freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下freeeセゾンプラチナビジネスカード)」とは、クラウド会計ソフト「freee」とクレディセゾンが提携・発行している法人カードです。

 

利用する大きなメリットとしては、freeeユーザーにも多い、創業間もない会社や個人事業主でも簡単に申し込みできる点がまずひとつ。

 

さらにはfreeeと連携することで、カードの利用限度額が自動的にアップするといった点もメリットです。

 

そのほか基本的なスペックとしては、プライオリティ・パスやコンシェルジュの利用も可能。JALマイル還元率も最大1.375%と高く、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下セゾンプラチナビジネスアメックス)」と変わらない高スペックの法人カードです。

 

法人プラチナカードをお探しであれば、こちらの記事でfreeeセゾンプラチナビジネスカードのメリットとデメリットを確認し、検討してみてください。

 

目次

freeeセゾンプラチナビジネスカードの9のメリット

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードの創業間もない会社や個人事業主にもおすすめのメリットは以下の9つです。

 

  • 創業間もない会社や個人事業主でも申し込み可能
  • freee連動で利用限度額が自動的にアップ
  • 年間200万円の利用で年会費が10,000円に
  • freee限定優待特典が利用できる
  • プライオリティ・パスを無料で登録可能
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • マイル還元率最大1.375%
  • そのほか特典多数

 

freeeとクレディセゾンの提携カードならではの特典も多数用意されていますので、詳細をチェックしていきましょう。

創業間もない会社や個人事業主でも申し込み可能

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、登記簿や決算書がなくても申し込みが可能。事業詳細ではなく、代表者個人の情報で審査が可能な法人カードです。

 

そのため、創業間もない会社や個人事業主であっても気軽に申し込めるのは大きなメリットといえるでしょう。

 

法人カードだからといって審査基準も特別高くはありません。

 

ちなみにfreeeセゾンプラチナビジネスカードと基本的なスペックが同じであり、審査基準も同等と考えられるセゾンプラチナビジネスアメックスでは、「20代・年収300万円台のサラリーマン」が審査に通過した実例があります。

 

なお、審査結果が最短即日回答となるスピーディーさも大きなメリットです。

 

申し込み後にはコールセンターから本人確認の連絡が必ず入りますので、いつでも電話に出られるように注意してください。

 

freee連動で利用限度額が自動的にアップ

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードとクラウド会計ソフト「freee」を連携すると、増枠審査が自動的におこなわれ、利用限度額がアップしやすくなります。

 

基本的なスペックが同じであるセゾンプラチナビジネスアメックスと同等の限度額1,000万円以上も望めますので、備品の購入や仕入れも潤沢におこなえるでしょう。

 

年間200万円の利用で年会費が10,000円に

freeeセゾンプラチナビジネスカードの通常年会費は20,000円(税別)です。

 

これでも法人プラチナカードとしては破格の安さですが、年間200万円以上の利用があった翌年は、なんと半額の10,000円(税別)まで年会費が下がります。

 

年間200万円を月に直せば、約17万円。年会費割引を受けるためのハードルは決して高くありません。

 

また、社員用カードとETCカードが追加発行可能です。ETCカードは発行手数料、年会費ともに無料で発行できます。社員用カードは1枚につき3,000円(税別)の年会費で、4枚まで発行できます。

 

社員に備品の購入や仕入れを頼んでいる場合には、社員用カードを使ってもらうことで立替が不要になり、管理が楽になるでしょう。

freee限定優待特典が利用できる

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、以下の「freee限定優待特典」が利用できます。

 

創業間もない会社や個人事業主に役立つ特典がさまざま揃っていますので、これらの特典を利用するだけでもfreeeセゾンプラチナビジネスカードを持つ価値はあるでしょう。

 

freee

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、クラウド会計ソフト「freee」の利用料金が2,000円OFFになります。

 

こちらの特典を利用するためには、freeeセゾンプラチナビジネスカードの申し込みと同時に、クラウド会計ソフト「freee」の新規申し込みをおこなってください。

 

Adobe Creative Cloud

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「Adobe Creative Cloud」の「コンプリートプラン(個人版)」を初年度15%OFFで利用できます。

 

コンプリートプランでは、フォトショップやイラストレーターのほか20種類以上のアプリを追加料金なしで利用可能。

 

デザインやイラスト、写真などをお仕事にされている方はもちろん、お店のチラシやポスター作成、プレゼン資料の作成などにもおすすめです。

 

Wantedly

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「Wantedly」の有料プランを初月無料で利用できます。

 

Wantedlyとはビジネス向けのSNSであり、自己アピールができるほか、仕事のマッチングも可能です。

 

エンジニアやデザイナーなどIT系の方が多く利用されています。

 

officee

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「officee」での物件探しにおける仲介手数料が無料になります。

 

また、無事に成約となった場合には、officeeからオリジナル家具がプレゼントされます。

 

Kagg.jp

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「Kagg.jp」にて、国内主要メーカーの新品オフィス家具セットを割引価格で購入できます。

 

キャスタービズ

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「キャスタービズ」の利用料が初月10%OFFになります。

 

キャスタービズには、社内でおこないきれないさまざまな業務の依頼が可能。

 

秘書業務や人事、経理、WEBサイトの運用など、多忙ゆえや知識がなくできないことがあるのなら頼りになる存在です。

 

コネクシオ

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「コネクシオ」のビジネス向けインターネット接続サービス「TRIBE-biz」を特別価格で利用できます。

 

法人向けサービスのため、安定した接続や高いセキュリティを求めている場合におすすめです。

 

サーブコープ

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「サーブコープ」の役員会議室とバーチャルオフィスを特別価格で利用できます。

 

自社では会議環境を整えることが難しい創業間もない会社や自営業者におすすめです。

 

モノタロウ

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、事業者向け通販サイト「モノタロウ」で使える10%割引クーポンがもらえます。

 

モノタロウでは事務用品やオフィス家具、さらには厨房用品や建築用具などさまざまな商品が購入可能です。

 

対象税理士事務所

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、所定の税理士への相談を1回無料でおこなえます。

 

確定申告や給付金や融資申請など、専門家の意見を聞きたい方におすすめです。

プライオリティ・パスを無料で登録可能

IMG_3677

 

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、プライオリティ・パスの最高ランクであるプレステージ会員(年会費429$)を無料で利用できます。

 

年会費を日本円になおすと45,000円以上になりますので、プライオリティ・パスだけでfreeeセゾンプラチナビジネスカードの年会費はペイできる計算です。

 

プライオリティ・パスがあれば、世界中のVIPラウンジが利用可能になります。

 

ラウンジによっては食事やアルコールの食べ放題・飲み放題、シャワールームなど、さまざまなサービスを受けられ、出張や旅行も快適に過ごせるでしょう。

 

また、国内主要空港の空港ラウンジ(カードラウンジ)サービスも利用できます。

 

24時間365日対応のコンシェルジュサービス

_MG_8885

 

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、コンシェルジュサービスをいつでも利用可能。

 

ホテル、航空券、接待・会食時に利用するレストランの手配、さらには贈り物のコーディネートなどをコンシェルジュに依頼できます。

 

自身で用意する場合にかかるであろう時間や手間をカットできる優れたサービスです。

 

永久不滅ポイントが貯まる

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、カード利用額1,000円(税込)ごとに1ポイントの永久不滅ポイントが付与されます。

 

永久不滅ポイントは1ポイントあたり約5円のため、還元率は0.5%です。

 

高還元とはいえませんが、永久不滅ポイントはその名前のとおり有効期限がないのは大きな魅力でしょう。

 

また、海外利用分はポイントが2倍になり、常に1.0%還元となります。

 

税金の支払いでも同じ還元率

近年、税金の支払いもクレジットカードでおこなえるようになりましたが、freeeセゾンプラチナビジネスカードでも消費税や法人税の支払いは可能。

 

なおかつ、ポイント還元率も通常0.5%。ショッピング利用時と変わりません。

 

マイル還元率最大1.375%

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員は、「SAISON MILE CLUB」に加入できます。

 

SAISON MILE CLUBに加入すれば、「1,000円ごとに10マイル」と「2,000円ごとに永久不滅ポイント1ポイント」が貯まるようになります。

 

  • 1.0%還元のJALマイル
  • 0.125%還元相当でマイルに交換できる永久不滅ポイント

 

永久不滅ポイントはJALマイルに交換できるため、2つを合わせればマイル還元率は1.125%と高還元!

 

さらには、セゾンカードのクラスシステム「セゾンクラッセ」にてクラス6に到達すれば、永久不滅ポイントの還元率がアップするため、最大マイル還元率は1.375%にまでアップします。

 

なお、SAISON MILE CLUBに加入するためには、通常4,000円(税別)の年会費がかかるものfreeeセゾンプラチナビジネスカード会員は無料です。

 

出張や旅行のためにJALマイルを貯めたい方は、ぜひSAISON MILE CLUBの加入を検討してみてください。

以下の特典も利用可能

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、ほかにもセゾンカードならではの特典やアメックスブランドならではの特典が以下のとおりあります。

 

これほど多くの特典があるのは、プロパーではなく提携・発行カードならではのメリットといえるでしょう。

 

  • ビジネス・アドバンテージ
  • オントレ
  • 西友・ロフトで5%の割引優待

 

こんな方におすすめ

  • 年会費の安い法人プラチナカードが欲しい方
  • 創業間もない経営者や個人事業主の方
  • 限度額の上がりやすい法人カードが欲しい方
  • 経費決済でJALマイルを貯めたい方

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、法人プラチナカードのなかでは年会費も安く、誰でも作りやすいカードです。

 

それでいてプラチナカードらしい機能やサービスは充実しているため、「年会費をできるだけ抑えたプラチナカードがほしい」方にとくにおすすめします。

 

また、freeeセゾンプラチナビジネスカードは利用限度額を上げやすい点でも重宝するでしょう。

 

2つのデメリット

freeeセゾンプラチナビジネスカードには、以下2つのデメリットがあげられます。

 

  • 通常還元率は0.5%
  • カードデザインがプラチナカードっぽくない

 

デメリットについても詳細をチェックしていきましょう。

通常還元率は0.5%

ポイント還元率の高い法人カードを探している人にとっては、freeeセゾンプラチナビジネスカードの通常還元率0.5%は物足りなく感じられるでしょう。

 

ただし、SAISON MILE CLUBに加入すれば、JALマイルを1.125%還元(セゾンクラッセの☆6適用で最大1.375%)で貯めることが可能です。

 

freeeセゾンプラチナビジネスカード会員はSAISON MILE CLUBの年会費が無料になることも含めて考えますと、マイルカードとして利用するのが得策でしょう。

カードデザインがプラチナカードっぽくない

 

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードには、「freee」のシンボルマークであるツバメが大きく描かれています。

 

そのため、可愛らしい印象ではあるものの、法人プラチナカードらしい威厳はなく、パッと見にはステータス性を感じられません。

 

人前にサッと出しただけで一目おかれるような法人プラチナカードを求めている方にとっては、freeeセゾンプラチナビジネスカードは不向きといえるでしょう。

 

こんな人には向かないかも?

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、一見するとプラチナカードには見えません。そのため、券面デザインにステータス性を求める方には不向きです。

 

見てすぐにステータス性がわかる法人カードを求めているのであれば、同じセゾンカードであっても「セゾンプラチナビジネスアメックス」をおすすめします。

 

 

セゾンプラチナビジネスアメックスは「freee」の各種特典を利用できない以外は、freeeセゾンプラチナビジネスカードと同スペック。年会費も20,000円(税別)で変わりません。

 

それでいて券面デザインには、アメックスの象徴である百人隊長があしらわれています。ひと目見ただけでもステータス性を感じ取れるでしょう。

 

セゾンプラチナビジネスアメックスについて詳しくはこちら

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードの特徴

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、法人プラチナカードらしい特典のほか、クラウド会計ソフト「freee」ならではの特典が豊富な法人カードです。

 

freeeならではの特典には、freeeの利用料金がお得になるだけでなく、創業間もない会社や個人事業主の使いやすい特典が多数。

 

さらにはセゾンカードやアメックスブランドならではの特典もあります。

 

豊富な特典の数々に惹かれる方におすすめの法人プラチナカードといえるでしょう。

国際ブランドはアメックスのみ

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードはセゾンプラチナビジネスアメックスがベースになったプラチナカードです。そのため、アメックス以外の国際ブランドは選べません。

 

なお、アメックスはJCBと提携を結んでおりますので、ほとんどのJCB加盟店でも利用可能です。

 

そのため、国内利用であれば使えなくて困ることは少ないでしょう。

 

ポイントの交換先・お得な使い道

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、最大1.375%の還元率でJALマイルが貯まるSAISON MILE CLUBがお得ですが、永久不滅ポイントも優秀なポイントです。

 

  必要ポイント 交換先
ポイントで支払い 200ポイント 900円分
Amazonギフト券 200ポイント 1,000円分
スターバックスカード 100ポイント 450円分
Tポイント 100ポイント 450ポイント
dポイント 200ポイント 1,000ポイント
au WALLETポイント 200ポイント 1,000ポイント
JALマイル 200ポイント 500マイル
ANAマイル 200ポイント 600マイル

 

永久不滅ポイントは、1ポイント=4.5円相当でカードの利用代金の支払いに利用することができますので、キャッシュバック感覚でお得にポイントを活用することができます。

 

Amazonギフト券と交換する場合、1ポイント=5円の還元率1.0%で交換できるのも魅力的です。

 

また、ポイントを活用して投資信託を体験することができる「永久不滅ポイント運用サービス」でポイントを利用することも可能です。

 

 

永久不滅ポイント運用サービスでは、100ポイントの少額からポイントを運用することができますので、カードの利用で貯まったポイントでノーリスクの運用を体験することができます。

 

マイルを利用する予定の無い方の場合は、使い勝手の良い永久不滅ポイントを貯めるのもいいかもしれませんね!

 

付帯保険

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、本会員限定となっているものの、非常に手厚い内容の旅行保険を利用することが可能です。

 

ここでは、freeeセゾンプラチナビジネスカードの付帯保険の内容を詳しく解説します。

国内旅行保険は最高5,000万円が自動付帯

国内旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円
手術費用 5,000円×倍率(10倍〜40倍)

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードの国内旅行保険では、自動付帯で最高5,000万円の補償をうけることができます。

 

入院・通院の日額費用のほか、手術費用も補償されますので、国内旅行時にも安心の補償ですね!

海外旅行保険は最高1億円の最高クラスの補償

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高300万円
賠償責任保険 最高5,000万円

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードの海外旅行保険では、自動付帯で最高1億円の補償をうけることができます。

 

旅行中の急病やケガに備えることができる傷害・疾病治療の補償金額は最高300万円までとなっており、医療費の高額な海外でも安心です。

 

ただし、補償が付帯するのは本会員限定となっていますので、家族旅行などで追加カードを利用した場合は補償の対象になりませんので注意が必要です。

航空便遅延保険も付帯

freeeセゾンプラチナビジネスカードの海外旅行保険では、航空便の遅延の際の損害を補償してもらえる航空便遅延保険も付帯しています。

 

乗継遅延費用 3万円
出航遅延・欠航・搭乗不能 3万円
受託手荷物遅延費用 10万円

 

航空便遅延保険では、航空便の遅延や手荷物の遅延による、予定外の食事代や宿泊費を補償してもらうことができます。

 

一般的なクレジットカードの補償では、手荷物遅延費用は4万円というカードが多くなっていますので、補償の金額も手厚い内容と言っていいでしょう。

 

手厚い海外旅行保険に加えて、航空便遅延保険も利用することができますので、飛行機での旅行・出張も安心ですね!

 

購入日から120日間のショッピング保険が付帯

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、年間300万円までのパワフルなショッピング保険が付帯しており、補償期間も120日間と長期の補償をうけることができます。

 

ショッピング保険では、国内外の加盟店で購入した商品の、購入日から120日以内の破損や盗難による損害を補償してもらうことができます。

 

通常のクレジットカードのショッピング保険の補償期間は90日というカードが多くなっていますので、補償期間の長さも大きなメリットですね。

 

免責金額として必要な自己負担もなく、購入金額が1万円以上の商品の破損・盗難の際に気軽に補償を利用することができます。

付帯サービス

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、セゾンカードとアメックスの充実した付帯サービスも利用することが可能です。

 

  • アメリカン・エキスプレス・コネクト
  • セゾンプレミアムゴルフサービス
  • 家事代行サービス優待
  • コナミスポーツクラブ
  • tabiデスクで最大8%オフ
  • 海外アシスタンスサービス

 

ここでは、freeeセゾンプラチナビジネスカードの付帯サービスの内容を詳しく解説します。

アメリカン・エキスプレス・コネクトでさまざまな優待サービス

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、アメックスの優待をまとめたウェブサイト「アメリカン・エキスプレス・コネクト」を利用することが可能です。

 

アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、

 

  • ホテル
  • ダイニング
  • オンラインショッピング

 

など、さまざま優待をうけることができます。

 

オントレでのプレミアムな優待サービスと、アメリカン・エキスプレス・コネクトを使い分けて、より幅広いライフスタイルで優待をうけることができますね。

 

セゾンプレミアムゴルフサービスで憧れのホールでプレー

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、会員制のゴルフクラブ「スポニチゴルファーズ倶楽部」に入会金無料で入会することができます。

 

スポニチゴルファーズ倶楽部の入会金は通常税別20,000円となっていますので、それだけでもセゾンプラチナビジネスアメックスの年会費以上のお得な特典です。

 

通常、税別24,000円の年会費も、優遇年会費の税別10,000円に割引されますので、最小限のコストでスポニチゴルファーズ倶楽部の会員特典をうけることができます。

 

スポニチゴルファーズ倶楽部では、憧れの名門コースでのプレーやプロを招いてのイベントも開催されており、ゴルフファンには非常に嬉しいサービスです。

 

家事代行サービスで多忙な共働き家庭もサポート

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、家事代行サービスをお得な優待価格で利用することが可能です。

 

ミニメイド・サービスをお得な会員料金で利用することが可能となっており、

 

  • 水回りのお掃除
  • お部屋の掃除・整理整頓
  • フローリングの床拭き・窓ガラスの清掃
  • 洗濯・アイロンがけなど

 

このような、独身者や共働き家庭にも嬉しいサービスをフレキシブルに対応してもらうことができます。

 

通常、ミニメイド・サービスは定期利用のみとなっていますが、150分税別11,100円で「プレミアサービス」を1回お試しで利用することができます。

 

実際のサービスをお試しで利用することができるのは、家事代行サービスに興味がある方には大きなメリットですね!

コナミスポーツクラブを優待価格で利用可能

 

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、全国に展開するコナミスポーツクラブをお得な法人価格で利用することが可能です。

 

コナミスポーツクラブでは自分のライフスタイルに合わせたプランを選択することができます。

 

  • 都度利用制:入会金・会費の支払い無しで1回ごとの利用料金
  • 月会員制:月々の会費を法人料金で利用可能

 

と、気軽にフィットネスをはじめることができます。

 

身体のメンテナンス・リフレッシュに、コナミスポーツクラブをお得な優待価格で利用するのもいいのではないでしょうか!

tabiデスクでパッケージツアーが最大8%オフ

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、tabiデスクで国内外のパッケージツアーを最大8%オフの会員料金で利用することが可能です。

 

tabiデスクでは、電話・またはインターネットで大手旅行代理店のツアー商品を予約することができます。

 

大手旅行代理店のお得なツアー商品を、さらに最大8%オフの会員価格で予約することができますので、お得に旅行を予約したい方には大きなメリットです。

 

tabiデスクでは、本会員はもちろんのこと、同伴者にもすべて割引が適用されますので家族旅行などにもお得に活用することができますね!

海外アシスタンスデスクで海外旅行中のサポートも万全

freeeセゾンプラチナビジネスカードでは、世界の主要都市に設置された海外アシスタンスデスクで旅行中のサポートをうけることが可能です。

 

海外アシスタンスデスクでは、現地の日本語スタッフによる対応で、現地の公共交通機関や加盟店などの案内をうけることができます。

 

さらに、レストランの予約やオプショナルツアーの手配などのリザベーションサービスや、カード紛失時の緊急サービスも対応してもらうことが可能です。

 

海外旅行に不慣れな方でも、日本語スタッフによる万全のサポートをうけることができますので、安心して海外旅行を楽しむことができますよ!

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、freee限定優待特典が使える格安法人カード

freeeセゾンプラチナビジネスカードは、クラウド会計ソフト「freee」と提携・発行しているカードならではの特徴が際立った法人カードです。

 

  • freee限定優待特典が多数利用可能
  • プライオリティ・パスやコンシェルジュなどプラチナカードならではの特典も付帯
  • セゾンカードやアメックスブランドならではの特典も付帯
  • 利用限度額を増枠しやすい
  • 年会費格安&登記簿や決算書不要で誰でも作りやすい法人プラチナカード

 

そのほか特典も豊富ながら、年会費や申し込み方法といった点から、誰でも気軽に作りやすいのは大きなメリットでしょう。

 

会計ソフトにfreeeを利用しようと考えている方は、ぜひこの機会に同時にお申し込みください。

 

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申込みはこちら

 

 

freeeセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード スペック情報

申込資格学生を除く20歳以上の個人・法人の方
発行期間最短3営業日
年会費(本人)初年度20,000円+税
2年目以降20,000円+税
年会費(家族)初年度3,000円+税(4枚まで)
2年目以降3,000円+税(4枚まで)
ETCカード年会費無料
備考
締日10日
支払日翌月4日
支払い方法1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い
旅行保険海外旅行最高1億円
国内旅行最高5,000万円
ショッピング保険最高300万円
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社株式会社クレディセゾン