「ANAアメックス」は、ANAカードとアメックスのメリットが融合した、ANAマイラー最強カードとしての呼び声の高いカードです。

 

ANAマイルを普段のお買い物で1.0%の高還元で貯められるだけではなく、有効期限は実質無期限となっており、有効期限を気にせずにマイルを貯めることができます。

 

また、アメックスならではの空港ラウンジサービスをはじめとした空港特典をうけることができますので、上質なANAカードが欲しい方にも最適のカードです。

 

ANAマイルをお得に貯めるだけではなく、実際に空港を利用する際にも優越感を得ることができるカードがANAアメックスなのですね。

 

ANAマイラー最強カード・ANAアメックスの特徴や、還元率・付帯サービスまでを完全網羅してご紹介します。

 

ANAアメックスはこんな方におすすめ

ANAとアメックスが提携して発行する、ワンランク上のANAカードがANAアメックスです。

 

  • ANAマイルを無期限でお得に貯めたい方
  • 空港ラウンジが付帯した上質なANAカードが欲しい方
  • アメックスの付帯サービスを利用したい方

 

このような条件に当てはまる方には、ANAアメックスをおすすめすることができます。

 

ANAアメックスの大きなメリットとなっているのが、実質無期限でANAマイルをお得に貯めることができる点です。

 

1.0%の高還元率で有効期限を気にせずにANAマイルを貯めることができますので、ビジネス/ファーストクラスの特典航空券を目指す方にも最適です。

 

ANAアメックスでは、空港ラウンジをはじめとしたアメックスの優秀な空港サービスが充実しているのも大きなメリットとなっています。

 

マイル獲得でのメリットだけではなく、実際のフライトの際にも快適な旅をサポートしてくれる、非常に優秀なクレジットカードとなっているのですね。

ANAアメックスのキャンペーン詳細

ANAアメックスでは、2018年10月2日お申込み分までの期間限定で最大30,000マイル相当を獲得することができるキャンペーンを開催しています。

 

キャンペーン期間中の入会でボーナスマイル1,000マイルを獲得することが可能となっており、入会後3か月以内のカード利用条件でアメックスのポイントを獲得することが可能です。

 

  • 入会1か月以内の3回以上のカード利用で1,000ポイント
  • 入会3か月以内の15万円以上のカード利用で3,000ポイント
  • 入会3か月以内の50万円以上のカード利用で20,000ポイント

 

上記の利用条件を満たすことで24,000ポイント、さらに50万円のカード利用では通常ポイントとして5,000ポイントを獲得することができます。

 

アメックスのポイントは1ポイント=1マイルとしてANAマイルに交換することができますので、入会特典の1,000マイルも加えて最大30,000マイル相当を獲得することができるのですね。

 

30,000マイルというと、国際便の特典航空券にも一撃で交換できる圧巻のマイル数を獲得することができるということになります。

 

他では獲得することができない、常識破りの入会キャンペーンでANAアメックスを手に入れてみるのはいかがでしょうか。

 

ANAアメックスの特徴

ANAアメックスはANAカードとアメックスの双方のカードのメリットが融合した、最強のANAカードという呼び声の高いANAカードです。

 

ポイントはANAマイルの移行コースに登録することで、移行するマイル数に制限がなくなるので、貯めたポイントを無制限でマイルに移行することができます。

 

移行コースに登録するとさらに、有効期限が無期限になる特典がありますので、実質無期限・1.0%還元でANAマイルを貯めることが可能です。

 

img_point_program03

 

ANAカード特約店ではクレジットポイントに加えて1.0%還元でマイルが貯まる特典があり、合計2.0%還元でマイルを貯めることができるのですね。

 

ANAグループ便でのフライトでは、区間基本マイルに加えて10%のフライトボーナスマイルが加算される特典がありますので、お買い物・フライトで効率的にマイルを貯めることができます。

 

空港ラウンジサービスをはじめとした、アメックスならではの空港サービスの特典やホテルやダイニングでの優待を利用できますので、ワンランク上のANAカードとして利用できます。

ANAアメックス年会費

本会員 税別7,000円
家族会員 税別2500円
ETC 無料(新規発行手数料として税別850円)

 

通常のANAカードの年会費は税別2,000円となっていますので5,000円ほどコストは高くなっていますが、空港ラウンジサービスなどの年会費以上の特典があります。

 

ETCの発行には新規発行手数料として税別850円が必要となっていますが、ETC年会費は無料で利用することができます。高速道路の利用でもお得にANAマイルが貯まるのは嬉しいですよね。

 

国際ブランドがアメックスということで、使い勝手に心配な方もいるかも知れませんが心配は不要です。

 

国内ではアメックスはJCB加盟店での利用が可能となっていますので、国内での使い勝手に悩んでしまうようなことはないでしょう。

 

プロパーアメックスの半額程度の年会費で保有することができる、コストパフォーマンスにも優れたANAカードとなっているのですね。

ANAアメックスの還元率

ANAアメックスの利用では、毎回の利用ごとに100円に1ポイント・1.0%還元でアメックスの「メンバーシップ・リワード」を貯めることができます。

 

メンバーシップ・リワードは、年会費税別6,000円の「ポイント移行コース」に登録することで、1ポイント=1マイルの等価でANAマイルに交換することができます。

 

ポイント移行コースに登録すると、通常3年間のポイントの有効期限が無期限に延長される特典もありますので、無期限で1.0%の高還元でANAマイルを貯めることができるのですね。

 

クレジットカードの年間利用額が思いの少なかった方や、特典航空券に交換できそうにない方は、ポイント移行コースへの登録は、ポイントの有効期限が切れる直前に登録したほうがお得!

 

ANAアメックスでは、電子マネーのチャージでのポイント付与をうけることはできませんが、Apple Payに登録して利用することが可能となっています。

 

Apple Payの利用でも1.0%還元でANAマイルを貯めることができますので、電子マネーとの使い分けでもお得にマイルを貯めることができるのですね!

ANAマイルの国内・海外特典航空券の必要マイル数

ANAマイルを貯めるうえでの最終的な目的にもなってくるのが、お得な特典航空券への交換でしょう。

 

ANAマイルを特典航空券に交換する際に必要なマイル数は、特典航空券を利用する時期によって大きく変わってきます。

 

お盆や正月・GWなどの繁忙期にあたる「ハイシーズン」がもっとも必要マイル数が多く、

 

  • ハイシーズン(H):繁忙期
  • レギュラーシーズン(R):通常期
  • ローシーズン(L):閑散期

 

の順に必要なマイル数が少なくなっていきます。

 

よりお得なマイル数での特典航空券の交換を利用するのであれば、ローシーズンを狙って特典航空券を利用するのがコツとなっているのですね!

国内・海外特典航空券の必要マイル数

国内特典航空券は、5,000マイルの少額マイルから交換することができます。

 

国内特典航空券の必要マイル数
  L R H
東京 – 大阪・名古屋・仙台
大阪 – 福岡・松山
名古屋 – 新潟・松山
5,000
マイル
6,000
マイル
7,500
マイル
東京 – 札幌・広島・福島
大阪 – 札幌・福島・沖縄
名古屋 – 札幌・福岡
6,000
マイル
7,500
マイル
9,000
マイル
東京 – 沖縄
大阪 – 石垣・宮古
名古屋 – 沖縄・宮古
7,000
マイル
9,000
マイル
10,500
マイル
東京 – 石垣・宮古 8,500
マイル
10,000
マイル
11,500
マイル

 

ANAマイルでは、上記の他にもさまざまな区間での特典航空券を交換することが可能となっています。

 

国内航空会社ならではの、国内特典航空券の路線の多さもANAマイルの大きなメリットとなっているのですね。

 

海外特典航空券では、シーズンごとの違いに加え、シートのクラスによって必要マイル数が変わってきます。

 

海外特典航空券の必要マイル数
    L R H
ソウル エコノミー 12,000
マイル
15,000
マイル
18,000
マイル
ビジネス 25,000
マイル
30,000
マイル
33,000
マイル
ファースト
香港 エコノミー 17,000
マイル
20,000
マイル
23,000
マイル
ビジネス 35,000
マイル
40,000
マイル
43,000
マイル
ファースト
シンガポール エコノミー 30,000
マイル
35,000
マイル
38,000
マイル
ビジネス 55,000
マイル
60,000
マイル
63,000
マイル
ファースト 105,000
マイル
105,000
マイル
114,000
マイル
ハワイ エコノミー 35,000
マイル
40,000
マイル
43,000
マイル
ビジネス 60,000
マイル
65,000
マイル
68,000
マイル
ファースト
ロサンゼルス エコノミー 40,000
マイル
50,000
マイル
55,000
マイル
ビジネス 75,000
マイル
85,000
マイル
90,000
マイル
ファースト 150,000
マイル
150,000
マイル
165,000
マイル

 

国際線の特典航空券は片道での交換で利用することができませんので、上記の必要マイル数は往復で必要になるマイル数となっています。

 

こうしてみると、ANAアメックスの入会キャンペーンで獲得できる30,000マイルでも、ソウル・香港・シンガポールの特典航空券を交換することが可能と、比較的少ないマイル数で特典航空券を交換することができるのが分かります。

 

ただし、特典航空券を利用する際にもっともお得になるのは、ビジネス/ファーストクラスなどの上級シートでの特典航空券の交換です。

 

東京 – ロサンゼルスのファーストクラスのシートを普通に予約すると160万円の料金が必要になりますので、1マイルあたりの価値が10円に膨らむのですね!

 

ANAアメックスは実質無期限でANAマイルを貯めることができますので、ゆっくりマイルを貯めて上級シートでの特典航空券を目指してみるのもいいのではないでしょうか。

 

ANAアメックスの申込資格・発行スピード

ANAアメックスの申込資格は20歳以上で安定した収入のある方となっており、パート・アルバイトの方は申込みをすることができません。

 

ただし、専業主婦で収入が0円の方の場合でも、配偶者の方に安定した収入があれば「世帯収入」を審査基準として申込みをすることが可能となっています。

 

アメックスの審査は厳しくない!?低年収でも専業主婦でも作れる!」でも解説しているように、アメックスの審査はイメージとは違い審査難易度は低くなっています。

 

ANAアメックスはANAカードとの提携カードですが、審査はアメックスによる独自基準の審査ですので、比較的審査に通過しやすいカードであるといえるでしょう。

 

ANAアメックスの発行期間には、平均して2週間程度の期間が必要です。

 

ただし、審査は独自のコンピューター審査を採用しており、属性によっては即時審査可決となっている実績も報告されています。

ANAアメックスの限度額

ANAアメックスの限度額は、本家アメックスの限度額と同じく「一律の制限無し」です。

 

一律の制限無しとは言っても、個別にカードを利用できる与信枠(50万前後)は設定されていますが、アメックスのクレジットカードでは事前のデポジットを利用することで実質無制限に利用できます。

 

アメックスはデポジットで限度額が実質無制限!ポイントの取りこぼし無し」でも解説しているように、ANAアメックスを含むアメックスのクレジットカードでは、事前にデポジットを入金しておくことで実質無制限でクレジット払いをすることができます。

 

1,000万円をデポジット入金すれば、高級外車などをクレジット払いで購入することも可能となっており、一撃で10万マイルのANAマイルを獲得することができます。

 

アメックスの利用初期の与信枠は低めに設定されることも多くなっていますので、デポジットを上手に活用してポイントの取りこぼし無く利用するようにしましょう!

ANAアメックスの付帯保険

ANAアメックスでは、ANA一般カードよりも手厚い内容の旅行保険が付帯しており、旅行の際の急病やケガに備えることができます。

 

国内最高2,000万円・海外最高3,000万円と補償内容が手厚くなっていますので、海外旅行の際の補償用のカードとしても安心して利用することができるのですね。

 

ここでは、ANAアメックスの海外旅行保険の補償内容を解説します。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高30万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
家族特約 最高1,000万円

 

ANAアメックスの海外旅行保険には最高1,000万円の家族特約が付帯しており、非常に優秀な補償を利用することができます。

 

ただし、急病やケガの際に利用する頻度が高くなる傷害・疾病治療の補償金額は最高100万円と、必ずしも充分な補償金額とはいえません。

 

海外での医療費は100万円を超える高額な請求が発生するケースも多くなっていますので、「海外旅行保険付きクレジットカード3枚徹底比較!自動付帯で年会費無料クレカはコレだ!」で紹介しているような補償上乗せ用のカードを併用するのもおすすめです。

ショッピング保険

ANAアメックスを利用して購入した商品の、万一の破損や盗難を補償してくれるショッピング保険も付帯します。

 

購入日から90日間までの事故が対象となり、最高200万円までの損害を補償してくれます。免責金額として、ショッピング保険利用の際には10000円の自己負担が必要となります。

ANAアメックスの付帯サービス

ANAアメックスでは、ANAカードの基本の機能だけではなく、アメックスの上質な付帯サービスを利用することができるのが大きなメリットとなっています。

 

空港ラウンジサービスをはじめとした空港サービスに優れており、ANAカードとして非常に使い勝手のいい付帯サービスを利用できるのが特徴です。

 

ここでは、ANAアメックスの付帯サービスをご紹介します。

空港ラウンジサービス

3337-lang-multi

 

ANAアメックスの付帯サービスで、もっとも使い勝手のいいサービスとして利用できるのが空港ラウンジサービスです。

 

ANAアメックスでは、国内主要空港に加え、ハワイ・ホノルル国際空港・韓国仁川国際空港のラウンジを無料で利用することができます。

 

ラウンジでは、フリードリンクや軽食のサービスをうけることが可能となっており、搭乗便の到着までの時間を有意義に過ごすことができます。

 

ANAアメックスのラウンジサービスでは、カード会員だけではなく、同伴者の方も1名まで無料でラウンジを利用することが可能です。

 

家族旅行や、恋人・友人との旅行の際にも、ANAアメックスを持っていれば同行者に感謝してもらうことができるのではないでしょうか。

手荷物無料宅配サービス

ANAアメックスでは、海外旅行からの帰国の際に、空港から自宅までの手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

 

帰国時にスーツケース1個までの荷物を無料で宅配してもらうことができますので、帰国時のお土産などで重たくなった荷物を持って移動する負担がありません。

 

手荷物宅配サービスは通常1,500円程度が必要なサービスですので、海外旅行に年間数回出かける方の場合は手荷物無料宅配サービスだけで年会費のもとをとることもできます。

 

また、

 

  • 空港クロークサービス
  • 空港パーキング優待サービス

 

なども充実しており、空港利用時に非常に快適に利用することができるカードとなっているのですね。

日本語対応の海外電話サポート

ANAアメックスでは、海外旅行の際に安心の日本語対応の電話サポートをうけることができます。

 

世界中から24時間通話料無料で利用できる海外電話サポートでは、日本語が話せるスタッフが対応してくれますので海外旅行に慣れない方でも安心して利用することができます。

 

現地の加盟店の情報や現地の文化・習慣の案内だけではなく、

 

  • レストランの予約
  • 医療機関の紹介
  • カードやパスポート紛失時の緊急対応

 

など、24時間対応で受け付けてくれますので、初めての海外旅行でも安心です。

 

こうした、手厚いサポートをうけることができる点も、ANAアメックスを海外旅行用のクレジットカードとしておすすめできる理由となっているのですね。

ANAアメックスのメリット

手厚い付帯サービスだけではなく、ANAアメックスは年会費以上のメリットのあるカードです。

 

とくに、ANAマイラーの方・海外旅行がお好きな方には最強のメリットが用意されており、グレードアップしたライフスタイルを送ることができます。

 

ここでは、ANAアメックスのメリットを解説します。

毎日のお買い物でANAマイルがガンガン貯まる

ANA

 

ANAアメックスのもっとも大きなメリットとなるのが、1.0%の高還元・実質無期限でANAマイルを貯めることができる点です。

 

ポイントをANAマイルに移行するためには、ポイント移行コースの手数料として税別6,000円が必要ですが、カード年会費と合わせても税別13,000円で維持することが可能です。

 

また、ANAアメックスはANAカードの特典も合わせて利用することができますので「ANAカード特約店」の利用では、通常ポイントに加えてANAマイルの付与をうけることができます。

 

ANAマイル特約店は、

 

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ
  • スターバックス
  • ENEOS
  • 出光興産

 

などをはじめ、生活に密着したさまざまな店舗が参加しています。

 

毎日利用するセブンイレブンやイトーヨーカドーでのカード利用で合計2.0%のANAマイルを貯めることができますので、毎日のお買い物でガンガンANAマイルを貯めることが可能です。

 

ポイント付与条件は100円に1ポイントとなっていますので、缶コーヒー1本で1マイルをきっちり貯めることができるのも嬉しいですよね。

アメリカン・エキスプレス・コネクトでのさまざまな優待サービス

 

ANAアメックスは、国際ブランドが「アメリカン・エキスプレス」である点も大きなメリットといっていいでしょう。

 

アメックスでは、空港サービスをはじめとしたさまざまな付帯サービスを利用することができるのが「アメリカン・エキスプレス・コネクト」での優待も大きな魅力です。

 

アメックスの優待サービスをまとめたウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」では、ホテルやダイニングなどのさまざまな優待サービスを利用することができます。

 

世界最大級のホテル予約サイト「エクスペディア」では、海外ホテルの予約で8%オフになる特典があり、海外旅行の予約の際にも非常にお得にカードを活用することができます。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、そのほかにも毎日のライフスタイルに役立つ特典を利用することが可能です。

ANAアメックスのデメリット

ANAアメックスのもっとも大きなメリットとなるのが、毎日のカード利用で1.0%還元でANAマイルを貯めることができる点です。

 

ただし、ANAアメックスでは、

 

  • 電気料金
  • ガス料金
  • 水道料金
  • 社会保険・税金
  • ふるさと納税

 

などの支払いにカードを利用した場合、ポイント還元率が半減してしまい、還元率は0.5%となってしまいます。

 

クレジットカードの利用で効率的にポイントを貯めるためには、公共料金の支払いに利用することは有効となっていますので、ポイント還元率が目減りしてしまうのは冴えないですよね。

 

公共料金の支払いには、他の1.0%還元以上でポイントを貯められるカードを利用した方がお得になるケースが多いかもしれません。

ANAダイナースとサービスの差比較

ANAアメックスとよく比較されるカードが、ダイナースクラブカードとANAカードが提携して発行する「ANAダイナース」です。

 

ANAダイナース

 

  ANAアメックス ANAダイナース
年会費 税別7,000円 税別27,000円
家族会員 税別2500円 税別6,000円
ETC 無料 無料
国際ブランド アメリカン・エキスプレス ダイナースクラブ
還元率 1.0% 1.0%
フライトボーナスマイル 10% 25%
旅行保険 国内:最高2,000万円
海外:最高3,000万円
国内:最高1億円
海外:最高1億円

 

ANAダイナースは、ダイナースクラブの基本の特典を利用することが可能となっており、コンシェルジュやコース料理無料の特典を利用できるハイクラスなカードです。

 

ANAグループ便の搭乗では、区間基本マイルの25%のボーナスマイルを獲得することができるほか、世界600か所以上のダイナースクラブラウンジを利用可能となっており、フライトの際に最強の優越感を得ることができるカードとなっているのですね。

 

ただし、年会費はその分高額になっており、ANAアメックスにポイント移行コースの手数料を含めた場合でも、倍の年会費が必要となっています。

 

  • ANAマイルを実質無期限でお得に貯めたい方はANAアメックス
  • 年間3回〜5回以上頻繁に海外旅行に出かける方にはANAダイナース

 

と、ライフスタイルによって、コストとのバランスを考えて選択するようにしましょう!

 

ANAアメックスはANAマイラー最強のコスパ優秀カード!

ポイント移行コースの手数料と合わせても、税別13,000円で維持することができるハイクラスなANAカードが「ANAアメックス」です。

 

  • いつでも1.0%還元・実質無期限でANAマイルを貯められる
  • ANAカード特約店では2.0%還元でマイルを貯められる
  • 空港ラウンジサービスをはじめとした優秀な空港サービス

 

ANAアメックスのもっとも大きなメリットとなっているのが、いつでも1.0%還元・実質無期限でANAマイルを貯めることができる点です。

 

特典航空券に交換する際には、ビジネス/ファーストクラスのシートに交換することで1マイルあたりの価値がアップしますが、無期限ポイントでゆっくりとマイルを貯めることができるのですね。

 

空港ラウンジや手荷物無料宅配サービスなどのゴールドカード相当の特典も充実しており、フライトの際にも優秀なコスパ最強カードとなっています。

 

 

基本情報

申し込み資格原則として20歳以上で定職のある方
発行期間約3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度7000円+税
2年目以降7000円+税
年会費(家族)初年度2500円+税
2年目以降2500円+税
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外最高3000万円
国内最高2000万円
ショッピング保険最高200万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考新規発行手数料850円+税
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド