プラチナカードおすすめランキング2019! NO.1プラチナカードはコレだ!

 

「1番お得なプラチナカードを使いたい」

「プラチナカードを選ぶ基準ってなに?」

「プラチナカードの特典は?」

 

プラチナカードというと、多くのクレジットカードの最上位ランクに位置付けられたカードとなっており、特別な特典やステータス性を誇るカードです。

 

クレジットカードをお使いの方の中には、いつかはプラチナカードを!とプラチナカードホルダーになることを目標としている方も多いのではないでしょうか?

 

プラチナカードでは、空港ラウンジやダイニング・コンシェルジュなどの充実した特典がありますが、せっかくなら1番お得なプラチナカードを利用したいですよね!

 

今回は、最強の特典をうけることができるプラチナカードを多角度から比較して、プラチナカードおすすめランキング2019をご紹介します!

 

アメックスプラチナが申込可能に!

 

今までプラチナ保有者の紹介か、ゴールドカード経由でのインビテーションでしか手に入れられなかったアメックスプラチナがついに申込可能になりました!

 

年会費13万円と安くありませんが、年会費以上の特典や付帯サービスがあります。

 

  • 金属製のプラチナカード
  • 優秀なコンシェルジュサービス
  • 有名ホテルの上級会員資格
  • 年1回有名ホテル2名分無料宿泊
  • 高級レストランのコース1名分無料
  • プライオリティパス無料
  • Amazon/Yahoo!ショッピング利用時の還元率3%
  • 海外利用時のポイント還元率3%
  • 家族カード4枚まで無料

 

一部ではありますが、このような素晴らしいサービスが利用できます。

 

さらに、入会後3ヵ月以内に100万円以上の利用で40,000ポイントがもらえる入会特典も必見です。

 

プラチナカードに興味がある方なら、アメックスプラチナは1度は手にしてみたいハズ、申込可能となったこのタイミングに申し込んでみてはいかがですか?

 

プラチナカードランキングの基準・裏付け

単なる決済方法としてだけではなく、自分のライフスタイルを豊かなものに変えてくれるアイテムがプラチナカードです。

 

クレジットカードにはランクがあり、

 

  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

 

と、基本的にはランク付けされていますが、国内でのブラックカードは非常に希少なカードとなっています。

 

多くのクレジットカード会社では、プラチナカードが最上位のカードとなっており、そのクレジットカード会社の最高のサービスをうけることができるのですね。

 

ゴールドカードとプラチナカードの付帯サービス・メリットの差を比較!」でも比較しているように、ゴールドカードよりもさらに充実した特典や優待を利用することが可能です。

 

今回のプラチナカードランキングでは、充実した特典のお得度はもちろんのこと、さまざまな項目を総合的に判断してランキングの基準・裏付けとしています。

 

  • 申込みで取得することができる
  • 年会費が保有の負担にならない
  • ポイント・マイルの還元率が高い
  • ラウンジ・コンシェルジュ・ダイニングの特典が充実している
  • ステータス性の高さ

 

ここでは、それぞれの項目がなぜプラチナカードランキングに必要になるのかを解説します。

申込みで取得することができる

プラチナカードには、申込みでの取得が不可となっており、カードの取得にインビテーションが必要なカードもあるのですね。

 

インビテーション制のプラチナカードは、より特別なステータス性と特別なサービスが利用できる、特別なカードとなっています。

 

しかし、インビテーション制のプラチナカードは、カードの取得のためにクレヒスを積む必要があり、すぐにカードを取得することができません。

 

今回のランキングでは、気に入ったカードをすぐに取得することができる、申込みで取得可能なプラチナカードに限定して比較します。

 

インビテーションに必要なクレヒスの磨き方は、「クレヒスは上位カードを持つために超重要!クレヒスの基準とベストな磨き方」でも解説していますので、インビテーションを目指す方は参考にしてみてくださいね!

年会費が保有の負担にならない

プラチナカードの唯一のデメリットとなっているのは、ゴールドカードよりも高額な年会費が必要となっている点です。

 

プラチナカードの年会費はカード会社によっても異なりますが、中には10万円前後の年会費が必要となってくるケースもあります。

 

しかし、年会費の高さ=カードの機能や特典の充実度というわけではありませんので、年会費が手ごろでコストパフォーマンスの高いプラチナカードの方がお得ですよね。

 

今回のランキングでは、年会費が保有の負担にならないという点も、ランク判定の基準とさせていただいています。

ポイント・マイルの還元率が高い

クレジットカードの利用では、ゴールド・プラチナカードといったランクに関わらず、ポイント・マイルの還元率が大きなメリットですよね。

 

プラチナカードでは、通常のカードよりもポイント還元率が優遇されており、ポイントやマイルを貯めやすくなっているカードも多くなっています。

 

ポイントでカードを選ぶ際には、還元率はもちろんのこと、貯まったポイントの使いやすさを重視して選択することも重要です。

 

プラチナカードでは海外ラウンジの特典をはじめとした海外特典が充実しているカードも多く、特典航空券に交換できるマイルを貯められるカードは評価が高くなりますよね!

ラウンジ・コンシェルジュ・ダイニングの特典が充実している

当サイトでもプラチナカードを多数紹介してきましたが、プラチナカードには必須項目ともいえる3つの特典があると考えています。

 

プラチナカードの特典3点セットともいえる特典には、

 

  • 海外ラウンジサービス
  • コンシェルジュサービス
  • コース料理1名分無料のダイニング特典

 

の、3つの特典を挙げることができます。

 

ゴールドカードのラウンジサービスでは、国内の主要空港を利用することができますが、海外ラウンジを利用することはできません。

 

とくに海外の乗継などの待ち時間は長くなっていますので、海外ラウンジを利用できるカードは海外旅行の際にも大きなメリットとなっているのですね。

 

コンシェルジュ・ダイニング特典も年会費以上の大きなメリットのある特典となっていますので、3点セットでの充実した特典が用意されているカードを前提とします。

ステータス性の高さ

プラチナカードを目指している方は、プラチナカードのステータス性に大きな魅力を感じている方も多いでしょう。

 

クレジットカードはユーザーの信用を写す鏡でもありますので、支払いの際にプラチナカードをサッと出すことで自分の評価となるケースもあります。

 

また、ステータス性でプラチナカードを選ぶ際には、カードを保有することができた際の高揚感も大きな判断基準です。

 

プラチナカードランキングでも、カードを保有する際のワクワク感を大切にランキングを設定しています。

プラチナカードおすすめランキング2019

プラチナカードでは、他のカードには無い特典やステータスが大きなメリットです。

 

今回のプラチナカードおすすめランキング2019では、さまざまな基準でプラチナカードを比較して、ランキング形式で1番お得なプラチナカードを発表します。

 

早速、2019年に1番お得に利用することができる、おすすめのプラチナカードランキングを発表します!

1位 Orico Card THE PLATINUM

5.0

年会費(税抜)20,000円(税込)
家族カード(税抜)3名まで無料
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.0〜2.0%
申込資格20歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円

ランキングの理由

  • 税込20,000円の最安クラスのコスパ最強プラチナカード
  • Apple Pay・ネット通販でガンガンポイントが貯まる
  • 航空便遅延保険も付帯の手厚い海外旅行保険が充実

 

栄えあるランキング1位に輝いたプラチナカードが「Orico Card THE PLATINUM」です。

 

Orico Card THE PLATINUMは、税込20,000円のプラチナカード最安クラスで利用可能となっており、家族カードも無料で発行することができます。

 

ポイント高還元クレカのオリコカードのプラチナカードらしく、Apple Payで1.5%還元・ネット通販で2.5%還元とポイントをガンガン貯めることができるカードとなっています。

 

カードの利用で貯まるオリコポイントはJAL/ANAマイルにも交換可能な使い勝手のいいポイントとなっており、ポイント・マイルの還元率にこだわりたい方にも最適です。

 

海外旅行保険は、航空便遅延保険も付帯した手厚い補償内容となっており、とくに手荷物紛失費用は10万円と最高クラスの補償をうけることができます。

 

2位 JCBプラチナ

4.5

年会費(税抜)25,000円+税
家族カード(税抜)1名分無料、2枚目以降3,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドJCB
還元率0.5%
申込資格学生を除く25歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高1億円

ランキングの理由

  • 国産プロパープラチナならではのステータス性
  • JCBザ・クラスと同等の最強の海外旅行保険が付帯
  • USJのJCBラウンジを利用可能

 

大人が持つべきステータス性のプラチナカードを利用したい方には「JCBプラチナ」がおすすめです。

 

JCBプラチナでは、傷害・疾病治療の補償金額が最高1,000万円となっており、JCBザ・クラスと同等の最強の海外旅行保険が付帯しています。

 

コンシェルジュやプライオリティパスといった上質な海外特典が付帯していますので、海外旅行用のカードとしても最適なカードとなっているのですね。

 

カードの利用では使い勝手のいいOkiDokiポイントを貯めることが可能となっており、海外利用ではポイントが2倍になる特典が用意されています。

 

JCBプラチナでは、USJのJCBラウンジを利用できる特典も用意されており、エンターテイメントの特典も非常に充実したカードとなっています。

 

3位 セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

4.8

年会費(税抜)20000円+税
追加カード(税抜)3000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.5〜1.0%
申込資格学生を除く20歳以上の個人・法人の方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

ランキングの理由

  • 年間の利用金額に応じて年会費半額で利用することが可能
  • ショッピングマイルプレミアムが無料付帯で最大1.125%還元で利用可能
  • コンシェルジュ・プライオリティパスも付帯のコスパ最強カード

 

ランキング3位に入賞したプラチナカードが、コスパ最強のプラチナカードとして利用することができる「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナビジネスアメックス)」です。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスはビジネスカードとなっていますが、個人の方でも申込可能となっており、コストを抑えて充実したプラチナカードを利用したい方にもおすすめです。

 

年間200万円の利用で年会費が半額になる特典があり、税別10,000円で利用することができる最安クラスのプラチナカードとなっているのですね。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、通常税別4,000円のショッピングマイルプレミアムが無料で付帯しており、最大1.125%還元でJALマイルを貯めることが可能となっています。

 

コンシェルジュやプライオリティパスも付帯していますので、コスパ最強のプラチナカードをお探しの方には最適なカードとなっているのですね。

 

4位 MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

4.7

年会費(税抜)20000円+税
家族カード(税抜)3000円+税(1人目無料)
ETCカード年会費無料
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
還元率0.4〜1.0%
申込資格18歳以上で安定した収入のある方
旅行
傷害保険
海外最高1億円
国内最高5000万円

ランキングの理由

  • さまざまなポイントアップ特典で最大1.35%還元で利用可能
  • 無料発行の家族カードでもプライオリティパスを取得
  • 三菱UFJ銀行のプラチナステージが適用

 

銀行系プラチナカードとしてのステータス性も高いプラチナカードが、「MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(以下MUFGプラチナアメックス)」です。

 

MUFGプラチナアメックスでは、自分の指定した月にポイントアップの特典をうけられる「アニバーサリーポイント」などポイントアップで、最大1.35%の高還元で利用することができます。

 

カードの利用で貯められるポイントは、各種商品券や共通ポイントにも交換可能な使い勝手のいいポイントです。

 

MUFGプラチナアメックスでは、無料で発行できる家族カードでもプライオリティパスを取得可能となっており、1枚あたりにすると10,000円の低コストでラウンジ特典をうけられます。

 

銀行系のプラチナカードらしく、三菱UFJ銀行のプラチナステージが適用される特典があり、三菱UFJ銀行のATM利用の際の手数料を節約することが可能となっています。

 

5位 ラグジュアリーカード ブラック

4.5

年会費(税抜)100,000円+税
家族カード(税抜)25,000円+税
ETCカード年会費無料
国際ブランドMastercard
還元率1.25%
申込資格学生を除く20歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高1億2千万円
国内最高1億円

ランキングの理由

  • 金属製カードでの圧倒的なステータス性
  • ダイニングまでのリムジン送迎などの特別なベネフィット
  • ハワイアン航空の上級会員資格を取得可能

 

ステータス性でプラチナカードを選びたい方に一択でおすすめのプラチナカードが「ラグジュアリーカード ブラック」です。

 

ラグジュアリーカード ブラックの券面は本物の金属で作られており、手に持った瞬間に特別なカードであることがわかるプラチナカードとなっています。

 

今回のランキングでは、1枚だけ極端に年会費が高額になっていますが、他のカードでは得ることができないステータス性を誇っているのですね。

 

ラグジュアリーカード ブラックには、ダイニングまでのリムジン送迎などの特別なベネフィットも付帯しており、最高の優越感を得ることができるカードとなっているのですね。

 

ハワイアン航空の上級会員資格を取得することも可能となっていますので、ハワイ旅行が好きな方にも最適なカードとして利用することができます。

 

年会費最安のプラチナカードが欲しい!

ここでは、ランクインした5枚のプラチナカードを年会費で比較します。

 

  本会員 家族会員
Orico Card THE PLATINUM 税込20,000円 無料
JCBプラチナ 税別25,000円 無料
セゾンプラチナビジネスアメックス 税別20,000円 税別3,000円
MUFGプラチナアメックス 税別20,000円 無料
ラグジュアリーカード ブラック 税別100,000円 税別25,000円

 

このように、ランクイン上位のカードは20,000円前後の年会費で利用することが可能となっており、維持コストの負担も少なくカードを維持することができます。

 

中でも、最安の年会費で利用することができるプラチナカードは「セゾンプラチナビジネスアメックス」です。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは、年間200万円以上の利用で年会費が半額になる特典があり、税別10,000円で維持することができます。

 

ゴールドカード並みの年会費で維持することが可能となっていますので、コストを抑えてプラチナカードを利用したい方には最適なカードとなっているのですね。

 

⇒​セゾンプラチナビジネスアメックスの申込みはこちら

 

還元率がもっともお得なプラチナカード

ここでは、ランクインした5枚のプラチナカードの還元率を比較します。

 

  貯まるポイント 還元率
Orico Card THE PLATINUM オリコポイント 1.0%
JCBプラチナ OkiDokiポイント 0.5%
セゾンプラチナビジネスアメックス 永久不滅ポイント 0.5%
MUFGプラチナアメックス グローバルポイント 0.5%
ラグジュアリーカード ブラック ポイントプログラム 0.5%

 

通常還元率の高さに加え、ポイントアップの特典が豊富に用意されているプラチナカードが「Orico Card THE PLATINUM」です。

 

Orico Card THE PLATINUMでは、iD/QUICPayの利用で1.5%還元・オリコモール経由で2.5%還元と、ポイントを非常に貯めやすい特典が用意されています。

 

自分の誕生日月には1か月間ポイントが2倍になる特典があり、自分への誕生日プレゼントでもお得にポイントを貯めることができるのですね。

 

Orico Card THE PLATINUMの申込みはこちら

 

また、セゾンプラチナビジネスアメックスでは、通常還元率は0.5%となっていますが「ショッピングマイルプレミアム」が無料で利用できる特典があります。

 

永久不滅ポイントの代わりに、最大1.125%還元でJALマイルを貯めることが可能となっていますので、JALマイラーにもお得に利用することができるのですね。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスの申込みはこちら

 

空港ラウンジが1番お得なプラチナカード

プラチナカードの特典の中でも、特に使い勝手のいいサービスとなるのが海外ラウンジの無料特典です。

 

ゴールドカードに付帯するラウンジサービスでは、国内の空港ラウンジは利用できますが、通常では海外のラウンジは利用することができません。

 

海外ラウンジサービスが付帯していることで、とくに空港での待ち時間の長くなる海外の空港も快適に過ごすことができるのですね。

 

ここでは、各カードで利用できるラウンジサービスをご紹介します。

 

Orico Card THE PLATINUM LoungeKey
JCBプラチナ プライオリティパス
セゾンプラチナビジネスアメックス プライオリティパス
MUFGプラチナアメックス プライオリティパス
ラグジュアリーカード ブラック プライオリティパス

 

このように、Orico Card THE PLATINUM以外のプラチナカードでは、使い勝手のいい「プライオリティパス」を利用することができます。

 

プライオリティパスは、空港VIPラウンジを含めた世界1,000か所以上のラウンジを利用することが可能となっており、海外旅行の際に非常に便利なサービスとなっています。

 

とくに、空港ラウンジサービスをお得に利用できるプラチナカードが「MUFGプラチナアメックス」です。

 

MUFGプラチナアメックスでは、本会員だけではなく、無料で発行可能な家族カードでもプライオリティパスを無料で取得することが可能となっています。

 

ランキングの中で、家族カードでもプライオリティパスを取得できるのはMUFGプラチナアメックスのみとなっており、家族でラウンジをフル活用したい方にもおすすめです。

 

MUFGプラチナアメックスの申込みはこちら

 

ステータス性で比較

ステータス性でプラチナカードを選ぶのであれば「ラグジュアリーカード ブラック」を一択でおすすめします。

 

ラグジュアリーカード ブラックの年会費は税別100,000円と、今回ランクインしたプラチナカードの中では高額な年会費が必要なカードです。

 

ラグジュアリーカード ブラックの券面の素材は、特許取得済の金属製となっており一目で特別なカードということがわかります。

 

 

富裕層向けのクレジットカードとして発行されているラグジュアリーカード ブラックでは、ダイニングまでのリムジン送迎などの最強のベネフィットも付帯しています。

 

保有することでのワクワク感も間違いのない特別なカードとなっていますので、ステータス性でプラチナカードを求めたい方にも最適なカードです。

 

ラグジュアリーカード ブラックの申込みはこちら

 

ブラックカードのインビテーションをうけることができるプラチナカード

クレジットカードの中には、プラチナカード以上のステータス性を誇るブラックカードが存在します。

 

ブラックカードは、申込みでの取得は不可となっており、ゴールド/プラチナカードを利用してクレヒスを積むことでインビテーションをうけることが可能です。

 

今回のランキングのプラチナカードでは、

 

 

を利用することで、ブラックカードのインビテーションをうけることが可能となっています。

 

JCBのブラックカード「JCBザ・クラス」では、年に1回のメンバーズセレクションのプレゼントや、ディズニー内のJCBラウンジの利用などの特典が用意されています。

 

また、ラグジュアリーカード ゴールドは、券面に本物の24金が使用されており、クレジットカードというよりも貴金属といってもいい特別なカードとなっているのですね。

 

ステータス性でプラチナカードを選択したい方は、最強のステータス性を誇るブラックカードを目指すことができるカードの利用もおすすめです。

 

プラチナカードは年会費以上の特典が満載!多角度で比較してプラチナカードを選ぼう

プラチナカードおすすめランキング2019では、さまざまな角度からカードを比較してOrico Card THE PLATINUM」がランキング1位に入賞しました。

 

  • 還元率や年会費だけではなくステータス性も重視
  • ラウンジ・コンシェルジュ・ダイニング特典は3点セットで
  • プラチナカードは意外と作りやすい

 

プラチナカードランキングでは、還元率や年会費だけではなく、ステータス性も重要な選択肢のひとつとなっています。

 

充実した特典がカードの判断材料となってきますが、ラウンジやコンシェルジュ・ダイニング特典は基本の特典として付帯したカードを選択しましょう。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスでは税別10,000円での利用も可能と、プラチナカードは意外と作りやすくなっていますので、プラチナホルダーに踏み出してみるのもいいのではないでしょうか!