楽天ポイントをもっともお得に使う方法!楽天スーパーポイントの豊富な使い道

 

楽天スーパーポイントを何に交換するのが1番お得なのか悩んでいませんか?

 

ポイントカードや楽天のサービスの利用、各種キャンペーンで大量に貯まる楽天スーパーポイントを、どうせなら1番お得に活用したいですね。

 

この記事では、

 

  • 楽天ポイントのお得な使い道
  • 楽天ポイント利用時の注意点
  • 楽天ポイントの期間限定ポイント

 

このような点を詳しく解説します。

 

最後まで読めば、楽天スーパーポイントを1番お得に活用できる使い道を知ることができますよ!

楽天ポイントは有効期限実質無期限!楽天スーパーポイントの特徴

 

楽天スーパーポイントは、有効期限実質無期限で貯めやすく・使いやすい優秀なポイントプログラムです。

 

楽天ポイントと呼ばれることもありますが、楽天ポイントと楽天スーパーポイントという2つのポイントがあるわけではなく、サイトやブログによって呼び方が異なるだけです。

 

ポイントの有効期限は、最後にポイントを獲得した月を含めた1年間となっており、年間1回でもポイントの付与があれば実質無期限で貯めることができます。

 

ただし、楽天スーパーポイントには、有効期限の異なる2つのポイントがあります。

 

  • 通常ポイント
  • 期間限定ポイント

 

期間限定ポイントの有効期限は1か月程度と短く、通常ポイントとは違い、ポイントの付与があっても有効期限が延長されることはありません。

 

また、期間限定ポイントは楽天Edyのチャージやマイルへの交換には利用できませんので、楽天のサービスや楽天ポイントカードで消化する必要があります。

 

ですので、楽天スーパーポイントをお得に利用するコツは、期間限定ポイントの有効期限を切らしてしまわないように活用することも重要です。

 

楽天スーパーポイントは、楽天ポイントクラブのポイント口座に貯まります。

 

複数枚の楽天ポイントカードなどで貯めたポイントを1つの口座にまとめることができますので、ポイントを管理しやすい点も嬉しいですね!

 

楽天ポイントは現金同様!多種多様な使い道を徹底解説

 

楽天スーパーポイントは、1ポイント=1円として多種多様な用途に利用できる、現金同様のポイントです。

 

  • 楽天のサービス
  • リアル店舗
  • 楽天Edyのチャージ
  • ANAマイルへの移行
  • 楽天ペイでの支払い
  • ふるさと納税
  • ポイント運用 by 楽天PointClub
  • 楽天カード ポイントで支払い

 

ここでは、楽天スーパーポイントの主な8つの使い道を解説します。

楽天のサービス

楽天スーパーポイントのもっとも手軽な使い道が、楽天のサービスでの利用です。

 

楽天スーパーポイントは、楽天市場や楽天トラベル・楽天ブックスなどの人気のサービスで、1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。

 

楽天のサービスの利用では、利用金額に応じた楽天スーパーポイントも貯めることができますので、貯めやすく・使いやすいサービスですね。

 

楽天市場や楽天トラベル・楽天ブックスといった主要なサービス以外にも、楽天では便利なサービスが豊富に用意されています。

 

少額の楽天スーパーポイントを利用できる、覚えておきたい楽天関連サービスとしては以下の3つが挙げられます。

 

  • 楽天kobo
  • 楽天写真館
  • 楽天ミュージック

 

電子書籍を購入できる「楽天kobo」では、100円程度の電子書籍も多く、楽天ブックスと併せて本好きの方におすすめできるサービスです。

 

また、ネットプリントサービス「楽天写真館」では、高画質の写真プリントを1枚12円から利用することができます。

 

デジタルデータの写真は、意外と見返す機会が少ないものですので、思い出の写真をプリントしてアルバムに貼っておくのも良いのではないでしょうか。

 

「楽天ミュージック」は、月額980円で5,000万曲がストリーミングで聞き放題のサービスですが、月額料金を楽天スーパーポイントで支払うことも可能です。

 

上記の例以外にも、楽天ではさまざまなサービスが提供されていますので、楽天のサービスだけでもポイントの使い勝手に困ってしまうことはありませんね!

リアル店舗

楽天スーパーポイントは、楽天ポイントカードを利用して、リアル店舗で1ポイント=1円として利用することができます。

 

ここでは、楽天ポイントカードを利用することができる店舗の一例をご紹介します。

 

ショッピング デイリーヤマザキ、ポプラ、ピュアークック、大丸、松坂屋、フジ、コーナン、ツルハドラッグ、ウェルネス、ビックカメラ、ソフマップ、ジョーシン
グルメ・飲食 マクドナルド、くら寿司、ミスタードーナツ、リンガーハット、不二家、しゃぶしゃぶ温野菜
ライフスタイル ホワイト急便、スタジオパレット、羽田空港ペットホテル
サービス 出光、伊藤忠エネクス

 

上記は全国で利用できる店舗の一例となっていますが、地域密着型の店舗やサービスを含めるとさらに幅広くポイントを活用することが可能です。

 

さらに、

 

  • すき屋
  • はま寿司
  • ビッグボーイ
  • ココス
  • ジョリーパスタ

 

などの人気店でも楽天スーパーポイントの導入が予定されており、ますます使い勝手の良いポイントに進化します。

 

楽天スーパーポイントをリアル店舗で利用する際には、楽天ポイントカードが必要ですが、楽天ポイントカードは各ポイント加盟店で無料で発行することができます。

 

また、スマホアプリ版の楽天ポイントカードもありますので、プラスチック製のポイントカードなしでもポイントを利用することが可能です。

 

ただし、一部、アプリのポイントカードに対応していない店舗もありますので、プラスチック製のカードは1枚作っておくと便利です。

楽天Edyのチャージ

 

楽天スーパーポイントは、電子マネー「楽天Edy」にチャージして利用することができます。

 

楽天Edyには、10ポイント以上1ポイント単位で、1ポイント=1円としてチャージすることが可能です。

 

楽天Edyは主要コンビニをはじめ、さまざまな店舗やサービスで利用できる電子マネーですので、より幅広くポイントを活用することができますね!

 

ただし、楽天スーパーポイントから楽天Edyへの交換では、最大2日の交換期間が必要ですので、利用の際には前もって手続きをしておくようにしましょう。

 

また、楽天Edy残高1円を楽天スーパーポイント1ポイントに交換できますので、相互交換で柔軟に利用することが可能です。

 

ANAマイルへの移行

 

楽天スーパーポイントは、2ポイント=1マイルとしてANAマイルに移行することができます。

 

最小50ポイントから2ポイント単位でANAマイルに交換することができますので、特典航空券に少し足りないマイルを交換するのも便利です。

 

また、楽天スーパーポイントは実質有効期限無期限ですので、特典航空券の必要マイル数まで貯まってから交換することで、実質無期限でANAマイルを貯めることができます。

 

ただし、楽天スーパーポイントからANAマイルへの移行には、1回・月間の上限が設定されています。

 

1回あたり 1,000ポイント
月間 20,000ポイント

 

上限があると言っても、最大で年間12万マイルまで交換することができますので、特典航空券の交換にも充分なマイル数を交換することができますね!

 

ANAマイルの有効期限は3年間となっていますので、最大で36万マイルを楽天スーパーポイントから移行することが可能です。

 

また、ANAマイル10,000ポイントを楽天スーパーポイント10,000ポイントに交換できますので、楽天スーパーポイントとANAマイルは相互交換が可能です。

 

楽天ペイでの支払い

 

楽天ペイでの支払いの際に、楽天スーパーポイントを1ポイント=1円として利用することができます。

 

楽天ペイは、楽天のスマホ決済サービスとなっており「QRペイ」「セルフペイ」で、スマホの機種を問わず利用することが可能です。

 

  • 全額ポイント払い
  • 一部ポイント払い

 

このように、自分の好きなポイント数を利用することが可能です。

 

楽天ペイは、

 

  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • 松屋
  • ピザーラ
  • 白木屋

 

など、身近な店舗で利用することができますので、より幅広い店舗で楽天スーパーポイントでのお買い物が可能となります。

 

ファミリーマートやローソンといった、主要コンビニが対象となっているのは利便性が高いですね!

 

ふるさと納税

 

楽天スーパーポイントは、楽天ふるさと納税での寄付に1ポイント=1円として利用することができます。

 

楽天ふるさと納税では、楽天市場でのお買い物感覚で、お得な返礼品のある自治体に寄付をすることが可能です。

 

ふるさと納税をすることで、

 

  • 寄付金額に応じた税控除
  • お得な返礼品

 

の、ダブルでお得になるだけではなく、寄付金額に応じた楽天スーパーポイントも貯めることができます。

 

ふるさと納税はサラリーマンの節税にも効果的ですので、貯まったポイントでふるさと納税するのもお得な使い道ですね!

 

ポイント運用 by 楽天PointClub

 

ポイント運用 by 楽天PointClubでは、楽天スーパーポイントを100ポイント単位で資産運用することができます。

 

1ポイント=1円として、実際の投資信託の基準価額に連動したポイントの運用が可能です。

 

  • アクティブコース
  • バランスコース

 

の、いずれかのコースを選択するだけで運用が可能ですので、投資初心者の方でも気軽に資産運用デビューすることができます。

 

資産運用に興味はあるけど値下がりのリスクが怖いという方も、ポイントでの運用ならリスクを最小限に抑えて運用を体験することができますね。

 

また、ポイント運用 by 楽天PointClubは、口座開設不要ではじめることができますので、面倒な証券口座の口座開設手続きも不要です。

 

 

楽天カード ポイントで支払い

 

楽天カードをお使いの方におすすめの使い道が「ポイントで支払いサービス」です。

 

ポイントで支払いサービスでは、楽天カードの利用代金に、楽天スーパーポイントを1ポイント=1円として充当させることができます。

 

カードの利用代金だけではなく、

 

  • 分割・ボーナス払い手数料
  • リボ払い手数料
  • カード年会費
  • その他楽天カード所定の費用・手数料等

 

このように、各種手数料の支払いにもポイントを充当させることが可能となっており、楽天カードの利用代金のほぼすべてをポイントで支払うことができます。

 

通常、ポイントでのキャッシュバックでは、リボ手数料などは対象外のカードが多くなっていますので、各種手数料もポイントで支払えるのは嬉しいですね!

 

全額ポイント払いでもポイントが付与される?

楽天スーパーポイントは、全額ポイント払いでの支払いでもポイントが付与される優秀なポイントプログラムです。

 

  • 楽天のサービス
  • 楽天ポイントカード
  • 楽天ペイ
  • 楽天ふるさと納税

 

上記の、通常支払いでポイントが付与される支払いについては、全額ポイント払いをした利用分に対しても所定の還元率でポイントが付与されます。

 

通常、ポイントで支払いをした金額分を差し引いての付与となるポイントが多くなっていますが、楽天スーパーポイントは安心してポイントを利用することができますね。

 

ただし、クーポンなどを利用したお買い物では、クーポンでの値引き後の金額に対してのポイント付与となりますので注意が必要です。

楽天ポイント利用時の注意点

楽天スーパーポイントを利用する際には、3つの注意点があります。

 

  • ポイント利用には上限がある
  • ポイントカード紛失時には補償はなし
  • 期間限定ポイントの失効に注意

 

ここでは、楽天スーパーポイントを利用する前に、知っておくべき注意点を解説します。

ポイントの利用上限

楽天スーパーポイントを利用する際には、1回・月間での利用上限に注意が必要です。

 

  1回あたり 月間
楽天のサービス 30,000ポイント 100,000ポイント
楽天ポイントカード
楽天ペイ
Edyチャージ 25,000ポイント 100,000ポイント
ANAマイルへの交換 1,000ポイント 20,000ポイント

 

また、楽天ポイントカードでのリアル店舗の支払いの場合、店舗によっては1回あたり5,000ポイントまでなど上限が異なる場合があります。

 

楽天のサービスや楽天ポイントカード・楽天ペイでの利用上限は、楽天ポイントクラブの最上位ランク「ダイヤモンド会員」になると上限ポイントがアップします。

 

ダイヤモンド会員の場合、1回・月間でそれぞれ50万ポイントまで利用することができますので、高額商品も全額ポイント払いで購入することが可能です。

 

楽天スーパーポイントをより使いこなすために、ダイヤモンド会員を目指すのも良いかも知れませんね!

 

ポイントカード紛失に注意

楽天ポイントカードは、紛失時に第三者に利用されてしまった場合、不正利用されてしまったポイントは補償されませんので注意が必要です。

 

楽天カードには盗難・紛失補償が付帯しているものの、楽天ポイントカードは補償の対象外となっています。

 

ですので、楽天ポイントカードを紛失してしまった場合、速やかに楽天ポイントカードの利用停止の手続きをしておくようにしましょう。

 

ただし、不正アクセスによる利用など、第三者による不正利用が明らかな場合には、不正利用されたポイントが補償された例もあります。

期間限定ポイントの失効リスク

楽天スーパーポイントを利用するうえでは、期間限定ポイントを失効させずに上手に消化させるのがコツです。

 

期間限定ポイントは、通常のポイントよりも短い1か月程度の有効期限となっており、楽天EdyのチャージやANAマイルへの交換は不可となっています。

 

有効期限の迫った期間限定ポイントの使い道としておすすめできるのが、以下の3つの利用先です。

 

  • リアル店舗・楽天のサービスでの利用
  • 楽天市場で商品券の購入
  • 楽天ペイでローソンで消化

 

楽天スーパーポイントでは、期間限定ポイントも通常ポイントとほぼ同様に使い勝手の良いポイントとなっています。

 

ですので、有効期限さえ忘れなければ、期間限定ポイントを失効させてしまうリスクは少ないですね!

 

楽天ポイントがガンガン貯まる!楽天カードを利用しよう

4.9

年会費(税抜)無料
家族カード(税抜)無料
ETCカード年会費500円+税
国際ブランドアメリカン・エキスプレス、VISA、Mastercard、JCB
還元率1.0〜3.0%
申込資格高校生を除く満18歳以上の方
旅行
傷害保険
海外最高2000万円
国内
  • 楽天市場でいつでもポイント3倍
  • ENEOS系列のガソリンスタンドでポイント1.5倍
  • 常時開催のキャンペーンで大量ポイントゲット

 

楽天スーパーポイントがもっともお得に貯まるクレジットカードが「楽天カード」です。

 

楽天カードでは、楽天市場でいつでもポイントが3倍貯まり、還元率3.0%で楽天スーパーポイントを貯められます。

 

さらに、ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラルでは、ポイントが1.5倍になる特典があり、ランニングコストとして必要なガソリン代でもお得にポイントアップします。

 

楽天カードは、楽天ポイントカード一体型のクレジットカードとなっていますので、ポイントを利用する際にもカード1枚で手軽に利用することが可能です。

 

楽天カードでは、常時開催の入会キャンペーンで大量の楽天スーパーポイントをゲットすることができますので、お得なキャンペーンでカードを作っちゃいましょう!

 

 

楽天ポイントをお得に活用しよう!貯めやすい使いやすい超優秀ポイント

楽天スーパーポイントは、非常に幅広い用途に利用できる、貯めやすい・使いやすい優秀なポイントです。

 

  • 楽天のサービス・リアル店舗で現金同様
  • 楽天カード利用者はキャッシュバックも
  • 楽天カードでガンガンポイントを貯めよう

 

楽天スーパーポイントは、楽天のサービスや楽天ポイントカードで、1ポイント=1円として現金同様に利用することができます。

 

また、楽天カードを利用している方は、ポイントでカード利用代金を支払うことができますので、実質キャッシュバックのポイントとして活用することも可能です。

 

楽天スーパーポイントを効率的に貯めたい方には、楽天カードは非常に有効なアイテムとなります。

 

楽天カードの入会では、常時開催のキャンペーンで大量の楽天スーパーポイントを貯めることができますので、お得にカードを手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

楽天カードの申込みはこちら