東京メトロを利用して通勤・通学をしている方には「Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMO」が必携のクレジットカードです。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOはPASMO一体型での発行が可能となっており、PASMOのチャージ・オートチャージでもお得にポイントを貯めることができます。

 

PASMO定期券の購入では、クレジットカードのポイントとメトロポイントを2重取りすることができますので、PASMO定期券を使っている方にも最強のカードと言えますね。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは東京メトロに乗るだけで毎日乗車ポイントを貯めることができますので、日常的に東京メトロを利用している方にも最適です!

 

今回は、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの特徴・メリット・デメリットを解説します。

 

目次

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの5つのメリット

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、PASMO利用者・東京メトロ利用者に大きなメリットとなる、5つのメリットがあります。

 

  • PASMOのオートチャージが可能、PASMO定期券では還元率1.0%
  • メトロポイントPlusで東京メトロに乗るだけでポイントが貯まる
  • 年間の利用金額に応じてボーナスポイントがプレゼント
  • To Me CARD割引でお得な優待

 

ここでは、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOが支持される理由にもなっている、5つのメリットを解説します!

PASMO定期券ではポイント2重取りで還元率1.0%が可能!

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、PASMOのチャージ・オートチャージでポイントを貯めることが可能となっており、PASMO定期券の利用ではポイント2重取りで還元率は1.0%です!

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、発行した国際ブランドによって貯まるポイントが変わります。

 

  • JCB:OkiDokiポイント
  • VISA/Mastercard:わいわいポイント

 

OkiDokiポイント・わいわいポイントともに、ポイントの付与条件は1,000円に1ポイント(5円相当)となっており、還元率0.5%でお買い物をすることができます。

 

カードの利用だけではなく、PASMOのチャージ・オートチャージでも各国際ブランドのポイントを還元率0.5%で貯めることが可能です。

 

PASMO定期券の購入では、さらに1,000につき5ポイント(5円相当)のメトロポイントが加算され、合計1.0%の還元率でポイントを2重取りすることが可能です!

 

少し複雑ですので、まとめると、

 

  JCB VISA/Mastercard
ショッピングでの
カードの利用
OkiDokiポイント
(還元率0.5%)
わいわいポイント
(還元率0.5%)
PASMOチャージ・
オートチャージ
OkiDokiポイント
(還元率0.5%)
わいわいポイント
(還元率0.5%)
PASMO定期券の購入 OkiDokiポイント
(還元率0.5%)
+メトロポイント
(還元率0.5%)
わいわいポイント
(還元率0.5%)
+メトロポイント
(還元率0.5%)

 

このように、PASMO定期券の購入のみ、ダブルポイントで合計1.0%の還元率でポイントを貯めることができます。

 

ポイント2重取りでお得にポイント還元をうけることができますので、PASMO定期券をお使いの方にはマストなクレジットカードと言っていいでしょう。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOはApple Payに登録して利用することも可能となっていますので、Apple PayのSuicaにもチャージして利用することが可能です!

 

ただし、Apple Payの利用では還元率が0.5%のクレジットポイントのみの付与となりますので、PASMOを利用した方がお得ですね。

 

クレジットポイントは月間の累計金額からの付与となりますので、毎月ポイントにならずに切り捨てられてしまう端数も最大999円とムダがありません。

 

 

各ポイントの有効期限は?

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOで貯められる3つのポイントは、各ポイントで有効期限が異なります。

 

  • OkiDokiポイント:2年間
  • わいわいプレゼント:2年間
  • メトロポイント:毎年4月1日〜翌年3月末までの付与ポイントは翌々年の3月末日まで有効、最長2年間

 

メトロポイントのみ有効期限が若干短く、獲得月によってポイントの有効期限の長さが変わりますので注意が必要です。

 

  • 2018年4月獲得のポイント:2020年3月末まで有効(約2年間)
  • 2019年3月獲得のポイント:2020年3月末まで有効(約1年間)

 

このように、獲得月によって1年〜2年間と有効期限の長さが変動します。

 

ポイントの有効期限をきちんと把握して、失効させてしまわないように注意して利用するようにしましょう!

メトロポイントPlusで乗車ポイントが貯まる

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは「メトロポイントPlus」にPASMOを登録のうえ、登録したPASMOで東京メトロの改札を通過するだけで乗車ポイントを貯められます。

 

平日 1乗車につき10ポイント
土休日 1乗車につき20ポイント

 

このように、平日20日の出勤で東京メトロを利用した場合、PASMOのチャージポイントとは別に月間200ポイントのメトロポイントを貯めることが可能となっています。

 

乗車ポイントを貯めるためには、事前のメトロポイントPlusへの登録が必要となっており、

 

  • To Me CARD会員専用サイト
  • 東京メトロ多機能券売機

 

いずれかで年会費無料で登録することが可能となっています。

 

通勤・通学でメトロに乗るだけでポイントを貯めることが可能となりますので、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの発行後には必ずメトロポイントPlusを登録しておきましょう!

 

メトロポイントPlusは年会費・登録費などのコストは一切かかりませんので、ご安心くださいね!

年間の利用金額に応じてボーナスポイントがプレゼント

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、年間の利用金額に応じてボーナスポイントがプレゼントされる特典があります。

 

年間30万円の利用 100メトロポイント
年間50万円の利用 300メトロポイント
年間100万円の利用 1,000メトロポイント

 

最大、年間100万円の利用で1,000メトロポイント(1,000円相当)がプレゼントされますので、最大0.1%還元相当のボーナスポイントを獲得することが可能です。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOのショッピングでの還元率は0.5%となっていますので、合計で0.6%の還元率で利用することもできますね。

 

月間10万円弱の利用で年間100万円の利用を達成することができますので、メインカードとしてしっかり利用してボーナスポイントを獲得しちゃいましょう!

 

利用金額に応じて還元率アップの特典も

各国際ブランドのポイントでは、年間の利用金額に応じたポイントアップステージが用意されており、次年度の基本の還元率がアップする特典があります。

 

  JCB スターメンバーズ VISA/Mastercard わいわいup
年間50万円以上
100万円未満
次年度0.55% 次年度0.55%
年間100万円以上 次年度0.6% 次年度0.6%

 

このように、JCBとVISA/Mastercardブランドでそれぞれ、年間100万円以上の利用で次年度の還元率が0.6%にアップします。

 

100万円の利用では1,000ポイント(還元率0.1%相当)のメトロポイントがボーナスポイントとして付与されますので、合計で0.7%の還元率で利用することも可能です!

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの基本の還元率は0.5%とやや低めですが、さまざまなボーナスポイントでお得にポイントを貯められるのは嬉しい特典ですね。

To Me CARDの割引特典で幅広い優待特典

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、さまざまな東京メトロの提携店で、割引や優待などのサービスをうけることができます。

 

一例を挙げると、

 

  • 新宿メトロ食堂街:肉の万世でのアイスクリームサービス、新宿つな八での生ビール・ウーロン茶のサービス
  • 渋谷メトロプラザ:FREEMAN CAFÉでのお食事代5%オフ、プロントでの飲食代10%オフ
  • ルミネザよしもと:当日券を前売り券価格で購入可能

 

など、首都圏を中心としたさまざまな店舗やサービスでの優待をうけることが可能です。

 

また、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOのPASMOをメトロポイントPlusに登録すると、駅売店などのメトロポイントPlus加盟店でのPASMO利用でメトロポイントを貯めることができます。

 

東京メトロの乗車だけではなく、普段のお買い物や食事でお得に利用できるのは大きなメリットですね!

こんな方におすすめ

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの5つのメリットを背景に、カードをおすすめすることができるのは次のようなタイプの方です。

 

  • PASMO・PASMO定期券を利用している方
  • 東京メトロの電車に毎日乗る方
  • ポイントを幅広く利用したい方

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、PASMOのチャージ・オートチャージが可能となっており、PASMO定期券の購入ではダブルポイントで還元率1.0%のポイントを貯めることができます。

 

さらに、メトロポイントPlusに登録することで乗車ポイントを貯めることができますので、東京メトロに毎日乗る方はそれだけでもお得にポイントを貯めることが可能です!

 

国際ブランドによって異なるポイントに加え、メトロポイントも貯めることができますので、ポイントを幅広く活用したい方にもおすすめのカードとなっています。

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOのデメリット

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの唯一のデメリットとなっているのは、通常還元率が0.5%とやや低めになっている点でしょう。

 

年間の利用金額によるボーナスポイントやポイントアップの特典で最大で0.7%還元で利用できますが、年会費無料のカードでも還元率1.0%を超えるカードが多いのも事実です。

 

ただし、PASMO定期券の購入で還元率1.0%で利用できるカードは希少ですので、PASMO利用者には大きなメリットのあるカードであることは間違いありません。

 

こんな人には向かないかも…?

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの通常還元率は0.5%と低めですので、高還元のクレジットカードを探している方には向かないカードと言えます。

 

通常のお買い物では高還元のクレジットカード、PASMO定期券の購入にはTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOと、賢く使い分けて利用するのもいいのではないでしょうか。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの特徴

 

東京メトロのTo Me CARDとPASMOの機能が一体になったクレジットカードが、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOです。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、

 

  • PASMO一体型
  • クレジットカード単体

 

での発行が可能となっており、これからPASMOを作りたい方・すでにPASMOをお使いの方、どちらにもお得に利用できるカードとなっています。

 

PASMOのチャージ・オートチャージが可能となっているほか、PASMO定期券の購入では還元率1.0%でダブルポイントを獲得できる、PASMO利用者マストクレカと言えるでしょう。

 

東京メトロの乗車で毎日乗車ポイントを獲得することができますので、PASMOチャージでのポイントとダブルでお得に利用することが可能です。

 

通勤・通学で東京メトロをお使いの方は、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでお得に2つのポイントを貯めてみてはいかがでしょうか。

国際ブランドによって発行会社が変わる

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、発行する国際ブランドによってカードの発行会社が変わります。

 

国際ブランド 発行会社
JCB JCBカード
VISA/Mastercard 三菱UFJニコス

 

発行会社の違いによって、

 

  • 家族カードの年会費
  • ポイントプログラム
  • 旅行保険

 

このように、細かな部分での機能の違いがあります。

 

三菱UFJニコス発行のVISA/Mastercardブランドにのみ最高2,000万円の海外旅行保険が付帯しますので、旅行保険を利用したい方はVISA/Mastercardでの発行がおすすめです。

 

年間50万円以上の利用で実質無料で利用可能

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの年会費は、初年度無料・2年目以降税別2,000円となっていますが、年間50万円以上の利用で2年目以降の年会費も無料で利用することが可能です。

 

家族カードの年会費は国際ブランドによって異なり、

 

国際ブランド 初年度 2年目以降
JCB 無料 税別400円
VISA/Mastercard 無料 税別1,000円

 

と、家族カードの年会費はJCBの方が安くなっています。

 

ただし、年間50万円以上カードを利用した場合、家族カードの年会費も含めて無料になりますので、家族カードの年会費の違いは大きな差にはなりません。

 

年間の利用金額が50万円に満たない場合には、JCBで発行した方が家族カードを含めたコストを安く抑えることができますね。

 

ETCカードは年会費無料で発行することができますが、三菱UFJニコス発行のVISA/Mastercardブランドでは新規発行手数料として税別1,000円が必要です。

審査は国際ブランドによって違いは無し

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの申込資格は高校生を除く18歳以上の方となっており、国際ブランドの違いによる審査基準の違いはありません。

 

学生や専業主婦の方でも申込みが可能な、申込窓口の広いカードとなっていますので、審査の基準そのものもそれほど厳しい基準ではないでしょう。

 

ただし、JCBカード・三菱UFJニコスともに銀行系のクレジットカードとなっており、過去に他社クレジットカードの延滞などの履歴のある方は審査が不利になってしまいます。

 

発行スピードも速く、最短で1週間程度でカードを受け取ることが可能です。

ポイントの交換先・お得な使い道

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、国際ブランドによって異なる2つのポイントに加え、メトロポイントを貯めることが可能です。

 

ここでは、各ポイントの交換先やお得な使い道を解説します!

OkiDokiポイントのお得な交換先、ディズニーファンはJCBがおすすめ

 

OkiDokiポイントは1ポイント=5円として幅広い用途に交換することが可能となっています。

 

  必要ポイント 交換先
キャッシュバック還元 1ポイント 3円分
JCBギフトカード 1,050ポイント 5,000円分
iTunes Card 500ポイント 1,500円分
nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント
楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント
Tポイント 500ポイント 2,000ポイント
WAONポイント 200ポイント 800ポイント
dポイント 200ポイント 800ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 800ポイント
東京ディズニーリゾートパークチケット 1,500ポイント 7,400円相当
JALマイル 500ポイント 1,500マイル
ANAマイル 500ポイント 1,500マイル

 

使い勝手の良いJCBギフトカードやnanacoポイントに加え、東京ディズニーリゾートのパークチケットにポイントを交換できるのも大きなメリットです。

 

東京ディズニーリゾートのパークチケットに交換した場合、1ポイント=4.93円で交換することができますので交換レートも上々です。

 

カードの利用やPASMOのチャージで貯まったポイントで、東京ディズニーランドにタダで遊びに出かけるというのも素敵ですね!

わいわいポイントのお得な交換先

 

わいわいポイントも、1ポイント=5円として多様な交換先にポイントを交換することができます。

 

  必要ポイント 交換先
キャッシュバック 500ポイント 2,000円分
三菱UFJニコスギフトカード 5,050ポイント 25,000円分
nanacoポイント 200ポイント 600ポイント
楽天スーパーポイント 200ポイント 800ポイント
Pontaポイント 200ポイント 800ポイント
Tポイント 200ポイント 800ポイント
WAONポイント 200ポイント 600ポイント
dポイント 200ポイント 800ポイント
ビックポイント 500ポイント 2,500ポイント
ヨドバシポイント 500ポイント 2,500ポイント
JALマイル 500ポイント 1,000マイル

 

交換レートの高いお得な使い道としては、三菱UFJニコスギフトカード、またはビックポイント・ヨドバシポイントと言った家電量販店のポイントです。

 

ポイントの使い勝手の良さで比較すると、JCBのOkiDokiポイントの方が多様な交換先に使いやすいポイントと言えるでしょう。

メトロポイントは現金同様!多様な交換先も

 

メトロポイントは1ポイント=1円として現金同様に利用することができる使い勝手の良いポイントです。

 

10ポイントからPASMOに1ポイント=1円としてチャージ可能となっていますので、PASMOユーザーにとっては最強のポイントと言っていいでしょう。

 

そのほかにも、

 

  必要ポイント 交換先
ANAマイル 1,000ポイント 600マイル
楽天スーパーポイント 500ポイント 500ポイント
nanacoポイント 500ポイント 500ポイント

 

このように、マイルをはじめ人気の共通ポイントにお得なレートで交換することが可能となっています。

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの利用で貯まるOkiDokiポイント、わいわいポイントは、1ポイント=5円としてメトロポイントに交換することが可能です。

 

クレジットポイントの使い道としても、使い勝手の良いメトロポイントへの交換がもっともおすすめの交換先と言っていいでしょう。

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの旅行保険

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、国際ブランドをVISA/Mastercardに選択した場合にのみ、海外旅行保険が付帯します。

VISA/Mastercardのみ最高2,000万円の海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高20万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任 最高2,000万円

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの国際ブランドをVISA/Mastercardで発行した場合のみ、利用付帯で最高2,000万円の海外旅行保険が付帯します。

 

海外での急病やケガの際に利用することができる傷害・疾病治療の補償金額は最高100万円までとなっており、医療費の高額な海外での利用でも安心の補償を受けることができます。

 

ただし、補償の付帯条件は利用付帯となっていますので、旅行代金、または航空券などをTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOで支払った場合にのみ補償をうけることが可能です。

 

国際ブランドをJCBで発行した場合には、海外旅行保険の補償をうけることができませんので、自動付帯で補償が付帯するクレジットカードを併用するようにしましょう。

 

条件付きでショッピング保険が付帯

国際ブランドをVISA/Mastercardで発行した場合には、条件付きでショッピング保険が付帯します。

 

  • 日本国内で分割払い・リボ払いで指定した場合のみ適用
  • JCBは海外でのみ適用

 

のいずれかで購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことが可能です。

 

年間の補償金額は100万円までとなっていますので、カードで購入した商品をしっかり守ってもらうことができますね!

 

また、JCB選択の場合にはショッピング保険の付帯もありません。

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの付帯サービス

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、お買い物や旅行の際に便利な付帯サービスが充実しています。

 

  • 渋谷ちかみちラウンジ
  • 海外アシスタンスサービス
  • エクスプレス予約(JCBのみ)

 

ここでは、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

渋谷ちかみちラウンジでお買い物中の休憩にも便利

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、渋谷駅の構内に設置された「渋谷ちかみちラウンジ」を無料で利用することが可能です。

 

渋谷ちかみちラウンジでは、

 

  • トイレ・多目的トイレ
  • 授乳室
  • 女性パウダールーム
  • 男性ドレッシングルーム
  • ベビールーム
  • 常駐するコンシェルジュサービス

 

など休憩の際に便利な、豊富なサービスをうけることが可能となっています。

 

渋谷ちかみちラウンジは渋谷駅の構内に設置されていますので、お買い物前の化粧直しや、友達との待ち合わせにも便利に活用することができますね!

海外アシスタンスサービスで海外旅行中のサポートも万全

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、海外の主要都市に設置された海外アシスタンスデスクで旅行中の充実したサポートをうけることができます。

 

利用できる海外デスクは国際ブランドによって異なり、

 

  • JCB:JCBプラザ・JCBプラザラウンジ
  • VISA/Mastercard:ハローデスク

 

といった海外デスクが対象となります。

 

海外アシスタンスデスクでは、海外の交通機関や加盟店の案内をはじめ、一部手数料が必要ですが、レストランやオプショナルツアーの予約も可能です。

 

また、JCBブランドのカードでは、ハワイのワイキキトロリー利用の際に提示することで、通常2$の運賃が無料になる特典があります。

 

ハワイ旅行に出かける予定のある方の場合は、JCBブランドでカードを発行した方がお得ですね!

 

JCB選択時にはエクスプレス予約で新幹線も便利

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは国際ブランドをJCBに選択した場合、東海道・山陽新幹線のチケットレス予約サービス「エクスプレス予約」を利用することができます。

 

エクスプレス予約は会員制の新幹線のネット予約サービスとなっており、乗車の際には専用のEXカードでスマートに利用可能なチケットレスサービスです。

 

いつでもお得な会員料金で新幹線のチケットを購入できるほか、早めの予約で割引となる「早得」で予約することも可能となっており、新幹線をお得に利用したい方には最適なサービスです。

 

エクスプレス予約の利用には税別1,000円の年会費が必要ですが、新幹線を利用する方ならすぐに元を取ることができますよ!

 

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)との差・特典の違い

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOと同じく、To Me CARDとPASMOが一体となったクレジットカードが「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。

 

 

ANA To Me CARD PASMO JCBはANAカードの機能も付加されており、ANAマイルをお得に貯めたい方におすすめのクレジットカードです。

 

カードの利用・PASMOのチャージで貯めたポイントを最大1.0%還元でANAマイルに交換することができますので、ANA陸マイラーの方には必携のカードとなっています。

 

ただし、東京メトロの乗車ポイントはTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOよりも少なく、

 

  Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMO ANA To Me CARD PASMO JCB
平日 10ポイント 5ポイント
土休日 20ポイント 15ポイント

 

平日の乗車ポイントはTokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの方が、2倍のポイント数となっています。

 

東京メトロに毎日乗る方の場合は、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの方がポイント獲得の効率は良くなっていますね!

 

ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)の申込みはこちら

東京メトロ利用者必携のカード!PASMOはオートチャージでスマートに使おう

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOは、PASMOのチャージ・オートチャージ、さらに乗車ポイントでガンガンポイントを貯められる東京メトロ利用者必携のクレジットカードです。

 

  • PASMO定期券の購入ではダブルポイントで還元率1.0%
  • 東京メトロの乗車ポイントで平日20日出勤するだけで200ポイント
  • クレジットポイントをメトロポイントに交換して利用することができる

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOでは、PASMO定期券の購入ではクレジットポイントとメトロポイントのダブルポイントで、還元率1.0%のポイントを貯めることができます。

 

さらに、東京メトロの乗車だけでもポイントを貯めることができますので、平日20日間東京メトロで通勤するだけで200ポイントを貯めることも可能です。

 

東京メトロを利用している方の場合は、Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOを利用することで効率的にポイントを貯めることができますよ!

 

Tokyo Metro To Me CARD Prime PASMOの申込みはこちら

 

基本情報

申し込み資格日本国内にお住まいの高校生を除く18歳以上の電話連絡可能な方
発行期間最短3営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度初年度無料
2年目以降2,000円+税 年間50万円以上の利用で次年度無料
年会費(家族)初年度初年度無料
2年目以降1,000円+税(JCBは400円+税) 年間50万円以上の利用で次年度無料
解約金-
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外-
国内-
ショッピング保険年間100万円(免責1事故3千円、但し、日本国内で分割払い・リボ払いで指定した場合のみ適用)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考新規発行手数料1000円+税
空港サービス空港ラウンジ-
プライオリティパス-
発行会社三菱UFJニコス株式会社、株式会社ジェーシービー