ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下ANAアメックス)は、ANAとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するワンランク上のANAカードです。

 

ANAカードとアメックスの双方の特典を利用することが可能となっており、空港ラウンジサービスなどの上質な空港サービスも魅力です。

 

ポイントをANAマイルに年間の移行上限なしで移行することができますので、ショッピングを中心にマイルを貯めたい陸マイラーの方にもおすすめできるカードとなっています。

 

今回は、ANAアメックスの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

このページを最後まで読んでいただければ、ANAマイラーの方がANAアメックスを持つべき理由を知ることができますよ!

 

9つのメリット

 

ANAアメックスには、ANA陸マイラーの方が持つべき9つのメリットがあります。

 

  • ANAマイルは無期限・移行上限なし 
  • ANAカードマイルプラスで還元率アップ 
  • ANAマイレージモール
  • Apple Payに登録可能
  • 同伴者も1名無料の空港ラウンジ
  • 空港手荷物無料宅配サービス
  • 家族特約も付帯した海外旅行保険
  • フライト・継続でのボーナスマイル
  • 審査難易度は低い

 

ここでは、ANAアメックスが選ばれる理由にもなっている、メリットを詳しく解説します。

ANAマイルは無期限・移行上限なしで還元率1.0%

 

ANAアメックスの利用で貯めたポイントは、年間の移行上限なしでANAマイルに還元率1.0%で移行することが可能です。

 

ANAアメックスの利用では、100円に1ポイントの「メンバーシップ・リワード」が付与されます。

 

ANAアメックスのメンバーシップ・リワードは、税別6,000円の「ポイント移行コース」に登録することで、1ポイント=1マイルの等価でANAマイルに移行することができます。

 

ポイント移行コースに登録すると、通常3年間のメンバーシップ・リワードの有効期限が無期限に延長されますので、実質無期限でANAマイルを貯めることが可能ですね。

 

無期限・上限なしでANAマイルを還元率1.0%で貯めることができますので、ショッピングを中心にANAマイルを貯めたい方におすすめです!

 

ただし、ポイントの付与条件は毎回の利用ごとになっていますので、毎回の利用で99円未満の端数が切り捨てられてしまう点には注意が必要です。

 

通常のアメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードは、ANAマイルへの移行が年間4万マイルまでと上限が設定されています。

 

年間400万円以上利用するヘビーなANAマイラーには、ANAアメックスが一択でおすすめです。

 

 

マイル移行のコストを軽減する方法

ANAアメックスでANAマイルを貯める際には、税別6,000円のポイント移行コースの手数料が発生するのがネックです。

 

ただし、ポイント移行コースの入会・退会のタイミングを賢く管理することで、マイル移行のコストを軽減することができます。

 

メンバーシップ・リワードの有効期限は3年間となっていますので、有効期限が切れる3年ごとの入会・退会で1年あたりのコストを2,000円に軽減させることができますよ。

 

img_point_program03

 

ANAマイルの有効期限は3年間となっていますので、

 

  • ANAアメックスを利用開始
  • 3年目にポイント移行コースに登録、ANAマイルに移行して退会
  • 6年目にポイント移行コースに登録

 

このように、最長で6年分のポイントをポイント移行コースのコスト12,000円でANAマイルに交換することができます。

 

もちろん、もっと長期間マイルを貯めたい方は、継続してポイント移行コースに登録しておくことで、実質無期限でANAマイルを貯めることができますよ。

ANAカードマイルプラスでマイル還元率アップ

ANAアメックスでは、ANAカード特約店「ANAカードマイルプラス」の提携店での利用で、マイル還元率がアップする特典があります。

 

ANAカードマイルプラスでの利用では、通常のメンバーシップ・リワードに加え、100円〜200円に1マイルのANAマイルが付与されます。

 

  ボーナスマイル 合計
ANA国内線・国際線航空券 100円に1マイル 2.5%
ANA国内線・国際線機内販売 100円に1マイル 2.5%
セブン-イレブン 200円に1マイル 1.5%
イトーヨーカドー 200円に1マイル 1.5%
マツモトキヨシ 100円、または200円に1マイル 1.5%〜
大丸・松坂屋 200円に1マイル 1.5%
高島屋 200円に1マイル 1.5%
阪急百貨店 100円、または200円に1マイル 1.5%〜
阪神百貨店 100円、または200円に1マイル 1.5%〜
ルートインホテルズ 200円に1マイル 1.5%

 

ANAアメックスでは還元率1.0%でANAマイルを貯められますので、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどの身近な店舗でいつでも還元率1.5%で利用することが可能です。

 

ANAカードマイルプラスの店舗を利用するように意識するだけで、ショッピングでのマイル獲得の効率を飛躍的にアップさせることができます。

 

 

ANAグループでは還元率2.5%

上記の表を見てもわかるように、ANAアメックスではANAグループでの航空券・機内販売の利用では、ANAマイルの還元率が2.5%です。

 

ANAグループの利用では、ANAカードマイルプラスでの1.0%のマイル加算に加え、メンバーシップ・リワードが1.5倍になる特典があります。

 

ANAカードのラインナップで、ANAグループでの利用でのポイントアップがあるのはANAアメックスのみとなっており、ANA航空券などの購入で有利に利用することができますね!

ANAマイレージモールでネット通販もお得

 

ANAアメックスでは、「ANAマイレージモール」を経由して、ネット通販でもお得にマイルを貯めることができます。

 

ANAマイレージモールでは、クレジットカードのポイントに加えて、サイトごとにANAマイルが加算されます。

 

  ボーナスマイル 合計
楽天市場 200円に1マイル 1.5%
Yahoo!ショッピング 300円に1マイル 1.33%
ヤフオク! 300円に1マイル 1.33%
LUXA 100円に1マイル 2.0%
楽天西友ネットスーパー 100円に1マイル 2.0%
楽天トラベル 200円に1マイル 1.5%
エクスペディア 200円に1マイル 1.5%

 

楽天市場やYahoo!ショッピングもマイルアップの対象になっており、ボーナスマイルが加算されます。

 

ネット通販を利用する際にも、ANAマイレージモールはバリューの良いサービスとなりますね。

 

Apple Payに対応

 

ANAアメックスはApple Payの登録に対応しており、iPhoneでのスマホ決済に利用することができます。

 

Apple Payの利用でも還元率1.0%のメンバーシップ・リワードを貯めることができますので、マイル還元率1.0%で利用することが可能です。

 

ANAアメックスは電子マネーのチャージではポイントが付与されませんが、Apple Payに登録することでQUICPay加盟店での決済が可能となります。

 

電子マネーを利用したいシーンではApple Payを利用することで、効率的にANAマイルを貯めることができますね。

 

同伴者も無料の空港ラウンジが付帯

3337-lang-multi

 

ANAアメックスでは、国内主要空港、およびハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港の空港ラウンジサービスが付帯します。

 

ラウンジでは、フリードリンクや軽食・無料のWi-Fiなどのサービスをうけることが可能となっており、フライトまでの待ち時間を快適に過ごすことができますよ。

 

ANAアメックスでは、本会員・家族会員だけではなく、同伴者も1名まで無料でラウンジサービスを利用することができます。

 

空港ラウンジは通常1,000円程度のサービスですので、本会員・家族会員がそれぞれ1名同伴で利用した場合、4,000円相当の得をすることができますね!

 

家族旅行はもちろんのこと、友人との旅行の際にも空港ラウンジサービスをフルにお得に活用することが可能です。

 

帰国時の空港手荷物無料宅配サービス

ANAアメックスでは、海外旅行からの帰国時に、空港から自宅までの手荷物無料宅配サービスを利用することができます。

 

対象となる空港は、

 

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

 

の3空港となっており、スーツケース1個までの手荷物を無料で宅配してもらうことが可能です。

 

空港手荷物宅配サービスは通常1,500円程度が必要ですので、海外旅行の際の非常に実益的なサービスですね!

 

家族特約も付いた海外旅行保険が付帯

ANAアメックスでは、家族特約も付いた手厚い海外旅行保険が付帯しています。

 

海外旅行保険付帯条件 利用付帯
死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
携行品損害 最高30万円
救援者費用 最高200万円
賠償責任 最高3,000万円
家族特約 最高1,000万円

 

最高1,000万円の家族特約が付帯していますので、家族カードを持たない家族も補償の対象になるのは嬉しいですね。

 

また、ANAアメックスでは、最高2,000万円の国内旅行保険も付帯します。

 

旅行保険の付帯条件は国内外ともに利用付帯となっていますので、旅行代金などをANAアメックスで支払った場合のみの補償となる点には注意が必要です。

 

フライト・継続ボーナスマイル

ANAアメックスでは、ショッピングでの利用だけではなく、フライト・カードの継続でもお得にボーナスマイルを貯めることができます。

 

ANAグループ便でのフライト 区間基本マイルの10%
入会ボーナスマイル 1,000マイル
継続ボーナスマイル 1,000マイル

 

ANAアメックスでは、ANAグループでの航空券の購入で2.5%の還元率でマイルを貯めることができますので、航空券の購入・フライトのダブルでお得ですね。

 

ショッピングでマイルを貯めたい方はもちろんのこと、ANAグループをよく利用する方はよりお得にマイルを貯めることが可能です!

審査難易度は低く作りやすい

ANAアメックスの審査難易度は高くありませんので、審査に自信が無い方も安心して申し込みをすることができます。

 

ANAアメックスの申込資格は、20歳以上の安定した収入のある方です。

 

審査基準は、カードを発行するアメリカン・エキスプレスの審査基準になっており、外資系独自の審査基準で審査通過率は高くなっています。

 

申込資格は安定した収入のある方となっていますが、専業主婦の方でも配偶者の方の収入を世帯収入として申し込みすることができますよ!

 

また、ANAアメックスの発行期間は、平均して2週間程度です。

 

こんな方におすすめ

ANAアメックスの9つのメリットを背景に、次のような方におすすめすることができます。

 

  • 有効期限を気にせずにANAマイルを貯めたい方
  • ANA航空券を購入する機会の多い方
  • 空港ラウンジなどの充実したサービスを利用したい方
  • アメックスブランドに憧れのある方

 

ANAアメックスの最大のメリットが、ポイント移行コースの登録で有効期限を気にせずに還元率1.0%でANAマイルを貯めることができる点です。

 

ANAグループの利用では還元率2.5%でANAマイルを貯めることができますので、ショッピングだけではなくANA航空券を購入する機会の多い方にもおすすめできます。

 

アメックスならではの空港ラウンジサービスや、家族特約も付帯した手厚い海外旅行保険も付帯していますので、ワンランク上のANAカードが欲しい方には最適ですね!

 

アメックスブランドのANAカードを持ちたい方は、ANAアメックスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

デメリットは2つ

ANAアメックスにも2つのデメリットがあります。

 

  • 電子マネーのチャージではポイントが付かない
  • 公共料金・税金の支払いではポイントが半減

 

ここでは、ANAアメックスを申し込みする前に、知っておくべきデメリットとなる部分を解説します。

電子マネーのチャージはポイント対象外

ANAアメックスでは、電子マネーのチャージはポイント付与の対象外です。

 

楽天Edyなどの一部の電子マネーには、チャージはできるもののポイントを貯めることはできません。

 

電子マネーを利用したい方は、電子マネーのチャージでお得にポイントが貯まるサブカードを併用するようにしましょう。

 

ただし、ANAアメックスはApple Payに登録して利用することができますので、Apple Payを利用することで大きなデメリットにはなりませんね。

 

公共料金・税金支払いではポイント半減

ANAアメックスでは、公共料金・税金の支払いではポイント還元率が半減してしまいます。

 

  • 電気
  • ガス
  • 水道
  • 税金
  • 年金

 

などの支払いでは、ポイントが200円に1ポイントの付与となり、還元率は0.5%です。

 

また、電子マネーのチャージだけではなく、NHKの受信料の支払いでもポイント付与の対象外となってしまいますので注意が必要です。

 

こんな人には向かないかも…?

ANAアメックスでは、公共料金・税金の支払いでポイントが半減してしまいますので、公共料金・税金をクレジット払いしたい方には不向きです。

 

公共料金も税金払いしたい方は、高還元クレカをサブカードとして併用することで効率的にポイントを貯めることができますよ!

 

キャンペーン詳細

 

ANAアメックスでは、カードの入会・利用で合計40,000マイル相当を獲得可能な、驚異の入会キャンペーンが開催されています。

 

  • 入会特典として1,000マイル
  • 入会後1か月以内に3回以上のカード利用で1,000ポイント(1,000マイル相当)
  • 入会後3か月以内に15万円以上の利用で3,000ポイント(3,000マイル相当)
  • 入会後3か月以内に60万円以上の利用で29,000ポイント(29,000マイル相当)

 

入会後3か月以内の60万円以上の利用で合計34,000マイル相当、さらに60万円の利用ポイントとして6,000マイル相当の、合計40,000マイル相当を獲得することが可能です。

 

利用条件は3か月で60万円と若干ハードルは高いですが、月間あたりにすると20万円の利用で達成することができます。

 

40,000マイルあれば、一撃でハワイ行きの特典航空券も交換することができますので、非常にインパクトの強いキャンペーンであることは言うまでもありません。

 

400万円の利用分に相当する大量のマイルを、入会キャンペーンを利用して最短で手に入れてみてはいかがでしょうか!

 

家族カード初年度無料キャンペーン

ANAアメックスでは、2019年4月2日までの期間限定で、家族カードが初年度年会費無料になるキャンペーンを開催しています。

 

キャンペーン期間中に本カードと同時に家族カードに入会した方が対象となり、通常税別2,500円の家族カードの年会費が初年度無料になりますよ。

 

ANAアメックスは家族カードでも本カードとほぼ同等の特典を利用することができますので、家族でANAアメックスを利用する予定の方は非常にお得なキャンペーンです!

 

家族カードの同時申込みは最大2枚までとなっていますので、複数枚の家族カードが必要な方は注意が必要です。

 

ANAアメックスの特徴

 

ANAアメックスは、ANA一般カードの中でも最高クラスの特典を持ったANAカードとなっています。

 

ポイント移行コースに登録することで、ANAマイルを還元率1.0%で無期限で貯めることができますので、ショッピングで非常に効率的にANAマイルを貯めることができます。

 

さらに、ANA一般カードで唯一、ANAグループでの利用でポイントアップの特典があり、ANA航空券の購入では還元率2.5%でマイルを貯めることも可能です。

 

ANAカードの特典に加え、アメックスの特典も利用することが可能となっており、空港ラウンジなどの上質な付帯サービスも利用することができますよ!

 

ショッピングマイルだけではなく、ANA利用時・普段の生活での特典にこだわりたい方には、ANAアメックスがおすすめです。

国際ブランド

 

ANAアメックスの国際ブランドはアメリカン・エキスプレスです。

 

アメックスは国内ではJCBと提携しており、アメックスの加盟店はもちろん、JCBの加盟店でもほぼ決済をすることができます。

 

私自身もアメックスを利用していますが、JCB加盟店でアメックスを出して決済ができなかった例はこれまでありません。

 

ANAアメックスは提携アメックスとなっていますが、アメリカン・エキスプレス自ら発行するカードですので、プロパーアメックスと共通の特典も多くなっています。

 

上質なアメックスの付帯サービスを利用することができるのも、ANAアメックスのメリットのひとつと言っていいでしょう。

 

年会費

ここでは、ANAアメックスの年会費を解説します。

 

本会員 税別7,000円
家族会員 税別2,500円

 

2019年4月2日までに本会員と同時申込みをした場合、家族カードの年会費は初年度無料になる特典があります。

 

また、ANAアメックスのETCカードは新規発行手数料として税別850円のみ必要ですが、年会費無料で利用することができます。

 

ETCカードの利用でも還元率1.0%でANAマイルを貯めることができますので、車を運転する方はETCカードも併せて利用するようにしましょう!

 

限度額

AMAアメックスの限度額は一律の制限なしです。

 

一律の制限なしといっても、いくらでも無制限に利用できるわけではなく、申込者個別に与信枠が設定されます。

 

アメリカン・エキスプレスの傾向として、申込時の初期利用限度額は低めに設定されることが多く、最低では10万円程度の与信枠が設定されるケースもあります。

 

ただし、限度額には一律の制限なしとなっていますので、利用状況に応じて高額な与信枠に増枠することは可能です。

 

また、デポジットとしてあらかじめ入金しておくことで、与信枠を超えた高額な決済に利用することもできますよ。

 

ポイントの交換先・お得な使い道

ANAアメックスの利用で貯めたポイントは、還元率1.0%で交換できるANAマイルに交換するのが最適です。

 

ANAマイルは、特典航空券に交換することで1ポイント=2円〜10円で利用することができますよ。

 

国内線 10,000マイル〜
韓国 12,000マイル〜
香港 17,000マイル〜
バンコク 30,000マイル〜
ホノルル 35,000マイル〜
ロサンゼルス 40,000マイル〜
ロンドン 45,000マイル〜
シドニー 37,000マイル〜

 

このように、カードの利用で貯めたポイントでお得な特典航空券に交換することが可能です。

 

人気のハワイ路線でも35,000マイルから交換することができますので、年間350万円の利用でハワイ行きのタダ旅行が可能です。

 

ANAカードマイルプラスの店舗を活用することで、さらに効率よくマイルを貯めることもできますよ!

 

ポイントフリーダムでカード利用代金に充当

ANAアメックスの利用で貯めたポイントは、特典航空券に交換できるマイルがお得ですが、「ポイントフリーダム」でポイントをカードの利用代金に充当して利用することも可能です。

 

ポイントを充当する際には、

 

  • ポイント移行コースへの入会状況
  • カードの利用先

 

によって、ポイントの交換レートが変わります。

 

  ポイント移行コース
登録済
ポイント移行コース
未登録
航空会社での利用 1ポイント=1円 1ポイント=0.3円
ホテル・旅行代理店での利用 1ポイント=0.8円 1ポイント=0.3円
旅行関連以外での利用 1ポイント=0.5円 1ポイント=0.3円

 

航空会社での利用分への充当がもっともレートが高く、ポイント移行コースに登録済の方の場合1ポイント=1円として利用代金に充当することができます。

 

ANAアメックスでは、ANAグループでの利用で、還元率1.5%でポイントを貯めることができますので、ANA航空券の購入分に利用すればレートが良いですね。

 

繁忙期などで特典航空券が取りにくい場合なども、ポイントフリーダムを活用すればポイントでお得に航空券を購入することができます。

付帯保険

ANAアメックスでは、すでに解説した旅行保険のほかにも、手厚い内容のショッピングプロテクションが付帯しますよ。

ショッピングプロテクション

 

ANAアメックスでは、年間200万円までのショッピング保険として「ショッピングプロテクション」が付帯します。

 

ショッピングプロテクションでは、国内外の加盟店で購入した商品の、購入日から90日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことが可能です。

 

通常、クレジットカードのショッピング保険では対象外になることの多い、スマホやタブレットなども補償される手厚い内容の補償も嬉しいですね。

 

ショッピング保険の利用の際には、免責金額として1事故あたり1万円の自己負担が必要となります。

付帯サービス

ANAアメックスの大きな魅力となっているのが、アメックスの上質な付帯サービスを利用することができる点です。

 

  • アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • 日本語対応の海外電話サポート
  • 充実した空港サービス
  • スキップサービス
  • オンラインプロテクション
  • 機内販売10%オフ
  • エクスプレス予約

 

ここでは、ANAアメックスの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

 

ANAアメックスでは、アメックスの優待をまとめたウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用することができます。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、

 

  • ホテル
  • トラベル
  • ダイニング
  • オンラインショッピング

 

など、さまざまなカテゴリーでの特典をうけることが可能です。

 

ホテルの予約やダイニングなどでさまざまな優待をうけることができますので、ワンランク上のサービスを利用したい方には景色が違って見える特典です。

 

また、Amazonでのお買い物でキャッシュバックなど、ネット通販での優待もうけることができますので、毎日活用したいサービスですね。

 

日本語対応の海外電話サポート

ANAアメックスでは、海外旅行中に日本語での電話サポートをうけることができる「グローバル・ホットライン」を利用することができます。

 

グローバル・ホットラインでは、24時間対応で日本語スタッフによる旅行中のサポートをうけることが可能です。

 

  • 航空券・ホテル・レストランの予約
  • オプショナルツアーなどの予約
  • パスポート・カード紛失時の緊急サポート
  • 医師・病院などの手配
  • 簡単な通訳サービス

 

など、多岐にわたる依頼に対応してもらうことができます。

 

海外旅行が不慣れな方でも、日本語スタッフによるサポートをうけることができますので、安心して海外旅行を楽しむことができますね。

充実した空港サービス

ANAアメックスでは、帰国時の手荷物無料宅配サービスをはじめ、充実した空港サービスを利用することができます。

 

  • 空港パーキング優待
  • 空港クロークサービス
  • 海外用レンタル携帯電話優待

 

空港パーキング優待では、空港周辺のアクセスの良いパーキングを、お得な会員価格で利用することができます。

 

郊外に立地することの多い空港には、公共交通機関よりも車で行くという方が多いかと思いますので、パーキングの優待は嬉しいですね。

スキップサービス

ANAアメックスでは、ANA一般カードの共通のサービスとして、空港での「スキップサービス」を利用することができます。

 

スキップサービスでは、事前にスマホ・PCで手続きをしておくことで、空港でのチェックインを「スキップ」して直接保安検査場に向かうことが可能です。

 

事前にネット上で座席の指定をしておくことも可能となっており、空港での待ち時間のストレスを軽減することができます。

 

行列のできたチェックインカウンターに並ぶ必要がないというだけでも、空港に到着する時間を5分・10分遅らせることができますよね。

オンラインプロテクション

ANAアメックスでは、「オンラインプロテクション」で、インターネット上の万が一の不正利用による損害を補償してもらうことができます。

 

オンラインプロテクションでは、インターネット上での第三者による不正利用であると認定された利用分については、支払いをする必要がありません。

 

インターネット上でカード番号を入力するのが怖いという方も、オンラインプロテクションに守られていれば安心してカードを利用することができますね。

 

近年では、完全にインターネット上でクレジットカード番号を入力せずに利用する方が難しくなっていますので、不正利用に対する自衛がしっかりしているのは嬉しいですね。

機内販売10%オフ

ANAアメックスでは、ANA国内線・国際線の機内販売が10%オフになる特典があります。

 

ANAの機内販売の利用では、

 

  • ANAカードマイルプラスの1.0%のANAマイル
  • ANAアメックス特典で1.5%のポイント

 

と、合計2.5%の還元をうけることも可能となっています。

 

10%の割引特典と合わせると、機内販売で合計12.5%もトクをすることができますね!

 

機内販売では、限定のスイーツやグッズなども販売されていますので、お得にお買い物をしてみてはいかがでしょうか。

エクスプレス予約

ANAアメックスでは、東海道・山陽新幹線のオンライン予約サービス「エクスプレス予約」を利用することが可能です。

 

エクスプレス予約では、東海道・山陽新幹線のチケットを、24時間お得な会員料金でオンライン予約できるチケットレスサービスです。

 

乗車の際には、専用のEXカードをタッチすることで改札を通過することができますので、混みあった券売機やみどりの窓口に並ぶストレスもありませんよ。

 

また、早めの予約で会員料金からさらに割引の早得商品も購入することができますので、新幹線での旅行もお得です!

 

無期限のポイントでゆっくりANAマイルを貯めよう!ワンランク上の特典も魅力

ANAアメックスは、無期限・上限なしでANAマイルを貯めることができる、ワンランク上のANAカードです。

 

  • 無期限・上限なしでANAマイル還元率1.0%
  • ANAグループの利用では還元率2.5%
  • 空港ラウンジサービスなどの上質な特典が付帯

 

ANAアメックスでは、ポイント移行コースに登録することで、無期限のポイントを年間の上限なしにANAマイルに交換することができます。

 

ANAグループの利用では還元率2.5%でANAマイルを貯めることができますので、ショッピングでマイルを貯めたい方はもちろん、ANAをよく利用する方にもおすすめです。

 

アメックスならではの空港ラウンジや、家族特約も付帯した手厚い海外旅行保険が付帯しており、ワンランク上の特典をうけたい方にも最適ですね。

 

最大40,000マイルを獲得可能なお得な入会キャンペーンで、ワンランク上のアメックスを手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

ANAアメリカンエキスプレスカードの申込みはこちら

 

基本情報

申し込み資格原則として20歳以上で定職のある方
発行期間約3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度7000円+税
2年目以降7000円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降2500円+税
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行傷害補償海外最高3000万円
国内最高2000万円
ショッピング保険最高200万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考新規発行手数料850円+税
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド