会費無料
新規発行手数料 850円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格20歳以上の安定した収入がある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5,000万円
  • 利用付帯で最高5,000万円の国内旅行保険が付帯
  • 国内旅行保険に家族特約が付帯
  • 世界でもっとも有名なゴールドカード

 

利用付帯での補償となるものの、家族での国内旅行にもおすすめの国内旅行保険が付帯するゴールドカードが「アメックスゴールド」です。

 

アメックスゴールドの国内旅行保険では、利用付帯で最高5,000万円の国内旅行保険が付帯します。

 

国内旅行保険にも最高1,000万円の家族特約が付帯しますので、カード1枚で家族全員の補償をカバーすることが可能です。

 

アメックスゴールドは、世界でもっとも有名なゴールドカードですので、憧れを抱いている方も多いのではないでしょうか。

 

 

MUFGカード・ゴールド

4.5

年会費
(税抜)
初年度初年度無料
2年目〜1,905円+税
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、Mastercard
還元率0.5〜0.75%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2,000万円
国内最高2,000万円
  • 利用付帯で最高2,000万円の国内旅行保険が付帯
  • 国内線航空便遅延保険が付帯
  • 初年度年会費無料で利用可能

 

利用付帯であるものの、手厚い補償内容の国内旅行保険が付帯しているのが「MUFGカード・ゴールド」です。

 

MUFGカード・ゴールドの国内旅行保険では、入院・通院・手術費用に加え、国内線航空便遅延保険も付帯しています。

 

格安年会費のゴールドカードで航空便遅延保険まで付帯したカードは希少ですので、旅行代金をカードで支払うことに抵抗のない方にはコスパの高い補償です。

 

MUFGカード・ゴールドでは、国内主要空港のラウンジサービスを無料で利用できますので、飛行機での旅行にも満足度の高いサービスが付帯します。

 

MUFGカード・ゴールドは、初年度年会費無料で発行できますので、1年間無料でゴールドカードの補償を試してみてはいかがでしょうか!

 

REXカード

4.5

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.25〜1.75%
申込資格高校生を除く18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万
国内最高1000万
  • 利用付帯で最高1,000万円の国内旅行保険が付帯
  • 高還元率で現金キャッシュバックが可能
  • 永年年会費無料で利用可能

 

補償の付帯条件は利用付帯でありながら、手厚い国内旅行保険が付帯するのが「REXカード」です。

 

REXカードの国内旅行保険では、日額3,000円の通院費用に加え、日額5,000円の入院費用も補償されます。

 

年会費無料のクレジットカードの中では、非常に手厚い国内旅行保険が付帯しますので、コストを抑えて国内旅行保険用のクレジットカードを利用したい方に最適です。

 

REXカードでは、1.25%の高還元率での現金キャッシュバックが可能ですので、旅行費用の支払いにカードを利用すればお得に還元を受けられますよ!

 

REXカードでは、最大5,000円分がキャッシュバックされる入会キャンペーンも開催されていますので、お得にカードを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

国内旅行保険付きの優秀クレカで旅行中のケガも補償!補償内容を充分に確認しよう

国内旅行の際には、国内旅行保険付きのクレジットカードを利用すれば、旅行中のケガの補償も万全です。

 

  • 自動付帯で国内旅行保険が付帯するカードを選ぼう
  • 入院・通院費用などの補償内容にも注目
  • 旅行中の急病は補償されないので注意

 

国内旅行保険でクレジットカードを選ぶ際には、自動付帯で国内旅行保険が付帯するカードを選べば、持っているだけで補償が付帯するので安心です。

 

国内旅行保険では、入院・通院・手術費用などの補償内容にも注目して選択することで、より国内旅行での安心に繋がりますね。

 

ただし、国内旅行保険では、旅行中の急病は補償されませんので注意が必要です。

 

クレジットカードの付帯保険では、海外旅行保険にフォーカスしがちですが、国内旅行保険の補償内容も重要な選択肢のひとつです!