2020年9月、三井住友カードから新たなプラチナカードが登場しました。その名も「三井住友カード プラチナプリファード」

 

三井住友カード プラチナプリファードは、「ポイント特化型」という他に類を見ないプラチナカードです。小栗旬を起用したコマーシャルの影響力もあり、早くも話題になっています。

 

ポイント特化型の詳細としては、「いつでも1.0%還元」「ポイントアップ特約店が豊富」「カード更新時に前年の利用額に応じたポイントプレゼント」など。そのためポイント還元のみで、年会費の元を取ることも容易です。

 

貯まるポイントは三井住友カードの「Vポイント」ですので、共通ポイントやマイルなど、使い道に困ることはありません。

 

今回はそんな三井住友カード プラチナプリファードの特徴やメリット・デメリットを解説します。

 

三井住友カード プラチナプリファードはあなたにぴったりなクレジットカードなのかどうか、見極めるための参考にしてみてください。

 

入会キャンペーン

三井住友カード プラチナプリファードでは新規入会後、入会月の3ヵ月後末までに40万円以上のカード利用を達成すると40,000ポイントがプレゼントされます。

 

月平均10〜13.4万円の利用で達成できるので、日ごろからクレジットカードで支払いを済ませているのであれば、決して達成が難しくはない条件です。

 

三井住友カード プラチナプリファードの10のメリット

 

三井住友カード プラチナプリファードには、ポイント還元特化をはじめとした10つのメリットがあります。

 

  • いつでもポイント還元率1%
  • 特約店利用で最大10%還元
  • 海外利用は3%還元
  • カード更新時に最大40,000ポイントプレゼント
  • 年間200万円利用で年会費以上のポイント還元
  • シンプルかつ高級感あるカードデザイン
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯
  • 年間500万円までのショッピング保険
  • 空港ラウンジサービスが利用可能
  • タッチ決済に対応

 

メリット詳細をひとつずつ確認していきましょう。

いつでもポイント還元率1%

三井住友カード プラチナプリファードは、カードの利用額100円につき、Vポイントが1ポイント貯まります。

 

Vポイントは「1ポイント=1円」として利用できますので、ポイント還元率は1.0%です。

 

これまで三井住友カードにおいて、ポイント還元率1.0%の高還元を誇るのは、以下の2枚だけでした。

 

25歳までの高還元カード「デビュープラス」

 

リボ専用カード「RevoStyle」

 

そのほかの三井住友カードは、たとえゴールドカードでもプラチナカードでも、ポイント還元率は0.5%なんです。

 

また三井住友カードでなくても、ステータス性の高いカードの多くはポイント還元率があまり高くない傾向にあります。

 

そんななかで今回登場した三井住友カード プラチナプリファードは、革新的。

 

ステータス性とポイント還元率の高さを兼ね備えたクレジットカードを求めている方におすすめです。

特約店利用で最大10%還元

 

三井住友カード プラチナプリファードには、ポイントアップ特典のある特約店があり、最大+9%還元になります。

 

特約店例は以下の通りです。コンビニや飲食店など、毎日利用しやすい店舗でもポイント還元率がアップします。

 

宿泊予約サイト ・エクスペディア +9%
・Hotels.com +9%
・一休.com +6%
交通 ・ANA(ANA直接購入分の航空券) +1%
・ETC利用 +2%
・JapanTaxi +4%
百貨店 ・大丸松坂屋 +2%
・阪急百貨店 +2%
・阪神百貨店 +2%
ライフスタイル ・蔦屋書店 +2%
コンビニ ・セブンイレブン +2%
・ファミリーマート +2%
・ローソン +2%
・デイリーヤマザキ +1%
・アズナス +1%
・セイコーマート +1%
・ポプラ +1%
カフェ・飲食店 ・マクドナルド +2%
・モスバーガー +1%
・ドトールコーヒー +1%
・すき家 +1%
・ファーストキッチン など +1%
スーパー ・アピタ +1%
・ピアゴ +1%
・ライフ +1%
・西友 +1%
・オークワ +1%
・イズミヤなど +1%
ドラッグストア ・マツモトキヨシ +1%
・ココカラファイン +1%
・クリエイト など +1%

 

宿泊予約サイトでは最大10.0%還元、大手コンビニでは最大3.0%還元、ETC利用でも3.0%還元を受けられます。

 

こちらはキャンペーンでの還元ではないため、期限はなく、いつでも適用されるのが魅力的です。

 

特約店利用時の注意点

特約店でのポイント加算対象となるのは、「VISA」「ID」「Apple Pay」「Google Pay」「Visaタッチ決済」での決済です。

 

三井住友カード プラチナプリファードをスマホ決済に登録して利用した場合には、ポイント加算対象になりません。

 

また同じ特約店であっても、ショッピングセンターなど施設の中にある店舗に関しては、ポイント加算対象にならない場合があります。

海外利用は3%還元

三井住友カード プラチナプリファードは、海外加盟店でのショッピング利用時にもポイント還元率がアップします。

 

日本円に換算後の利用額税込100円ごとに2ポイントがプラスされるため、トータルで3.0%還元相当になります。

 

海外の加盟店で、現地通貨と日本円の決済が選べる場合、日本円での決済を選択するとポイント付与の対象となりませんのでご注意ください。

カード更新時に最大40,000ポイントプレゼント

三井住友カード プラチナプリファードは、毎年のカード更新時に継続特典としてポイントがプレゼントされます。

 

もらえるポイント数は前年のカード利用額に応じ、100万円ごとに10,000ポイント。最大で400万円利用時に40,000ポイントがプレゼントされます。

 

下記の利用については、継続特典の利用金額の対象にならないのでご注意ください。

 

  • キャッシングリボ
  • 海外キャッシュサービス
  • その他ローンの返済金
  • リボ払い・分割払い手数料
  • 年会費(クレジットカード、ETCカード)
  • 国民年金保険料
  • 交通系含む電子マネーへのチャージ
  • 提携会社からの収納事務を委託された一部の保険料

年間200万円利用で年会費以上のポイント還元

三井住友カード プラチナプリファードの年会費は税別30,000円。

 

カード利用による1.0%のポイント還元と、カード継続特典を合わせると、年間200万円利用するかどうかが損益分岐点です。

 

年間100万円利用 ・ポイント還元:10,000ポイント
・継続特典:10,000ポイント
20,000
ポイント獲得
年間200万円利用 ・ポイント還元:20,000ポイント
・継続特典:20,000ポイント
40,000
ポイント獲得
年間300万円利用 ・ポイント還元:30,000ポイント
・継続特典30,000ポイント
60,000
ポイント獲得
年間400万円利用 ・ポイント還元:40,000ポイント
・継続特典:40,000ポイント
80,000
ポイント獲得

 

以上の通り、年間200万円を利用すると40,000ポイントが獲得でき、年会費分を上回ります。

 

年間200万円を毎月の利用額にすると約16.7万円。普段の支払い状況から、月に約16.7万円以上カードを使うかどうかで検討してみてください。

 

なお年間100万円(84,000円/月)の利用でも、年会費の2/3にあたる20,000ポイント以上が獲得可能。継続特典がとても大きいため、年間100万円の利用でも十分お得なのです。

 

特約店や海外利用分のポイントアップを活用できれば、さらにお得に三井住友カード プラチナプリファードを利用できるでしょう。

シンプルかつ高級感あるカードデザイン

 

三井住友カードは、2020年2月にすべてのカードデザインをシンプルで洗練されたものにリニューアルしました。

 

三井住友カード プラチナプリファードもリニューアル後のデザインを踏襲していますが、シンプルながら高級感のあるデザインが特徴です。

 

カラーは「Black」「Platinum White」の2種から選択できます。どちらも他の三井住友カードで使われているグリーンは使わず黒、もしくは白の1トーン。カード表面はマット仕様ですが、カード名に施されたホログラムがシンプルな中にも表情をつけ、よりスタイリッシュな印象を高めています。

 

ちなみに年会費が税別50,000円の三井住友カード プラチナでは、ブラックベースのカードデザインしかありません。(国際ブランドの選択で若干色味が異なるのみ)

 

黒・白のプラチナカラーから選べる三井住友カード プラチナプリファードは、デザイン面にこだわりたい方なら必見です。

最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯

三井住友カード プラチナプリファードには、自動付帯(一部利用付帯)の海外・国内旅行保険が付帯します。

 

最高補償額は海外・国内ともに5,000万円。また海外旅行時に使用頻度の高い傷害治療・疾病治療費用はともに300万円と充実した補償内容です。

 

補償内容は三井住友カード ゴールドと同額になっています。

 

海外旅行保険
付帯条件 自動付帯(一部利用付帯)
死亡・後遺障害 ・自動付帯:最高1,000万円
・利用付帯:最高5,000万円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高500万円
賠償責任 最高5,000万円
家族特約 最高1,000万円

 

国内旅行保険
付帯条件 自動付帯(一部利用付帯)
死亡・後遺障害 ・自動付帯:最高1,000万円
・利用付帯:最高5,000万円
入院保険金日額 5,000円
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円

年間500万円までのショッピング保険

三井住友カード プラチナプリファードで購入した商品には、三井住友カード プラチナと同額の年間500万円までのショッピング保険が付帯します。

 

購入日から200日以内の破損や盗難が対象と長期補償で、免責金額は1事故あたり3,000円と少額です。

空港ラウンジサービスが利用可能

三井住友カード プラチナプリファードでは、国内主要空港とハワイ・ホノルルのダニエル・K・イノウエ空港の空港ラウンジを無料で利用できます。

 

空港ラウンジサービスでは、フリードリンクや軽食・無料のWi-Fiのサービスが提供され、搭乗便の到着までの待ち時間を有意義に過ごすことが可能です。

 

三井住友カード プラチナプリファードは、ポイント還元に特化したカードなので、プラチナカードの特典に多い「プライオリティパス」は付帯しませんが、国内・ハワイ旅行時にはラウンジ利用が可能です。

タッチ決済に対応

三井住友カード プラチナプリファードをはじめ、三井住友カードはリニューアル後のカードすべてがVisaタッチ決済に対応しています。

 

タッチ決済に対応した店舗であれば、決済端末にサッとカードをかざすだけで、手間なくスピーディな支払いが可能です。

 

また、後払い式の電子マネー「iD」も搭載しているため、Apple PayやGoogle Payでの決済にも対応しています。

こんな方におすすめ

三井住友カード プラチナプリファードは、こちらに当てはまる方に特におすすめです。

 

  • ポイント還元に特化したカードがほしい方
  • 年間100〜200万円以上はカード決済する方
  • コンシェルジュやプライオリティ・パスは不要の方

 

三井住友カード プラチナプリファード最大の特徴は、やはりポイント還元に特化したプラチナカードであることです。

 

年間200万円の決済額で年会費以上、年間100万円でも年会費の2/3以上の還元を受けられますので、年間の決済額によっては、年会費無料の高還元カードよりもポイント還元を受けることができます。

 

ただし三井住友カード プラチナプリファードには、プラチナカードの特典としてポピュラーであるコンシェルジュサービスやプライオリティ・パスが付帯しません。

 

このあとデメリットの項目で詳しく解説していきますが、これらプラチナカードらしい特典が不要なのであれば、間違いなく三井住友カード プラチナプリファードがおすすめです。

 

デメリット

三井住友カード プラチナプリファードのデメリットはこちらの2つです。

 

  • 通常のプラチナ特典は付帯しない
  • 旅行保険はゴールドカードと同等

 

デメリット詳細についても、ひとつずつ確認していきましょう。

通常のプラチナ特典は付帯しない

三井住友カード プラチナプリファードは、ポイント還元に特化したクレジットカードです。

 

その代わりプラチナカードとしては一般的な以下のような特典は一切利用できません。

 

  • コンシェルジュサービス
  • プライオリティパス
  • ダイニングの無料サービス

 

このようなプラチナカードらしい特典が必要なようであれば、三井住友カード プラチナプリファードは物足りなさを感じられるでしょう。

旅行保険はゴールドカードと同等

三井住友カード プラチナプリファードの海外旅行保険は、三井住友カード ゴールドと同じ補償内容です。

 

そのため、年会費税別50,000円の三井住友カード プラチナと比較すると、下表の通り補償額は劣ります。

 

  プラチナプリファード プラチナ
付帯条件 自動付帯(一部利用付帯) 自動付帯
死亡・後遺障害 ・自動付帯:最高1,000万円
・利用付帯:最高5,000万円
最高1億円
傷害治療 最高300万円 最高500万円
疾病治療 最高300万円 最高500万円
携行品損害 最高50万円 最高100万円
救援者費用 最高500万円 最高1,000万円
賠償責任 最高5,000万円 最高1億円
家族特約 最高1,000万円 最高1,000万円

 

三井住友カード プラチナプリファードの旅行保険はゴールドカードと同等ですが、ショッピング保険はプラチナカードと同等です。

 

買い物用カードとして割り切るのが、三井住友カード プラチナプリファードを最大限に活かす利用方法であると言えるでしょう。

 

こんな人には向かないかも…?

三井住友カード プラチナプリファードはポイント還元に特化した、とても尖ったクレジットカードだといえます。

 

その代わりにプライオリティ・パスやダイニングサービスといったプラチナ特典が利用できないため、その点が気にかかる人には向かないでしょう。

 

プライオリティ・パスやダイニングサービスが利用したい方であれば、「アメックスゴールド」をおすすめします。

 

 

アメックスゴールドなら、年会費税別29,000円で以下をはじめとしたプラチナカード級の特典やサービスが受けられます。

 

  • プライオリティパスが無料で取得可能+年間2回まで無料利用可能
  • 「ゴールドダイニングby招待日和」で2名分のコース料理で1名分が無料
  • 電話一本で国内外の航空券・ホテルを手配できるコンシェルジュ的な利用が可能
  • 最高1億円の海外旅行保険が付帯
  • ANAマイル還元率1.0%が可能

 

ラグジュアリーなサービスをコスパよく受けたいのであれば、ぜひアメックスゴールドを検討してみてください。

 

アメックスゴールドについて詳しくはこちら

 

格安プラチナカードとの併用もあり!?

「ポイント特化は捨てがたいけど、プラチナ特典もある程度は利用したい」方であれば、三井住友カード プラチナプリファードと、他社発行の格安プラチナカードの併用がおすすめです。

 

たとえばこちらの2枚のクレジットカードは、どちらも年会費が20,000円ほどでプラチナ特典が利用可能です。

 

MUFGカードプラチナアメックス

 

セゾンプラチナアメックス(ダイニング特典なし)

 

三井住友カード プラチナの年会費は税別50,000円のため、三井住友カード プラチナプリファードとこれら格安プラチナカードの組み合わせであれば、年会費はおおむね変わりません。

 

しかし2枚を組み合わせることで、ポイント特化とプラチナ特典(コンシェルジュサービスやプライオリティ・パス)の両方を手に入れられます。

 

コスパを重視するのであれば、「三井住友カード プラチナプリファード+格安プラチナーカード」の併用がおすすめです。

 

MUFGカードプラチナアメックスについて詳しくはこちら

セゾンプラチナアメックスについて詳しくはこちら

三井住友カード プラチナプリファードの特徴

三井住友カード プラチナプリファードは、年会費が税別30,000円、家族カードは無料のクレジットカードです。

 

最大の特徴は「プラチナカードでありながら、ポイント特化型カード」ということ。常に1.0%の高還元なうえ、特約店や海外利用なら、さらにポイントがアップします。

 

また継続特典として、毎年最大40,000ポイントがプレゼント!誰でも簡単に年会費を上回るポイントが手に入れやすい、お得なプラチナカードです。

国際ブランド

 

三井住友カード プラチナプリファードの国際ブランドは「VISA」のみです。

 

VISAは世界シェアNo.1の国際ブランドなため、国内外問わず、利用に困ることはまずないでしょう。使い勝手に優れています。

審査

三井住友カード プラチナプリファードは、年会費として三井住友カード プラチナ(年会費50,000円+税)と三井住友カード ゴールド(年会費10,000円+税)の中間に位置したクレジットカードです。

 

三井住友カードは銀行系カードなので、上位カードには高めの年齢制限が設けられており、三井住友カード ゴールドでは「30歳以上で安定した収入のある方」という申込資格が設定されています。

 

ただし、三井住友カード プラチナプリファードの申込資格は「20歳以上で安定した収入のある方」と、ゴールドカードよりも対象年齢が引き下げられています。

 

公式サイトにも「三井住友カード プラチナプリファード独自の審査基準により発行させていただきます」という文言が明記されており、プラチナカードでありながらもポイント特化型カードという特性上、ゴールドカードよりもさらに申し込みしやすい審査基準が設定されていると推測できます。

 

20代で年収300万円以上の方であれば、十分に審査通過の可能性は高いでしょう。

 

審査通過後は、最短3営業日でのカード発行です。早ければ、1週間ほどで手元に三井住友カード プラチナプリファードが届きます。

限度額

三井住友カード プラチナプリファードのカード利用限度額は、150万〜500万円です。そのため高額決済にも対応できます。

 

ただし申込時に設定される利用限度額は、年収や信用情報によっては150万円を下回る可能性があります。

ポイントの交換先

三井住友カード プラチナプリファードはポイント特化型のカードなので、カード利用で貯まる「Vポイント」の利用方法は重要ですよね。

 

Vポイントは、さまざまな用途に1ポイント=1円として交換可能です。

 

三井住友カード プラチナプリファードで貯まるVポイントの有効期限はポイント獲得月から4年間と長期になっています。(一般カードは2年、ゴールドカードは3年)

 

  必要ポイント 交換先
利用代金に充当 5ポイント 3円
iDバリュー 500ポイント 500円分
VJAギフトカード 5,000ポイント 5,000円分
Amazonギフト券 500ポイント 500円分
iTunesカード 500ポイント 500円分
楽天ポイント 500ポイント 500ポイント
dポイント 500ポイント 500ポイント
Pontaポイント 500ポイント 500ポイント
WAONポイント 500ポイント 500ポイント
ビックポイント 500ポイント 500ポイント
ANAマイル 500ポイント 300マイル

 

カード利用代金に充当もできますが、1ポイント=0.6円と還元率は0.6%と下がりますが、電子マネー「iD」の利用代金に充当できる「iDバリュー」であれば1%還元で充当できるので、iDやApple Pay・Google Pay利用者におすすめです。

 

また、ANAマイルにも1ポイント=0.6マイルとして交換できるので、加盟店利用では0.6%以上の還元でマイルを貯めることが可能です。

 

Vポイントの有効期限は4年なので、ANAマイルの有効期限と合わせて最長7年間のポイント+マイルの保有が可能です。

三井住友カード プラチナプリファードの付帯サービス

三井住友カード プラチナプリファードでは、ポイント還元に特化するためプラチナカードに付帯するほとんどのサービスは利用できませんが、下記のVISAブランドのプラチナ特典は利用できます。

 

  • Visaプラチナトラベル
  • Visaプラチナゴルフ
  • Visaプラチナ空港宅配
  • Visaプラチナ海外Wi-Fiレンタル
  • Visaプラチナラグジュアリーダイニング
  • Visaプラチナ ホテルダイニング
  • Visaプラチナ 空港送迎ハイヤー
  • ザ・コンコルド・ワインクラブ
  • プレミアムレンタカー優待
  • ハーツGoldプラス・リワーズ・ファイブスター優待
  • 宿泊予約サービス「Hotels.com」優待
  • 宿泊・航空券予約サービス「Expedia]優待

ポイント特化型のクレジットカードなら「三井住友カード プラチナプリファード」

三井住友カード プラチナプリファードは、ポイントを効率よく貯められるクレジットカードを探している方におすすめです。

 

  • ポイント還元率は常に1.0%
  • 特約店で最大10%、海外・ETC利用でも3%還元
  • 年間200万円利用で年会費以上のポイント還元

 

なかでも入会特典や継続特典はほかのクレジットカードと比べ物にならないほど、大きなメリット!

 

毎年のカード更新時に継続特典でポイントがプレゼントされるので、年間200万円以上を利用するのなら、年会費以上のポイント還元が受けられます。

 

それでいて三井住友カードのプラチナカードというステータス性や、カードデザインの洗練さも得られるのは三井住友カード プラチナプリファードならではです。

 

「ポイントもほしい」「ステータス性もほしい」そんな大人なあなたにおすすめします。

 

三井住友カード プラチナプリファードの申込みはこちら

 

三井住友カード プラチナプリファード スペック情報

申込資格20歳以上で安定した収入のある方
発行期間最短3営業日発行
年会費(本人)初年度30,000円+税
2年目以降30,000円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
ETCカード年会費無料
備考
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
旅行保険海外旅行最高5,000万円
国内旅行最高5,000万円
ショッピング保険年間500万円
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス-
発行会社三井住友カード株式会社